アレン アイバーソン 現在。 アレン・アイバーソン

アレン・アイバーソン

アレン アイバーソン 現在

もくじ (クリックで移動します)• その輝かしいキャリアは多くの記録で飾られています。 キャリア平均得点:28. 2得点(プレイオフ含む) 1997年の新人王獲得 ルーキーイヤーで5試合連続40得点以上の新人記録 得点王:4回獲得(1999年、2001年、2002年、2005年) スティール王:3回獲得(2001年、2002年、2003年) シーズンMVP:1回(2001年) オールスターMVP:2回(2001年、2005年) ジョージタウン大学で2年間プレイし、 世界最高のPGという評価をされていた アイバーソンは 家庭が貧しく、妹が病気だったということもあり NBAドラフトにアーリーエントリー。 1996年のドラフトで全体1位で76ersから指名を受けNBA入り。 76ersでは2000-01シーズンにファイナルまで登り詰めるも コービ&シャックのいた常勝軍団LAレイカーズに 1勝4敗で敗れます。 しかしこの時、レイカーズがプレイオフで喫した 唯一の負けは アイバーソンによってもたらされたものでした。 下の画像はそのファイナルでの有名なシーン。 アイバーソンがマッチアップしたタイロン・ルーを クロスオーバーからステップバックで振り切ってジャンパーを決めたあと これ見よがしにまたいでいるものです。 (笑) その後チームは下降線をたどり、 アイバーソンは2006年末に DENナゲッツへトレードされます。 ナゲッツで2年プレイし、DETピストンズ、MEMグリズリーズと 渡り歩き 2009年に一度引退宣言をします。 しかし76ersからオファーがあり引退宣言を撤回。 2009—10シーズン 1年契約で76ersでプレイしました。 最終的には トルコリーグでプレイし、2013年に引退を発表。 AIはNFLにも行けた?身体能力が凄すぎる! アイバーソンは NBA史上最も背の低い得点王や NBA史上最も背が低いドラフト1位、 全身バネと形容されるなどその身体能力を 想像することのできる肩書を持っています。 余談ですが、身長に関して実際は 180㎝ないのではないか?と言われています。 NHK BS放送のNBA解説でおなじみの 塚本清彦さんは 実際にアイバーソンに会って並んだ印象から、『180㎝もない』と言っていますね。 高校時代には アメフトとバスケットボール、2足のワラジを履いていたアイバーソン。 スゴイことにアイバーソンは アメフトでもバスケでもチームを州チャンピオンに導きます。 さらにどちらの種目でも 州のMVPに輝いています。 高校半ばでバスケに専念する事を決めたアイバーソンですが アメフトを続けていたら NFLに入れたに違いないと言われています。 アイバーソンはNBAでも最高峰のスピードを持つプレイヤーでした。 