メルカリ iphone 注意点。 【メルカリ/ラクマ】中古iPhoneを購入する際の注意点とチェックポイント

メルカリでiPhone7を購入。フリマアプリやヤフオクで購入する際の注意点。

メルカリ iphone 注意点

本日は、iPhoneをメルカリで出品する場合にどうすればいいのか説明をしていきたいと思います。 メルカリでiPhoneの売り方を間違えると全く売れなくなることも考えられますし、そもそもiPhoneをそのまま出品していいのか?という疑問も考えられます。 そんな、iPhoneをメルカリで出品する場合の基本的なことを学んでおかないとトラブルの元となってしまいますので、メルカリでのiPhoneの売り方を覚えておいてください。 メルカリには、あらゆるiPhoneが売られておりますので参考にしてみるのもいいです。 それでは、 iPhoneをメルカリで出品していく基本的な手順を紹介をしていきたいと思いますので、付属品やIMEI、キャリヤやカラーバリエーションなど出品するお手持ちのiPhoneの確認を最低限しておくとスムーズに手順を進めることができます。 では、さっそくメルカリでのiPhoneの出品を行う手順を説明をしていきたいと思います。 iPhoneをメルカリで出品する手順としては、一番大切となる手順です。 写真を見てあなたのiPhoneを買うか?買わないか?決めますので、第一印象は良くしたいです。 また、iPhoneの全体や背面の写真を細かく撮ることで、全体の状態を分かりやすく伝えることができます。 型番や本体に傷があるかどうかなど、購入者が気になるポイントを伝えやすくするために、あらゆる角度で写真を撮ることをおすすめします。 つづきましては、iPhoneを出品する手順として 「箱や付属品の詳細も写真を撮る」ことも重要になってきます。 iPhone本体だけ写真を撮るのはNG行為となっております。 箱や付属品があるのであれば、必ずそちらも写真を撮ってください。 箱や付属品がある場合とない場合では、売るときの価格や売れやすさに影響が出てきます。 箱や付属品が当然ながらあるだけで、iPhone本体だけを出品した場合よりも高値で売ることができます。 箱や付属品は一つ一つ見えるように全体をおさめてください。 また、メルカリの出品する手順として説明分に「箱や付属品完備」と記載をするなら尚更です。 表記通り写真で本当にあるのかどうか示す必要があります。 箱や付属品の写真を乗せるだけで、あなたのiPhoneが売れやすくなることが確立されます。 つづいて、iPhoneをメルカリに出品する手順として大事な 「端末の詳細を記載する」ことがあります。 あなたの持っているiPhoneがどのようなモデル・機種なのか購入者にしっかりと伝わらなければ、付属品が完備されていようが購入されません。 あなたのiPhoneを状態や特徴をきちんと表記する必要があります。 もし、iPhoneの型番などがどうしてもわからない場合は、箱や付属品がある人に限りますが、説明書や箱にiPhoneのモデル・機種が詳細に書かれているはずなので、確認をしておいてください。 また、書いてあることがよく分からない場合は写真を撮って商品ページに投稿しておく事で、購入者は写真を見て機種やモデルを特定することもできます。 しかし、商品の紹介文に書くことが一番大事なので、できるだけ詳しく端末の詳細を記載してください。 まずは、iPhoneをメルカリに出品する手順で重要な 「キャリア」です。 どのキャリアのiPhoneであるかを紹介文に記載しなければなりません。 auで購入をしたiPhoneであれば、起動画面の左上に「auの表記 SIMカードが入っている状態 」が表記されておりと思います。 docomoの場合も起動画面の左上にdocomoの表記。 Softbankの場合も、起動画面の左上にSoftbankの表記がなされています。 ただ、SIMカードが入っている状態での確認方法です。 一番は自分のiPhoneはどこの携帯ショップで購入したか?で判断ができると思われます。 しっかりとこのキャリアを商品の紹介文に書くようにしてください。 