マイル旅行券 増やし方。 【あつ森】マイル旅行券で行ける島と手に入る材料・離島でやれること

マイルで旅行するにはどれくらい使うの?ANAマイルで海外旅行へ行こう!

マイル旅行券 増やし方

支出が増えようが減ろうが、ただただひたすらにお得な方を選びたい!! という事であれば、 還元率的に考えれば マイルで特典航空券購入の方がお得になります。 ポイントであれば100万円使ってポイント還元率が1%として、1ポイントの価値が1円なら1万円分となります。 クレジットカードで 還元率1%は優秀だと言われています マイルの平均還元率はだいたい1. 4~5%になる事も全然有ります。 100万円使ってマイル還元率が1%としたら、1マイルの価値を少なく見積もって1. 5円と考えても 15000円分となります。 (ここでは年会費やマイル移行手数料などは考慮しずに話を進めます) 1マイルの価値がいくらなのかは状況によって変わります。 飛行機を利用する時期 どこにいくか?国内線なのか国際線なのか?発着場所によりけりですが、 国際線の方が1マイルの価値は高くなるのではないかと思います!! 座席のグレードは?利用できる人は中々少ないと思いますが、 ファーストクラスが一番マイルの価値が高くなるのではないかと思います!(最近必要マイル数が多くなってしまいましたが・・・・) あとは座席のグレードアップにマイルを充当するなども良い方法かと思います!(例:エコノミーの航空券料金で、ビジネスクラスの航空券を買う。 エコノミーとビジネスの差額をマイルで支払う!みたいなイメージです) 航空券の価格は時期によって変わります。 当然、価格が安い時にマイルを使えば1マイル辺りの価値は低くなりますし、航空券が高い時期に使えば1マイル当たりの価値は高くなってきます。 航空券価格が高い時期にマイルを使えれば 高還元率を実現できる事になります。 このようにマイルは状況や使い方で価値が変わってしまいます。 航空券が高い時期というのは旅行のハイシーズンの時(大型連休など)なので、マイルを使っての 座席の予約を取る事が難しかったりします。 マイル利用で予約できる座席数が限られている事や利用希望者が多過ぎて予約が取り辛いなど。。。 色々理由はあります。 特典航空券の席数を極力減らそうと考えるのが普通だと思います。 あまり利用者が居ない、空席がいっぱいある普通の時期に使ってもらうのが航空会社として理想です。 【マイルのメリット】 ポイントよりも還元率が高い。 1ポイントよりも1マイルの方が金銭的価値が基本的に高くなる。 【マイルのデメリット 】 有効期限が短い 希望の日時に座席の確保が確実に出来ない つまり、なかなか高還元率でマイルを使えない場合が多いと言えます -. - とは言っても最近ではネットで特典航空券の座席の予約が出来て、特典航空券の予約は搭乗日の 約1年前から予約が出来ますので、先手を打って早めに旅行の計画を立てて、座席を抑えておくのも手です! 休みが普通の人とは違って、 ハイシーズンじゃない時に飛行機を使う状況にあるような人、出張や仕事でよく飛行機を利用する人、普通の平日に飛行機を利用する事がある人、出来る人。 国内での移動時に飛行機をよく利用する人、などはかなりの高還元率を実現する事が出来ると思います。 それと、旅行時に航空券をマイルで確保できたとしても、ホテルの予約やその他の遊びの予約などを全部自分でやらなければならなかったりしますし、ホテルが正規料金だったり、やりたかった遊びがツアーだとセットで旅費に含まれていたのに自分で予約して正規料金を払わなければいけなかったりと、 逆にお金が掛かる可能性もあったりします。 ですが、お得な料金で簡単に予約できるアプリ 「一休. com」「じゃらん」「楽天トラベル」など利用すればホテルの宿泊だけのプランもたくさんあるので一度チェックするのがいいでしょう! 手間や労力を考えるとツアー料金で行ってたほうがメンドクサクなくて良かったなんて事もあるかもしれません。 マイルは還元率的には良いと思いますが、飛行機にタダで乗れたとしても、行った先でホテル代などが必要だったり、何かと消費する事になると思うので支出は増える事になります。 高還元のマイルは、使おうと思うと支出がセットになってきます。 後は・・・・ マイルには期限があります。 使う時は5000マイルから交換可能!などといった感じになりますので、もたもたしてると期限が切れてしまいます。 少ないマイル数で航空券が買える国内線でしたら5000マイルくらいですので、すぐに貯める事が出来ますが、海外旅行にマイルで行きたいと考えているなら結構まとまったマイルが必要となります! マイルのメリットを最大限に活用出来る人は? 