マネー ツリー 楽天 銀行。 【口コミ】マネーツリーの危険性とは!? マネーフォワードと比較しながらメリット・デメリットを超解説!!

moneytree(マネーツリー)にpaypayは登録できる?|2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

マネー ツリー 楽天 銀行

池田泉州キャピタル株式会社• SMBCベンチャーキャピタル株式会社• SBIインベストメント株式会社• 米国セールスフォース・ドットコム• 株式会社DGインキュベーション• 株式会社広島ベンチャーキャピタル• 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ• ベイリー・ギフォード・アンド・カンパニー• みずほキャピタル株式会社• 三菱UFJキャピタル株式会社 参考までに会社概要を記載しておきます。 会社名 マネーツリー株式会社 資本金 13. 3億円(資本準備金を含む)(2018年12月末現在) 住所 東京都港区西麻布3-13-3 カスタリア広尾2階 設立日 2012年4月23日 事業 PFMサービス「Moneytree」の運営 マネーツリーのプランと費用 マネーツリーでは全部で4つのプランに別れています。 月額費は下記の通り。 特にCorporateでは月額に換算すると450円も変わってきますよ。 そして、この4つのプランの違いはこのようになっています。 月額0円でも金融機関は50社まで登録ができます。 ほとんどの人はこのプランで問題ないでしょう。 また、GrowだけはiOSにしか対応していませんので注意してください。 マネーツリーで対応している主なサービス マネーツリーで管理できるカテゴリーは下記の通りです。 メリット1:無料でも十分使える マネーツリーでは有料プランもありますが、ほとんどの人は無料プランで充分です。 無料プランでも登録出来るサービスは有料プランと変わらずに50社まで。 むしろパーソナルグループの有料プランはAndroidに未対応です。 利用可能になる機能も「カテゴリ別予算設定」くらいしかありませんので、有料プランを選ぶメリットはかなり少ないと思います。 メリット2:自分の資産が一目でわかる 自分が保有している金融機関口座、クレジットカード、共通ポイントなどを全て登録すれば一目でわかるようになります。 しかもデータは自動で更新してくれるのでこちらが入力する必要は一切なし。 資産が明確化されることで将来必要になるお金の計算なども容易になると思います。 メリット3:アップルウォッチからも利用可能 アップルウォッチからも利用可能です。 スマホを取り出す必要なく、いつでもどこでもサッと確認できます。 メリット4:セキュリティも万全で安全性が高い まだまだ金融機関やクレジットカード情報を登録するということで、セキュリティが心配になる人もいると思います。 しかしマネーツリーでは年齢や性別などの個人情報の登録はしていません。 さらに、ファイナンスアプリでは国内初のプライバシー認証機構であるTRUSTeを取得しました。 通信情報の暗号化や電子証明書を通したサーバへの接続はもちろん、セキュリティ専門家による侵入テストの実施も行っています。 セキリティーレベルは非常に高いです。 不用意なアンケートやキャンペーンの公募も一切行っていませんよ。 マネーツリーのデメリット 個人的に気になるところを紹介するね。 デメリット1:連携サービスがやや少ない 残念ながら業界最大手のと比較すると連携サービス数がやや少ないです。 は2,600以上に対して、マネーツリーは2,200ほど。 知名度の低いサービスは連携できない可能性があります。 デメリット2:運営会社が上場していない マネーツリーはベンチャー企業が運営しています。 ベンチャーキャピタルや企業から出資を受けているの信頼度は高いです。 しかし上場はしていません。 一方、は上場しています。 信頼面ではに軍配が上がります。 マネーツリーの評判や口コミ マネーツリーにおけるネット上の評判や口コミをリサーチしてみました!! 資産がいくらなのかリアルタイムで分かる。 — 積立NISAのデスペラード godokidoki13 マネーツリー入れてみたんだけどこれ便利すぎでは… — りゅうか kuratoth 基本はマネーフォワードか、マネーツリーのどちらかだと思いますが、私はマネーフォワードを使ってます。 マネーツリーの方が画面は見やすいですが、マネーフォワードの方が連携先が多く、予算管理も出来るのでこちらにしました。 — 千里 senriinvest 保有している資産を全て管理できる部分、さらに自動でデータが更新されるところは高評価です。 一方、に比べて連携できるサービスが少ない点が気になるという人もいました。 マネーツリーとマネーフォワードの比較 ほとんどの人は無料プランを使うと思いますのでこちらでマネーツリーとを比較していきます。 いちばんの違いは 金融機関の登録数です。 マネーツリーでは50社、一方では10社しか登録ができません。 なんと5倍も変わってきます。 金融機関やクレジットカード、さらに各種ポイントを使ってる人は10社では到底足りません。 10社以上を利用してる人はマネーツリーを使うようにしてください。 一方、連携できるサービスはマネーツリーの約2,200に対して、は2,660社ほど。 400社以上変わってきますので、マイナーなフィンテックサービスを利用している人はが向いていると思います。 マネーツリーの危険性 マネーツリーを利用するには最低限のIDなどは入力する必要があります。 そうなると危険性を気にする人もいるかもしれません。 しかしマネーツリーはあくまで閲覧専用のサービスです。 インターネットバンキングの資金移動に必要な第2認証や乱数表の入力は不要。 よって、万が一ハッキングにあったとしてもハッカーは何もすることができません。 さらにメリットでもお伝えした通り、高度なセキュリティレベルも維持しているので危険性は極めて低いと思います。 とはいえ、絶対はありません!! 少しでも不安を覚えた方はマネーツリーを利用しないことをオススメします。 マネーツリーのまとめ では最後にマネーツリーをまとめます!!

