大原 公認会計士 料金。 公認会計士試験の専門学校・予備校比較。TAC、大原、CPA、LEC、クレアール、結局どこがいいの?

公認会計士の専門学校を安く受講する方法 そうかその手があったか

大原 公認会計士 料金

商品を探す• 資格・試験から コースを選ぶ• 公務員• ビジネス・経営• 医療・福祉・保育• 就職・語学• 講座からコースを選ぶ• 公務員• ビジネス・経営• 医療・福祉・保育• 就職・語学• 学習スタイルから コースを選ぶ• 通学講座• 通信講座•

次の

USCPA(米国公認会計士)予備校徹底比較|大原 vs. アビタス

大原 公認会計士 料金

専門学校の学費 公認会計士になるために必要な費用のうち、最も大きいものが専門学校の学費です。 専門学校の学費は、各専門学校や選択するコースにより異なります。 参考までに各専門学校の初学者向けの一般的な公認会計士講座の学費は以下のとおりです。 【各専門学校の学費】 区分 TAC 大原 クレアール LEC 東京CPA 1. 5年L本科生 入門1. 多くの受験生が通っているTACや大原の初学者通学コースを申し込むと、70万円から80万円程度の学費が掛かります。 この学費が準備できず、独学で公認会計士を目指す人もいるのですが、独学で合格できるほど、公認会計士試験は甘くありません。 なので、もし学生の方で親御さんにサポートをお願いできるのであれば、頭を下げてお願いして学費を支援してもらいましょう。 あるいはもし自分で資金を準備しなければならないなら、学習を始める前に月10万円のアルバイトを7か月行って、学費を準備するようにしましょう。 このようなことは、一見遠回りのようにも見えますが、専門学校をうまく利用して、最短で公認会計士になるようにしてください。 通学のための定期代 専門学校の学費以外に必要な費用として、通学のための定期代があります。 専門学校には、講義のない日でも自習のために、ほぼ毎日通うことになります。 従って専門学校までの交通費もバカになりません。 大原は通学定期が使えるコースもありますが、TACでは通勤定期を購入することになります。 往復600円程度の距離で通勤定期だと、最も安くなる6か月定期で50,000円程度になり、年間で100,000円程度必要になります。 決して安くない金額になりますので、学費以外にも通学のための交通費も考えておくようにしてください。 書籍代、文房具代 学習は専門学校のテキストを使って行いますので、基本的に書籍代はかかりません。 ただし、試験用の条文集や監査六法などについては、自分で用意する必要がありますので、これらの書籍代は必要になります。 また論文式本試験では解答はボールペンで記入することになるので、普段の答練等でも慣れておくためにボールペンを使って答案を作成します。 そのため答練等では、修正テープも必需品になるのですが、こういった文房具代も必要になってきます。 さらに、専門学校の講義をWebでフォローする場合などは、PCやタブレット、スマホ等が必要になります。 新しいものは必要ありませんが、学習を始める前に持っていなければ、購入することが必要です。 従って必要な方は、学費以外にもこれらの費用を予め考えておくようにしてください。 昼食代、夕食代 学習を始めると朝から晩まで専門学校で講義を受けたり、自習することになります。 そのため、昼食や夕食の食事代も学費以外に必要となってきます。 コンビニを利用したりして、なんとか一食500円程度に抑えたとしても、一日で1,000円、年間で350,000円程度が必要となります。 これらの費用は弁当を持参することによって、抑えることも可能ですので、実家から通われる方は、親御さんに弁当を作ってもらうのも一つの方法です。 受験手数料 それほど高額なものではありませんが、学費以外に必要な費用には、試験を受験するための受験手数料があり、19,500円となっています。 その他費用 その他学費以外に必要な費用には以下のようなものがあります。 情報交換のための飲み会の参加費用• 気分転換のためのお小遣い 受験生が飲み会に参加するなんてと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、受験仲間との飲み会は、貴重な情報交換の場でもあります。 頻繁に参加する必要はありませんが、たまには同じ目標に向かって頑張っている受験仲間との飲み会に参加して、学習方法などの情報交換を積極的に行うことを、おすすめします。 また、途中何度か気分転換して、モチベーションを維持していくことになります。 気分転換など必要ないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、1年間という長丁場を乗り切るためには、うまく気分転換することも集中力維持のためには必要です。 従ってこれらの費用についても、ある程度予定しておいた方がよいでしょう。 100万円程度のお金が必要 昼食は弁当を持参するなどして、できるだけ出費を抑えるようにするならば、授業料を合わせても100万円程度の資金があれば、なんとかなります。 受験期間中は学習に集中すべきなので、アルバイト等をしている時間はありません。 繰り返しになりますが、親御さんにサポートをお願いできるなら、お願いするようにしてください。 あるいは、自分で資金を準備しなければならないならば、学習開始後は学習に集中できるように必要な資金は予め準備しておくようにしてください。 これらの費用は合格後に簡単に回収できる 合格前の100万円は大きな金額ですが、試験に合格し監査法人に就職すれば、初年度から年収500万円はもらえます。 また監査法人に入所後、7~8年経ってマネージャーになる頃には、年収は1,000万円を超えるようになっています。 従って、これらの公認会計士になるための費用は、合格後に簡単に取り返すことが可能です。 大事なのは、一年でも早く公認会計士試験に合格することです。 なので必要な資金は親御さんに支援してもらうなり、予め準備するなりして、短期決戦で試験に挑んで、合格を勝ち取るようにしてください。 公認会計士試験に合格するためには、自分に合った専門学校を選ぶことが重要です。 公認会計士講座を開講している専門学校を比較した以下の記事もどうぞ。

