友達いない 男。 彼氏もいいけど、最高の「男友達」をつくるべき14の理由

同性の友達がいない男性について

友達いない 男

<目次>• 異性の友達がいることの楽しさ 異性の友達と過ごす時間は、「同性の友達とは違う面白さ」があるものです。 人と人との組み合わせによって、その楽しさは変わってきますが、男友達を持つ多くの女性が感じている面白さは、下記と言えるでしょう。 (1)男としての意見が聞けるので、参考になる。 1つずつ、紹介していきます。 (1)男としての意見が聞けるので、参考になる。 やはり男性と女性では、考え方や価値観に違いがあることも多いもの。 幼いころから、男の子と女の子では教わることが違うことも多いですし、シンプルに体の構造が違うから、それに伴う思想が変わってくるところもあるでしょう。 だからこそ、男としての意見を率直に教えてくれる友達は、自分の思想の幅を広げるために重要な存在となります。 これが恋人となると、「さすがにここまでは、女性に男の本音は言えない」ということも出てきます。 でも、友達なら言ってくれるところもありますしね。 なんだかんだ言って、「自分が女性であることを実感できる」ことは、女性にとって幸せの瞬間でもあります。 性別が違うことを意識し過ぎると、逆に「同性と同じようにしよう」なんて考えがちですが、そんなことは所詮、ムリなことなのです。 性別に限らず、年齢が違っても、相手への応対が変わってくるのは当然のこと。 性別の違いばかりにこだわっても仕方がありません。 逆にその違いも楽しめるくらいでないと、男女の友情を維持するのは難しいと言えるでしょう。 異性の友達を持つと、楽しいことがあるのだとしても、現実的には「男女の友情を維持する」のは難しいところもあります。 異性と「友達でいられるための秘訣」とは何でしょうか? 男友達と友達でいられるための秘訣 依存しない関係でいることは大切! 男性と女性が友達関係を維持するのは、意外と難しいものです。 場合によっては、男性と友達になりたくても、相手には異性としてしか見てもらえなかったり、気の緩んだ瞬間に一線を越えてしまって友達にも戻れなくなってしまったり……なんてこともあるでしょう。 「男性と友達でいられるための秘訣」は何でしょうか? 6つのポイントを紹介します。 1:お互いに「男と女の友情は成立する」という価値観を持っている お互いに「男と女の友情は成立するものだ」という価値観を持っていないと、男女の友達関係は成立しません。 まずは自分がそう思える人であることは前提で、同じような感覚の異性と出会わないと、友達になるのは難しいでしょう。 いくら自分が友達になりたくても、相手がそういった価値観を持っていなければ、変えることは難しいですしね。 また、男性の方がまだ若く、血気盛んで、「女性であれば、誰とでもHしたい」くらいに性欲を持て余しているときは、友情を維持するのは難しいこともあります。 2:お互いに相手に対して恋愛感情はない どちらかに恋愛感情があれば、それは「友達関係」ではなく、「片思い」です。 そんな切ない関係を維持し続けると、精神的にも大変なので、「付き合う」か「距離を空けるのか」のどちらかを選んだ方がいいこともあるでしょう。 ただし、これは原則的に、という話でもあります。 「どちらか一方が相手を求め、求められた方がその思いに応えられない状態」というのが、お互いに精神的な苦痛を感じさせ、関係を壊すからです。 でも、そこまでメンタルが強くて、大きな愛を抱ける人は、それほど多くはないので、基本は避けた方がいいし、友達になるにしても、一時期、会わない時間を空けて、気持ちをクールダウンさせてからにした方がいいでしょう。 3:会わなくても平気な間柄である これは特に、女性側にとって重要なことかもしれません。 男女の友情を保つためには、「自立していること」が重要です。 相手に依存をしたり、足りないものを一方的に補ってもらおうとしたりする関係では、いい友情は築けないのです。 