次の

Moneytree 対応金融機関及びサービス一覧

マネー ツリー 楽天 銀行

2019年7月15日 2019年7月27日 もはや、マネーサポート使ってる人いるのかってレベルですわ。 そろそろ自分の資産状況についてまとめたいと思いまして、エクセル等で資産状況のグラフを作ってみようとしてみました。 が、残念ながら自分にはそういうグラフをまとめたりした経験が無かったため、 上手い事作る事が出来ず、すぐに断念しました。 こういう所で社会経験の無さが出るよね。 そこで 家計簿アプリに頼りました。 自分の資産状況が簡単にグラフ化されるので、それを活用して 現在の資産状況の記事をUPしようと思ったのです。 そこで、すでに持っていた楽天銀行口座のマネーサポートを使って 家計簿デビューを果たそうとした訳です。 しかし、まあ楽天銀行のマネーサポートの使いにくいのなんのって!結局マネーフォワードの有料会員になってしまいました。 今回は、 楽天銀行のマネーサポートとマネーフォワードという2つの家計簿アプリの比較をしていきたいと思います。 楽天銀行の口座を開設している方なら無料で使う事ができ、楽天銀行アプリ内で利用する事が可能です。 逆に言うと、 銀行口座を開設しなければ使えないという意味で、気軽に使いたいという方にとっては、この時点で断念するでしょう。 自分は楽天銀行の金利 年0. ゆうちょ銀行の口座にも現金が入ってますが、いずれは楽天銀行で一本化しようと考えています。 楽天銀行自体は凄く気に入っているのですがね… マネーフォワード それに対してマネーフォワードは、 アプリをダウンロードするだけで利用する事が出来ます。 マネーサポートと違って、口座を開設する必要がないため、ダウンロードしたその日から利用する事が出来ます。 利用の始めやすさは マネーフォワードの圧勝ですね。 アプリ動作比較 では、アプリの動作の比較はどうでしょうか? マネーサポート めちゃめちゃ重い。 それに尽きます。 調子が悪ければログイン画面にすら辿り着くことは出来ません。 ログインするにはパスワードを入力する必要があります。 もちろん、ログインしてトップページに移るのにも時間がかかります。 そこからさらに、マネーサポートのページに飛ばなくてはなりません。 しかも、それぞれの接続は重すぎて、とてもまともに使えたもんじゃありません。 多分利用者が多いであろう、 夜9時頃はまともに接続できないでしょう。 マネーフォワード それに対してマネーフォワードはアプリを開くだけで使う事が出来ます。 パス入力も必要なく、その間1秒。 ・・・ なんだこの差は!!! もちろん同じ時間帯で、同じ端末で、同じ回線で使っています。 回線の問題とかでは全くありません。 もうこの時点で楽天銀行を持っている方でさえ、マネーサポートをわざわざ使う意味は無いでしょう。 アプリ動作も マネーフォワードの圧勝! 連携のしやすさ比較 家計簿アプリは、金融口座と連携して始めて使う事が出来ます。 金融口座を複数持っている方でも一括で管理する事が出来るからこそ、家計簿アプリは人気なのです。 連携をするためには、各金融機関のオンラインバンキングの口座を開かないといけない事に注意 が必要です。 