次の

公認会計士の予備校を徹底比較【失敗しない選び方を合格者が解説】

大原 公認会計士 料金

LEC:40万~45万円• クレアール:45万~55万円• 東京CPA:60万~75万円• 大原:75万~85万円• TAC:75万~85万円 LECが最も安く、最大手のTACや大原に比べて、料金を半分に抑えることができます。 「いきなり80万円も出せないよ…」という方には、LECがオススメと言えるでしょう。 (LECなら短答コースがありますから、20万円で勉強スタートが可能です。 ) LECに対する疑問として、「 なぜLECはこんなに安いの?他の予備校よりも、勉強内容が劣っているの?」と気にされる方がいますが、 勉強内容に違いはありません。 授業料が安い理由は、予備校が「人件費」を抑えているためです。 「どの予備校のテキストが通信に向いているか?」という疑問もあるかもですが、テキストの使用法は通学生と変わりませんので、「通信向き」というテキストは特にありません。 一方で、「質問体制」は予備校ごとに異なります。 質問体制の違いを比較 質問体制 クレアール• 方法:Skype、Zoom、電話、メール、来校• 時間:1日に2~3時間 東京CPA• 方法:電話、twitter• 時間:営業時間内ならいつでも質問可能。 ただし、人気講師は事前予約がベター。 TAC• 方法:メール、来校• 時間:1日3~6時間(来校の場合)• 特記:コロナ対策として、Zoomによる質問受付をスタート。 方法:来校、電話、メール、FAX• 時間:1日3時間(来校、電話の場合) LEC• 方法:webで質問• 時間:いつでも可能 『TAC』と『クレアール』は、ビデオ会議を採用しており、通信の方でも非常に質問しやすいですね。 また、『東京CPA』は(公式見解ではありませんが)講師がtwitterでも質問を受け付けており、講師の熱意を感じます。 詳しいフォロー体制については、必ずパンフレットで確認してください。 予備校によっては、定期的にフォロー制度を変更しています。 社会人にオススメの予備校は? 社会人受験生にとって、一番のリスクは「 量が多すぎて消化不良になること」です。 クレアール公式サイト TACと大原だったらどっちがオススメ? 大手志向の方は、「TACと大原、どっちが良いかな?」と悩まれる方が多いです。 どちらも一長一短ありますので、様々な視点から比較してみましょう。 筆者はTACを使って公認会計士試験に合格しましたが、大原出身の友人も多いため、実体験と利用者の感想を踏まえてお話します。 TACと大原の『公認会計士講座』比較表 TAC 大原 規模 最大手 最大手 料金 75万~85万 75万~85万 校舎の数 全国約40校 全国約40校 学習ボリューム 多め 多め 合格者数 約3割がTAC生 約3割が大原生 設備 普通 やや古い校舎もある 講師 全員が試験合格者 合格者でない講師もいる 質問体制• 校舎で質問コーナー開設(1日3~6時間程度)• コロナ対策として、Zoomによる質問コーナーも開始。 