基本、男女の友情では、男と女の違いがあれども、お互いに「フェアな関係だ」と感じられていることが大切なのです。 また、どちらか、もしくは両方にパートナーがいるのに、異性の友達の方を優先するのは避けた方がいいでしょう。 本来、自分と一番心が近い存在はパートナーであるべきですし、そうでなければ、パートナーだって面白くないでしょう。 お互いにパートナーの方を優先しても、ヤキモチなんて焼かずに、「そりゃ、当然でしょう!」と思えるくらいの間柄と距離感であることは大切ですよ。 4:距離感を保っている 先ほど、「相手が異性なのに、同性と同じように付き合うのは不自然なこと」だとお伝えしたように、 相手が異性であればなおさら、「物理的な距離を保つ」というのは重要なことです。 若い頃は特に、その気はないのに、性欲だけが独り歩きしてしまうこともあるかもしれないですしね。 もし、相手が「友達」だと言っておきながら、肩を組んできたり、やたらボディータッチをしてきたりする場合は、ご注意!「友達だと思わせて安心させておきながら、あわよくば…」と思っていることもあるからです。 毎日、LINEでお互いの状況を報告し合うような関係では、心の距離が近すぎます。 お互いに友達関係を維持しようと思うからこそ、むしろ近づきすぎずに「物理的にも精神的にも、距離を保つこと」に気を付けるもの。 一緒にいて楽しいことはもちろんのこと、話すことで何か発見があったり、刺激し合えたりする相手だからこそ、忙しくても時間を作って会いたいと思えるのです。 もし異性の友達を作りたいときは、色々なものを吸収して、前回、会った時よりも少しでも成長している自分でいることは、大切なことですよ。 それは男性も同じです。 男性を都合よく扱っていたり、浮気や二股をしているような女性だったら、同じ男として許せなくなるところもあるものです。 また、これに繋がることと言えば、「男尊女卑」の価値観を持っている男性とは、女性は友達にはなりたくありません。 男友達と友達でいられるためには、精神的に大人になることが大事! ここまで、「異性の友達がいることの楽しさ」と「友達でいられるための秘訣」について紹介しました。 個人的な感覚で言うと、男と女の友情では特に「自立しないで、相手に依存してしまうこと」「友達としての距離を保てない」ことで、壊れていくことが多いように思えます。 これは、お互いが精神的に大人にならないとできないことなので、意外とハードルは高いのです。 また、相手が異性であろうが同性であろうが、月日によって人は変わっていくからこそ、時に気が合わなくなることもあるので、単純に友達関係を維持しつづけることというのは、意外と難しいことでもあります。 だから、「異性と友達でい続ける」というのは、言葉で言うほど、簡単なことでもないかもしれません。 また、人との出会いに最終的に必要なものは、「ご縁」です。 「異性の友達を作ろう!」と思ったところで、簡単にできるわけでもありません。 また、相手に「今日から友達ね!」と言ったところで、本当に心から友達になれているか、というとそんなことはなく、長い月日をかけるからこそ、より友達関係が確立してくることもあります。 またこの6つのポイントは、異性の友達に限らず、「同性の友達との関係を維持する」ときにも大切な要素が詰まっています。 特に同性同士の場合は、距離が近すぎると、お互いを比べ合って嫉妬してしまい、関係が壊れていくことは多々あるものですしね。 友達は、自分の人生を豊かにしてくれる大切な存在です。 今回の6つのポイントを、いい人間関係を築くための参考にしてみてくださいね。 [関連記事]• [お知らせ] ・が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読! ・HAPPYになりたい女性に向けた恋愛&幸せ情報サイトを配信中! ・ 隔週金曜・23時に更新! ・今回のコラムをさらに掘り下げて解説!を毎日更新中!.