アイバーソンと同じ180㎝台の身長でスピードがあると言われる選手を あっさりと置き去りにするほどの 爆発的な加速は凄まじかったですね。 またボールハンドリングスキルも非常に高く 彼のダブルクロスオーバードリブルは現在では 『 アイバーソン・クロスオーバー』と名付けられているほど インパクトのあるものでした。 それにしてもアイバーソンの クイックネスはヤバすぎるでしょ! ちなみにそのアイバーソンが 『こいつらのハンドリングスキルは俺以上だ!』と 認めた現代のNBA選手がと。 確かにこの二人の ハンドリングスキルはヤバいですよね。 しかし、実際はアイバーソンはバスケットボールへの 情熱を人一倍持っていた選手だと感じます。 だから彼ほどのプレイヤーがトルコへ渡ってまで現役にこだわったのでしょう。 アレン・アイバーソンの伝説 まずはアイバーソンのプレイをご覧ください! アイバーソンと言えば、ルーキーイヤーにあの マイケル・ジョーダンに 1ON1を仕掛けたエピソードは有名ですよね。 ジョーダン相手にクロスオーバーからのジャンパーで得点を決めましたが、後に 『 クレイジーなのは、俺がベストムーブをしたけど、 もうちょっとでマイケルにブロックされそうになった事さ』 とジョーダンのディフェンスの凄さを語っていましたね。 このコメントに対しては後に 『 コート上では尊敬の念を持つと気持ちで負けてしまう』 と釈明していましたけどね。 実際に引退セレモニーでは 『 俺の目標となり、勇気づけてくれたことをマイケル・ジョーダンに感謝したい。 他の子どもたちと同じ様に、俺もマイクのようになりたかったんだ。 だからバスケットボールをプレーしたいと思わせてくれたことを彼に感謝したい。 』 と感謝の意を述べています。 個人的な意見ですが、現在の D・ウェイドや J・ハーデンのムーブなんかは MJだけではなく AIからもインスピレーションを受けたものじゃないかと感じています。 アイバーソンはアメフト経験者らしく、ペネトレイトの際に ボールを抱きかかえる様にしてインサイドに突入する強さを持ち いったん中に切り込むと今でいう ユーロステップ、ギャロップステップなど バラエティー豊富なステップでディフェンダーをかわし フローターシュート、ダブルクラッチなどで得点を重ねました。 ジョーダンと同じようにアイバーソンも現在のプレイヤーたちに 多大な影響を与えた伝説の選手だといえると思います! アレン・アイバーソンの名言! では最後にアイバーソンの名言を紹介して締めたいと思います。 I think I have one of the biggest hearts in this league. 「体のサイズでプレーしているんじゃない、ハートでプレーしているんだ。 俺はリーグで1番大きなハートを持っていると思う。 誰にもなりたくない…。 俺のキャリアが終わるときに、鏡に映っている自分を見て、 「俺は自分の道を生きた」と言いたい。 』 と発言しました。

