光 回線 2 階 有線。 自宅でWi

アクセスポイントを設置して1階から2階、3階へもWi

光 回線 2 階 有線

できました。 この場合、1階にしか設置ができず、2階まで長いLANケーブルを引っ張らなければいけないのでしょうか? もし2階にLANを引き込めるなら 特別な工事が発生して料金が高くなるのでしょうか? ちなみに2階部屋にはエアコン穴はあります。 今まで1Kにしか住んだことがなく、 また似たようなケースの質問は数多くありましたが、新築でこれから引くというケースの質問が見つからなかったため、質問することにしました。 回答者様のケースなどと併せてアドバイスいただけましたら幸いです。 補足 ご回答ありがとうございます 賃貸か持家なのかを記載していませんでしたね。 賃貸のテラスハウスです。 また隅々確認しましたが、 2階にはLANジャックは確認できず。 オーナーさんに光回線導入工事の 了承はいただいています。 アドバイスのとおり、どのような工事になるのか予想が付かないので 業者に一度見てもらえるように 手配を進めたいと思います。 どうしても2階有線/1階無線で使用したいので。 ありがとうございました。 まあ、分譲のテラスハウスなんてものは日本全国探してもなかなか見つかるものではないですよね。 2階は内見出来なかったのでしょうか?肝心なのは1階にあったLANジャックが2階にもあるかどうかなのに・・・・・・・。 実際に現地を見れる訳ではないので、ここからは元工事業者の憶測です。 新築の戸建などに最近多くみられるような、家庭内LANが敷設されている、言わば「最先端の」ネット用設備付き物件なのでしょう。 おそらくは、1階にあったLANジャックは、他の部屋にもあるはず。 そして、そうした建物の場合、戸建向きの光回線の引き込み及び回線終端装置の設置場所は、その各室行きのLANケーブルが集約されている場所が最適です。 何故ならばそのように設計されているから。 回線終端装置とルータをそこに置けば良いだけの話です。 新築という事なのであれば、まだ施工会社とは連絡がつくはずでしょうから、管理会社経由でそういう場所を訊ねてみると良いでしょう。 もしそれが難しいのであれば、光回線を申し込みしていきなり工事をするのではなく、業者に宅内調査を依頼しましょう。 無料です。 仮に調査結果が思わしくなく、最終的に工事の申し込みをキャンセルする事になっても、違約金などは一切発生しません。 ナイス: 0 回答.