でなければ購入されません。 つづきましては、iPhoneをメルカリに出品する手順で 「色や容量」を詳細に書くことも大事です。 iPhoneのカラーバリエーションはモデルによっては、種類が少ない場合もございますが、しっかりと写真を撮ってカラーを記載しておくと伝わりやすいです。 写真だけでは、光の関係上で反射したり色合いが実物と違ったりしてしまいますので、文章でも表記した方がよろしいかと思われます。 そして、ストレージ容量の表記も大事です。 iPhoneはストレージ容量で価格が変わる商品なのです。 ご自分のiPhoneのストレージ容量がいくつなのか見ておいてください。 容量の確認手順は、設定からストレージをタッチすると使用容量が見れますので、64GB・128GB・256GB・512GBなのか判断をして書いておくようにしてください。 つづいてiPhoneをメルカリに出品する手順として大事な 「IMEI」です。 IMEIとはシリアル番号と言います。 このIMEIは、iPhone一つ一つに記されており、全てIMEIの番号は異なります。 出品をする場合は、このIMEIの記載をする必要があります。 なぜ?IMEIを教える必要があるのかと言いますと「ネットワーク利用制限」「アクティベーションロック」「保証状況」が確認できるからです。 ネットワーク利用制限とアクティベーションロックは購入者にとって大事なことなのでIMEIを知る必要があります。 ここで問題になってくるのがIMEIを教えると何か不正利用されるのか?という不安が頭を過る人もいると思いますが、IMEIを教えても何も問題はありません。 むしろ、IMEIを教えなければあなたの信憑性はなくなるということを頭に入れておいてください。 最初のメルカリでiPhoneを出品する場合の注意点としては 「ネットワーク利用制限を確認する」ということが必須であります。 ネットワーク利用制限とは、キャリアで購入しているiPhoneの分割払いが完了していない。 残債が残っている場合など確認できます。 説明した通り、ネットワーク利用制限に引っかかってるiPhoneは売ると大変危険です。 ですからネットワーク利用制限になっているiPhoneはメルカリで売ることはできません。 ですから、出品をする前にネットワーク利用制限を確認する必要があります。 ネットワーク利用制限確認方法は、IMEIが必要になります。 ネットワーク利用制限の確認方法は後々紹介をしていきたいと思いますので、そちらも合わせてお読みになられてください。 つづいてのメルカリでiPhoneを出品する場合の注意点としては 「アクティベーションロックを解除する」があります。 アクティベーションロックとは、iPhone紛失してしまったり他人び盗まれたりしても、第三者に使われないように防止・保護する機能です。 このアクティベーションロックがオンになっていれば、購入者はさまざまなトラブルを受けてしまいます。 例えば、アクティベーションロックがオンにしたまま売ってしまうと、購入者側ではiPhoneを初期化することはできません。 アクティベーションロックがオンになっていると、第三者からのサインインなどができなくなるので、必ずアクティベーションロックを解除するようにしてください。 アクティベーションロック解除方法は後々紹介させていただきます。 つぎにメルカリでiPhoneを出品する場合の注意点として礼儀の 「初期化する」ことについて説明していきたいと思います。 メルカリでiPhoneを出品する場合は、一般的に礼儀として初期化したiPhoneを出品することが当たり前となっています。 前に使っていた人のデータや設定が残ったままでは正直購入者としては嫌だと思われます。 また、アクティベーションロックがかかっていた場合は初期化できませんので、そういったトラブルが発生しないように、あらかじめ初期化しておく必要があります。 なにより、初期化せずにiPhoneを出品してしまうと、あなたの個人情報が他人に知られてしまいますので、トラブルの原因となってしまうことも考えられますので、しっかりと初期化しておいてください。