通信の場合はメールでの質問も可能• 校舎にて対面で質問できる• 通信の場合は電話でも可能• その他、メール・FAXでの質問が可能 得意科目 「企業法」「監査論」に強い 「財務会計論」「管理会計論」「租税法」の計算に強い 生徒同士の雰囲気 やや殺伐 和気あいあい その他 修了考査にも強い 独自教材「ポケットコンパス」が持ち歩きやすく便利 「規模」「料金」「合格者数」「インプットのボリューム」はほぼ変わらず、受講生が多く料金は高め、という点で共通しています。 一方で、授業の方針に少し 違いがみられます。 講師の違い TACでは、受験生時代に 成績が優秀だった合格者のみを、公認会計士講座の講師として採用しています。 講師自身が試験を突破していますから、試験全体に対するアドバイスができますね。 一方、大原では講師が合格者であるとは限りませんが、その代わりに常勤講師が指導にあたっています。 講師業を専業としているため、授業全体の質を保つことができる、というメリットがあります。 独学のメリットは「お金をかけずに勉強ができること」ですが、勉強時間が長引いてしまう(場合によっては、合格できずに時間だけがムダになってしまう)可能性が高く、実はリスクが高いです。 また、大学生の方で「 ダブルスクールは可能か?」と気にされる方もいるようですね。 結論としては、むしろダブルスクールでないと合格できません。 なぜなら、大学の授業はあくまで会計や監査に関する「知識を得ること」が目的であり、「公認会計士試験に合格すること」が目的ではないからです。 合格者の4割が大学生ですが、ほぼ全員が予備校を使っています。 【読者の疑問】予備校を選ぶときの疑問にお答えします。 よくtwitterやブログから「予備校選び」に関してご質問をいただくので、ここで回答します。 質問リスト• 通信の場合の『質問体制』を教えてください。 質問体制については予備校HPに掲載されていないため、直接問い合わせてみました。 通信の場合の『質問体制』は、次のとおりです。 通信の質問体制 質問体制 クレアール• 方法:Skype、Zoom、電話、メール、来校• 時間:1日に2~3時間 東京CPA• 方法:電話• 時間:営業時間内ならいつでも質問可能。 ただし、人気講師は事前予約がベター。 TAC• 方法:メール、来校• 時間:1日3~6時間• 特記:コロナ対策として、Zoomによる質問受付をスタート。 方法:来校、電話、メール、FAX• 時間:1日3時間(来校、電話の場合) LEC• 方法:webで質問• 時間:いつでも可能 クレアールは通信専門の予備校のため、SkypeやZoomなど、テレビ通話で質問ができます。 画面越しだと授業としての実感がなく、ダラけてしまう• ライバル達の存在が見えず、「競争の実感」が湧かない 対応策としては、「通信+通学コース」を受講するのが良いと思います。 (私もそうしました。 ) 特に学習中期の段階では、 ゴールが中々見えてこないため、勉強がマンネリ化しがちです。 そんな時は、気晴らしに教室講義を受けてみましょう。 生講義ならではの緊張感(臨場感)が得られるので、良い刺激になるはずです。 また、特に「 答練(定期テスト)」は、多くの受講生が集まる機会ですので、積極的に教室で受験されることをオススメします。 ライバルの存在を目で見ることができますから、やる気UPにつながりますよ。

次の