個人的に思う所としては、マイルを貯めるとメリットを享受出来るな~と思う人は、 社長や個人事業主 休みが割と自由な人 クレジットカードで大きい金額を決済する人 出張や仕事で飛行機を多用するような人 に向いているのかな思います。 一般的な人は、総合的に考えて実はあまりメリットを享受する事が出来ないような気がします。 というか、目標マイル数を 有効期限内に貯める事が出来ない場合が多いように思います。 とはいえ、マイルの還元率は良いので様々な諸問題をクリアできるのであれば、絶対にお勧めです。 では諸問題をクリアするには? 計画を立ててマイルを貯める事です! 毎月いくらの支出があって、それらをクレジットカードで決済すると年間でどれだけのカード利用額になって、この利用額だと年間で何マイル貯まって、そのマイル数なら何処に行けるか!?と言うように詳細を決めておく事です!! あとは マイル期限が無いマイレージプログラムに参加する事です!! 有効期限が無ければ、クレジットカードを日々の支出の決済にさ使っていれば、いつか必ず目標マイル数に到達します! マイル有効期限が無いマイレージプログラムとは!? 正確に言うと期限が無いと言っても実際 は期限が 有りますが、実質的には無い!というようなマイレージプログラムが存在します。 あなたが日本国内でクレジットカードでマイルを貯めたいという事であれば、 有力なマイレージプログラムの航空会社は主に4社です! この4社以外にも航空会社は沢山ありマイルを貯める事が出来ますが、クレジットカードのマイル提携店などが少なかったりと日々の消費でマイルを貯める事が出来ず、いわゆる陸マイルを貯められる場面が少なすぎて効率が悪すぎます!ですので中々貯まりません!! 有力な4社であれば、身近な消費で陸マイルを稼ぐ場面が多く、飛行機搭乗マイル以外にも沢山マイルを貯める事が出来ます。 日本国内で効率的にマイルを貯める事が出来る航空会社4社とは? 4社のうちの2社は言わずと知れた日本の2強の航空会社です。 誰もが知っているかと思います!!! ANAと JALですね! そして残りの二つはアメリカの代表的な航空会社2社です。 デルタ航空と ユナイテッド航空。。 聞いた事くらいは有るかと思います! ANAとJALは日々の消費でマイルを稼ぐ場面が多くあり、 飛行機搭乗以外の陸マイルを貯め易くなっています。 計画的にマイルを貯めることと使うことが出来れば絶対におすすめします。 また、ANAやJALマイルは 有効期限が3年しかないので、海外旅行分のマイルを貯めるなら マイル有効期限のないデルタ航空のスカイマイルやユナイテッド航空のマイレージプラスで貯めましょう! 飛行機を利用頻度や国内・海外などの利用用途をしっかり決めたうえでどこのマイレージプログラムが自分に合っているかを考えて、家計の負担にならない年会費のクレジットカードを選ぶこともお忘れなく! 【ポイントを貯めるメリット】 クレジットカードを利用して貯めたポイントは交換先がnanacoのような電子マネーやTポイントなどの共通ポイントに交換して利用すれば現金と同じように使えます。 よって、どこまで行っても節約できることになります。 【今回の記事で言いたかった事のまとめ】 ポイントは 節約出来る!マイルは 支出が増える。 ポイント ポイントは実生活での支出を減らす為に使うパターンが多い。 ポイントは1ポイント分の価値をそのまま、普段の支出から節約が出来ると考える事が出来ます。 それによって支出が増えてしまう事は無いと考えられます。 マイル マイルは基本的に贅沢(旅行など)の為に貯めるパターンが多い。。。。。 マイルは還元率は高いが、高還元率の時期に使えない事が多い。 マイルは飛行機を乗る事によって他の支出が増える(旅行のホテル代など)。 ただ単に飛行機に乗って目的地に行って何もしずに帰って来る事は無いと思います。。 行った先で消費するので、高還元だけど支出も付いてくる。 なにも、ポイントか?マイルか?どちらか一方を選ばなければならない事もない!! ポイントも良く貯まって、さらにそのポイントの価値を出来るだけ落とさずにマイルに移行出来るようなクレジットカードを選べばどちらにもスイッチできます!一石二鳥てやつです! 例えばの楽天ポイントは、ポイントが良く貯まりポイント還元率は100円で 1~2%です。 1ポイントの価値は1円!!さらに楽天市場で楽天カード決済で買い物をすれば基本還元率は100円で2%となり2ポイント付与されます! 楽天ポイントは 2PでANA1マイルと交換ができますので100円あたりのマイル還元率は1マイルの価値を1. 5円と考えても1. ご自身のライフスタイルを見直して、どちらが自分に合うか考えてみてはいかがでしょうか?.

