宅建 勉強 仕方。 宅建の独学に勉強法【勉強時間の効率化】

【宅建の勉強法】宅建業法を図で解説 ~全体像と総則~

宅建 勉強 仕方

宅建の難易度と合格率 宅建の難易度については、多くの記事が存在していますよね。 そこで、一般的な見解に加え、 少し違った角度からも説明してみたいと思います。 ご存知の通り、宅建士の合格率は 15%前後です。 でも、合格率約 15%の難易度とは、どのようなものか想像しにくい部分もあると思います。 具体的な受験者数で考えれば、100人の人が合格を目指した勉強をして、15位以内に入れば良いということですよね? しかし、問題となるのは、それに 必要な勉強量です。 どのくらいの量を勉強すれば15位以内に入れるのか。 これが、皆さんが知りたいと思う難易度の正体だと思います。 宅建受験の難易度は、一般的な勉強期間から読み取ると良いと思います。 一般的に、宅建の勉強を始める時期としては、主に以下の3種類だと思います。 半年以上前から始める• 半年前から始める• 半年以下の期間で挑む もっと短い勉強期間で合格できる可能性もあると思いますが、一般的な例ではありません。 基本的には、半年程度の勉強をして、本試験で 70%以上の正解をすれば 合格できるという試験です。 つまり、あなたが毎日、 半年間勉強を続ける難易度が、 宅建の難易度というわけです。 一日の勉強時間は30分から1時間程度で充分だと思います。 勿論、試験直前ではもう少し長く勉強が必要な時期もありますが、基本的には読み流しや理解するための時間が多いので、通勤・通学時等で少しずつ進めていけるのです。 それが継続できれば、合格できる可能性が非常に高いです。 難易度の詳細については、以下の記事が参考になるはずです。 参考記事 宅建の受験資格と受験料 宅地建物取引士の試験は、年齢、性別、学歴等の制限がありません。 つまり、日本にいる人であれば、誰でも受験できる国家資格と思って良いです。 受験料は 7千円で、毎年 7月頃に願書の配布と申込の受付があります。 毎年、約19万人が受験しており、約3万人が 合格しています。 参考記事 スポンサーリンク 宅建の試験日と試験内容 法改正により、2015年4月から「 宅地建物取引士」という名称になりました。 宅地建物取引士の試験日は、 毎年10月の中旬に行われています。 例年、13時から15時までの120分間で行われます。 試験方式は、 四肢択一方式で50問出題されます。 5問免除がある人は、45問です。 筆記試験形式とはいえ、実際にはマークシートを塗りつぶすだけです。 試験科目のメインとなるのは、 宅地建物取引業法です。 準メイン科目は、建築基準法、都市計画法、民法です。 その他、国土利用計画法、農地法、宅地造成等規制法、土地区画整理法、不動産登記法、借地借家法、税法等からも出題があります。 参考記事 宅建士の社会的地位 世間では、未だに宅建のことを「 宅地建物取引主任者」だと思っている人も多いかもしれません。 宅地建物取引士の名称が定着するまでには、もう少し時間がかかるかもしれませんね。 それでも、「 宅建」という響きでは、かなり知名度の高い国家資格として知られています。 宅建の社会的地位とは、宅建保持者に対する世間の評価のことですが、国家資格というだけのことはあると思います。 一般的には、宅建の資格は名刺に記載することが多いですから、顧客や取引先に対しての信頼感が増す効果があると思います。 宅建の難易度をよく知らない人には、「 難しい資格」という認識があるようですので、「 すごいですね」等と言われることもあります。 一方、不動産業界では持っているのが普通ですから、あまり高い評価は受けません。 不動産業界にいる人は、社会的地位よりも、重要事項説明が出来る事と、資格手当が付くというメリットを感じています。 面接時には、有利になる国家資格であることは間違いありません。 参考記事 スポンサーリンク 宅建の資格手当と年収 宅地建物取引士の資格手当は、各社で 5千円~5万円位まで幅広く設定されています。 しかし、実際には、 1万円~3万円の間で支給している会社が大半を占めます。 