アラセナs 帯状疱疹。 帯状疱疹の治療に使われる薬の種類と服用期間

何度も繰り返す口唇ヘルペスを撃退!市販薬アラセナSの効果と注意点

アラセナs 帯状疱疹

帯状疱疹とは 帯状疱疹は、水ぼうそうを引き起こすウイルスと同じウイルスが原因となって起こります。 それが、「 水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルス」です。 かつて水ぼうそうにかかって治ったことがある方は、もうウイルスを退治したと思いがちですが、実はウイルスはずっと体内に潜んでおり、出現の機会をうかがっているのです。 この機会は人の病気や加齢、ストレス、過労、ケガなどによって免疫力が低下している時に訪れます。 症状としては、最初にチクチクとした痛みを感じ、その後数日以内に赤く小さな疱疹が現れます。 帯状疱疹はその名のとおり、疱疹の現れ方が帯状に出ることが特徴的です。 胸から背中、腹部、そして顔や手足にも現れますが、体の左右どちから片側に出ることが多く、一度に数か所現れることがありません。 治療法として、ウイルスが原因なので、ウイルスの作用を抑える抗生物質の服薬治療と痛みやかゆみを生じている患部に塗布する外用薬による治療が行われます。 内服する薬は、 塩酸バラシクロビルやアシクロビル、ファムシクロビルなどが使われます。 次の項では、塗り薬をメインにご説明します。 スポンサードリンク 帯状疱疹に効く塗り薬は? 帯状疱疹はウイルスの感染によるものですので、市販薬ではまかなえません。 皮膚科の診断を基に処方してもらうことが最善ですが、なかには医師が処方するものと同成分を含む市販薬もありますので、緊急対応などにはそちらを使うこともおすすめです。 では、以下にみていきましょう。 ゾビラックス軟膏 アシクロビルという成分できているヘルペスウイルスの増殖を抑える薬です。 クリーム状の塗り薬で、適量を1日数回患部に塗布します。 アラセナA軟膏 ビタラビンという成分でできている、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるお薬です。 帯状疱疹の治療では主にこちらが用いられることが多いようです。 1日に1~4回ほど患部に塗布します。 アラセナS軟膏・クリーム 先にご紹介したアラセナA軟膏は医師による処方が必要ですが、同成分を配合した軟膏とクリームが、佐藤製薬株式会社より発売されています。 配合量も同量なので、効果も劣りません。 まとめ 帯状疱疹は、水疱瘡を経験したことのある方なら誰でも起こりうる病気です。 なってしまったら悪化を防ぐためにも早期の治療開始が大切です。 今回ご紹介した塗り薬はもちろん、内服薬、点滴など医師の判断を仰ぎ、多角的な治療で早期改善を目指しましょう。

次の

アラセナA軟膏・クリームの塗り方・妊娠・授乳中の使用・口内炎に使用できる?