次の

【あつ森】離島ツアーの種類と行き方【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

マイル旅行券 増やし方

・タランチュラが無限湧きする• ・8,000ベルで売却可能。 ベル稼ぎに有用• ・サソリが無限湧きする• ・池も川もなく4隅に崖がある• ・6つの岩からはベルのみ獲得できる• ・サソリが無限湧きする• ・8,000ベルで売却可能。 ベル稼ぎに有用• ・中央島では金鉱石が8個とれる岩が存在• ・サメ系、マンボウなどのみ釣れる島• ・サメ系は売却額が高いのでベル稼ぎに有用• ・シーラカンスやリュウグウノツカイ出現• ・L、LL、LLLサイズの魚全てが出現• ・大魚はレア魚が多いのでおすすめ• ・レア花が咲いている場合もある• レア花島 交配花島• ・交配でのみ咲くレア色の花だけ咲いている• ・蝶・ガのみ出現• ・広葉樹 針葉樹 、ヤシの木だらけ• ・池や川はない• ・木に湧く虫だけが発生する• ・が捕まえやすい• ・缶、タイヤ、長靴などゴミが大量に釣れる• ・やトンボが出現しやすい• ・時期によってはタガメが大量発生• ・崖上のレア魚が狙いやすい。 まきエサ推奨• ・イトウなどが釣りやすい• ・島中に竹が生えている• ・たけのこを掘って入手可能• ・竹島と同じく崖や川がない• ・針葉樹だけor広葉樹だけの2パターン存在• ・自島に自生しない果物の木が生えている• ・高額で販売できるので持ち帰り推奨• ・島の中心にある岩を叩くとベルのみ出現• ・上部の陸から高跳び棒で真ん中に飛び移る• ・地形が中心に向かって螺旋になっている島• ・タランチュラ島を作ると捕まえやすい• ・高台が連なっていて3段目まで登られる• ・最頂上に岩が5つある• ・大きな池と高台• ・池限定の魚が釣りやすい• ・川が「C」の形状• ・タヌキ商店で販売している花が咲いている• ・タヌキ商店で販売している花が咲いている• 離島 特徴 ニシキゴイ島 ・ニシキゴイが大量に釣れる キンギョ島 ・キンギョが大量に釣れる ブラックバス島 ・ブラックバスが大量に釣れる カメばかり釣れる島 ・池からカメのみ釣れる 深海魚島 ・デメニギスなどレアな深海魚が釣れる ギンヤンマ島 ・ギンヤンマが大量に出現する ヨナグニサン島 ・ヨナグニサンが大量に出現する ジンメンカメムシ島 ・ジンメンカメムシが大量に出現する 複合島 二段の小さめの滝• ・交配限定のヒヤシンス• ・魚影大の魚のみ釣れる• ・人面カメムシ無限湧き 複合島 特定花と魚影特大• ・チューリップのみ咲いている• 過去他に他にあった島は消失している可能性が高く、現時点では全18島が存在しています。 アップデートで島の出現が変化 アップデートにより島の出現確率や存在そのものに変化がある可能性が高いです。 5月25日に100回以上離島に行きましたが、レア花島と2種類あった魚影大島の内1種を確認できなかったため、サイレント修正されているかもしれません。 時間帯や時期によって離島内容が異なる 離島に出現する魚と虫は、自分の島に出現する出現時期・時間帯と変わりません。 同じ島であったとしても季節と時間帯によって出現する魚と虫が異なるため、生物の出現確率に偏りが発生します。 また、離島で出現する魚や虫は、離島への 到着時間で固定されています。 昼間に離島について、深夜帯に出現する魚狙いで夜までいても、深夜帯に出現する魚は出現しませんでした。 建物で出入りリセットできない不具合だと思います。 出現時期・時間の確認 離島ツアーのレア島への行き方 タランチュラ島 出現時間 ・夜19時~4時 出現月 季節• ・北半球:11月~4月• ・南半球:5月~10月 特徴• ・タランチュラが無限湧きする• ・川に囲まれた浮島が中央に存在• ・浮島には岩が5つ存在 タランチュラ島は、タランチュラのみ出現する島です。 