コロナ アメリカ 死者 多い。 アメリカの半分の州が、コロナよりも経済悪化を問題視し、規制を緩める

NYはなぜ世界最多の新型コロナ感染都市になったのか?(現地での報道&在住者目線)(安部かすみ)

コロナ アメリカ 死者 多い

ジェローム・アダムス()米公衆衛生局長官は7日、CBSニュース()に出演し、「黒人の方が糖尿病、心臓疾患、肺疾患にかかりやすいことはみんな知っている」と語った。 これら慢性疾患は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を引き起こしやすい。 アダムス氏自身も黒人で、さらに高血圧やぜんそくがあり、「米国で貧しく育った黒人が引き継ぐものを私自身が表している」「そして、私やほかの多くの黒人は、COVID-19のリスクが高い」と語った。 シカゴではアフリカ系米国人の全市民に対する割合はわずか3割ほどだが、新型コロナウイルスによる死者の68%はアフリカ系米国人が占めている。 この傾向はノースカロライナ、ルイジアナ、ミシガン、ウィスコンシン州のほか、首都ワシントンでも同様だ。 米公衆衛生協会()の理事を務めるジョージス・ベンジャミン()医師はAFPの取材に応じ、この問題が社会的な階級とも関連しており、また黒人の多くが感染の可能性が高い環境に身をさらさねばならない仕事に就いていると指摘した。 ベンジャミン氏は黒人に「バス運転手や通勤に公共交通機関を利用する人、また老人ホームで働く人や食料品店で働く人が多い」と述べ、黒人の方が他人と接する機会が多いとの見解を示した。 アフリカ系米国人向けの大学として有名なテネシー州ナッシュビル()のメハリー医科大学()の総長、ジェームズ・ヒルドレス()医師は「住んでいるコミュニティーはどこか、そして保険に入っているかどうかで、診察を受ける機会がずっと少なくなってしまう」と指摘する。 また、バージニア大学医療センター()の麻酔専門医であるエボニー・ヒルトン()氏によると、黒人が治療を求めても症状を信じてもらえなかったり、適切な治療を受けさせてもらえなかったりすることが多いのは、論文などでも裏付けられているという。 人権団体「法の下の公民権を求める弁護士委員会()」は今週、アレックス・アザー()厚生長官に書簡を送り、「新型コロナウイルス感染症の検査や疾病負担、治療の結果に関する人種・民族の人口統計学的データを毎日発表する」よう求めた。 同委員会は、米疾病対策センター()はすでにデータを収集しているが、意図的に公表を控えていると主張している。 一方、罹患(りかん)率の高い心臓疾患やがんとは違い、新型コロナウイルスのアフリカ系やヒスパニック系への感染拡大は最終的にすべての人に影響を及ぼすことを理由に、先のヒルトン氏は、この問題に取り組むことはすべての米国人に利益になると指摘している。