次の

メルカリで中古iPhoneを買う方法と注意点|中古&格安SIMで賢く節約

メルカリ iphone 注意点

最近のiPhoneなんて新品で買うと「 キャァァァアアアアーーーっっ!!」と叫び出したくなるぐらいに高いので、中古でもいいからできるだけ安く買いたいと思うのが人の常ですよね。 そんなときに思い浮かぶのはメルカリです。 実際、メルカリにはめちゃくちゃたくさんの中古iPhoneが出品されています。 「え、じゃあ、メルカリで中古のiPhone買って安く済ませればええやん」と思いますよね。 でもちょっと待ってください。 個人的にはスマホに詳しくない人がメルカリで中古のiPhoneを買うのはかなりリスキーだと思っています。 っていうかもう、めちゃくちゃ危ないです。 本記事では、ITリテラシー高め(IT企業に約12年勤務)かつスマホ大好きな僕が、メルカリで中古のiPhoneを買うリスクを解説したいと思います。 理由1:「スマホとかよくわかんないです」というレベルの人が適当にiPhoneを出品している可能性があるから• 理由2:購入した中古iPhoneが使えなかった場合、トラブルシューティングした上で出品者に問い合わせないといけないから 理由1は出品者に関するリスク、理由2は購入者に関するリスクです。 それでは順番に説明していきます。 理由1:「スマホとかよくわかんないです」というレベルの人が適当にiPhoneを出品している可能性があるから 初心者の人でもiPhoneを出品できるよう、メルカリは「」というものを公開しています。 中古のiPhoneやAndroidスマホを出品する際のチェックリストのような位置づけなのですが、 正直、専門用語がめちゃくちゃ多いです。 一応、専門用語の解説も同ページにあるのですが、その解説文にも専門用語が並びまくっているので、この辺に疎い人は「 は??」という感じだと思います。 つまり、中古のiPhoneを第三者に販売・譲渡するためには、色んな小難しい仕組みをそれなりに理解しないといけないということです。 とは言え、それほどiPhoneに詳しくない人でも、その気になれば、出品ガイドをチェックしながら、適切に設定を確認したり変更したりすることは可能です。 おそらくこういう人は問題なく中古のiPhoneを出品できる人です。 問題なのは「全然わからん…!まぁ、ええわ、多分大丈夫やろ。 エイと出品したろ!」という人です。 運悪く、こういう性質の人が出品したiPhoneを購入してしまった場合、トラブルに発展することもあるでしょう。 実際、「メルカリで中古のiPhoneを購入したけど使えなかった…」というトラブルに見舞われた人は結構いるみたいです。 正直、購入する側からすると「このiPhoneが正しく動くかどうか」なんて買ってみないとわかりませんからね。 出品者の評価や過去の出品アイテムなんかを見つつ、「まぁこの人なら大丈夫かな…?」と、ある意味、ヤマカンで買わないといけないのが辛いところです。 理由2:購入した中古iPhoneが使えなかった場合、トラブルシューティングした上で出品者に問い合わせないといけないから とは言え、購入したiPhoneが仮にうまく動かなかったとしても、出品者にITリテラシーがあったり、誠実な出品者であれば、どこがどううまく動かないかを聞いてくれて、よしなに対応してくれるでしょう。 