鼻水 が 止まら ない 風邪。 風邪の鼻水が止まらない!原因は鼻にないって本当!?

風邪で鼻水が止まらない症状が辛い!止める方法と原因はコレ!

鼻水 が 止まら ない 風邪

スポンサーリンク 鼻水が止まらないサラサラと片方だけ なぜ? 他に風邪の症状もないのに、突然出てくる水のような鼻水。 不意に出てくるサラサラとした鼻水には、本当に困ってしまいますよね。 私も、電車に乗っている時に突然、片方の鼻から流れ出てきて驚きました。 焦りましたよー。 そのうち涙も流れ出てきて。 放っておいてもすぐに治ってしまうと放置しがちですが、頻繁に出てくる不快な鼻水は、なるべく改善していきたいもの。 鼻水の種類と原因 鼻水には、透明でサラサラの水のようなものから、ドロッとしたものや、色のついたドロドロした鼻水などがあります。 風邪をひいたときには、黄色や緑色のドロドロの鼻水がでますが、透明でサラサラの鼻水は風邪以外の原因があるんです。 アレルギーの症状 まず考えられるのはアレルギーです。 透明でサラサラした鼻水は、鼻の粘膜を 花粉や ハウスダストなどの異物が刺激をすることによって分泌されます。 体内に侵入しようとする異物を洗い流そうとするので、水のような鼻水が出てくるのです。 洗い流すために出ているのなら、水のようにサラサラしているのも納得ですね。 人間の体って良くできているものです。 また、 花粉症の症状がでるのは春先だけではありません。 5~6月、9~10月もイネ科の雑草の花粉のせいで、鼻水に悩む人も多くいます。 春先以外でも花粉症の可能性はあるということですね。 >> 花粉に関係なく、1年中出る場合は「 通年性アレルギー鼻炎」が考えられます。 通年性アレルギー鼻炎の原因は、ダニやハウスダストが原因であることが多いです。 私の場合はハウスダストでした。 いつも、ある同じ室内で症状が出たからです。 さらにその後で分かったのですが、猫アレルギーもあったようです。 猫がいる家に行くと目が痒くなったり鼻水が流れ出ました。 特に子猫の毛は細く軽いためか、大人の猫よりアレルギー反応が出やすいです。 体温調節や鼻中隔弯曲症 その他にも、体温調節のためにサラサラの鼻水が出ることがあります。 これは意外かも知れませんが、気温の変化に敏感な体質の人に起こりやすい症状で、帰宅時に暖かいオフィスから寒い外に出たときなどのタイミングでサラサラの鼻水が出ます。 これが片方しか出ていない場合には、成長と共に鼻の軟骨が歪む「 鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)」かもしれません。 おおげさなネーミングですが、要は鼻筋の中、左右の鼻の穴を隔てる壁の部分がちょうど真ん中にきていない状態のことです。 サラサラだからといって必ずしもアレルギーというわけでは無いんですね。 風邪の場合の黄色や緑色のドロドロした鼻水には、ウイルスや、ウイルスと戦った白血球の死骸が含まれています。 なので、色のついたドロドロの鼻水が出たらウイルスと戦闘中ということになるので、十分な休息が必要です。 一方、アレルギーが原因の場合には、前述のようにアレルギーの原因となる物質を洗い流そうと体が反応するので、水のようなサラサラの鼻水が出ます。 鼻水が止まらない時の対処法 外出先でも容赦なく襲いかかる止まらない鼻水。 そんな鼻水に困ったときには、とりあえずの応急処置で鼻水を止めましょう。 水をほんの少しだけを口に含み、しばらくお待ちください。 たったこれだけで、驚くほど簡単に鼻水が止まります。 家に居るときには、蒸しタオルで鼻を覆って温めると、とてもスッキリします。 これらはあくまでも応急処置なので、根本的に治したい場合にはお近くのクリニックにご相談ください。 また、日常的にサプリやお茶を摂っておくことで症状が予防できることもあるので、試してみるといいですね。 まとめ サラサラの水のような鼻水は、多くの場合は花粉やハウスダストのアレルギー反応です。 アレルギーの場合は根本的な治療は無く、対処療法になります。 しかし、漢方を使ったり、体質改善をすることで、症状を抑えることも可能です。 たかが鼻水、されど鼻水です。 一度、医師の診断を仰いでから、自分に合った対策を探してみてくださいね。

次の

透明の鼻水が止まらない?風邪や花粉症との違いと止める方法!

