ウニオン ベルリン。 パーダーボルンがブンデス2部降格…1部初挑戦のウニオン・ベルリンは残留決定

ウニオン・ベルリン対デュッセルドルフ

ウニオン ベルリン

日本代表FWが所属するブレーメンの監督が、ケルン戦を振り返った。 クラブ公式サイトが伝えた。 ブレーメンは27日、ブンデスリーガ最終節でケルンと対戦した。 自動降格圏の17位で最終節を迎えたブレーメン。 勝利しても、16位のデュッセルドルフの結果次第では、自動降格の可能性があった。 しかし、前半22分に大迫が先制ゴールを奪い残留に向けたスイッチを入れると、攻撃陣が爆発。 3トップが全員ゴールを決め、大迫も2ゴールの活躍を見せるなど、6-1と大勝を収めた。 また、残留を争うデュッセルドルフは、ウニオン・ベルリンとの最終節で3-0と敗戦。 この結果、自動降格を免れ、入れ替え戦へと回ることが決定した。 試合後、コーフェルト監督はチームのパフォーマンスを称賛。 他力であったことを踏まえ、残留に望みを繋がせてくれたウニオン・ベルリンへも感謝した。 「今日、選手たちはとても良いプレーを見せた。 フライブルクやパーダーボルンとの試合のように、とてつもないプレッシャーがかかっていた。 今日勝てなければ、それで終わりだということは理解していた」 「しかし、今日ここでの試合だけでなく、我々は2カ所で戦っていた。 自分たちの手中にはないことはわかっていた」 「私はウニオン・ベルリンのスポーツメンタルにとても感謝している。 試合に勝つためにできる限りのことをしてくれた。 そうすることで、彼らは我々を大きく助けてくれた。 同時に、シーズンん後半を通してとても力強く戦ったフォルトゥナ・デュッセルドルフにはとても同情する。 痛みを伴うことは想像できる」 入れ替え戦の2試合で来シーズンの所属リーグが決まるブレーメン。 残りの試合は自分たち次第であることを強調し、しっかりと戦うと意気込んだ。 「まだまだプレッシャーはかかる状況だ。 これで2試合を戦うことができる。 その点ではあまり変化はない。 小さいながらも僅かな変化があるとすれば、今ではその可能性を自分たちの手で持っていることだ」 「しかし、このわずかなチャンスを手放すことはできない。 これから、次の2つの決勝戦が待っているからだ」 関連ニュース 大迫勇也の所属するブレーメンは27日、ブンデスリーガ第34節でケルンと対戦し、6-1で勝利した。 大迫は87分までプレー、22分と58分にゴールを記録。 17位ブレーメン 勝ち点28 が、14位ケルン 勝ち点36 をホームに迎えた一戦。 リーグ戦連敗中のブレーメンは、前節のマインツ戦からスタメンを3人変更。 サージェント、ビッテンコート、グロスに代えてラシツァ、フュルクルク、フォクトが先発で起用された。 残留へ望みを繋ぐ入れ替え戦圏内の16位を目指すブレーメンは6分、ペナルティアーク手前でボールを受けた大迫が反転からミドルシュート。 7分には、大迫からのパスを受けたラシカがペナルティアーク左横からシュートを狙ったが、これは共に相手GKのセーブに阻まれた。 良い入りを見せたブレーメンだが、9分にピンチを迎える。 ヤーコブスの左クロスを中央のモデストが絶妙なトラップで収めると、反転からシュート。 しかし、このシュートはGKパブレンカが好セーブ。 ピンチを凌いだブレーメンは22分、M・エッゲシュタインのミドルシュートがゴール前の大迫に渡ると、完璧なトラップでボールの勢いを殺すとゴール右上にシュートを突き刺した。 先制に成功したブレーメンは、27分にもドリブルで仕掛けたラシツァがボックス左まで侵攻し左足を振り抜くと、このシュートが相手GKの股を抜きゴールネットを揺らした。 さらに30分には、フリードルの左クロスをフュルクルクがダイレクトでゴールに流し込み、3点目を奪った。 その後、ケルンに攻め込まれるに場面時間の続いたブレーメンだが、集中した守備でゴールを守り抜き、3点リードで前半を終えた。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのはブレーメン。 