おそらく、こういう「出品者がしっかりしている」パターンは、購入者の手間は掛かれど、最終的には問題なく取引が完了するのでしょう。 不幸なのは以下のパターンに該当するときです。 出品者:ITリテラシーがなく、スマホにも詳しくない(調べる気もない)• 購入者:ITリテラシーがなく、スマホにも詳しくない(調べる気もない) おそらく、このパターンに該当した場合はトラブルに発展する可能性が非常に高いです。 なぜなら、購入者はどこがどううまく動かないかを明確に伝えられませんし、出品者は「動かないと言われても、僕もわかんないんですけど…」とさじを投げてしまうからです。 iPhoneを購入する前に出品者がしっかりしているかどうかを購入者が正しく把握できれば問題ありませんが、上述のとおり、完全には把握できません。 つまり、メルカリで中古のiPhoneをトラブルなく購入するには、購入者側にITリテラシーが備わっていたり、iPhoneに詳しくないと、出品者の性質に完全に依存するので、ちょっと心配というわけです。 メルカリでiPhoneを買うのが不安な人は中古スマホ専門店で買うのがおすすめです 「 そんなこと言われても、安くiPhone買いたいし、でも、iPhoneとか全然詳しくないし…」という方もいらっしゃるかと思いますが、そういう場合はメルカリではなく、中古スマホ専門店でiPhoneを買うのが安心です。 たとえば、「」とか「」ですね。 こういった専門店で中古のiPhoneを買うメリットは以下のとおりです。 メリット1:ちゃんと動くiPhoneを買える• メリット2:iPhoneが動かなかったとしても、ちゃんとサポートしてくれる それでは順番に説明してきます。 メリット1:ちゃんと動くiPhoneを買える メルカリの場合、動かないiPhoneを掴まされるリスクがありますが、その点、 専門店の場合は販売前にお店側がしっかり動作確認をしてくれていますので、ちゃんと動くiPhoneを買うことができます。 まぁ、当たり前と言えば当たり前なのですが…。 メルカリの場合、出品者によっては「僕が使っていたときはちゃんと使えたので問題ないはず!」とか「いやちょっと、動かないって言われてもよくわかんないんですけど…」みたいな残念なことが発生する可能性があります。 その点、 専門店の場合は、「初期不良対応」と言うものがありますので、購入後、不具合があればお店に問い合わると、よしなに対応してくれます。 スマホに詳しくない人からすると、かなり心強いですよね。 最後に このように、初心者には安心の中古スマホ専門店ですが、 上記のメリットの代わりに、「メルカリより割高」というデメリットがあります。 まぁ、動作保証だったり初期不良対応のぶん、割高になるのはしょうがないですし、何なら、変なiPhone掴まされてその対応で疲弊するぐらいなら安いもんかな、とすら思っています。 実際、僕は割とITリテラシー高めの人間なのですが、メルカリで中古のスマホを買ってトラブルに巻き込まれるのが嫌過ぎるので、中古スマホ専門店でしか買ったことないです。 不安な方は「」や「」などの中古スマホ専門店で買うのが無難かなと思います…!.

