攻撃範囲制限 モンスト。 【モンスト】覇者の塔30階を無課金パーティーで安定攻略!

【モンスト】覇者の塔30階を無課金パーティーで安定攻略!

攻撃範囲制限 モンスト

ギーラの最新評価 ギーラ(進化)の評価 Wキラー持ち ギーラはアビリティに聖騎士キラーと味んキラーを持つ。 さらに、星5制限クエストで展開されやすいダメージウォールにも対応できるため、星5制限クエストでは活躍しやすい性能。 友情とキラーの相性が悪い。 ギーラの友情は白爆発M。 友情の誘発がしやすくサポートに向いているが敵への攻撃には向いていない。 そのため、せっかく素アビでWキラーを持っているのに、敵への攻撃には向かない白爆発Mが友情になっているため相性が悪い。 総合評価と使い道 汎用性には欠けるがWキラー持ちのため、星5制限クエストではアタッカーとして活躍がしやすい。 ただ、ゲージ無しでキラーが使えるのにもかかわらず、友情がサポート寄りの白爆発Mなのが非常に残念なところではある。 4 タス上限 2460 3925 85. 0 タス込み最大 14385 15487 327. 2893 レア度 星4 属性 火属性 種族 ボール 貫通 タイプ バランス型 アビリティ わくわくの力 英雄の証なし ステータス HP 攻撃 スピード 最大 6881 9374 242. 53 タス上限 1400 900 23. 8 タス込み最大 8281 10274 266. ギーラはWキラー持ちで、ADWも持っている。 全体的に、星5制限クエストでは何かと活躍しやすい性能となっているので、運枠として作っておくことをおすすめする。

次の

【モンスト】覇者の塔30階を無課金パーティーで安定攻略!

攻撃範囲制限 モンスト

攻撃ダウンフレアを発動させてから剣を回収 ボス、中ボス、バジリスクは反撃モード中に攻撃すると、攻撃ダウンフレアを放つ。 剣を回収した後に攻撃ダウンフレアを受けると攻撃アップ状態が解除されるため、事前に反撃させてから剣を回収しよう。 広範囲を攻撃できる友情持ちがいると反撃モードを発動させやすく、立ち回りがラクになる。 ステージ1 1. ガンマンを倒す 2. バジリスクを倒す バジリスクが反撃モード中に攻撃ダウンフレアを放つ。 攻撃ダウン状態にならないように、剣が出現した際は、反撃モードを発動させてから剣を回収する手順で動こう。 ステージ2 1. ガンマンとスプリッツァーを倒す 2. 中ボスを撃破 中ボスが反撃モード中に攻撃ダウンフレアを放つ。 剣を持った状態でないと、中ボスなどはまともに攻撃を与えることができない。 事前に剣を持った状態ならば、攻撃ダウンフレアの範囲外から友情コンボをくり出して、敵の反撃攻撃を回避したい。 ステージ3 1. スプリッツァーを倒す 2. 中ボスを撃破 まずは手近なスプリッツァーを倒しておこう。 攻撃アップ状態の味方がいる場合は、なるべく次のステージまで効果が持ち越せるように立ち回ると、ボス戦を有利に戦える。 ボス1 1. バジリスクを倒す 2. ガンマンとスプリッツァーを倒す 3. ボスを撃破 ボスとバジリスクが反撃モード中に攻撃ダウンフレアを放つ。 剣を回収して攻撃アップ状態にならないとダメージが通りにくいため、まずはバジリスクを早めに倒し、立ち回りをスムーズにしたい。 ボス2 1. スプリッツァーを倒す 2. ボスを撃破 反射タイプはスプリッツァーのあいだを狙い、連続ヒットで倒そう。 ただし、ステージ突入時に、攻撃アップ状態の味方が多く、効果を維持できるのであれば、ボスに集中攻撃するのもアリだ。 ボス3 1. バジリスクを倒す 2. ガンマンを倒す 3. ボスを撃破 ボスとバジリスクの2体が、反撃で攻撃ダウンフレアを放つため、攻撃アップ状態を維持しにくい。 また、ボスは7ターン後に自身への攻撃アップを使う。 その後の被ダメージが大幅にアップするため、長期戦は危険だ。 初手で攻撃アップ状態の味方を利用し、早い段階でボスのHPを削っておくと安全に戦いやすい。 あわせて読みたい 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』コラボ第2弾.