55分、ドリブルで持ち上がったラシツァのミドルシュートを放つと、相手DFに当たったボールが右ポストを直撃。 このこぼれ球をクラーセンが押し込んだ。 勢いの止まらないブレーメンは、58分にもロングパスで右サイドを駆け上がったゲブレ・セラシェの折り返しを大迫がダイレクトで流し込み、ドッペルパックを達成。 その後、ドレイクスラーのゴールで1点を返されたブレーメンだったが68分、最終ラインからのロングフィードをサージェントが頭で繋ぐと、最前線で受けたラシツァが粘りからボックス手前にパスを送ると駆け上がったサージェントがそのままボックス内まで侵入すると、飛び出したGKをかわすチップキックでゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま6-1でブレーメンが大勝。 なお、16位デュッセルドルフがウニオン・ベルリンに0-3で敗戦したことにより、ブレーメンが逆転でブンデス2部との入れ替え戦進出を決めた。 2020. 28 00:33 Sun 先週行われた前節ではFW大迫が今季6ゴール目を挙げたものの、ブレーメンはマインツに敗れて自動降格圏を抜け出せず、運命の最終節を迎えることになった。 そしてチャンピオンズリーグ CL 出場権争いではレバークーゼンがヘルタ・ベルリンに敗れてCL圏外の5位に後退。 一方、パーダーボルンに勝利したボルシアMGが4位に浮上した。 土曜一斉開催で行われる最終節、17位ブレーメンは14位ケルンと、2ポイント差の16位デュッセルドルフは12位ウニオン・ベルリンと対戦する。 前節マインツ戦を1-3と完敗したブレーメン。 2連敗となった中、ケルン戦では勝利した上でデュッセルドルフが敗れれば逆転で残留プレーオフに回れることになる。 また、4点差以上で勝利しデュッセルドルフが引き分けた場合も残留プレーオフに回れるが、いずれにしても勝たなければ残留への道は開けない状況だ。 シーズン終盤にかけてゴールへの嗅覚が増している大迫は、チームを降格から救うゴールを最終戦でも奪うことはできるか。 続いて熾烈な戦いが続くCL出場権争い。 最終節を前に4位返り咲きとなったボルシアMGは、10位ヘルタ・ベルリンとホームで対戦する。 勝利すれば文句なしでCL出場となるが、前節レバークーゼンを葬ったヘルタを退けることはできるか。 パーダーボルン戦ではMFシュティンドルがドッペルパックでチームの勝利に貢献。 前々節のMFホフマンに続く中盤の選手たちの活躍で、負傷により不在のFWテュラム、FWプレアらの穴を埋められるかに注目だ。 一方、ヘルタに屈してボルシアMGに2ポイント差を付けられたレバークーゼンは、13位マインツとホームで対戦する。 レバークーゼンとしては勝利するしかCL出場は果たせない状況となった。 まずはマインツに勝利し、ボルシアMGがヘルタに敗れることを期待したい。 前節を出場停止により欠場したMF鎌田と、出場機会のなかったMF長谷部の所属する9位フランクフルトは、最下位パーダーボルンと最終節を戦う。 共に先発復帰が予想される中、鎌田としては既に降格の決まっている相手からゴールに繋がる活躍を見せ、ヨーロッパリーグにつなげたいところだ。 27 18:00 Sat ブレーメンがコソボ代表FWミロト・ラシツァ 23 の今シーズン限りでの退団の可能性を認めている。 ドイツ『Fussballtransfers』が報じている。 ラシツァは2018年1月にフィテッセから加入して以降、左ウイングやセカンドトップを主戦場に果敢な縦への仕掛けや、快足を生かしたスペースへの飛び出しを武器に、主力アタッカーに成長。 今季、ここまでの公式戦31試合で10ゴール6アシストという数字を残している。 ブレーメンとしてはエースアタッカーの残留を望んでいるが、ブンデスリーガ最終節のケルン戦を前に、入れ替え戦圏内の16位デュッセルドルフと2ポイント差の17位に位置するチームは、2部降格の可能性が高まっている。 そして、仮に降格となった場合、ラシツァは1500万ユーロ 約18億円 で移籍可能な契約条項があり、コロナ禍においても他クラブが獲得し易い金額設定となっている。 