島の特徴として、岩が5つ存在している浮島が川に囲まれています。 離島に行く時間が夜19時~朝4時の限定かつ、限られた季節でしか行けない超レア島です。 サソリ島 出現時間 ・夜19時~4時 出現月 季節• ・北半球:5月~10月• ・南半球:11月~4月 特徴• ・サソリが無限湧き• ・サソリ島は2種類存在する サソリ島は、サソリのみ出現する島です。 タランチュラ島と同様、離島に行く時間が夜19時~朝4時の限定かつ、限られた季節でしか行けない超レア島です。 ・サソリが無限湧き• ・金鉱石が8個入手できる• ・中央に浮島がある サソリ島2• ・サソリが無限湧き• ・ベル岩が6個• ・島の周りが崖に囲まれている サソリ島は2種類存在し、金鉱石が確定で取れる岩が1つある島とベル岩が6個存在する島があります。 金鉱石を取るためには、 はしごと たかとびぼうが必須です。 サソリ島を狙って離島に行くときは必ず持っていきましょう。 交配色の花の島 出現時間 ・24時間 出現月 季節 ・1年中 特徴• ・交配限定のレア色の花が咲いている• ・蝶が出現しやすい 交配色の花の島は、交配限定で咲くレア色の花が咲いてる島です。 交配のみで出現する花が自生しているため、自分が持っていないレアな花を入手できるチャンスでしたが、アプデで消失した可能性があります。 背びれ島 出現時間 ・24時間 出現月 季節• ・北半球:6月~9月• ・南半球:12月~3月 特徴• ・サメ系、マンボウなどのみ釣れる島• ・サメ系は売却額が高いのでベル稼ぎに有用• ・季節・時間帯でサメのみしか出現しない 背びれ島は、背びれのついた魚影のマンボウ・サメ系しか出現しない島です。 出現時間は24時間ですが、北・南半球共に出現時期が4ヶ月しかありません。 サメのみ出現する月・時間帯が存在 背びれ島では、北半球の6月と南半球の12月か21:01~3:59以降の時間であればマンボウは出現しないため、サメ系だけを狙うのであれば月と時間帯を意識しましょう。 魚影大島 出現時間 ・24時間 出現月 季節 ・1年中 特徴• ・シーラカンスやリュウグウノツカイが出現• ・L、LL、LLLサイズの魚全てが出現• ・レア花が咲いている場合もある 魚影大の島では、魚影大以上の魚のみ釣れる島です。 24時間1年中行ける離島ですが、行く季節・時期によって釣りやすい魚が異なるため、釣れる魚に偏りが出る場合があります。 離島ツアーでできること 鉄鉱石など素材を効率良く入手 離島は鉄鉱石や木材などの素材が効率よく入手可能です。 中でも鉄鉱石は通常の島よりも出現確率が高いため、序盤のタヌキ商店建築に一役買います。 また、離島ではイベント限定アイテムも入手可能です。 4月上旬に開催されたイースターイベントにおいても限定素材を入手できたことから、今後開催されるイベントのアイテムも集められる仕様になる可能性が高いです。 離島でしか入手できないアイテムも存在 竹とヤシの実は、離島ツアーでしか入手できません。 特に竹は、DIYでも使用する素材なので、欲しい方は離島ツアーで積極的に狙いましょう。 果物を獲得して高額売却 離島ツアーでは、自分の島では採れないフルーツが入手できます。 自分の島で採れないフルーツは、通常の5倍の値段で売れるため、持ち帰って栽培しましょう。 また、ヤシの実も持って帰って育てる事が可能で、浜辺や地面を砂地にマイデザインすることで生やすことができます。 ヤシの実の売却値段は250ベルです。 虫や魚の図鑑埋め 離島は狭い土地に魚や虫が固まって出現するので、生き物を集めるのにも効率的です。 生物図鑑いち早く埋めたい方は、離島ツアーを利用しましょう。 離島では、数多くのレア魚を釣るチャンスがあるため、まきエサを持っていくことを推奨します。 