次の

【モンスト攻略】ケズロイザーのギミックと適正キャラランキング【究極・星5以下制限】

攻撃範囲制限 モンスト

14階~16階• ランサー・ディフェンスタイプの出撃不可 17階~19階• 剣士・バランスタイプの出撃不可 20階• ウォリアー・クロスセイバー・ドラゴンライダーの出撃不可 21階~23階• 武闘家・アーチャー・アタッカータイプの出撃不可 24階~26階• 魔道士・バーサーカー・サポートタイプの出撃不可 27階~29階• 剣士・ウォリアー・バランスタイプの出撃不可 30階• ランサー・ヴァリアント・テクニカルタイプの出撃不可 31階~34階• HP・SP回復量DOWN 小 から、HP・SP回復量DOWN 中 に変更• 属性敵が一部出現するが、属性を重視する必要はなし 31階• クロスセイバー・ルーンセイバー・ディフェンスタイプの出撃不可 臨時ティーチャーが出現 開幕は臨時ティーチャーが2体出現。 その為、バリアを即破壊できる手数の多いキャラが望ましいです。 バリアへの攻撃はSP回復ができないという点にも注意。 新属性モンスター「ライトヘビーナイト」 ライトヘビーナイトのスキルカウンターは通常のヘビーナイトのものより攻撃時間が長いです。 そのため、 一度避けてしまえば大きな隙となります。 モーションの短いスキルを撃ってから、背後を攻撃という手段が有効です。 属性にこだわる必要はなし 光属性の敵のため闇属性攻撃が弱点ですが、とくにこだわる必要はありません。 物理攻撃が強力なキャラの方がHPを削りやすいと感じました。 32階• ウォリアー・バーサーカー・スキルタイプの出撃不可 3つのツボをどう破壊するかが攻略の鍵 開始後、中央に近づくと1つ目のバフ消しツボが出現します。 その後、マップ左下に2つ目のツボ、マップ右に3つ目のツボが出現します。 トロール3体やメタルガイコツ2体がいる中で破壊しなければいけないため、非常に難易度が高いです。 ここが最初にして最大の難所だと思われます。 不安なら魔道士を1体入れる ソロクリアが可能なほど強力なキャラがいる場合、保険用に魔道士を1体入れておくのもおすすめです。 協力クリアでも称号は貰える どうしてもクリアできない場合は、協力で手伝ってくれる人を探しましょう。 協力でクリアした場合も、しっかりと報酬を受け取ることができます。 トロールの掴みに注意 3体のトロールはキャラに向かって走って近づき、掴み攻撃を行ってきます。 狭めのマップで3体が掴みを行ってくるため、非常に避けづらいです。 ツボを3つ破壊するまではトロール3体は倒さない トロール3体を倒してしまうとバフォメット2体が出現してしまいます。 ヨモツイクサ戦でなるべく楽をするため、 トロールを全て倒す前にツボは全て破壊しましょう。 トロールは2体までなら倒しても問題ないですが、ツボを3つ壊す前に最後の1体をうっかり倒さないように注意。 黄泉戦ではヨモツイクサから離れて戦う ヨモツイクサの攻撃はほとんどがDAで、ヨモツイクサに近づくほど避けづらい攻撃が多いです。 その為、黄泉戦ではヨモツイクサから離れて戦いましょう。 ただし、 離れていても足元からのDAやビーム系のDAがあるため注意。 40階の立ち回り方 茶熊ルウシェ SPを回収してS1、もしくはS2を使用してアラストル召喚• ルーンドライバーは「SP自動回復」を選択しておくのが無難 まずはSP回収です。 茶熊ルウシェでの攻略に欠かせないアラストルを召喚します。 アラストルの特徴• 長押しで連続攻撃。 長押ししている間は攻撃し続ける• 与えたダメージ量によって敵のHPを吸収• ある程度離れた場所に居る敵も自動で索敵し攻撃する• バフ消しツボの効果で消える 外周移動中 召喚したら、長押ししてアラストルに攻撃してもらいます。 この時、自分は バフ消しツボの範囲外である外周をぐるぐると移動し続けましょう。 移動し続けることでトロールの掴みをある程度回避することができます。 ツボを3つ破壊するまではトロール3体は倒さない トロール3体を倒してしまうとバフォメット2体が出現してしまいます。 ヨモツイクサ戦でなるべく楽をするため、 トロールを全て倒す前にツボは全て破壊しましょう。 トロールは2体までなら倒しても問題ないですが、ツボを3つ壊す前に最後の1体をうっかり倒さないように注意。 基本的に攻撃はアラストル任せ ツボだけでなくメタルガイコツやトロールに攻撃が吸われることもありますが、トロール以外は問題ありません。 トロールを攻撃している場合は、一度長押し攻撃を解除し、ツボかメタルガイコツに近づいてから再び長押し攻撃しましょう。 バフォメット2体とナハトドンナー2体はスキルぶっぱ ツボを3つ壊せばひとまず難所は突破です。 その後のバフォメット2体とナハトドンナー2体は S2で複数を巻き込むようにして倒しましょう。 どちらもDAがあるため、迅速に倒しましょう。 ナハトドンナー戦で余裕があれば次のヨモツイクサ戦用にSPを貯めておけると少しだけ楽になります。 ムラマサは片方だけ倒す 右のムラマサ処理後 ムラマサは2体倒すと復活させられてしまいますが、 1体残した状態だと復活させられません。 ヨモツイクサは離れていると攻撃が避けやすく有利なため、 マップ右のムラマサだけを倒しましょう。 ムラマサは攻撃が読みやすいので、アラストルのおかげでHPとSPを回復してくれるタンク要員になります。 ここからは 右のムラマサを倒した場所を拠点に戦っていくことになります。 左のムラマサの重力バリアに入らないようにだけ注意しましょう。 ルーンセイバーの場合、ローリングアタックを使うと自動索敵で入ってしまう場合があるので注意。 S2で削るよりも時間がかかる点と、アラストルや二重バリアは60秒で効果が切れるため、その点だけ注意。 倒す直前にSP回収ができていると黄泉戦で楽ができます。 行動は直線攻撃など、読みやすいものが多いですが、 ヨモツイクサのDAが重なると一気に倒されてしまいます。 左のムラマサの重力バリアに入らないように注意。 繰り返しになりますが、 片方のムラマサを倒したマップ右で戦いましょう。 ヨモツイクサ ヨモツイクサ撃破 クエストクリア 行動パターンはさっきと同じです。 ここまで来るとほぼ消化試合ですが、油断だけはしないようにしましょう。 ヨモツイクサ撃破後、左のムラマサを倒せばクエストクリアです! モンスター図鑑情報 ライトヘビーナイト 今回のイベントで上記の属性モンスター 1体が図鑑に登録されました。

次の