そういった状況の中、スポーツ・ディレクターを務めるフランク・バウマン氏は、ケルン戦を前にした公式会見の場でラシツァ退団の可能性を認めている。 「彼は適切な形での別れを望んでいる」 「ミロトが多くのクラブの関心を集めているという事実は秘密ではない。 ここ最近も彼に関する多くの憶測が出ている。 相手クラブが彼に具体的な関心を持った場合、我々は話し合いの場を持ち、解決策を見いだすだけだ」 なお、現時点でラシツァの新天地候補にはRBライプツィヒ、ヘルタ・ベルリン、ミランの3クラブの名前が挙がっている。 2020. 27 16:00 Sat ブレーメンは21日、チェコ代表DFゲブレ・セラシェの負傷を報告した。 セラシェは20日にアウェイで行われたブンデスリーガ第33節のマインツ戦 3-1でマインツが敗戦 に先発出場。 しかし、左足首を痛めて、前半のうちにピッチを後にしていた。 クラブの報告によると、検査の結果、左足首のねん挫が判明。 クラブを率いるフロリアン・コーフェルト監督は「腫れや痛みの程度によるが、テこの1週間でどこまで負荷をかけられるか、ケルン戦での起用可能かどうかも見守る必要がある」とコメントをしている。 セラシェは2012年に母国スロバン・リベレツから加入。 右サイドバックが主戦場で、今季はここまでリーグ戦27試合2ゴール3アシストを記録していた。 マインツ戦で敗れ、自力残留の可能性が消滅した17位ブレーメンは27日に予定する最終節で14位ケルンと対戦。 自動降格の17位フィニッシュ、もしくはプレーオフ出場となる16位滑り込みの可能性しか残されていないなかでの一戦となる。 そのブレーメンが16位滑り込みを果たす場合、勝利が必須。 その上で、2ポイント差の16位デュッセルドルフが敗北することが条件となる。 デュッセルドルフが引き分けた場合も16位滑り込みの可能性はあるが、得失点差で不利な状況だ。 2020. 大迫はフル出場し、58分にゴールを記録した。 前節、バイエルンに惜敗したブレーメンは、その試合からスタメンを2人変更。 ラシツァとフォクトに代えてサージェントとグロスをスタメンで起用した。 大迫は5試合連続のスタメン出場となった。 立ち上がりから積極的な入りを見せるブレーメンは4分、大迫のポストプレーからゴール前に侵入したビッテンコートに決定機が訪れたが、シュートは相手GKの好セーブに弾かれた。 良い入りを見せたブレーメンだったが、25分にセットプレーから先制点を許す。 バイタルエリア右でFKを獲得したマインツはブロシンスキがクロスを供給。 これをファーサイドのバクがヘディングで折り返すと、ゴール前の混戦からクアイソンが頭で押し込んだ。 先手を許したブレーメンは30分にも、ラツァの横パスをバイタルエリア中央で受けたボエティウスがペナルティアーク内までドリブルで切り込みシュート。 これがゴール右隅に突き刺さった。 立て続けに失点を喫したブレーメンは、43分に反撃。 敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ボックス左まで侵入したサージェントのクロスをゴール前の大迫がヘディングシュート。 しかし、これは相手GKの正面に飛んでしまう。 迎えた後半、ブレーメンはビッテンコートとグロスを下げてフュルクルクとバルテルスを投入する2枚替えを敢行。 すると58分、ボックス左深くまで仕掛けたフュルクルクが倒されながらもライン際でボールを残すと、これを拾ったクラーセンのラストパスを最後は大迫がダイレクトシュートでゴールに流し込んだ。 その後、マインツに反撃を許したブレーメンだったが、守護神パブレンカが好セーブを連発。 しかし85分、バクのスルーパスでボックス右に侵入したE・フェルナンデスのシュートがゴール右隅に吸い込まれ、マインツに試合を決定づける3点目を奪われた。 結局、ブレーメンはそのまま1-3で敗戦。 この結果、勝利したマインツのブンデスリーガ残留が決定。 一方のブレーメンは、自力残留が消滅。 しかし、16位のデュッセルドルフが同日に行われたアウグスブルク戦を引き分けで終えたため、プレーオフ進出の可能性はわずかに残している。 2020. 21 00:57 Sun.

