タルップル 色違い。 タルップル|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】タルップルの育成論と対策【激レア超耐久ドラゴン】

タルップル 色違い

今回の解説はタルップルです。 基本データ No. 4m 重さ 13. からだから あまい においを だして エサの むしを ひきよせる。 シールド あまい みつで からだが おおわれ せなかの かわは とくに あまく むかしは こどもの おやつだった。 モチーフは恐らくに次いでタラスク。 ちなみに、アダムとイブに強引にりんごを食べさせた蛇はと言われており、タラスクはその息子だと伝承されている。 色違いのタルップルは頭の皮が青リンゴ色になるためほぼ緑になる。 進化しても高さは0. 4mと結構小さめ。 概要 初登場は『剣盾』。 体を覆う甘い蜜で熟成された背中の皮は食べられる。 昔は子供達のおやつとして食されていたようで、ポピュラーな食材だったようである。 タルップルの目 耳が垂れているように見えるがこれは目。 リンゴのヘルメットらしきものを被っている影響で垂れてしまったようだ。 このヘルメットは、ボールから出た瞬間や攻撃を受けた瞬間など大きな動きをすると一時的に脱げる。 動画やスクショにして一時停止にしないと殆どその瞬間は見えないが、本来目のあるであろう部分になにもないのでパット見のっぺらぼうに見えて中々に異質。 このペラペラの目は一応自力で立ち上げることが可能。 ダメージを受けたときや攻撃の瞬間にはちゃんと相手を見ている。 ゲームのタルップル あまーいりんごはシールド限定で、ワイルドエリアでの拾得とイベント入手ができる。 レイドバトルでもシールド限定で登場する。 こもれび林• キバ湖の瞳• ハシノマ原っぱ• 巨人の りんごさん 専用技。 おそらく漢字にすると「リンゴ酸」。 アップリューの専用技「Gのちから」と比較すると、特殊技か物理技かという違いと、追加効果が「防御低下」と「特防低下」という点で異なる。 キョックス タルップルがキョックスした姿。 巨大化したカジッチュのような外見。 くさタイプの技が『キョダンロ』に変化。 攻撃を与えると同時に、自分の状態異常を治す。 アップリューの物と姿形は全く同じ。 対戦のタルップル 能力 分岐進化のアップリューと比べると、あちらが物理型なのに対してこちらは鈍足特殊アタッカー。 氷4倍ドラゴンなのが痛いが、特性が優秀。 鈍足ながらタマゴ技で「ふいうち」も使える。 攻撃も85とそこそこ。 特性 「じゅくせい」は持っている『きのみ』を使う時、効果が2倍になる。 「くいしんぼう」は通常より早く、HPが最大HPの半分以下になると『きのみ』を使う。 は「」。 『ほのお』『こおり』タイプの技を受けた時、ダメージが半減する。 素の火力は低いが、専用技りんごさんの追加効果で特殊耐久を削られる。 型の場合、ほのおタイプのメイン・サブを軒並み半減以下に抑えられる危険がある。 対策方法 耐久型のとしては素の耐久値が低い。 弱点は多いので上から素早く処理してしまいたい。 やアーマーガアといった浮いている鋼や草耐性のあるフェアリーに対してはほとんど有効打がなく、これらなら流しやすい。 猛毒状態にしてしまえるならそれが一番手っ取り早いが、キョックス解禁ルールではキョダンロで復帰される可能性に注意。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】アップリューの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