まきエサは釣れる魚のレア度は変化しませんが、桟橋や崖上など、魚出現度が低い場所で使用すると、効率的に釣りを行えます。 住民を勧誘できる 離島では住民に話しかけて、自分の島に勧誘ができます。 離島で話しかけた住民は確定で島に呼ぶことが出来ます。 島の住民数が最大になっている 島の住民数が最大の時に、離島ツアーに行っても動物が出現しません。 他の島の住民に会いたい方は、島に売地がある状態で離島へ行きましょう。 キャンプサイト設置後 キャンプサイト設置後は、島の住民の最大人数が10人になります。 島の住民を9人以下にした状態で、たぬきちに話しかけて売り土地を出すと、離島ツアーで動物が出現するようになります。 家具を100%入手できる 竹島と果物のみの離島以外は、木を揺らすことで、必ず家具が落ちてくる木が存在します。 ハチが出現する木も1つ存在するため、むしアミを持ちながら家具を入手しましょう。 離島ガチャは確率的に厳しい マイル旅行券を使った運ゲーム 背ビレ島や交配産花などのレア島やを狙って、マイル旅行券を大量消費して何度も離島におでかけすることを、離島ガチャと呼びます。 ゴミ島やタガメ島などでマイル券が無駄になる 離島ツアーで出現する島々は、島ごとに出現確率が割り振られている可能性が高いです。 普通島にいきやすいのはもちろん、ハズレの島に行った際にマイル旅行券を無駄にしてしまうため、離島ガチャはあまりおすすめできません。 サソリ島は作れる 人気の高いサソリ島も低確率の出現です。 ただし、サソリ島は疑似的につくることが可能であり、効率的に捕まえやすい構造になっている うずまき島などで挑戦すれば、サソリに会うために島ガチャしなくてもすむようになります。 現在、 竹島でサソリが出ないとの報告を多数受けています。 7月3日のアップデートで竹島の サソリ出現率が大きく下がっている可能性があるため、竹島での疑似サソリ島の作成は控えたほうが良いかもしれません。 ハンミョウとフナムシが出現したら周りを走り逃がし、タガメはその都度捕まえて処理、オケラは穴を雑草で埋めましょう。 離島ツアーの行き方 タヌポートでマイル旅行券を交換 離島ツアーに出発するには、マイル旅行券が必要です。 マイル旅行券は、タヌポートで2,000マイルと交換できます。 飛行場受付から出発 マイル旅行券を所持している状態で飛行場受付にいくと、離島ツアーへ出発できます。 マイル旅行券をもっていないと選択肢が出現しないので注意しましょう。 住民を勧誘 離島ツアーに住民がいた場合は、話しかけることで勧誘できます。 好きな住民を見つけたら、積極的に話しかけましょう。 離島住民は、一定確率で出現します。 住民が離島にいない場合もある すでに住民が島に10人いる場合やストーリー進行が不十分な場合は、離島に住民は現れません。 新たな住民を探したい場合は、ストーリを十分に進めた上で島の住民を9人以下にしておきましょう。 離島ツアーに行く際の注意点 道具は忘れずに持参 離島に最低限持っていく道具一覧 行動が制限される道具 素材を集めるための上記の各種道具は忘れずに持っていきましょう。 釣り竿と虫あみがなければ、レア島にいっても無駄になることがあるのでご注意ください。 最低限の道具は離島で購入とDIY可能 あみとオノ、スコップとつりざおのショボイ系は離島に行った後もロドリーからマイルで購入できます。 また、離島にはDIY作業台も用意されているので、道具を忘れてしまった場合にも素材があれば作成可能です。 ポケット内を整理 離島へ出発すると、持ち物の整理ができません。 あらかじめ道具以外の不要なものは収納しておくなどして、ポケット内を整理しておかないと、離島で収集したものを持って帰れないので損します。 到着する島はランダム マイル旅行券を使った際に到着する離島はランダムで決まります。 離島は数多くの種類が存在するため、狙いの島を厳選して行くのは難しいです。