次の

ホッフェンハイム対ウニオン・ベルリン

ウニオン ベルリン

ベルリンはドイツの首都。 これは大抵の日本人の方が認知していると思うのですが、この街をなんだか遠くに感じる方が多いとも思います。 それは日本の成田や羽田、関空からはフランクフルトやミュンヘンへ飛ぶ直行便があるのに、ベルリンへの直行便が就航していないこととも関係しているのではないでしょうか。 かく言う僕も、初めてベルリンを訪れるまでは、この地への見識が深くありませんでした。 1989年にベルリンの壁が崩壊したことはニュースで見て知っていましたが、これはイギリス、アメリカ、フランスの信託統治地であった西ベルリンと、ソビエト連邦(現・ロシア)が統治していた東ベルリンとの境界にあった壁だったことなどつゆ知らず、「西ドイツと東ドイツの境界が取り払われたのかぁ」と勝手に解釈していた始末。 後にベルリンはあくまでも東ドイツ領内にあったことを教えられて汗顔の至りと、まったくの無知をさらけ出していたものでした。 オルタナティブな存在として認識。 さて、ここからが本題です。 旧東ドイツ地域のクラブであるウニオン・ベルリン(以下、ウニオン)がクラブ史上初めて1部に昇格し、今季2019-2020シーズンのブンデスリーガで戦うことになりました。 旧東ドイツ地域のチームが1部でプレーするのは2009年に降格したエネルギー・コットブス以来のことになります。 ちなみに2013-2014シーズンから1部に所属するヘルタ・ベルリンは旧西ベルリンに属する地域で発足されたクラブ。 またRBライプツィヒの本拠地であるライプツィヒは旧東ドイツ地域ですが、こちらはドイツ統一後の2009年に創設された新興クラブのため、この括りには入りません。 ウニオンはドイツサッカー界からオルタナティブな存在として認識されてきました。 オルタナティブ(alternative)とは英語で「二者択一」という意味ですが、現在では「既存・主流のものに代わる何か」として捉えられていて、昨今は音楽やアート、そしてスポーツの世界でも用いられることの多い言葉です。

次の

ウニオン・ベルリン

ウニオン ベルリン

日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が、ケルン戦を振り返った。 クラブ公式サイトが伝えた。 ブレーメンは27日、ブンデスリーガ最終節でケルンと対戦した。 自動降格圏の17位で最終節を迎えたブレーメン。 勝利しても、16位のデュッセルドルフの結果次第では、自動降格の可能性があった。 しかし、前半22分に大迫が先制ゴールを奪い残留に向けたスイッチを入れると、攻撃陣が爆発。 3トップが全員ゴールを決め、大迫も2ゴールの活躍を見せるなど、6-1と大勝を収めた。 また、残留を争うデュッセルドルフは、ウニオン・ベルリンとの最終節で3-0と敗戦。 この結果、自動降格を免れ、入れ替え戦へと回ることが決定した。 試合後、コーフェルト監督はチームのパフォーマンスを称賛。 他力であったことを踏まえ、残留に望みを繋がせてくれたウニオン・ベルリンへも感謝した。 「今日、選手たちはとても良いプレーを見せた。 フライブルクやパーダーボルンとの試合のように、とてつもないプレッシャーがかかっていた。 今日勝てなければ、それで終わりだということは理解していた」 「しかし、今日ここでの試合だけでなく、我々は2カ所で戦っていた。 自分たちの手中にはないことはわかっていた」 「私はウニオン・ベルリンのスポーツメンタルにとても感謝している。 試合に勝つためにできる限りのことをしてくれた。 そうすることで、彼らは我々を大きく助けてくれた。 同時に、シーズンん後半を通してとても力強く戦ったフォルトゥナ・デュッセルドルフにはとても同情する。 痛みを伴うことは想像できる」 入れ替え戦の2試合で来シーズンの所属リーグが決まるブレーメン。 残りの試合は自分たち次第であることを強調し、しっかりと戦うと意気込んだ。 「まだまだプレッシャーはかかる状況だ。 これで2試合を戦うことができる。 その点ではあまり変化はない。 小さいながらも僅かな変化があるとすれば、今ではその可能性を自分たちの手で持っていることだ」 「しかし、このわずかなチャンスを手放すことはできない。 これから、次の2つの決勝戦が待っているからだ」 超WORLDサッカー!.

次の