次の

メルカリ「あんしんスマホサポート」付き中古iPhone本体を購入する際の注意点

メルカリ iphone 注意点

メルカリは安くて、送料無料の商品も多く、買い物をするにはとても便利な存在ですよね。 ただ初めて購入する時は、補償の心配や「即購入禁止」「〇〇様専用」などのメルカリ特有のマイルールなど、戸惑うこともあると思います。 そこで、メルカリで購入する際の注意点や、マナーなど見ていきたいと思います メルカリで購入時の注意点 メルカリに出品している方の多くは個人です。 一般的なネットショップとは違い、保管場所や梱包は期待できません。 そういったことを踏まえて注意点を見ていきましょう。 商品の状態 メルカリでは中古品だけでなく未使用の商品でも、どんな状態かよく確認して下さい。 小さな汚れや毛玉など、写真に写りづらいものもあります。 商品説明欄の「商品の状態」もあくまで個人的主観です。 商品が届いてから「こんな汚れ書いてなかった」なんてことは多々あります。 それがフリマアプリ、それがメルカリです。 細かいことが気になる方や完璧を求める方は向きません。 写真の印象より汚れていると思って、割り切って購入しましょう。 ただ、余りにも写真や説明と違っていた場合は、相手を評価する前にメッセージで連絡して下さい。 返品等の対応してくれるかもしれません。 商品のサイズ SMLサイズ、120、130といった表記はブランドによっても、商品によっても変わってきます。 また中古品なら着ている内に伸びや縮みもでてきます。 ちゃんと確認しないで買うと、全然サイズが合わない、なんてことも。 メルカリではほとんどの商品が 着丈や袖丈の平置きサイズを載せています。 数字を見てもよくわからない場合は、お手持ちの洋服のサイズを一度測って比較してみるといいです。 もしサイズが記載されていなければコメント欄にて聞いてみましょう。 商品説明 子供にせがまれてトレーディングカードを探していた時、よく見ると商品の説明欄に「こちらはシールです」と書かれていたことがあります。 ちゃんと商品説明を読んでいなかったら、間違えて買っていたかもしれません。 怖いですね。 以前メルカリでは任天堂Switchの本体と見せかけて実は空き箱だけの出品だった、と問題になったことがありました。 でもやはり、騙そうと思って出品されている商品の説明欄にも、ちゃんと商品内容は記載されています。 悪質な出品者はもちろん問題ですが、 見落としている購入者にも落ち度はあります。 購入する前にしっかり商品説明欄を読みましょう。 他のサイトでの価格 メルカリは簡単に売買できるので、 個人で仕入れて販売している半業者さんのような方もたくさんいます。 そんな方たち、実はヤフオクやAmazonから仕入れて、メルカリで販売している、なんてことも。 以前スキー用のフェイスマスクを探していた時、メルカリで300円だったので購入しようと思ったのですが、念のためと思ってAmazonをチェックしてみると同じようなものが送料込みで87円!Amazonは中国の業者からの発送なので、若干の不安はありましたが、無事商品は届きました。 他の商品でも 実は他サイトの方が安い!なんて物もあるので、購入前に一度他サイトをチェックすることをオススメします。 匿名配送&配送時の補償 発送方法が「らくらくメルカリ便」または「ゆうゆうメルカリ便」に指定してあれば、匿名配送で発送され、出品者に購入者の個人情報が知らされることはありません。 匿名配送希望の方は配送方法を必ずチェックして下さい。 また、「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」ですと、配送の際に万が一、破損や紛失があった場合、商品代金を全額メルカリが補償してくれます。 これが定形外や他の配送ですと補償がありません。 高価な商品やガラスや陶器などの壊れやすい物、電化製品などを購入する際は、「らくらくメルカリ便」または「ゆうゆうメルカリ便」で配送されるか、確認してから購入しましょう。 値下げ交渉 メルカリで購入される方の多くは値下げ交渉をしています。 元々値下げされると思って高い金額を付けている出品者もいますので、もう少し安くなると買う、という場合はコメント欄で交渉してみましょう。 特に出品してから日数が経過している商品は値下げしてもらえる傾向があります。 下の写真緑枠の部分が日数の目安になります。 この日数は商品のページを更新した日付で、出品した日付ではありません。 ここが、数時間前とか、1日前2日前など近々の日付だと、出品直後だったり、価格を見直してすぐだったりするので、あまり値段が下がらないかもしれません。 写真のように 更新が2ケ月前の場合で、かつ、その間商品のコメントもないようであれば、長い間売れていないということです。 こういう商品は値段を下げてくれる可能性があります。 どんどん交渉しましょう。 値引き金額ですが、10%引きぐらいの交渉ですと相手が応じやすいです。 余りに大幅な値引き交渉は出品者も不快になりますので、常識の範囲内で交渉しましょう。 また、300~800円程の低価格の商品は、多少の値引きをしてもらっても大した額ではないと思います。 