キャンピングツリー。 セレス キャンピング

はじめての方へ

キャンピングツリー

ロジックツリーとは? 「ロジックツリー」は、ある1つの課題や問題があるときに、どのような道筋でその事象を解決するのが適切なのか?を導き出すフレームワークです。 英語で 「Rogic Trees」「Issue Trees」と言われるように、 「問題をツリー状に分解し、論理的に原因や解決法を探すこと」を目的として使います。 問題をロジックツリーにすることで、1つの問題が次の階層で2つに。 そして、次の階層で4つに・・・網羅的に考えることができます。 ロジックツリー ロジックツリーは基本的に 5階層以上まで掘り下げると、より良い分析が可能になると言われています。 ロジックツリーを作成するメリット ロジックツリーを作成するには、それぞれが下調べをして、より多くの項目を洗い出していく必要があり、場合によっては時間のかかる作業になります。 しかし、その作業をするだけのメリットが、ロジックツリーを作成する中にあります。 それは、 「問題の全体を把握でき、1つの問題に対して多くの視点から解決策を探ることができること」です。 ロジックツリーを作成することによって、問題の全体が把握でき、より 多くの解決策を全体で共有することができます。 全体共有が可能になると、 それぞれの意見や話し合いのズレも最小限で済みますし、もしある案を実行し、それが失敗に終わっても、 次の改善策をすぐに決めることが容易になります。 ロジックツリーを使った問題解決法 ここでは、ロジックツリーを使った問題解決の具体例を挙げていきます。 例えば、「車を購入したい」という課題がありました。 車の種類は「普通車」「大型車」「軽自動車」と分けることができます。 さらに、普通車なら「ミニバン」「セダン」「ワゴン」など…「大型車」なら「 4WD」「キャンピングカー」などと分けていくことができます。 さらに「セダン」でも「ガソリン車」と「ハイブリッド車」を分けたりすることができます。 自動車購入のロジックツリー このようにロジックツリーにすることで、 車の種類を網羅的に把握することができ、さらにここから 「自分自身の趣向・主観」を入れることで、 優先順位を決めるときや決断の際に、多くの方法・手段から最適なものを選択することができるようになります。 Why、How、What 先ほど例に出したロジックツリーのように、各ロジックツリーは必ず1つの問題・課題に対してツリーを作成します。 (Whyツリーなら、必ず「なぜ?」のみで追求する) Why(原因追求ツリー) 原因追求型のロジックツリーは、発生した問題の「原因」を掘り下げます。 問題の原因は必ずしも1つだとは限りません。 そこで、ロジックツリーを作成し、問題の原因となる要素を網羅的に洗い出し、特に影響が強く、本質的な原因を突き詰めていきます。 例えば、 「ダイエットをしても体重が落ちない」という問題がありました。 体重が減少しない原因として、「食事方法が悪い」「運動不足」「ダイエット方法が間違っている」を挙げていきます。 さらに、各要素に対して、「食べる時間が悪い」「食べてるものが悪い」「運動時間が少ない」など掘り下げた要素を洗い出してきます。 このように原因を追求することで、 本質的な原因を特定し、それに対する解決策を考えていくことができるようになるのです。 ダイエットのロジックツリー How(問題解決ツリー) 問題解決型のロジックツリーは、発生した問題が解決した状態をもとに、どのようなアプローチ策が最善かを網羅的に洗い出します。 例えば、「このブログへの集客を増やしたい」という問題がありました。 ブログの集客に結びつきそうな要素としては、「記事数を増やす」「広告をかける」「SNSで発信する」などがあるとします。 「記事数を増やす」に対しては、さらに「マーケティングの記事を増やす」「サプライズの記事を増やす」「まとめの記事を増やす」など、カテゴリごとに分けて増やす部分をさらに掘り下げることができます。 ブログ集客のロジックツリー このように、 問題を解決するための要素を洗い出し、優先順位をつけることで、最善策を考えることが可能になります。 