次の

アレンアイバーソン【AI】の身体能力が凄い!伝説や名言の紹介!

アレン アイバーソン 現在

歴代屈指のPGとして活躍したアレン・アイバーソン。 アイバーソンがモデルとなったバッシュは今でも販売され高い人気を誇っています。 アイバーソンのバッシュがほしい! かっこいいバッシュで気分をあげたい! アイバーソンのバッシュで注目を浴びてモテたい! アイバーソンのバッシュはどれもオシャレでかっこよく、普段靴として使用している人もいます。 アイバーソンのファンはもちろん、サークルなどの試合でもバッシュを使用すれば、一目おかれる存在になるでしょう。 かっこいいバッシュを履けば、試合でもアイバーソンのようにアグレッシブにプレイして、周りのメンバーから一目おかれ、おんなの子からもモテるようになるかもしれませんよ。 このページでお伝えすること• そのニックネームが名付けられたバッシュがリーボックのTHE ANSWERモデル。 このシリーズがもっとも多く販売されており、アイバーソンが実際に使用していたバッシュになります。 THE ANSWERシリーズは1997年から2009年まで毎年新作を出しつづけるほど人気のモデルでした。 そ の歴史あるアンサーシリーズを1つずつ紹介していきます。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 商品名 THE ANSWER 2 THE ANSWER 3 THE ANSWER 6 THE ANSWER 7 THE ANSWER 8 THE ANSWER 9 THE ANSWER 10 THE ANSWER 11 THE ANSWER 12 THE ANSWER 13 画像 製造年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 販売状況 楽天・Amazon なし なし 楽天・Amazon 楽天 なし なし なし なし なし なし なし なし 価格 10,000円〜 不明 不明 20,000円〜30,000円 10,000円〜 不明 不明 不明 不明 不明 不明 不明 不明 1. THE ANSWER 製造年:2019年 色展開:ホワイト 値段の目安:2万 THE ANSWER5の新たなカラーモデルであるANSWER V MU。 アメリカの国旗を連想して生み出されたデザイン。 バスケのプレーはもちろん、外履きとしても活躍できるバッシュとなっています。 アイバーソンのバッシュとして初めて開発されたモデルがこのQuestionシリーズです。 Questionとは当時アイバーソンにはドラフトで全体1位で指名され、大きな期待を寄せられましたが、ほんとうにその期待に答えられるかファンの間には疑問があがりました。 その疑問を逆手に取って付けられたのがQuestionの由来となっています。 すぐにTHE ANSWERが発売されたため、Questionシリーズは少ないですが、ここで1つずつ紹介します。 ジョーダンのファンだったこともあり、ジョーダンシリーズが好きで、特に気に入っていたのが学生のときに履いていたAir Jordan Retoro11。 現在でも復刻版が発売されるほどの人気のモデルとなっています。 アレン・アイバーソンのプロフィール アレン・アイバーソンは1996年に76ers(セブンティシクサーズ)にドラフト全体1位で指名。 身長183センチ体重75キロとNBAの中ではかなり小柄ではありますが、いくつものタイトルを獲得します。 とくにすごいのが彼の得点力です。 その小さな体で豪快なダンクと華麗なボールハンドリングで相手を置き去りにするドライブで得点を量産。 1試合の最高得点は60。 キャリア平均得点は28。 小柄ながらも4度も得点王に輝いたことから、「NBA史上もっとも身長が低い得点王」という肩書きを残しています。 そしてアイバーソンは2013年に引退。 76ersから背番号の「3」が永久欠番され、栄誉ある選手にしか授与されないNBA殿堂入りも果たします。 まとめ アレン・アイバーソンが履いていたシューズの全シリーズを紹介しました。 今ではなかなか手に入りにくいものが多いですが、中には購入できる復刻モデルもありました。 引退してからもいまだに彼の名前は語り継がれています。 ポイントガードでさらにあの身長であれだけ得点をとれる選手は現在でもなかなかいません。 アイバーソン選手が履いたバッシュを 知りたい!同じバッシュを買いたい!という方に、この記事がお役に立てば幸いです。 中川 直之 NAKAGAWA NAOYUKI こんにちは。 考えるバスケットの会【会長】中川直之です。 また、これまで10万人のバスケ人生を変えた世界基準のノウハウを7つのテーマに分けて公開した書籍「」の著者でもあります。 このほかにもプロアスリートメンタルコーチとしても活動しており、Bリーグ、実業団選手などのメンタルサポートをしてたりもします。 NBA選手のスキルなど試合で使えるドリブルテクニックを徹底解説しています。

次の

アレンアイバーソンの現在は?76ersのインタビューに登場!

