ランソプラゾール。 医療用医薬品 : ランソプラゾール

ランソプラゾールOD錠30mg「サワイ」

ランソプラゾール

胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用います。 けれど、胃壁が弱っていると、胃粘膜を傷つけ胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因にもなりかねません。 また、胃酸が逆流すると、食道を荒らし ひどい胸焼けを起こしたりします。 このお薬は、酸分泌抑制薬です。 胃酸の分泌を強力におさえ、胃酸の悪い影響をなくします。 結果的に、胃潰瘍や逆流性食道炎の治りがよくなり、胃痛や胸焼けもやわらぎます。 アスピリンや鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症薬)が原因の胃潰瘍にも有効です。 この場合、他の2種類の抗生物質と併用します。 この薬で胃酸を少なくすると、胃内での抗生物質の効き目がよくなり、除菌成功率が高まるのです。 このような作用機序からプロトンポンプ阻害薬(プロトンポンプインヒビター:PPI)と呼ばれています。 国内で2番目のプロトンポンプ阻害薬(プロトンポンプインヒビター:PPI)です。 この系統は、他のどの薬よりも、強力に胃酸の分泌をおさえます。 難治性の潰瘍にも優れた効果を発揮することから、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に第一選択されることが多くなりました。• 胃潰瘍など発売当初の適応症にくわえ、いろいろな効能が新たに加わりました。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別の薬を使用している場合は、その薬を医師に教えてください。 【注意する人】 肝臓の働きが悪いと、この薬の血中濃度が上昇しやすいです。 肝臓病のある人、高齢の人は副作用の発現に注意するなど慎重に用いるようにします。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 胃酸減少により、他の薬の吸収に影響することがあります。 とくに抗エイズウイルス薬のアタザナビル(レイアタッツ)またはリルピビリン(エジュラント)とはいっしょに飲めません。 これらの吸収が低下し、作用が減弱するおそれがあるためです。 原則、エイズの薬を優先するようにします。• 禁止ではありませんが、併用薬の作用を弱める例として、喘息の薬のテオフィリン(テオドール)、抗真菌薬のイトラコナゾール(イトリゾール)、抗がん薬のゲフィチニブ(イレッサ)やニロチニブ(タシグナ)、エルロチニブ(タルセバ)、ボスチニブ(ボシュリフ)などがあげられます。 とくにボスチニブとの併用は可能な限り避けなければなりません。• 逆に、併用薬の血中濃度を上昇させ、その作用を強めるおそれがあります。 たとえば、免疫抑制薬のタクロリムス(プログラフ)やメトトレキサート(メソトレキセート、リウマトレックス)、強心薬のジゴキシン(ジゴシン)やメチルジゴキシン(ラニラピッド)、安定薬のジアゼパム(セルシン)、抗けいれん薬のフェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)、これらとは慎重に併用します。 【使用にあたり】• 決められた飲み方を守ってください。 症状や治療目的によって飲み方が違います。• カプセルは、多めの水て飲んでください。 OD錠は、舌でつぶして唾液で飲むことができます(水で飲んでもかまいません)。• 作用が強く治りが早いこともあり、胃潰瘍と十二指腸潰瘍では投与期間が6〜8週間までと制限されています。 このため、いったん止めて、別の酸分泌抑制薬のH2受容体拮抗薬などに変更することがあります。• 再発を繰り返す逆流性食道炎など、症状によっては継続して飲み続ける必要があります。 保険適用上は微妙ですが、胃潰瘍においても少量を維持療法として続けることがあるかもしれません。• 低用量アスピリン服用時に用いるのは、心筋梗塞や脳梗塞の予防のためアスピリンの長期服用が必要、かつ過去に潰瘍になったことのある人に対してです。 低用量アスピリン製剤にはバイアスピリン錠やバファリン配合錠A81などがあります。• 鎮痛薬による潰瘍予防に用いるのは、関節リウマチや変形性関節症などで鎮痛薬の長期服用が必要、かつ過去に潰瘍になったことのある人に対してです。 鎮痛薬としては、ロキソニンやボルタレン、モービックやハイペン、セレコックスなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれる部類になります。• ピロリ菌の除菌には、他の2種類の抗生物質とともに7日間服用します。 この薬を併用することで、除菌成功率が高まります。 【検査】 長く続けるときは、定期的に血液や肝機能、腎機能の検査をおこないます。 【備考】 胃潰瘍の多くは、胃に住みつくピロリ菌が原因。 ピロリ菌陽性ならば、除菌療法が最優先です。 除菌に成功すれば、難治性の潰瘍でも たいてい完治できます。 もう一つの原因として意外と多いのが、鎮痛薬によるものです(NSAIDs潰瘍)。 この場合、鎮痛薬の中止を原則としますが、長期服用時の再発予防にはプロトンポンプ阻害薬(この薬)が有用です。 注意:血栓・塞栓の形成抑制のために低用量のアスピリンを継続投与している患者を投与対象とし、投与開始に際しては、胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の既往を確認すること。 【効能E】 非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制(15mg製剤のみ)• 注意:関節リウマチ、変形性関節症等における疼痛管理等のために非ステロイド性抗炎症薬を長期継続投与している患者を投与対象とし、投与開始に際しては、胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の既往を確認すること。 【効能F】 下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎• 注意1:進行期胃MALTリンパ腫に対するヘリコバクター・ピロリ除菌治療の有効性は確立していない。• 注意2:特発性血小板減少性紫斑病に対しては、ガイドライン等を参照し、ヘリコバクター・ピロリ除菌治療が適切と判断される症例にのみ除菌治療を行うこと。• 注意3:早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃以外には、ヘリコバクター・ピロリ除菌治療による胃癌の発症抑制に対する有効性は確立していない。• 注意4:ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いる際には、ヘリコバクター・ピロリが陽性であること及び内視鏡検査によりヘリコバクター・ピロリ感染胃炎であることを確認すること。 用法 【効能A】 通常、成人はランソプラゾールとして1回30mgを1日1回経口服用する。 なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの服用とする。 【効能B】 通常、成人はランソプラゾールとして1回30mgを1日1回経口服用する。 なお、通常8週間までの服用とする。 さらに、再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1回15mgを1日1回経口服用するが、効果不十分の場合は、1日1回30mgを経口服用することができる。 注意:1日1回30mgの服用は、1日1回15mg服用中に再発した例など15mgでは効果が不十分な場合に限る。 【効能C】 通常、成人はランソプラゾールとして1回15mgを1日1回経口服用する。 なお、通常4週間までの服用とする。 【効能D・E】 通常、成人はランソプラゾールとして1回15mgを1日1回経口服用する。 【効能F】 通常、成人はランソプラゾールとして1回30mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口服用する。 なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる。 ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限とする。 プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤服用によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人はランソプラゾールとして1回30mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口服用する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用は少ないほうです。 人によっては、肝機能値に異常があらわれたり、頭痛やめまい、軟便や下痢がみられます。 ピロリ菌の除菌治療で、ひどい下痢が続くようでしたら 医師に連絡してください。 特異な副作用として、白血球や血小板が減少する血液障害が知られています。 そのほか、肝障害、皮膚障害、間質性肺炎などの報告もあります。 これらは きわめてまれな副作用ですが、念のため定期的に検査をおこなえば安心です。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• アナフィラキシー・ショック..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、冷汗、顔が白くなる、手足のしびれ、脈が弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。• 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。 【その他】• 軟便、下痢、便秘• 発疹、肝機能値の異常• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

