御返事いかが?。 正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

「催促メール」の書き方!上司や見積もり催促のビジネス例文も

御返事いかが?

あるいは、こちらから期限を提示しておきたいものです。 とはいえ、一週間程度……とザックリとした期限だったり、持って帰ってからでないと判断できない……と言われてしまったり、何かと期限はアバウトになりがちです。 商材によって、相手側の社内稟議にどの程度時間がかかるなど、感覚はつかめているはず。 具体的な回答期限を相手から伝えられていない限りは、 ルールに従って必ず催促のメールを送るようにすると、先延ばしにせずにすみます。 商談の回答を求める催促は、何度も時間をあけずにしつこくするようなことがなければ、催促そのものが相手を不快にすることはありません。 不快を感じさせるとしたら、その頻度や書き方が問題なのです。 むしろ、 催促=不快を与えるという図式は、自分の中で催促を先延ばしする理由にしてしまいがちなもの。 妥当と思われる期限を設けたらそのルールに従い、催促の心理的なハードルを越えるようにしましょう。 こうした場合は、 期限から1~2日過ぎたら催促のメールを送るようにします。 ポイントは、 相手に逃げ道を与えることです。 つまり、期限に遅れた・なかなか結論を出してくれない相手を問い詰めるのではなく、説明の余地を残すような催促をします。 具体的には、以下の例のように書きます。 例) 良くない例:ご提案のご回答がまだいただけておりません。 期限を過ぎております。 至急ご回答下さい。 ご状況などお知らせいただけますと幸いです。 例) 良くない例:期限までにご回答いただけないとご提案の内容を変更せざるをえません。 ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。 相手へ催促する前にもう一度、返信が来ていないか・必要なメールがきちんと送れているか、を確認しておきましょう。 また、催促の前提として、こちら側のミスで相手から回答が得られない状況になっているかもしれない、というスタンスをとるようにしましょう。

次の

上野殿母御前御返事

御返事いかが?

A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

次の

御本尊について創価学会の皆さんに質問です。

御返事いかが?

特にお歳暮はお世話になった人に贈るもの。 感謝の気持ちを込めて贈った物に対してお礼をいただいた場合、そのまま放っておくのも失礼にあたるのかもしれない・・と悩んでしまいます。 そもそもお礼に対する返事は必要なのでしょうか? 結論から言いますと、答えはNOです。 お歳暮を受け取った相手はお礼状を返してくれたり、メールやお電話で受け取った旨と感謝の気持ちを伝えてくれる場合が多いです。 しかし、基本的にはお礼に対するお返事は必要ありません。 電話や気軽に返せるメールなどで連絡をもらった場合は、こちらも感謝の気持ちを改めて伝えたり近況があればお話しするのはもちろん構いません。 お礼状の場合でもついついお返事したくなる気持ちになりますが、逆に返事をかえすと相手もさらに返事を返さなくてはいけないものかと気を揉んでしまいますし、キリがなくなってしまいます。 正式なマナーとしては、基本的にお礼に対するお返事はいらないのです。 とはいえ、絶対に返事はNGというわけではなく、基本的に必要ないというだけですので気になる場合は返事を返しても大丈夫です。 お歳暮のお礼を電話でいただいた場合の失礼にならいない受け答えを紹介! お歳暮を贈ると、丁寧な方からはお礼のお返事が来ます。 メールやお手紙であれば基本的にはお返事はいらないため、内容を確認してそのままで良いのですが、お電話が来た場合は考える隙も無く、特に目上の方からの突然のお電話でしたら受け応えに焦ってしまいますよね。 1、御礼 相手から先に受け取った旨とお礼を伝えてくると思いますので、重ねてお歳暮の趣旨である相手への感謝の気持ちや御礼を改めて言葉でお伝えしましょう。 様々な商品がデパートやネットで並び、相手のことを想い品物を選ぶことも楽しみのひとつですね。 品物選びも大切ですが、お歳暮を贈る際には品物と一緒に送り状を添えると良いでしょう。 特にお礼に対する返事が気になってしまうような相手であれば、送り状を添えることにより品物と合わせてこちらからの気持ちも伝えることが出来るためより丁寧な印象を与えることが出来ますのでおすすめです。 昨今手紙を書く機会も少なくなり、緊張するかもしれませんが自筆で挑戦してみるとより感謝の心が伝わり相手も喜ぶでしょう。

次の