なお、問題解決型のロジックツリーを作成する際は、 数値が明確だと、その数値自体が目標となり、その後のアクションに繋がりやすくなります。 What(要素分解ツリー) 要素分解型のロジックツリーは、図2で説明した「自動車購入のロジックツリー」のように、あるモノやサービスについて、より深く掘り下げていきます。 自動車購入の例以外だと、「新しいお菓子を作りたいので、どのようなお菓子が一番良いか?」という課題なども、この要素分解ツリーからお菓子の種類を網羅的に把握することができます。 もっとシンプルだと、「ゲームの種類」を掘り下げると、「TVゲーム」「ネットゲーム」「ボードゲーム」「カードゲーム」などと掘り下げていくこともできます。 これも要素分解型のロジックツリーです。 ロジックツリーを書く際の注意点 ロジックツリーは左から右へピラミッド型に作られる ロジックツリーは必ず左から右へというわけではありませんが、 左(抽象的要素)から右(具体的要素)へピラミット型で書くことで、誰でもわかりやすくロジックツリーを理解することができます。 また、1つの要素に対して2つだけでなく、3つや4つの策が出てくる場合もあるので、書き出す際はなるべく高さをとって書き出しましょう。 ロジックツリーの各階層はMECE(ミーシー)の必要がある MECEについては『【3分でわかる】ロジカルシンキングの基礎「MECE」』にて詳しく説明していますが、 Mutually:相互に Exclusive:重複せず and Collectively:全体として Exhaustive:漏れがない このような単語の頭文字をとったものになります。。 簡単に説明すると、各階層において 「要素がダブることなく、要素に漏れがない状態」にすることが重要です。 例えば、ある問題に対して「都道府県」をロジックツリーで展開することになりました。 その際、1つの都道府県でも抜けていたり、ある2県(北海道と沖縄はあまり関係ないから一緒にしちゃうなど)だけ一緒にしてしまうと、MECEになっていません。 その要素が必要あるか否かは、各要素を網羅的に洗い出した後に判断するモノであり、ロジックツリーを作成する段階では、できるだけ抜けなく要素を洗い出していきましょう。 おすすめツール ここで、PCを使ったロジックツリー作成に役立つツールを2つ紹介したいと思います。 XMind XmindはWindowsやMacなどで使える 「マインドマッピングツール」です。 感覚的に操作することが可能で、手軽に項目を増やせるなど、使い勝手がとてもよい便利なツールになります。 すべての機能を利用するには9,800円以上の有料版を購入することになりますが、マインドマップを作成するだけであれば、無料版でも十分に使用することが可能です。 XMind() cacoo Caccoはマインドマップやロジックツリー、さらにはWEB制作で必要なワイヤーフレームなどを簡単に作成できるWEBサービスです。 こちらもXMind同様に、感覚的な操作が可能なため、簡単に項目を増やしたり、カスタマイズすることが可能です。 こちらも無料版では機能の制限がありますが、利用できるテンプレートはバリエーションがあり、様々な用途で使用することができます。 もちろん、ロジックツリー作成にも最適です。 ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか。 Cacoo() まとめ ロジックツリーを作りにも、これだけの要素やコツがあることをご存知でしたでしょうか? 「Why、How、What」や 「MECE」を理解するだけでも、かなり完成度の高いロジックツリーを作成することが可能になります。 ロジックツリーは、 ビジネスにおける問題解決にも役立ちますし、プライベートの問題やアイデア出しにも有効的です。 ぜひ、様々な課題に対してロジックツリーを作成して、問題解決やアイデア出しの精度を高めてみてはいかがでしょうか。 さらに実践的、効果的な マーケティングを学びたい方は、 コチラの物語をお読みください。 (出版4社の話を断った幻の物語です) 無料ですので、 お金をかけることなく、 不変(普遍)のマーケティングスキルを 身に付けることができます。 下記のボタンをクリックして、 気軽に読み進めてください。