少額の値引きをしてもらうなら、提示してある金額で購入し、お互い気持ちよく取引した方がいい、と私は思います。 商品の金額が納得できるのであれば、値下げ交渉をせずそのまま購入しましょう。 メルカリで購入時のマナー 最初は戸惑ってしまうメルカリの購入マナー。 本来なら無視していい謎ルールも多いですが、個人対個人の取引なので、知らないわけにいかないのが現状です。 ここで、メルカリで知っておいた方がいいマナーを紹介します。 「即購入禁止」「即購入OK」について 「即購入」というのは、出品者に購入していいか許可を得ず、購入すること。 メルカリ運営側としては「即購入してOK」がスタンスです。 ですので、事前にコメントのやり取りなしで「即購入」してもルール上問題ありません。 それでも「即購入禁止」と書いている方は、複数サイトで同じ物を出品しており、在庫確認の必要性があるので、購入前に「購入していいか?」という連絡がないと困るからだと推測されます。 よくわからずに、そういった方から即購入してしまい、 実は在庫がなく後々キャンセルを迫られた、なんて方もいるようです。 「即購入禁止」を無視して購入し、キャンセルされずに発送してくれることになったとしても、雑に梱包されたり、最後に評価欄に悪く書かれたりしたらイヤじゃないですか? トラブルを避けるためには理不尽と思われるルールも理解し、 商品説明・プロフィールをしっかり読んでから購入した方が賢明です。 逆に「即購入OK」と書いている方は、返事の手間もかかるので、事前のコメントのやり取りは必要がないと考えています。 心配な方は「即購入OK」と書いてある商品は、コメントせずにそのまま購入、何も書いていない商品と「即購入禁止」と書いてある商品はコメントしてから購入すると、トラブルは避けられます。 ただ、「即購入OK」の場合も、購入後にメッセージ欄にて「購入させて頂きました。 宜しくお願いします」と一言メッセージを送っておくと気持ちよく進められるかと思います。 交渉中の横取り購入 購入者「〇〇円になりませんか?」出品者「いいですよ。 お値下げします。 」といった値引き交渉後、 お値段が下がった瞬間に他の方が購入してしまう、ということがたまにあるようです。 出品者からすれば誰が購入しようが大して変わらないですし、「早い者勝ち」がルールのメルカリでは、横から購入してもルール上何も悪くはありません。 ただ、やっぱり感じのいいものではありませんよね。 出品者によっては「先に交渉している方を優先したい」という考えの方もいます。 そんな方の商品を無言で横から購入することは、最後の評価の時にいい評価は付かないでしょう。 コメント欄にて値段交渉中なのは他の人でも見ることができます。 交渉中の商品がどうしても欲しい場合は一度コメントを入れるのがいいかと思います。 出品者からすれば高い値段で売りたいのが本音です。 どうしてもほしいなら、前の交渉者よりも高い値段を提示してみると買えることもありますよ。 専用出品やお取り置き出品って何? メルカリで商品検索をしていると「〇〇様専用」「〇〇様お取り置き商品」なんて書かれた商品をみかけます。 「専用」も「お取り置き」も特定の人が買う予定なので、それ以外の人は買わないで、ということ。 どちらもその「〇〇様」じゃないと買えませんという意味です。 これも本来ならルール違反です。 メルカリは購入ボタンを先に押した人に売るというのがルールなので、専用と書いてあっても、〇〇様じゃなくてもルール上は購入してもいいんです。 ですがやっぱり、こういった商品を無言で購入するのはトラブルの元です。 買うのは控えましょう。 ただどうしてもその商品が欲しかったら、一度コメントにて交渉してみるのはアリです。 「専用出品にしたのに買ってくれない」なんてこと、多々あります。 先ほど書きましたが多くの出品者は買ってくれるなら誰でもいい、と考えています。 どうしても欲しかったら、即購入ではなく、丁寧なメッセージを入れ、返事を待ってからにしましょう。 取引メッセージについて 取引メッセージは送っても送らなくても本来なら問題ありません。 ただ、メッセージを送らないと「お取引中全く連絡がなく不安でした」と、評価を悪くつける方も中にはいます。 ですので、購入したらその時にまず一言、発送連絡後メッセージが来たら発送のお礼、受け取り後は速やかに受取連絡をするなど、 最低限のメッセージを送った方がベターです。 文章は使いまわしで構いません。 トラブル防止のため送っておきましょう。 まとめ メルカリの悪いウワサを聞いてしまうと、なんだか怖くなってしまうかもしれません。 私も最初はコメントしてから購入するなんてルールを知らずに即購入し、後で知って急いで「コメントせずに購入してしまい申し訳ありません」なんてメッセージを送りました。 でも、怖い方なんてほんの一握り。 私が購入した方も「大丈夫ですよー」と優しいお返事を下さいました。 最初は難しいなんて思うかもしれませんが、メルカリで購入する際は「お客様」の立場ではなく、人と人とのやり取りです。 商品説明やプロフィールをよく読み、基本的なあいさつや最低限の礼儀を欠かさずに進めることが大切なのだと思います。 みなさんもメルカリで素敵なものに出会えますように。

次の