5千円程度の支給に留まる会社は、宅建士としての業務は存在していない事が多いです。 宅建を勉強した知識に対して、5千円の評価をしているという意味合いが強いでしょう。 不動産会社であれば、通常は3万円の支給が相場です。 地方都市等では、多少相場が異なる事もあるでしょうが、都市部では 3万円がスタンダードです。 宅地建物取引士の年収については、その会社の基本給にプラスして、年間36万円分が増えると考えることが出来ます。 歩合のある会社が多い業種ですので、平均年収を出すのは難しい面があります。 売買の仲介営業であれば、400~600万円位の間が普通だと思います。 トップクラスの営業マンで、600~1,500万円に収まるケースが多くなるでしょう。 参考記事 市販本のテキスト よく、市販本でオススメの テキストを聞きたがる人がいます。 しかし、ネットでこのような情報を探しても、アフィリエイト目的の宣伝にしか辿り着けない可能性が高いのではないでしょうか。 それよりも、実際に本屋に行き、あなたが使いやすそうだと感じる本を選ぶ事を オススメします。 本の選び方と考え方については、別記事でもいくつかご紹介していますので、参考にしてください。 参考記事 宅建独学サイト ブログ数の増加に伴い、以前よりも宅建独学サイトが増えているようです。 ブログランキング上位には、宅建に特化した教材的サイトもいくつか見受けられますよね。 有名サイトから無名な小さなサイトまで、色々なブログが存在しています。 「 宅建 無料テキスト」等で検索すれば、人気のある教材が上位表示されるはずです。 結局は、グーグルの評価を信じるのが一番かもしれません。 (笑) 極端な話、現代のWEB上にある情報量をもってすれば、市販の本を購入しなくても合格できてしまいます。 当サイトの無料教材も、グーグルAIに認められるように頑張りたいと思います。 合格に必要となる法令については、一通り流し読みできるテキストにしてありますので、相性の合う人は使ってみてください。 通勤・通学時に少しずつ読んでもらえるように作成しました。 理解しながら読むだけで、ある程度の正解ができるようになると思います。 試験が近づいたら、しっかりと過去問をやって理解を深めれば合格できるはずです。 テキスト記事 宅建の独学勉強法 独学の方法にも色々ありますよね。 スタンダードなのは、市販のテキストで学習して過去問集をしっかりやり込む方法です。 お金をかけない方法としては、WEB上に存在する宅建関連サイトを利用する学習法があります。 どちらでも、自分に合った教材であれば、十分に合格できるレベルになれます。 誰もが同じことを言いますが、宅建の試験は、過去問を制すことが合格の肝です。 過去問を効率よく勉強するためにテキストがある、と言っても良いでしょう。 ですから、読み流し教材は、できるだけ記憶に残り、分かり易い表現になっているものを選ぶと良いと思います。 細かい事は、過去問をやりながらテキストで復習していく感じです。 参考記事 宅建の独学勉強スケジュール 宅建士の受験勉強は、どれくらいの期間をかけて勉強するのかを決める事から始まります。 少しずつ コツコツやりたい人もいれば、短期集中型が得意な人もいますよね。 自分の性格に合わせたプランを立てる事が重要です。 スケジュールの立て方については、以下の参考記事をご覧ください。 参考記事 過去に何度か受験経験がある人は、再挑戦のための復習的な勉強になるはずですよね? そのような場合、超短期間でも合格を目指すことができると思います。 初受験でも、やる気さえあれば合格は可能だと思いますが、かなり ハードなスケジュールにはなるでしょう。 最短のプランについても別記事にしてありますので、興味があればチェックしてみてください。 参考記事 まとめ ひとまず、この記事で宅建受験に関する情報を、一通り手にすることが出来たのではないでしょうか。 宅建士は、国家資格の中でも、資格手当に魅力のある資格だと思います。 また、努力の量と難易度においても、中卒以上の知能があれば誰でも合格可能な資格です。 しっかりと予定を立てて、計画的に挑んでみてください。