さて、連携のしやすさではどうでしょうか? マネーサポート アプリが重すぎるためWeb上で検証。 なんで連携出来ないんだよ! 家計簿アプリとしては最悪だろ! しかも連携先は 楽天証券だぞ!なんで 同じ会社内のサービスすら連携できないんだよ! 本当はゆうちょ銀行など、他の金融機関との連携しやすさなども調べようと思いましたが断念… 情報によるとゆうちょ銀行などの連携も失敗しやすいようです。 もうどうでもいいいや… マネーフォワード ゆうちょ銀行や楽天銀行、楽天証券など 全ての連携が完了する事が出来ました。 この連携にかかる時間も、入力や合言葉を書き込むのみで、 3分ほどで完了します。 ただ、オンラインバンキングとしか連携する事は出来ないため、 各金融機関のオンラインバンキング登録に時間がかかると言った所でしょうか? しかし、それはマネーサポートも同様なので、結局 連携のしやすさもマネーフォワードの圧勝! 連携対応企業数の比較 マネーサポート マネーサポートの連携対応企業の数は、1000社以上と公式HPでは書かれています。 詳しい数字は分かりません。 連携対応してると言っても、連携出来る訳ではありませんが… マネーフォワード マネーフォワードは2613社となっています。 こちらは正確に出してくれています。 マネーサポートが2000社以上あるとは思えないので、 連携対応企業もマネーフォワードの圧勝! 有料サービスの比較 マネーサポート こちらはすべて無料で利用する事が出来ます。 マンスリーレポートや資産グラフなども無料です。 ちなみに何故かWeb版では内訳を円グラフで見る事が出来ません。 僕が見落としてるだけかもしれませんが… 全てのサービスが無料で利用出来るのは、 マネーサポートが唯一勝っている点でしょう。 マネーフォワード こちらは資産総額が無料で利用することは出来るます。 しかし、分かりやすい内訳の円グラフや資産推移のグラフは月500円のプレミアム会員にならないと利用する事は出来ません。 また無料の場合は連携先は10までに制限されたり、データ閲覧が過去1年までしか利用できなかったりと制限が多いです。 私はプレミアム会員になってしまいました。 利用度次第ですが無料でも全然問題なく使えます。 価格ではマネーサポートの勝ちですね。 まとめ ここまでの比較をまとめてみます• 利用しやすさ マネーフォワードの圧勝!• アプリ動作 マネーフォワードの圧勝!• 連携のしやすさ マネーフォワードの圧勝!• 連携対応企業数 マネーフォワードの圧勝!• 有料サービス マネーサポートの勝ち と言うわけで、 家計簿アプリを使うならマネーフォワード一択です。 ライトユーザーなら無料版でも満足して使えます。 また家計簿を十分活用したいような人は、マネーフォワードで有料にするべきです。 無料であってもマネーサポートを使うのは耐えられないと思います。 ちなみに私は楽天サービスが大好きで、 全てを 楽天で管理したいと思っています。 今後は楽天スマホを使うつもりでもいます。 だから、マネーサポートを使えないというのは非常に残念です。 悔しいぐらいです。 今後のマネーサポートが改善される事を祈っております。