タルップル 色違い

はじめに 初めまして。 ポケモン対戦は強い方ではないので、的はずれな事を言ってしまうかもしれませんが、どうかお許しください。 この育成論の努力値配分は当初のものから変更されており、私の実践経験は不足しています。 大変申し訳ありませんでした。 コンセプト 今回このタルップルの育成論を作るにあたって、何か良い戦法はないかなと考えました。 タルップルには威力80、草タイプ、確定Dダウンのりんごさんという専用技があります。 やはりタルップルを使うなら専用技であるりんごさんを使いたいということで、メトロノームでりんごさん連打して、ダメージをましましにしよう!というのがコンセプトです。 草、水、電気、炎、地面はサブウェポンとして搭載されやすいので、 相手がこれらの技でこだわり系のアイテムを使用したり、相手の技構成が偏っていると交代を選んできやすいと考えました。 さらにタルップルは耐久もそこそこあるので、これらの技を打ってきそうな時に交代をして、少ないダメージで登場… …その隙にりんごさんを撃って、、相手が焦って交代してきた先にりんごさんを連打するか、場合によってはりゅうせいぐんというのが主な戦いかたです。 さらにそれに加え、奇襲として先発に出してあのにっくきドラパルトを倒すこともしたかったのですが、環境に鉢巻が増加したことにより難しくなりました。 鉢巻の増加により同速対決が増え、スカーフがドラパルトの間で流行るとまた使えるかもしれません。 メトロノームとりんごさんの相性 僕はなかなか良いのではないかと考えます。 りんごさんはDダウンができて、次回うつ特殊のダメージがあがり、 メトロノームは同じ技を使うことで威力が上がっていきます。 例HD特化サニーゴへのダメージ• 一発目 メトロノーム補正1. 0 18. 二発目 メトロノーム補正1. 2 32. 三発目 メトロノーム補正1. 4 54. 補正をなくすしろいきりもメトロノームには効きません。 これはなかなか耐久ポケモンに対して強いのではないかと思います。 注意点としてはメトロノームなしの一発目はロトムがHに4振っただけで6割乱数耐えになる程弱いと言うことです。 あくまでも連続で使うこと前提です。 Bは特化ドラパルトのドラゴンアロー確定耐えですが鉢巻は受けきれないです。 Cは存在しないと思われるHD特化ドラパルトをりゅうせいぐんで乱数一発 七割 それに加えて余った10のうち8をCに使いました。 技構成• りんごさん コンセプトなので確定。 草弱点には絶対にこれ。 死に際のサポートもできる。 通りが悪いので注意です。 使い方は上記の通り。 りゅうせいぐん タイプ一致、等倍範囲の広い強力な特殊技。 鉢巻以外のドラパルト用 序盤に使ってすぐ交代するか、cが下がっても大丈夫な終盤に使いましょう。 やどりぎの種 最初に撃っておけばメトロノームを途切れさせないまま回復できます。 めったに使わなかったです。 りゅうのはどう 等倍範囲が広いのでこっちでメトロノームやってもいいかもしれません。 りゅうせいぐんが合わなければこちらを。 てっぺき 積む機会を着実に作るためです。 B2段階上がってたらみがわりが特化ドラパルトのドラゴンアローの一発目を確定で耐えます 二発目で消滅• ドわすれ 上記と同じく、積む機会を着実に作る。 意識するような相手はあまり思い付きませんでした。 じこさいせい 長く使うことを考えて。 メトロノームが途切れることに注意。 みがわり 交代際に使ってりんごさんの行動保証をしましょう。 りんごさんのDダウンからこちらの裏が分からなかったりすると相手は交代してきます。 当初は確定技でしたが、交代際にみがわりが出来ても後攻となりみがわりで減ったHPのまま結局やられてしまうよりも、耐久値を生かしてじこさいせいをしてMAXで二発当てる方が強いことに気付き外しました。 私はみがわりで運用しました また、すべての変化技はメトロノームの都合上りんごさんを撃つ前にやる前提です。 戦い方 有利な相手に受け出し、不利な相手にはすぐ逃げる。 交代際を見極めれば強い。 条件さえ揃えば相手は交代してもキツい。 交代しなくてもりんごさんキツい。 これに尽きます。 初手に出しても特化ドラパルトのドラゴンアローくらいなら一発耐えます。 それに対しりゅうせいぐんでドラパルトを倒せる調整をしてあるので襷と鉢巻以外の舐めてかかったドラパルトは痛い目を見ることになるでしょう。 受けのポケモンに強いです。 ここならどう考えてもタルップルの得意な技が来るっ! ってときは出しちゃって下さい。 相手が受けきれてるかどうか判断する上で人気の低いメトロノームは相手の不意を突いてくれるかもしれません。 交代する頃にはりんごさん1. 6倍で手遅れです。 有利対面 表記として、調整が様々なのでHD252の場合を指標とするときがあります。 ロトム めざパ氷がなくなったので劇的有利対面です。 [攻]H4でりんごさん乱数一発 3割• ドラパルト りゅうせいぐん持ちか襷、鉢巻以外なら勝てます。 [攻]HD252でりゅうせいぐん乱数一発 7割• ウオノラゴン エラがみでこだわったら大チャンス。 こだわってなかったら逃げよう [受]A特化エラがみ がんじょうあご 23. ホルード こだわってじしん来たらビッグチャンス りんごさんの出番です [受]鉢巻A特化じしん ちからもち 41. ドリュウズ スカーフそこそこ居ますし。 ミミッキュに強いから後ろにいたら交代してくるんじゃないですかね [受]A特化じしん24. サニーゴ 上述の通り。 悠長にしろいきりなり何なりしてる間にりんごさん連打です。 メトロノームの積みの起点です。 ドヒドイデ サニーゴと同じです。 熱湯も効かないので交代も考えるとみがわりが安定です。 トーチカでメトロノームの倍率がリセットされるので注意。 [攻]HD252性格補正ドヒドイデにりんごさん21. カビゴン 回復技を持つ受けポケモンには強いです。 のろいもリサイクルも隙なのでチャンスです。 [攻]HD252性格カビゴンにりんごさん15. ギルガルド お互いに有効打がない状態です。 ギルガルドより遅いのでブレードに攻撃を当てられます。 [攻]HD252ギルガルドにりんごさん21. ミミッキュ じゃれつくでやられます。 みがわりできて、相手がダイマックスしてきそうだったらつるぎのまいに合わせてみがわりしましょう。 [受]A特化素のじゃれつくで確定二発。 アーマーガア こいつだけは敵に回しちゃいけない。 ミラーアーマーでとくぼう下がるわ技は通らないわで踏んだり蹴ったりです。 [受]A特化ブレイブバード乱数一発 2割 反動は最大で67です。 ナットレイ 単純に技が通らない。 後ろに炎持ちが居ないならHP割と多くあってもりんごさん連打で捨てるべきです。 [攻]HD252にりんごさん5. ギャラドス ダイジェットが身に染みます。 じしんかじょうの場合は切らないで交代してもいいかもしれません。 [受]ダイマックスそらをとぶ確定一発• サザンドラ 通常のりゅうせいぐんで確定一発です。 二発目なら確定で耐えます。 でも確定二発です。 不利ってありますけど相手が後出しなら全然勝てます。 これに尽きます。 とくぼう一段階くらいならヘーキと思ってる相手を粉砕できます。 更に、基本的な戦法から相手がこだわってると勘違いした場合、ドラパルトなんて出してきたらもう終わりです。 更に気づくのがおそければ遅いほど負荷が大きくなるのも良いです。 何が弱いのか 単純に遅いし火力が足りない。 これに尽きます。 受けてから攻撃するスタイルなので、そこそこは耐えられますが、攻撃の高い相手にはそれなりの緊張感を持って望みましょう。 全抜きできないので、あくまで一体から2体確実に削ることを意識しないと負けます。 何も出来ないまま一段階りんごさんを撃って死んだ試合もありました。 草技の通りは現環境ではかなり悪いです。 あと相手のダイマックスにも要注意です。 ダイマックス ダイソウゲンのグラスフィールドなら回復しながらメトロノームとフィールド補正もかかっていいんじゃないでしょうか 3ターンでも連打すれば1. 6倍になります トリル タルップル最大の弱点である後手に回ってしまうことを解消してくれる最高のパートナーです。 使うなら性格をれいせいにしてHC252にするのがオススメです。 また、みがわりは交代読みの時、通常運用の時とは違いりんごさんを積みやすくなるので確定して良いものと思います。 ですが、エースにするには火力が足りないので他のポケモンでも良いと思います。 おわりに ここからは私事になってしまいます。 初めての育成論 とよべるかどうか怪しい ですが、 好きなポケモンの育成を考えていくのはとても楽しかったです。 投稿しておいて申し訳ありませんが、僕の育成論には色々な不備があると思います。 もしここを改善してくれ。 という要望がありましたら、すぐに修正・改善いたします。 お手数をおかけしますが、コメント・アドバイスお待ちしております。 相手が スカーフドラパルトでとんぼがえりをしたとき、サニーゴが出てきたのでそのままタルップルへ、 相手はステルスロックで、こちらはりんごさん。 次にあちらがナイトヘッドで、こちらはりんごさん。 この時点でサニーゴにはなかなかのダメージです。 むこうはDダウンを嫌ったのかしろいきり。 こちらはりんごさん。 サニーゴギリギリ残ります。 相手は回復のためちからをすいとる。 こちらは変わらずりんごさん。 これで撃破です。 覚えてる限りではこのような流れでした。 ランクが低いので、レベルの低い戦いかもしれません。 ほぼほぼ奇襲攻撃でした。 特防確定ダウンのりんごさんとメトロノームの組み合わせは面白いですね。 ただ、育成論を拝見した限りだとどのポケモンに対して役割を持てるのか、上の方もおっしゃっている通りムーブが非常に分かりづらい上に実践的ではないように思えます。 追記を期待しています。 これによって4倍だった氷が2倍で済むようになります。 自分もタルップル使いたいな〜と思ってるので応援してます。 すいません。 書き方を直しておきます。 昨日記事を拝読し、興味を惹かれ、育成して動かしてみました。 マスターランクでの運用です。 鉢巻きドラパルトが増えたためか、ドラパルト対面は全く安定しませんでした。 環境に草技の通りが悪く、りんごさんで負荷をかけていくことが難しいのが現状です。 トリル軸でも運用してみましたが、火力が低すぎてトリルエースにはなれません。 ボルチェン耐性は凄まじいものがあり、環境に跳梁するロトムには役割を持てたのですが、同じドラゴンタイプとしてボルチェンを遮断可能な蓄電パッチルドンのほうが安定するといった印象です。 おっしゃるようにヒトデサニーゴには滅法強いのですが、裏のナットレイに好き放題されるのでやどりぎ以外に回復技のないタルップルではサイクル負けしがちでした。 育成論どうこうよりも環境に刺さっていないポケモンと感じました。 なにがいけないのか分かりやすい解説、ありがとうございました。 今回の教訓を心に留めて、次回は環境について何が強いのかよく考えながらより良い物を作りたいです。 マイナーにありがちなやつですね。 メトロノームやDダウンによる耐久ポケの突破は凄く参考になりました。 活躍してくれず落胆して投稿したのではなく、タルップルの研究のために正直な使用感を書きました。 投稿者が「何が弱いのか」という項目で説明されている通りの弱さだったので、この育成論に瑕疵はないです。 メトロノームの採用は気に入っていますし、りんごさんとのシナジーは非常に良いと感じました。 耐久ポケモンに負荷をかけていくことができます。 対ヒトデ性能ですが、身代わりをはっておけばドヒドイデは何もできないので、35族まで素早さに振るのも悪くないかもしれません。 私もドヒドイデより早く動けると思っていましたが、ヒトデに先手を取られてしまい、調べてみたらヒトデ35族でした。 今はどくどくよりもトーチカの採用が多いので、どくどくを撃たれることはありませんでしたが、ここは修正点ですね。 本来ナットレイにはそこまで不利を取るポケモンではないのですが、トップメタ対策のはたきおとすを全てのナットレイが搭載しているため、厳しいものがあります。 いくらヒトデに強くても、フィールドに居座る技構成上裏のナットレイに強くないと、やどりぎのPPが切れるだけでした。 環境も変動していきますので、この型のタルップルが輝く日を楽しみに待ちましょう。 A252ナットレイのジャイロボールにトゲキッスが H100振りだけで耐えると書いてありましたが 耐えられないと思います。 他に何か道具を持たせたりしてたら教えて欲しいです。 トゲキッスの件ですが、使用したダメージ計算ツールに問題があり、実際はあなたの言う通り一撃も耐えられませんでした。 実際に使用している最中に気づかなかったのは環境にA252ナットレイが少なくて耐える機会があったことと、ジャイロボールの受け出しが少なく、やどりぎやはたき落とすなどをされたまま炎技を読まれて交代されていたことが続いたのが原因と思われます。 様々なコメントを頂きましたが、トゲキッスの育成論は考察が不足していて、サイトの信用にも関わると考え、身勝手ながら削除させていただきました。 質問に答えないままの放置、誠に申し訳ございません。 加えて大変恐縮なのですが、タルップルの育成論なので、そちらの確認が出来次第、コメントを削除させていただきます。 確認のお返事、お待ちしております.