鼻水 が 止まら ない 風邪

もくじ• サラサラ・黄色や緑の鼻水は何のサイン? サラサラの鼻水 細菌やウイルスなどの 異物の侵入を防ごうとして出てくるのは、サラサラの鼻水です。 他にも花粉やゴミ、チリといったものを吸い込まないように鼻水が出て洗い流しているのです。 黄色や緑の鼻水 細菌やウイルスが、体内に侵入してしまうと、次に体は細菌・ウイルスと闘うために白血球を大量に投入します。 白血球の死骸は、膿となり鼻水や痰に混ざり排出されます。 白血球の死骸が混ざっているので、黄色や緑色で、どろっとした鼻水となるのです。 黄色や緑の鼻水は、慢性的な鼻炎の場合も 副鼻腔炎、蓄膿症といった慢性的な鼻炎により、黄色や緑色の鼻水が出ることもあります。 副鼻腔の部分が炎症を起こし、鼻水や鼻づまりを引き起こします。 風邪をひいているわけでもないのに慢性的に鼻がつまり、黄色や緑色の鼻水が出る人は一度、耳鼻咽喉科で診察を受けてみましょう。 血が混ざった鼻水は病気? 風邪で鼻の粘膜が傷ついて、血が混ざったり、同様にアレルギー性鼻炎で鼻血が出やすくなる場合もあります。 また、血が混ざった鼻水は、鼻の中に 腫瘍ができている可能性もあります。 腫瘍は、良性のものと悪性のものがありますので、何度も血が混じったり、鼻血の方が鼻水より多かったり、 明らかな鼻血が15分以上続く場合は病院へ行きましょう。 長引く鼻水を早く治したいときは 体を温め、よく休み、栄養のある食事をとりましょう。 鼻水をすするのはNG? 鼻水は、風邪の細菌やウイルスを含んでいるので、 すすらずに出てきた分はそのままティッシュなどにくるみ捨てましょう。 市販薬の使用と選びかた ウイルス感染による感染症はウイルスをやっつける 根本的な治療をすることはできないので、一般的に症状を抑える対症療法で治療が行われます。 市販薬でも鼻水や鼻づまりに対して症状を緩和する成分が配合されたものも多く販売されています。 薬剤師に相談してみましょう。 その際、 「総合感冒薬」よりも、「鼻水・鼻づまりによく効く」などの記載のあるものを選んだ方が、特化した成分が多く含まれている場合が多いので、より望ましいでしょう。 鼻水が止まらないときはアレルギーも疑ってみて サラサラの鼻水が止まらないのは、アレルギーが原因のこともあります。 花粉やハウスダストなどのアレルゲンがなくならない限り、鼻水の症状は続きます。 この場合は、アレルゲンが進入しないように マスクを着用したり、アレルギー反応を抑える 薬を服用する必要があります。 アレルギーかどうかは、耳鼻咽喉科や内科で検査可能です。 まとめ 鼻水が出るのは、体からのサインです。 自分自身で、状態を目で見て確認できるツールにもなります。 保護者の方は、お子さんや赤ちゃんの体調確認にも使えます。 鼻水が出てきたら、鼻水の色や量、粘度も観察してください。 <参考> 一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会 鼻の症状.

次の

風邪で鼻水が止まらない!どうして?対処法は?

鼻水 が 止まら ない 風邪

白血球や菌(ウイルス)の死骸の排出 ウイルスの感染によって風邪を発症すると、体内に侵入したウイルスを退治するために免疫系が働き出します。 この免疫系の中心的な役割を担うのが白血球です。 白血球がウイルスを退治する過程で、白血球やウイルスなどの死骸が発生します。 これらを排出するために、風邪の治りかけ時に鼻水が出てくるのです。 また、このときの鼻水は黄色っぽい色をしてドロドロしているケースが多いです。 なぜなら、水分を含む通常の鼻水に加えて白血球やウイルスなどの死骸が含まれているので、その分黄色っぽくなるのです。 ちなみに鼻水が緑色である場合はある特殊な細菌による感染症、透明である場合はアレルギー性気管支炎、非細菌性感染症、後鼻漏などによる影響であると考えられます。 このような特徴的な鼻水の色については以下の記事でまとめていますのでぜひ参考にしてください。 参考: 副鼻腔炎 風邪の治りかけ時でも鼻水が止まらない場合は、副鼻腔炎が発症してしまっていることも考えられます。 風邪の菌(ウイルス)が、鼻の奥の方にある副鼻腔という空洞に感染してしまい炎症を起こしてしまう病気です。 副鼻腔炎になると、黄緑色のドロドロとした鼻水がたくさん出るようになり、慢性化すると蓄膿症にもなってしまいます。 つまり、風邪をこじらせてしまうと副鼻腔炎や蓄膿症になり、ひどい鼻水や鼻づまりが起きてしまうのです。 風邪の治りかけ時に出る鼻水に対処する方法 薬をしっかり飲む 風邪が治ってきたと感じたら、服用していた薬を止めてしまう方も多いです。 しかし、風邪が完治していない状態で薬の服用を止めてしまうと風邪を再発してしまう可能性が高まるので注意しなければなりません。 風邪の治りかけ時は、体の抵抗力が弱まっており風邪を再発してしまいやすいのです。 なので、風邪が治ってきたと感じてもしっかりと風邪が完治するまでは薬は服用し続けるようにしましょう。 水を使って鼻水を出す 鼻水が鼻の奥の方に溜まって鼻づまりが起きているような場合は、水を使って鼻水を外に出す方法がおすすめです。 ティッシュなどを使って物理的な刺激を与えてしまうと、鼻の粘膜を傷つけてしまう可能性があります。 それに対し、口に水を含み舌を使って鼻水を出す方法は粘膜を傷つける心配がありません。 この方法については以下の記事で詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 また、鼻うがいをしたり、マスクをするなどの対処法もおすすめです。 参考: 鼻水はすすらない 鼻水がたれてくると、つい鼻水をすすってしまい体内に鼻水を戻してしまう方も多いはずです。 しかし、このように鼻水をすするということは、体外に排出しようとしていた細菌やウイルスを再び体内に戻してしまうということです。 なので、鼻水をすすってしまうと風邪が治りにくくなってしまうのです。 さらに、鼻水をすすることで以下のような悪影響の原因ともなります。 副鼻腔炎になりやすくなる• 咳が出やすくなる• 中耳炎になりやすくなる 鼻水をすすることを習慣化してしまうとつい無意識にすすってしまいますので、できるだけ意識的に鼻水はかむようにしましょう。 食事に気をつける 風邪の治りかけ時に適切な食事を取ることはとても大切です。 風邪の治りかけ時は、消化に良く温かい食べ物がおすすめです。 具体的には、おかゆやうどん、白身魚などがいいでしょう。 また、バナナやリンゴなどの果物を不足しがちなビタミン類の栄養素を補給することができるのでおすすめです。 逆に、刺激物や脂っこい食べ物、揚げ物、アルコールなどは控えるようにしましょう。

次の