次の

米の新型コロナ死者、なぜ黒人が多いのか 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

コロナ アメリカ 死者 多い

ジェローム・アダムス()米公衆衛生局長官は7日、CBSニュース()に出演し、「黒人の方が糖尿病、心臓疾患、肺疾患にかかりやすいことはみんな知っている」と語った。 これら慢性疾患は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を引き起こしやすい。 アダムス氏自身も黒人で、さらに高血圧やぜんそくがあり、「米国で貧しく育った黒人が引き継ぐものを私自身が表している」「そして、私やほかの多くの黒人は、COVID-19のリスクが高い」と語った。 シカゴではアフリカ系米国人の全市民に対する割合はわずか3割ほどだが、新型コロナウイルスによる死者の68%はアフリカ系米国人が占めている。 この傾向はノースカロライナ、ルイジアナ、ミシガン、ウィスコンシン州のほか、首都ワシントンでも同様だ。 米公衆衛生協会()の理事を務めるジョージス・ベンジャミン()医師はAFPの取材に応じ、この問題が社会的な階級とも関連しており、また黒人の多くが感染の可能性が高い環境に身をさらさねばならない仕事に就いていると指摘した。 ベンジャミン氏は黒人に「バス運転手や通勤に公共交通機関を利用する人、また老人ホームで働く人や食料品店で働く人が多い」と述べ、黒人の方が他人と接する機会が多いとの見解を示した。 アフリカ系米国人向けの大学として有名なテネシー州ナッシュビル()のメハリー医科大学()の総長、ジェームズ・ヒルドレス()医師は「住んでいるコミュニティーはどこか、そして保険に入っているかどうかで、診察を受ける機会がずっと少なくなってしまう」と指摘する。 また、バージニア大学医療センター()の麻酔専門医であるエボニー・ヒルトン()氏によると、黒人が治療を求めても症状を信じてもらえなかったり、適切な治療を受けさせてもらえなかったりすることが多いのは、論文などでも裏付けられているという。 人権団体「法の下の公民権を求める弁護士委員会()」は今週、アレックス・アザー()厚生長官に書簡を送り、「新型コロナウイルス感染症の検査や疾病負担、治療の結果に関する人種・民族の人口統計学的データを毎日発表する」よう求めた。 同委員会は、米疾病対策センター()はすでにデータを収集しているが、意図的に公表を控えていると主張している。 一方、罹患(りかん)率の高い心臓疾患やがんとは違い、新型コロナウイルスのアフリカ系やヒスパニック系への感染拡大は最終的にすべての人に影響を及ぼすことを理由に、先のヒルトン氏は、この問題に取り組むことはすべての米国人に利益になると指摘している。

次の

アメリカ:黒人の新型コロナウイルス感染者・死者が多い理由

コロナ アメリカ 死者 多い

ジェローム・アダムス()米公衆衛生局長官は7日、CBSニュース()に出演し、「黒人の方が糖尿病、心臓疾患、肺疾患にかかりやすいことはみんな知っている」と語った。 これら慢性疾患は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を引き起こしやすい。 アダムス氏自身も黒人で、さらに高血圧やぜんそくがあり、「米国で貧しく育った黒人が引き継ぐものを私自身が表している」「そして、私やほかの多くの黒人は、COVID-19のリスクが高い」と語った。 シカゴではアフリカ系米国人の全市民に対する割合はわずか3割ほどだが、新型コロナウイルスによる死者の68%はアフリカ系米国人が占めている。 この傾向はノースカロライナ、ルイジアナ、ミシガン、ウィスコンシン州のほか、首都ワシントンでも同様だ。 米公衆衛生協会()の理事を務めるジョージス・ベンジャミン()医師はAFPの取材に応じ、この問題が社会的な階級とも関連しており、また黒人の多くが感染の可能性が高い環境に身をさらさねばならない仕事に就いていると指摘した。 ベンジャミン氏は黒人に「バス運転手や通勤に公共交通機関を利用する人、また老人ホームで働く人や食料品店で働く人が多い」と述べ、黒人の方が他人と接する機会が多いとの見解を示した。 アフリカ系米国人向けの大学として有名なテネシー州ナッシュビル()のメハリー医科大学()の総長、ジェームズ・ヒルドレス()医師は「住んでいるコミュニティーはどこか、そして保険に入っているかどうかで、診察を受ける機会がずっと少なくなってしまう」と指摘する。 また、バージニア大学医療センター()の麻酔専門医であるエボニー・ヒルトン()氏によると、黒人が治療を求めても症状を信じてもらえなかったり、適切な治療を受けさせてもらえなかったりすることが多いのは、論文などでも裏付けられているという。 人権団体「法の下の公民権を求める弁護士委員会()」は今週、アレックス・アザー()厚生長官に書簡を送り、「新型コロナウイルス感染症の検査や疾病負担、治療の結果に関する人種・民族の人口統計学的データを毎日発表する」よう求めた。 同委員会は、米疾病対策センター()はすでにデータを収集しているが、意図的に公表を控えていると主張している。 一方、罹患(りかん)率の高い心臓疾患やがんとは違い、新型コロナウイルスのアフリカ系やヒスパニック系への感染拡大は最終的にすべての人に影響を及ぼすことを理由に、先のヒルトン氏は、この問題に取り組むことはすべての米国人に利益になると指摘している。

次の