次の

キャンピングカーで朝ごはんツーリズム|キャンピングカースタイル

キャンピングツリー

ツリーテントグランピング スタイル 定 員 1〜6名(寝具は人数分ご用意しております) 設 備 電源、ソファーベッド、クッション、毛布(春秋冬季)、寝袋、寝袋用マット、テーブル、椅子、照明、冷風機、ストーブ(秋冬期)、湯沸かしケトル、電池式虫よけ、アメニティ(歯磨きセット・フェイスタオル)、クーラーボックス、ランタン (シーズンによって内装が予告なしに変更することがあります。 ・飲み物は付いておりません。 ・食材の持ち込みは自由です ・BBQのセットはテントまで配達致します。 (2台目以降はP3駐車場に駐車となります) 備 考 流し台近接、かまどのある炊事場はBキャンプ場のものをご利用いただけます。 焚火、BBQで出た残炭はDサイト周辺に炭捨て場をご用意しております。 設営期間 12月14日までですが積雪状況によってする場合があります。 注意事項 施設全体が木々に囲まれている為、テント内に虫が侵入する場合がございます。 夏から秋にかけて、特に7〜9月にはブヨ、9〜10月と4〜5月にはカメムシが多く発生します。 出来る限りの対策はしておりますが、全てを防ぐ事が困難です。 予めご理解のうえご宿泊をご検討くださいますようお願い致します。 ティピーテントグランピングスタイル 定 員 1〜5名 設 備 電源、ベッド(ベッドは寒い時期の装備となります)、毛布(春秋冬季)、クーラーボックス、寝袋、寝袋マット、ローテーブル、ローチェア、ソファ、クッション、ランタン、電気ケトル、ファンヒーター、アメニティグッズ等 (シーズンによって内装が予告なしに変更することがあります。 ご了承下さい) 食事 夕食BBQ テント区画内にタープやテーブル・イスをご用意しております。 ・飲み物は付いておりません。 ・食材の持ち込みは自由です ・BBQのセットはテントまで配達致します。 (2台目以降はP3駐車場に駐車となります) 備 考 流し台近接、かまどのある炊事場はAキャンプ場のものをご利用いただけます。 焚火、BBQで出た残炭はAサイト周辺に炭捨て場をご用意しております。 設営期間 12月14日までですが積雪状況によってする場合があります。 注意事項 施設全体が木々に囲まれている為、テント内に虫が侵入する場合がございます。 夏から秋にかけて、特に7〜9月にはブヨ、9〜10月と4〜5月にはカメムシが多く発生します。 出来る限りの対策はしておりますが、全てを防ぐ事が困難です。 予めご理解のうえご宿泊をご検討くださいますようお願い致します。 ロッジ型テントグランピングスタイル 定 員 1〜4名 設 備 電源、マット、寝袋、毛布(春秋冬季)、ローテーブル、ローチェア、ソファ、クッション、ランタン、電気ケトル、ファンヒーター、冷凍冷蔵庫、アメニティグッズ等 (シーズンによって内装が予告なしに変更することがあります。 ご了承下さい) 食事 夕食BBQ テント区画内にタープやテーブル・イスをご用意しております。 ・飲み物は付いておりません。 ・食材の持ち込みは自由です ・BBQのセットはテントまで配達致します。 (2台目以降はP3駐車場に駐車となります) 備 考 流し台近接、かまどのある炊事場はAキャンプ場のものをご利用いただけます。 焚火、BBQで出た残炭はAサイト周辺に炭捨て場をご用意しております。 設営期間 12月14日までですが積雪状況によってする場合があります。 注意事項 施設全体が木々に囲まれている為、テント内に虫が侵入する場合がございます。 夏から秋にかけて、特に7〜9月にはブヨ、9〜10月と4〜5月にはカメムシが多く発生します。 出来る限りの対策はしておりますが、全てを防ぐ事が困難です。 予めご理解のうえご宿泊をご検討くださいますようお願い致します。 ペットはデッキ上ではリードでつなぐかケージを使用しマナーベルトかトイレシートをご用意してください。 どうしてもペットとテントで寝たいという場合はレンタルのペット可のテント(4〜5人用)をお貸し出ししますので、そちらをご利用ください。 レンタルのペット可のテントはAサイト中央広場に設営をお願いします。 (テント横のウッドデッキ上も可)このテント内でもペットにはマナーベルトの着用をお願いします。 また、貸し出しのテントには内装がありませんので寝具等持込お願いします。 ティピーテントの家具・寝具を持ち込まないでください。 (ペットによる汚れ・破損が確認された場合は修繕費用を請求いたします。 ご了承下さい。 ) セルフスタイル 定 員 1〜4名 設 備 常設テントのみのご提供につき、電源コンセント・電池式小型ランタン・寝袋と寝袋マット人数分は有りますが他の内装は付属しておりません。 お客様自身でお持ち込みいただくか、レンタル品等をご利用いただくセルフスペースです。 ウッドデッキ上にはテーブルとイス2脚をご用意しております。 B B Q ウッドデッキ上ではガス式コンロのみ可能。 炭式コンロを使用の場合はウッドデッキ下の芝生の上でお楽しみください。 駐車場 Cキャンプ場内での駐車は出来ません。 P3駐車場(無料大型駐車場)にお願いします。 (荷物運搬で短時間(15〜30分程度)の車両乗り入れ可) 備 考 炊事場・水道はB キャンプ場のものをご利用いただけます。 焚き火、BBQ で出た残炭はBサイト内ファイヤーピット(キャンプファイヤをするスペース)に捨ててください。 設営期間 12 月14 日までですが積雪状況によってする場合があります。 注意事項 施設全体が木々に囲まれている為、テント内に虫が侵入する場合がございます。 夏から秋にかけて、特に7~9月にはブヨ、9~10月と4~5月にはカメムシが多く発生します。 出来る限りの対策はしておりますが、全てを防ぐ事が困難です。 予めご理解のうえご宿泊をご検討くださいますようお願い致します。 フリーキャンプスタイル 定 員 1~8名(5 名様から追加料金が発生します) 設 備 水道・炊事場がBキャンプ場内にございます。 B B Q キャンピングスペースのみのご提供となります。 駐車場 Bキャンプ場内での駐車は出来ません。 P3駐車場(無料大型駐車場)にお願いします。 (荷物運搬で短時間(15〜30分程度)の車両乗り入れ可) 備 考 焚火、BBQで出た残炭はBサイトファイヤーピット(キャンプファイヤをするスペース)に捨ててください。 設営期間 12月14日までですが積雪状況によってする場合があります。 注意事項 施設全体が木々に囲まれている為、テント内に虫が侵入する場合がございます。 夏から秋にかけて、特に7〜9月にはブヨ、9〜10月と4〜5月にはカメムシが多く発生します。 出来る限りの対策はしておりますが、全てを防ぐ事が困難です。 予めご理解のうえご宿泊をご検討くださいますようお願い致します。