アラセナs 帯状疱疹

新発売の「アラセナSクリーム」 佐藤製薬は、口唇ヘルペスの再発治療薬「アラセナS」シリーズから、ベタつかず目立たないクリーム剤の「アラセナSクリーム」(第1類医薬品)を9日に新発売した。 2009年から軟膏タイプの「アラセナS」を発売しており、新たにクリームタイプを加えて、症状に合わせて選べる二つのラインナップとなった。 ビダラビンは口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスの増殖を抑え、口唇ヘルペスの症状を軽減する働きがあり、医療用の局所性抗ウイルス剤市場でトップの売上シェアを有する。 単純ヘルペスウイルスは、一度感染すると症状は治まっても、頭部にある三叉神経節という太い神経の集まっている箇所にもぐり込み、棲み着いている。 普段は活発に活動することができず、神経節にジッとしていて症状も現れない。 しかし発熱、疲労、ストレス、月経、紫外線などの刺激で体の抵抗力が落ちると、単純ヘルペスウイルスは再活性化し、増殖したウイルスは神経細胞の中を通って唇やその周りに移動し、水疱などを発症する。 アラセナSシリーズは、口唇ヘルペスの再発治療薬として、ピリピリ・チクチクといった再発の前駆症状から、赤み・水ぶくれ・痛みなど発症期の症状や回復期の症状まで、7日~2週間程度の口唇ヘルペスの各段階のどこからでも使用できる。 1日1~4回の使用で優れた効果を表し、特に早期の使用で治療までの期間を短くできる。 基剤にワセリンを使用した「アラセナS」は、刺激が少なく、唇周辺の患部を保護する働きが強いことで、しっかり保護して治したい人や、肌が敏感な人に使用されてきた。 新発売の「アラセナSクリーム」は、クリーム基剤で、塗った後に目立ちにくく、ベトつきが少ないのが特徴で、特にメイクをする人、肌のてかりが気になる人、人と接する職業の人などに使いやすい製品。 税込み希望小売価格は、2g1418円。 口唇ヘルペスは一度感染すると再発を繰り返す病気で、人によっては年間に数回再発することもある。 同社の調査(対象200人)では、口唇ヘルペス経験者の多く(6割強)が「軟膏とクリームの両方があるといい」というように、基剤を選べることを望んでいた。 「アラセナS」シリーズは二つの基剤が揃ったことで、患部の状態や症状の度合い、痛みの有無、ライフスタイルで選ぶことが可能となった。 同社では「引き続き店舗での情報提供のためのツールや、薬剤師向けの説明会の実施など、適正使用のための支援も充実していく」とする。

次の

何度も繰り返す口唇ヘルペスを撃退!市販薬アラセナSの効果と注意点

アラセナs 帯状疱疹

爪水虫(白癬菌)には内服が欠かせないと思っていました。 薬局にいらっしゃる患者さんは、爪水虫と診断されていても内服は無く外用だけが出る方が多くて、 「なぜ?」と思っていたところでした。 デルモンテさんの仰るように外用は殆ど効果ないとすると、 併用不可としてどちらか一方を選んだ結果「液剤」と言うことなのでしょうか? 内服を避ける理由って? 併用薬を見ても問題ないように思えました。 高齢でもないし・・。 >Kateさん 帯状疱疹が眼に来た人には、眼科医は内服を優先させたらしくバルトレックスだけでゾビラックス眼軟膏は出ていませんでした。 このときも「何で?」って思ったんですよね。 併用が駄目だったとは・・・。 ご本人、辛そうでした。 私は過去に3000例以上テルビナフィンを処方 しましたが、中途で内服を中止した患者さんはわずか3例のみです。 しかも、重篤な肝機能異常は経験したことがありません。 2 元々肝機能異常があり内服治療を選択できない。 C型肝炎+肝硬変の患者さんが結構来ますが、これは そもそも内服治療の適応がありません。 3 経済的な問題。 抗真菌剤の内服は後発品を出してもやはり医療費がかさみます。 命に関わらない疾患に医療費を惜しむ気持ちもわからなくはないですよね。 4 妊娠中、授乳中の患者さん 結構来ます。 妊娠可能年齢の女性患者さんで爪白癬の 患者さんが最近は増えました。 結果として妊娠を考えて おられる場合、出産後にしましょうと内服治療を断念しています。 こういった場合、尿素含有軟膏によるODTを施行して 爪を浸軟させて剥離し外用抗真菌剤(クリームor軟膏)で 治療しています。 尿素含有軟膏は40%程度尿素を含んだ物が理想的で ODTにより、ほとんど疼痛なく爪を剥離できます。 面倒ですが、内服治療ができない場合の最善の治療法です。 逆に持田製薬は帯状疱疹に適応症に加えて治験を行いました。 理由は当時すでにゾビラックス点滴、内服が既発売で メーカーの戦略上外用薬に適応を取る必要がなかったための選択だったそうです。 逆にアラセナAの点滴は取り扱いも難しく帯状疱疹治療の 第一選択になることはなかったのでこちらも戦略上 外用剤に適応症を取ったと言う話です。 どちらも発売当時にメーカーのMRから聞いた話なので 真実かどうかは定かではありません。

次の