次の

【ポケモン剣盾】色違いポケモン一覧と見分け方【ソードシールド】

タルップル 色違い

で ポケモンずかんの説明文 あまい りんごを たべて しんか。 からだから あまい においを だして エサの むしポケモンを ひきよせる。 漢字 甘い りんごを 食べて 進化。 体から 甘い においを だして 餌の 虫ポケモンを 引き寄せる。 キョダイマックス たいないの みつを たいりょうに ふんしゃして あびせかけ べたべたの ねんえきの なかで ちっそくさせる。 漢字 体内の 蜜を 大量に 噴射して 浴びせかけ べたべたの 粘液の 中で 窒息させる。 あまい みつで からだが おおわれ せなかの かわは とくに あまく むかしは こどもの おやつだった。 漢字 甘い 蜜で 体が おおわれ 背中の 皮は とくに 甘く 昔は 子どもの おやつだった。 キョダイマックス キョダイマックスの パワーによって みつの ねんどは さらに たかくなり ダメージを きゅうしゅうする。 漢字 キョダイマックスの パワーによって 蜜の 粘度は さらに 高くなり ダメージを 吸収する。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 ソード・シールド - - 備考• とキョダイマックスのすがたが共通である。 シールドのの説明では ソード・シールドの時間軸から見て かつて食用であったことが明記されている。 アニメにおけるタルップル マンガにおけるタルップル ポケモンカードにおけるタルップル• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の