次の

【家計簿アプリ】楽天銀行のマネーサポートが使いづらすぎて、マネーフォワードでプレミアム会員になってしまいました。【比較】

マネー ツリー 楽天 銀行

マネーブリッジが持つすべてのメリット まず、マネーブリッジのメリットをまとめます。 冒頭でも述べた通り、マネーブリッジ最大のメリットは「 楽天銀行において普通預金金利が大幅にアップする」ことです。 優遇金利適用後の利率は、他の銀行では考えられないほど高金利で、ネット銀行の中でもトップクラスです。 以前は、住信SBIネット銀行が提供していた同類のサービスである「SBIハイブリッド預金」が競っていました。 現在はSBIハイブリッド預金の魅力が薄れ、マネーブリッジの評価が高まっています。 証券口座へのスイープサービス スイープサービスとは、「楽天銀行口座」と「楽天証券口座」の間のお金のやり取りをスムーズに行う仕組みです。 マネーブリッジを活用することで、銀行口座と証券口座を連携して使うことができます。 メリット1:株を買いたい時 楽天証券で株を買いたい時、通常は証券口座の資金を使って株式購入の注文を出します。 しかし、株の購入資金が証券口座の残高で足りない場合、通常は銀行から証券口座への入金手続きが必要です。 このような場合でも、スイープサービスを設定しておけば、楽天銀行の口座から自動的に足りない資金を充当し、株の購入資金に充てることができます。 メリット2:証券口座の待機資金 楽天証券の待機資金には金利が付きません。 しかし、スイープサービスを設定しておくことで、毎営業日、証券口座の待機資金が自動的に楽天銀行へと移され、普通預金口座で運用できます。 この時の楽天銀行の普通預金金利が「 マネーブリッジによる優遇金利」となり、通常の楽天銀行の預金金利よりも高い利率での運用が可能となります。 証券口座で株を買っていない場合でも、定期預金を上回る利率で運用ができるのは、マネーブリッジの大きなメリットです。 メリット3:証券口座からの当日出金 通常、証券口座から出金手続きをすると、登録している銀行に入金されるまでに数営業日がかかります。 マネーブリッジのスイープサービスを使うことで、楽天証券の資金は毎営業日、自動的に楽天銀行へと出金されるので、楽天銀行のキャッシュカードを使って、証券口座の資金もすぐに出金できるようになります。 もちろん、楽天銀行・楽天証券の資金移動は手数料無料です。 メリット4:信用取引の不足金 このメリットは、楽天証券で信用取引をしている人に関係する内容です。 信用取引で損失が拡大した場合、不足金が発生したり保証金維持率が低下することがあります。 この場合、証券口座への早期入金が求められます。 スイープサービスを設定しておくことで、こうしたトラブル発生時に銀行口座から自動的に入金をおこなってくれるので、不足金や証拠金維持率の早期解消が可能となります。 スイープサービスの説明は、こちらの動画がとてもわかりやすいです。 (金利水準は現在と異なります) なお、 スイープサービスを設定したり解除したい場合は、楽天証券にログインし、画面右上の「 銀行連携」を選択します。 以上がマネーブリッジのメリットです。 やはり、 普通預金金利の優遇が最大のメリットです。 利払日と元本保証 マネーブリッジと同種のサービスとして、住信SBIネット銀行の「 SBIハイブリッド預金」があります。 あまり知られていないのですが、SBIハイブリッド預金は「証券口座」扱いの資金となっていますが、 マネーブリッジは完全な「普通預金」扱いです。 つまり、マネーブリッジの普通預金はペナルティなどはなくいつでも出金できますし、またペイオフ(預金保険制度)によって最大1,000万円までが 元本保証となっています。 