アレン アイバーソン 現在

もくじ (クリックで移動します)• その輝かしいキャリアは多くの記録で飾られています。 キャリア平均得点:28. 2得点(プレイオフ含む) 1997年の新人王獲得 ルーキーイヤーで5試合連続40得点以上の新人記録 得点王:4回獲得(1999年、2001年、2002年、2005年) スティール王:3回獲得(2001年、2002年、2003年) シーズンMVP:1回(2001年) オールスターMVP:2回(2001年、2005年) ジョージタウン大学で2年間プレイし、 世界最高のPGという評価をされていた アイバーソンは 家庭が貧しく、妹が病気だったということもあり NBAドラフトにアーリーエントリー。 1996年のドラフトで全体1位で76ersから指名を受けNBA入り。 76ersでは2000-01シーズンにファイナルまで登り詰めるも コービ&シャックのいた常勝軍団LAレイカーズに 1勝4敗で敗れます。 しかしこの時、レイカーズがプレイオフで喫した 唯一の負けは アイバーソンによってもたらされたものでした。 下の画像はそのファイナルでの有名なシーン。 アイバーソンがマッチアップしたタイロン・ルーを クロスオーバーからステップバックで振り切ってジャンパーを決めたあと これ見よがしにまたいでいるものです。 (笑) その後チームは下降線をたどり、 アイバーソンは2006年末に DENナゲッツへトレードされます。 ナゲッツで2年プレイし、DETピストンズ、MEMグリズリーズと 渡り歩き 2009年に一度引退宣言をします。 しかし76ersからオファーがあり引退宣言を撤回。 2009—10シーズン 1年契約で76ersでプレイしました。 最終的には トルコリーグでプレイし、2013年に引退を発表。 AIはNFLにも行けた?身体能力が凄すぎる! アイバーソンは NBA史上最も背の低い得点王や NBA史上最も背が低いドラフト1位、 全身バネと形容されるなどその身体能力を 想像することのできる肩書を持っています。 余談ですが、身長に関して実際は 180㎝ないのではないか?と言われています。 NHK BS放送のNBA解説でおなじみの 塚本清彦さんは 実際にアイバーソンに会って並んだ印象から、『180㎝もない』と言っていますね。 高校時代には アメフトとバスケットボール、2足のワラジを履いていたアイバーソン。 スゴイことにアイバーソンは アメフトでもバスケでもチームを州チャンピオンに導きます。 さらにどちらの種目でも 州のMVPに輝いています。 高校半ばでバスケに専念する事を決めたアイバーソンですが アメフトを続けていたら NFLに入れたに違いないと言われています。 アイバーソンはNBAでも最高峰のスピードを持つプレイヤーでした。 アイバーソンと同じ180㎝台の身長でスピードがあると言われる選手を あっさりと置き去りにするほどの 爆発的な加速は凄まじかったですね。 またボールハンドリングスキルも非常に高く 彼のダブルクロスオーバードリブルは現在では 『 アイバーソン・クロスオーバー』と名付けられているほど インパクトのあるものでした。 それにしてもアイバーソンの クイックネスはヤバすぎるでしょ! ちなみにそのアイバーソンが 『こいつらのハンドリングスキルは俺以上だ!』と 認めた現代のNBA選手がと。 確かにこの二人の ハンドリングスキルはヤバいですよね。 しかし、実際はアイバーソンはバスケットボールへの 情熱を人一倍持っていた選手だと感じます。 だから彼ほどのプレイヤーがトルコへ渡ってまで現役にこだわったのでしょう。 アレン・アイバーソンの伝説 まずはアイバーソンのプレイをご覧ください! アイバーソンと言えば、ルーキーイヤーにあの マイケル・ジョーダンに 1ON1を仕掛けたエピソードは有名ですよね。 ジョーダン相手にクロスオーバーからのジャンパーで得点を決めましたが、後に 『 クレイジーなのは、俺がベストムーブをしたけど、 もうちょっとでマイケルにブロックされそうになった事さ』 とジョーダンのディフェンスの凄さを語っていましたね。 このコメントに対しては後に 『 コート上では尊敬の念を持つと気持ちで負けてしまう』 と釈明していましたけどね。 実際に引退セレモニーでは 『 俺の目標となり、勇気づけてくれたことをマイケル・ジョーダンに感謝したい。 他の子どもたちと同じ様に、俺もマイクのようになりたかったんだ。 だからバスケットボールをプレーしたいと思わせてくれたことを彼に感謝したい。 』 と感謝の意を述べています。 個人的な意見ですが、現在の D・ウェイドや J・ハーデンのムーブなんかは MJだけではなく AIからもインスピレーションを受けたものじゃないかと感じています。 アイバーソンはアメフト経験者らしく、ペネトレイトの際に ボールを抱きかかえる様にしてインサイドに突入する強さを持ち いったん中に切り込むと今でいう ユーロステップ、ギャロップステップなど バラエティー豊富なステップでディフェンダーをかわし フローターシュート、ダブルクラッチなどで得点を重ねました。 ジョーダンと同じようにアイバーソンも現在のプレイヤーたちに 多大な影響を与えた伝説の選手だといえると思います! アレン・アイバーソンの名言! では最後にアイバーソンの名言を紹介して締めたいと思います。 I think I have one of the biggest hearts in this league. 「体のサイズでプレーしているんじゃない、ハートでプレーしているんだ。 俺はリーグで1番大きなハートを持っていると思う。 誰にもなりたくない…。 俺のキャリアが終わるときに、鏡に映っている自分を見て、 「俺は自分の道を生きた」と言いたい。 』 と発言しました。

次の