次の

自宅でWi

光 回線 2 階 有線

インターネットを快適に使用するには回線を引くことも選択肢の一つであり、そこからWi-Fi接続すれば自宅でスマートフォンを使用する際も通信量を気にせずにたくさん使うことができます。 ただし、Wi-Fi環境は水平方向は比較的繋がりやすいんですが、上下になるとうまくいかないことも多くなります。 とくに戸建てで光回線を契約する場合には、その家によって違いますが2階以上の階層があることも多いです。 平屋であれば平面なのでその階層だけでいいですが、上の階がある場合に快適に使うには考えなくてはいけないこともあるので注意しましょう。 そこで、光回線インターネット環境を1階と2階で快適に使うために気を付けたいポイントを紹介していきます 目次• 1階・2階で快適な光回線環境にするには? 光回線を引き込んでいる場所をチェック まず回線をどこから引き込んでいるのかが重要であり、それによって終端装置の設置場所も変わってきます。 1階であればその隣にルーターを置くのでもいいですが、2階に引き込んでいる場合にはちょっとした工夫が必要になるので注意が必要です。 1階に終端装置がある場合 一階の場合には家の大きさがよほど大きくなければ、ルーターを終端装置の近くか居間などに置いていても問題ないでしょう。 標準的な機種であればそれだけで家中をカバーできますが、住宅の構造によってはカバーしきれないこともあります。 中継器を活用して電波エリアを広げる そのような場合には中継器を使って、電波が届く範囲を広げることも有効です。 中継器を使う場合は大体の範囲を把握して、快適に使えるようにするのが重要です。 上の階にも十分に届きますが、安定しない場所には中継器を設置しておくと安心できます。 2階に終端装置がある場合 2階に光回線が引き込まれている場合には、下の階でも安心して使うには中継器の設置は有効です。 しかしそれだと不安たいな箇所が出てきたりするんですよね。 1階に無線LANルーターを設置しLANケーブルで繋ぐ そこで、終端装置と無線LANルーターをLANケーブルで繋いで1階にルーターを持っていくのも選択肢の一つです。 ケーブルで繋ぐことによって速度のロスはあまりないので、安心して使うことができます。 その際にケーブルは後で置き場所を変更する可能性も見越して、余裕を持った長さの物を選ぶのが大事です。 長さが足りないと後から延長したりすることになるので、余計な手間が増えるので避けたいものです。 このようにして光回線を利用するときは、無線LANルーターの置き場所が重要になりますがそれだけでは完ぺきとは言えません。 無線LANルーター選びも大事です 電波が安定していてもそれに対応する機器がなければ、速度が遅かったりうまく受信しないので気を付けないといけません。 ルーターを選ぶ際に重要になるものがその規格で、IEEE802. 11までは一緒ですがその後にacやnといった規格があります。 acが普及している中で安定していて速度も速いので、その規格の物を選びたいものです。 接続する側(スマホなど)の対応規格チェックも忘れずに またパソコンやスマートフォンといった、使用する機器の規格も確認しておくことが大切です。 ルーター側が速度が速い規格であっても、使用する機器がそれに対応していなければ一つ下がることにあります。 そうすると快適に使用できないこともあるので、導入する際には、それを確認しておくことが重要です。 無線LANの規格の1つ「ac」は高速で通信でき電子レンジなどの電波干渉を受けにくいというメリットがありますが、反面障害物には弱いというデメリットがあります。 最新規格にはadというものもありますが、こちらもacと同じ特性を持っています。 またnの場合には周波数帯が2つあり、2. 4GHzと5GHzです。 5GHzの場合はacと同じですが、2. 4GHzの場合には電波干渉には弱いですが障害物に強いという特性があります。 このようなことも把握して、利用する帯域を考えるのも大切なことです。 お子さんがいるならネット利用制限ができるルーターもおすすめ 戸建てに住んでいる場合には、一人で住んでいるというよりは家族で住んでいる方が多いです。 そのため子供などがいる場合には、長時間使用することへの心配もあります。 ネットの使用制限機能を搭載するルーターも増えてきているので、そういったポイントも確認しておくと安心して利用可能です。 有線接続も活用しよう 結局のところ光回線を快適に使うというのは、安定して高速で通信できるかどうかになります。 電波を飛ばす形になるとどうしても電波干渉や障害物などにより、安定することは難しいです。 速度も最大まで出ることはないので、本当の意味では快適に使えるとはいえません。 テレビやデスクトップパソコンであれば移動させることもほとんどないので、有線で接続することも選択肢の一つです。 有線で直接接続することにより電波干渉などを受けずに済み、データが重い場合でも安定しているので快適です。 しかし繋ぐものが多くなると、ケーブルがごちゃごちゃしてしまい雑然とした雰囲気になります。 部屋の景観なども考えている場合にはこのようなことは快適とは言いづらいので、見た目を気にする場合は無線LANルーターを使用するのが安心です。 どのような方法をとっても光回線を快適に利用しようと思った場合は、メリットデメリットが発生します。 自分がどのようにしてインターネットを使いたいのかによって、接続方法を選ぶことが快適かどうかを決めるものになります。 よく考えて自分のライフスタイルに合った方法を見つけて、戸建てで1階でも2階でも光回線を快適に利用しましょう。 まとめ 戸建てで光回線を契約しているとき、1階と2階で快適に使うために気を付けたい部分を解説しました。 縦方向となると、有線ケーブルで繋げるのも一苦労だと思います。 階段にLANケーブルが敷いてあったりすると、どうしても見栄えが悪くなりますからね。 そんなときは中継器を活用しましょう。 いまはコンセントLANなんてものも発売されているので、これを活用するのも方法です。

次の

光BBユニットはダメ!?ソフトバンク光のルーターの選び方と設置法

光 回線 2 階 有線

2018. 20 1階から2階への有線LANの工事費用 一般住宅のLAN配線工事依頼で最も多いものが 『1階から2階に有線のLAN配線をしたい』というご依頼です。 1階から2階に限らず、『別の階に~』や『同じ階の別の部屋に~』などの依頼も多く有ります。 そこで、配線工事の料金がいくらになるか、概算見積もりの算出方法と最終的な費用の平均を記載します。 工事を依頼する判断材料にお役だてください。 【追記】過去の工事では、下見で追加費用が必要となることも多く「20m以上のケーブル」「既存部材からの交換」「HUBの追加」などがありました。 過去の工事費用の平均は、4. 5万円~5万円 となっています。 【配管の有無の判断材料】 下の画像の様なプレートに、 「TEL」や 「LAN」の表記がある物・ 「穴が開いているチップ」が壁に取り付けてある場合、壁内に配管がある可能性があります。 また、将来使用を想定した 「ブランクチップ」や「ブランクプレート」を取り付けてある場合もあります。 ただし、 電源やTV用のプレートには壁内に配管を敷設していないためLAN配線はできないため注意が必要です。 また外壁のからのケーブル入線後に防水加工などが必要なケースもあり有りました。 過去の工事費用の平均は、8. 5万円~9. 5万円 となっています。 【工事で使用する部材】 屋外でLAN配線をする場合、被覆が耐候性素材になっている 「屋外用LANケーブル」を使用します。 屋外用のLANケーブルは30年以上の耐久性有ります。 屋内用のケーブルを屋外で使用した場合、1年~2年ほどで被覆が硬化するため障害の原因となります。 また、壁に配線をビス留めするための 「クリート」や引き込み用の穴を開けた際の防水対策のために 「防水入線カバー」を使用します。

次の