また、マネーブリッジは楽天銀行の普通預金と同じ、毎年3月31日と9月30日の年2回が利払日です。 もちろん、利息は日割り計算で支払われるため、ひんぱんに入金・出金を繰り返しても利息収入は確実に積み上がります。 そして、3月末と9月末にまとめて楽天銀行の口座へ利息が振り込まれます。 証券口座は使わなくても大丈夫 マネーブリッジの利用には 楽天証券の口座開設(無料)が必要です。 しかし、楽天証券は 口座開設手数料や維持費用などは一切かからないので安心です。 また、マネーブリッジはあくまでも銀行と証券口座を連携することで実現できるサービスなので、 証券口座を使う必要はありません。 つまり、株や投資信託に興味がなければ、証券口座は開設だけしておいて、その後は放置していても大丈夫です。 あくまでも、楽天証券口座を開設することだけが利用条件となっています。 マネーブリッジの登録方法 マネーブリッジのやり方は簡単で、3つのステップで登録可能です。 利用申込をする時は「楽天銀行」で行います。 スイープサービスの設定・解除は「楽天証券」で行います。 (登録無料) この3ステップですぐに楽天マネーブリッジを利用することが可能となります。 マネーブリッジのリスクとデメリット 実は、 マネーブリッジには、これといったリスクやデメリットはありません。 顧客にとって非常に有利なサービスなので、少しでも高金利で運用したい方は積極的に活用したいところ。 あえてデメリットをあげるとすれば、メインの銀行口座と証券口座が楽天になり、「楽天に囲い込まれる」ことです。 しかし、楽天銀行は振込手数料やATM手数料などを考えても、メリットの大きいネット銀行です。 楽天証券も、業界最安水準の取引手数料を提供しています。 いずれも、私たち顧客にとって大きなデメリットにはならないと思います。 楽天銀行と楽天証券は楽天スーパーポイントが貯まる取り引きもあるので、いわゆる「楽天経済圏」でポイントを貯めたい人は、活用して損はありません。 なぜ楽天はマネーブリッジを提供するのか 楽天が高金利を提供してまで、マネーブリッジというサービスを提供する理由を探ると、真の狙いが見えてきます。 マネーブリッジを導入し、顧客に高金利な普通預金を提供すると、楽天側には以下のメリットが生じます。 楽天銀行と楽天証券の口座数を増やすことができる• 銀行と証券の両方を使ってもらうことで、顧客の囲い込みができる• 楽天証券の取引高の増加が期待できる• 楽天証券が、顧客の不足金が回収できなくなるリスクが減る この中で、楽天側のメリットとして最も大きいのは「不足金の回収リスクを減らせること」です。 これは、楽天証券で信用取引をしている人向けの話なので、株の取引をやっていない方や信用取引をしていない方には関係のない話です。 例えば、株価が暴落すると信用取引をしている人の損失が拡大し「 不足金や追証」が発生します。 不足金や追証は顧客が証券会社に追加で差し入れなければならない資金です。 しかし、損失拡大により顧客が信用取引の不足金を払えず貸し倒れになってしまうケースが少なくありません。 このような場合、楽天証券はなんとかして顧客から不足金を回収しなければなりませんが、その作業は決して簡単なことではありません。 そこで、こうした事態が起こる前から常に、楽天銀行と楽天証券を連携させておくことで、証券口座で不足金が生じても、銀行口座から回収できるようにしておくのです。 この取組により、楽天証券は不足金の回収率を高めることができます。 私は、これがマネーブリッジの真の狙いではないかと考えています。 最も、前述のとおりこれは証券取引や信用取引をしない人にとっては関係のない話です。 多くの人にとって、マネーブリッジはリスクがなくメリットが大きいサービスであることは間違いありません。

次の