次の

マイルで旅行するにはどれくらい使うの?ANAマイルで海外旅行へ行こう!

マイル旅行券 増やし方

マイル本来の意味は、距離。 1マイル=1. 60934キロで、飛行機に乗った距離に応じてマイルが貯まっていったのがはじまりです。 マイレージプログラムと呼んでいるのは日本くらいで、世界では「フリークエントフライヤープログラム(Frequent flyer program)」と呼ばれるのが一般的。 たまにしか飛行機に乗らなくても貯めるべき たまにしか飛行機に乗らないから、マイルなんて貯まらないと思っている方! マイルを貯めずに飛行機に乗るのは損です! マイルは、 飛行機に乗るだけではなく、クレジットカードを利用したり、他のポイントと交換することでも貯まります。 むしろ、 飛行機に乗らずしてマイルを貯めて、特典航空券をゲットする「陸マイラー(おかまいらー・りくまいらー)」の方も多い! 飛行機にたまにしか乗らなくても、マイルを貯めるとビジネスクラスやファーストクラスにも無料で乗れる! マイルの貯め方・使い方の簡単な流れ マイル入門編ということで、まずはざっくりマイルの仕組みを見ていきます。 マイルもお店でよく見かける ポイントと同じ! 飛行機に乗ったり、 クレジットカードのポイントをマイルに交換することで マイルを貯めます。 貯めたマイルを「 特典航空券」と呼ばれる無料の航空券に交換したり、 ホテル宿泊や電子マネーに交換して利用します。 仕組みはとても簡単ですね。 じゃあ実際にどうすればいいのか、見ていきます。 ステップは5つ。 step 1マイレージプログラムを決める たくさんあるマイレージプログラムから、自分にあったプログラムを選びます。 一番大事なポイント!ここを間違えると貯まりません。 どのマイレージプログラムでマイルを貯めるのか? それが実際に 特典航空券をゲットできるか、できないかの大事な分かれ道。 詳しくは、次の「」で解説していますので、この記事を読んだ後に見て下さい! 1. 飛行機に乗ってマイルを貯める 2. 提携しているクレジットカードで貯める 1. 飛行機に乗ってマイルを貯める 王道の貯め方です。 たとえば、成田とニューヨーク間だと片道の飛行距離は6,700マイル。 とはいえ、 旅行で年に1往復くらいしか飛行機に乗らない人にとっては、これだけだとなかなか貯まらない〜というのが正直なところ。 提携しているクレジットカードで貯める マイルを貯めるなら、 クレジットカードで貯めるのが特典旅行獲得の早道! 実は、飛行機に乗らずしてマイルを貯めるほうが、マイルを貯めやすい! 日々の生活費をクレジットカード決済に集中させることで、どんどんマイルが貯まる! 難しくないですよね? もちろん、どのクレジットカードを選ぶのかは大事なポイントです。 180万円!と思うかもしれませんが、これまでの 現金払いをクレジットカードに変えたり、 効率のいいクレジットカードに集約するだけで意外と貯まります。 また、 クレジットカードの入会キャンペーンも見逃せません。 実際、年に数回しか旅行で飛行機に乗らないクマとミーコでも、夫婦でファーストクラスに乗れちゃいましたから! ANAマイレージクラブ(全日空)のマイルが貯まるクレジットカードのおすすめは「」へ。 JALマイレージバンク(日本航空)のマイルが貯まるクレジットカードのおすすめは「」へ。 国内線の特典航空券と交換する• 国際線の特典航空券と交換する• 特典航空券以外 航空会社によって必要なマイル数は異なるので、ここではANAマイレージクラブ(全日空)を例にしてみていきます。 1万マイル以上貯めると何かしらに交換できるようになります。 国内線の特典航空券 一番手頃な交換先が 国内線の特典航空券。 国内線の特典航空券(無料航空券)に必要なマイルは、往復で「10,000マイル〜23,000マイル」。 東京ー沖縄間なら通常期18,000マイルあれば交換できます。 意外に料金の高い国内線。 18,000マイルならあっという間に貯めることができるので、 マイルを貯めて毎年無料で沖縄旅行もいいですね。 国際線の特典航空券 多くの方が憧れるのが、 国際線の特典航空券。 庶民にとって ビジネスクラスやファーストクラスなんて憧れるだけの対象。。。 だってビジネスクラスでパリに行ったら1人50万円! ファーストクラスにいたっては1人100万円! それに無料で乗れるなんて格別ですよ! 国際線も距離に応じて必要なマイル数は異なります。 一例としてANAマイレージクラブの必要マイル数は、このような感じです。 行き先 エコノミー ビジネス ファースト ソウル 15,000マイル 30,000マイル 50,000マイル グアム 20,000マイル 40,000マイル 60,000マイル バンコク 35,000マイル 60,000マイル 80,000マイル ハワイ 40,000マイル 65,000マイル 90,000マイル ロサンゼルス 50,000マイル 80,000マイル 110,000マイル パリ 55,000マイル 85,000マイル 120,000マイル 人気の観光地ハワイなら、エコノミークラスで40,000マイル、ビジネスクラスなら65,000マイルあれば交換できます。 航空券以外にも交換できる マイルは、特典航空券以外にも、座席のアップグレード、ホテルの宿泊や、電子マネーなどにも交換できます。 お得度は特典航空券が1番高いので、旅行に行けるなら、特典航空券に交換するのがおすすめです。

次の