次の

セレス キャンピング

キャンピングツリー

蒜山高原は、岡山県真庭市の蒜山地方にある高原で、西日本を代表するリゾート観光地です。 標高500~600mの高原では、サイクリング、キャンプ、乗馬、アウトドア、アミューズメント施設、宿泊施設などがあり、四季を通じて多くの観光客が訪れます。 今回は、春から夏休み、秋にも人気急上昇の「おしゃキャン」が出来る、蒜山高原キャンプ場のテント宿泊情報をご紹介します。 蒜山高原キャンプ場の常設テント利用で手ぶらお出掛け! 蒜山高原には、ホテル型、貸し別荘型、キャンプ場などのたくさんの宿泊施設があります。 キャンプでの宿泊を希望の方は、蒜山高原キャンプ場の常設テントプラン 「 手ぶらでキャンプ スタンダードinひるぜん」がおすすめです。 「2018年の場合」 区画数:5区画(泊数は1泊) 料金:おとな6,000円、小学生3,500円、幼児(4~6歳)2,500円、3歳以下無料 食事:夕食、朝食あり(夕食:ジンギスカン、朝食:休暇村西館バイキング) 宿泊可能期間:4月21日~11月3日(予約:宿泊日3日前の19時まで) 手軽にキャンプ気分が味わえますよ。 食材、キャンプ機材は準備済み、ガスコンロ、食器、鍋、ジンギスカン用鉄板、トング、やかん、ランタン、毛布などはセットされています。 温泉入浴も出来ますよ。 予約サイト: 住所:岡山県真庭市蒜山上福田 電話:0867-66-2501 蒜山高原のツリーテント利用申し込み方法 ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジでは、まるでUFOのようなツリーテント型の「 ツリーテントグランピングスタイル」が楽しめます。 常設テント:ツリーテント型2区画 据え置き型1区画 定員:大人4名まで(追加料金で上限大人6名まで)、小学生以下は2名で大人1名に換算 付属施設:電源、ソファーベッド、寝袋、マット、テーブル、照明、扇風機、アメニティなど。 その他:BBQスペースがあり、ガスコンロ無料貸し出し、購入食材のお届けサービスあり。 スポンサードリンク ツリーテントの宿泊施設ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ 名称:ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ 住所:岡山県真庭市蒜山下福田27-50 電話:0867-66-3959 塩釜キャンプ場の基本情報と地図詳細 敷地内には、日本の名水100選の「塩釜冷泉」があり、フリーキャンプ、常設テント、オートキャンプグランピング、ツリーテントなどが楽しめます。 ツリーテントグランピングは、国内で4カ所目、中四国地方では2018年に初登場しています。 キャンプ場には、宿泊者以外の日帰りの方も利用できるレストランがあります。 テント利用の方は、各テント付近でBBQスペースがあるので、食材セット(1人前3,240円)を総合インフォメーション・ショップで購入して食べることができます。 もちろん食材の持ち込みもOKです。 まとめ 蒜山高原のキャンプは、大自然の中で楽しむ貴重な体験になると思います。 手ぶらで行く常設テントや、個性的なツリーテントなどお好みのテントサイトで楽しんでください。

次の