プロトンポンプ阻害薬

ランソプラゾール

[診療報酬上の扱い]の表示について 表 示 注 釈 後発品 診療報酬において加算 「後発医薬品使用体制加算」、「後発医薬品調剤体制加算」 等の算定対象となる後発医薬品。 厚生労働省『薬価基準収載品目リスト及び後発医薬品に関する情報について』の製剤リストに基づく。 [先発] 他剤形・規格に後発医薬品がある先発医薬品 診療報酬において加算等の算定対象となる。 準先発 昭和42年以前に承認・薬価収載された医薬品のうち、薬価差のある後発医薬品があるもの 準先発品:内用薬及び外用薬 診療報酬において加算等の算定対象とはならない。 - 上記以外。 加1 「一般名処方加算1」 後発医薬品のある全ての医薬品(2品目以上の場合に限る。 )が一般名処方されている場合に算定できる。 「一般名処方加算2」に加えて、診療報酬上の評価の対象となる後発医薬品の全てが対象となる。 厚生労働省『処方せんに記載する一般名処方の標準的な記載(一般名処方マスタ)について』の一般名処方マスタに基づく。 加2 「一般名処方加算2」 後発医薬品のある先発医薬品(昭和42年以前に承認・薬価収載された医薬品のうち、価格差のある後発品があることから「先発医薬品に準じたもの」とみなされるものを含む。 )が対象。

次の

ランソプラゾールOD錠を経管投与する場合

ランソプラゾール

効果・効能 [ ]• 吻合部潰瘍 1回10~30mgを1日1回投与する。 期間は8週間までとする。 1回10~30mgを1日1回投与する。 期間は6週間までとする。 1回15~30mgを1日1回、8週間投与する。 再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法の場合、1日1回30mgまで投与が可能。 (NERD) 1回15mgを1日1回、期間は4週間までとする。 の除菌の補助 1日1回30mgを、と同時に1日2回、7日間投与する。 慎重投与 [ ]• 薬物過敏症の既往歴のある患者• 肝障害のある患者(代謝、排泄が遅延することがある)• 高齢者 副作用 [ ] 主な副作用として、、かゆみ、、、口渇、腹部膨満感、、眠気、発熱、 、味覚異常などが報告されている。 なお長期投与での安全性は確認されていない。 その他の重篤な副作用として、、、汎血球減少、、顆粒球減少、、減少、肝機能障害、中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群、などがある。 出典 [ ].

次の