次の

宅地建物取引士(宅建)の勉強方法:宅建業法(宅地建物取引業法):独学のオキテ

宅建 勉強 仕方

宅建業法の勉強法 宅建業法は、試験問題が50問に対して毎年20問出題されます。 言うまでものなく、 宅建試験の最重要科目です。 業法の得点なしに合格はあり得ません。 では、この法律をどういう心構えで勉強していけばいいでしょうか。 具体的な方法論と一緒に解説していきます。 どうやって勉強するのか 出題範囲は宅建業法全般ですが、 この法律の条文数は「86」。 民法の条文数が1000以上あるのに対して圧倒的に少ないです。 それでいて毎年20題出題されるんですから、 同じ論点を毎年繰り返して問わざるを得ないってことになります。 もちろん、問い方は変わりますが ・・ということは、試験対策は必然的に 過去問の徹底分析です。 過去問を少なくとも10年分くらい把握し、どういった論点が出題されるのかを徹底的に理解すればいいってことになります。 下記の記事で、 過去問をどうやって活用するかについて、具体的にかつ詳しく解説していますので、是非読んでみてください。 どれくらい勉強すればいいか 宅建試験に合格するにはご存じの通り、 全体の7割以上の正解 が必要です。 民法は毎年難しい論点が出題さるのに加えて、2020年以降は民法改正の影響で過去問による対策が難しくなりました。 よって、民法以外の科目、特に 宅建業法をこの試験の得点源としなければ合格できません。 宅建業法は、毎年同じ論点を繰り返し出題せざるを得ないので、非常に対策しやすいのは先に述べたとおりです。 つまり、民法の失点をカバーするためにも試験本番では宅建業法の得点を 9割以上 を取らなければいけないことになります。 本番で9割以上取るにはどうしたらよいか。 先ほども申し上げた通り、 過去問10年分の全ての問題を選択肢一つ一つ正確に判断できるまで理解・暗記するまでやるってことです。 結構なボリュームですが、ここまでやる必要があります。 1. 総則 この法律はこういう目的で作ったよー、全体に共通する用語はこんなのだよーってのが書かれてる 2. 免許 要件を満たしたら、業者として商売していいよー、っていうときの手続きが書かれている 3. 宅建士 宅建士ってこういう人だよー、こういうことができるよーってのが書かれている 4. 営業保証金など 消費者を保護するため、業者が供託所に預けるお金のルールなどが書かれている 5. 業務 ココがメイン。 その名の通り商売するときの様々なルールが書かれている 6. 監督 お上が、ルール違反した業者に「それはダメ!直しなさい」っていうことが書かれている 7. 罰則 懲役・罰金をくらうような不動産業者としてやっちゃいけないことが書いてある 宅建業法【総則】 それでは早速、宅建業法の最初のところの解説を始めていきましょう。 まずは宅建業法の総則について見ていきます。 総則とは、その法律が どういう目的で作られたか、 どういう用語が使われるかなどの「前置き」みたいなもんです。 その法律全体に通じる共通のルールが書いてあります。 宅建業法の総則は「立法目的」と「用語の解説」に分かれます。 総則 「立法目的」 立法目的は、必ず法律の第一条にかかれ、第二条からはその立法目的を達成するための具体的なルールが書かれていくことになります。 よって、立法目的が書かれている 「 第一条」はその法律の根底となる考え方になるのでキッチリ押さえておく必要があります。 宅建業法の立法目的 なんでこの法律が作られたかの目的 です。 条文ママ引用します。

次の

宅建を独学で合格する方法!わたしの勉強法と学習時間

宅建 勉強 仕方

リンク まずはこのテキストを最初から最後まで全部読みます。 宅建の試験を受けるに当たって、何を勉強するのかを知るために読むだけなので、理解度は2割くらい大丈夫です。 問題も解かなくてOK。 途中の問題も解きます。 この段階では、問題を読んでも答えがわからないことのほうが多いので、わからないと思ったら、すぐに答えを見てOK。 ただし答えを見るだけではなく、該当箇所のテキストも読むのが大事です。 そんなときに便利なのが動画教材です。 YouTubeで「宅建 宅建業法」「宅建 権利関係」などと入れて検索すると、いろいろと宅建の解説動画が出てきます。 リンク 過去12年分の過去問が入っているので、これを全部解くだけでも、かなりの時間がかかります。 過去問も、最初の3~5年分は、ほとんど正解できないと思っていてよいです。 なので、過去問とはいえ、本番同様に時間を測って最初から最後まで解いてから答え合わせをしても、間違いだらけでストレスがたまります(苦笑) なので、最初の3~5年分は以下のような解き方をするのがおすすめです。 問題を解く• わからなければすぐに答えを見る• さらにメインテキストに戻って該当箇所を読み直す これを5年分くらい続けると、6年目からは比較的正解率が上がってきます。 「だいぶ解けるようになってきたな~」 と実感したところで、はじめて、時間を測って本番同様に最初から最後まで解いて、最後に答え合わせというやり方に変更します。 宅建は国家資格で、内容もかなり難しく、合格率15%のかなり狭き門です。 難しい内容をテキストで読んで理解するのはかなり大変・・・。 動画や先生の講義で噛み砕いて説明してもらったほうが理解度が格段に違ってきます! なので、時間に余裕があるとか、どうしてもお金がないとか切羽詰まった方は、テキストを使った独学にチャレンジするのもありなのですが、 短期間の勉強で一発合格を狙うなら、一番現実的なのは通信講座ではないかと思います。 通信講座を使った独学のほうが、挫折しづらく、合格率が上がる! 合格率・コスパ・スキマ時間にどれだけ活用できるか?という視点で、シングルマザーで宅建士を目指す方におすすめの宅建の通信講座をランキング形式でご紹介します。 第3位 スタディング 宅建士合格コース(2020年度試験対応) 教材内容 ・基本講座 ・スマート問題集 ・セレクト過去問集 ・12年分テーマ別過去問集 スマートフォン・PC・タブレットによりオンラインで受講するコース。 宅建の通信講座の中では最安です! ただし、完全にオンライン学習型の講座になっているので、郵送される教材はありません。 試験本番対策として、マークシートを塗りつぶす時間も含めて時間配分の練習をするのは絶対必用なので、別途自分で模試や過去問を購入する必要はあります。 でも、日々の学習スタイルとしては、スマホ上で動画を見て、スマホで問題を解けるようになっているスタディングはかなり便利! 12年分のテーマ別過去問集までついているので、本番ギリギリまでは、スタディングだけで勉強して、一番最後に紙での試験に備えるという形で十分かと思います。 無料体験もあるので、気になる方はまず登録してみてください。 また、担当講師が宅建業界では有名な田中謙次先生です。 私は、宅建登録講習(不動産会社に勤めている人がこの講座を受けることで宅建本番試験の5問免除を受けることができる)を九州不動産学院という学校で受講したのですが、その学校でもこの田中謙次先生が書かれたテキストが使われていました。 郵送される教材がないのはデメリットですが、PDFがダウンロードできるようになっているので、紙で勉強したい方は印刷すればOKです。 また、動画の音声ダウンロードができるのは、非常に良いです。 25倍で、ずば抜けています。 テキストやDVD、eラーニングなどの教材が充実している分、料金が高いのがデメリット。 ただ、フォーサイトを受講した場合、他に過去問のテキストや模試などを購入する必要は全くなく、これ一本で本番まで勉強を続けるだけでOKです。 また、フォーサイトの56,800円のコースは、「教育訓練給付制度」の対象です。 教育訓練給付制度とは、条件を満たした方が、学費の20%がハローワークから給付される制度です。 教育訓練給付制度をはじめて利用する場合は、受講開始日の時点で、雇用保険の一般被保険者である期間が通算で1年以上ある方が対象です。 もし、教育訓練給付が受けられれば、20%は講座終了後に給付金として受け取れるので、実質45,000円くらいで講座が受けられることになります。 私は、宅建の勉強を始める前に、フォーサイトが出版した、を読みました。 やはり、フォーサイトは数多くの合格者を出しているだけあって、かなりのノウハウがたまっているなという印象でした。 AIによる「未来問」で本番の問題を予測することでも有名です。 正直、費用は77000円なので、通信講座の中では高いです。 が、一発合格を確実に狙いたい場合は、通学スクールに比べたら半額くらいのお値段ですし、検討してみてもいいんじゃないかと思います。 料金 77,000円 合格お祝い制度 無料体験 あり まとめ:宅建の独学はテキストでもできるけど、通信講座の動画を使ったほうが一発合格する可能性は高い! テキストを使った宅建の独学は、無理ではないです。 実際に、お金も時間もないシングルマザーの私にもできたので、全然できると思います! しかしながら、自分でテキストを買って独学する勉強方法では、限りなく挫折しやすくなるのも事実です。 ただテキストに書いてある文章を読むよりは、動画を見たほうがイメージとして頭にも入るので、圧倒的に理解するスピードが違うんですよね。 なので、テキストを使った独学にチャレンジしてみて、「あれ、なんか難しくて頭に入らない!」となった場合は、なるべく早めに通信講座にきりかえることをおすすめします。

次の