次の

女友達がいない男の致命的な理由3つ!

友達いない 男

同性の友達がいない男の特徴1つ目は、自己中心的な男です。 幼いころ、いきなりワーっと泣き出して、集団の遊びを台無しにしてしまう子いましたね。 大人になってもいるもので、合コンの女性メンバーが気に入らないとあからさまに不機嫌になったり、山歩きをしている途中で「疲れた!」を連発したりします。 人の話を聞かないという特徴がありますが、子供のころ大人に囲まれていると、常に話を聞いてもらう側だった可能性が高いです。 いわゆる生まれっぱなしの、子供が体だけ大きくなったような大人です。 ここまでわかりやすいのは、むしろ裏表がなくて人が好いのですが、いつも社会性のない子供のお守をする方はたまりません。 魅力的な男性であれば、人の話を聞かない自己中心的な男だと思っても、女性はおおめに見てくれます。 恋愛感情を持たない同性はフェアに見ますから、つまらないので、誘われなくなります。 「ドラえもん」の出木杉君は、あまり読者に人気がありませんよね?容姿端麗で秀才でスポーツ万能、性格も紳士で非の打ちどころがありません。 けれどもみんなに愛されるのは、欠点の多いのび太君です。 欠点・隙が見当たらないと、落ち着かないものです。 友達というものはレベルが釣り合っています。 同じくらいの価値のもの同士が交換可能というのに似ているのです。 千円のTシャツと千円のアクセサリーは即交換です。 けれども千円のTシャツと1万円のスカーフは交換できません。 千円のTシャツを持っている方がたくさんおまけをつけないと交換が成り立たないのです。 社会的な生き物である男同士では、レベルの釣り合わない対等の友人は考えにくいです。 一見不釣り合いでも、ミックストータル得点で釣り合っています。 本当に不釣り合いの場合、低いほうが無理をしてつらくなります。 彼が悪いわけではないと思いつつ、居心地が悪ければ疎遠になります。 優れた男はえてして孤独です。

次の

女友達がいない男の致命的な理由3つ!

友達いない 男

大人になってから、 友達は必要ないと考えるようになった。 「友達がいない」と悩む人もいるだろうけど、僕にそんな悩みはない。 むしろ、 いないほうがいい。 大人になってからの、友人関係について考えた。 友達は必要か まず、大前提としての僕の考えを。 大人になってから友達なんて必要ない。 僕には友達がいない。 いないし、必要としてないため、新たな友人関係が築かれることもない。 ただし、何てことない話も真面目な話もでき、さらに、娯楽を共にする人は必要。 こんなことをできる人がいないと、 孤独である。 僕の考えは、これらを共にする人が、友達である必要はないということ。 この関係が友達であるという人は、それはそれでいい。 僕は大人になってから、家族、恋人、親戚…この繋がりをより大切にするようになった。 友達は必要としなくなった。 友達が必要な時期 友達は必要ないのは、大人になってからの話。 幼少期から大学生までの時期には、友達は必要。 子どもの頃に、友達がいないと、人間関係で躓くこともある。 僕の周りで、思春期に友達がいなかったり恋愛をしてない人は、何かと クセが強かった。 とは言っても、 学校で一緒にいるくらいの距離感の友達だけで十分。 幼稚園児や小学生だと寂しい気もするが、高校生以上にもなれば、浅く付き合うのがベスト。 大学生にもなれば、講義を一緒に受ける友達がいればいい。 寂しさを感じれば、友達より恋人をつくるべき。 大学卒業後の友人関係 大学を卒業して、2、3年もすれば、 友達とは疎遠になっていく。 最初の1年くらいは、遊びに行ったり飲みに行ったりするんです。 大人になれば、皆それぞれ仕事もあれば、自分の家族を持つ人も増えてくる。 学生のときより、両親との交流も増えると思います。 だんだんと、 友達が必要なくなってくるんです。 大人になってから友達って必要? 一般的は考えとしては、大人になってからも友達は必要なのだろう。 男同士でしか話せないこともあるなんてことも聞く。 どちらかというと、女性のほうが大人になってからも、友達は必要なのかな。 それこそ、女性同士でしか話せないことがあったり。 お洒落を楽しんだり、旅行に行ったり。 余程、ファッション好きの彼氏じゃないと、一緒にファッションは楽しめないだろうし、彼氏と行く旅行と女友達と行く旅行は全く違うはず。 しかし、お母さんと仲が良ければ、 事は済んでしまいそうだけど。 家族や恋人が、友達の役割をも果たしてくれる。 しかし、 友達には家族や恋人の役割を果たせない。 今の僕に友達は必要ない 僕自身、今この時どういう場面で友達が必要かと、自分に問いかけたが、 何一つ思い浮かばない。 中学時代の友人を思い出して、「いいやつだったなー」とか「一緒にゲームしたの楽しかったなー」とか。 会ってみたいなとは思っても、友達として必要かといわれればそうではない。 最近の友人との交流は過去5年間くらいで 一回しかない。 中学時代の友達が遠くへ引っ越すための、送別会。 パッと思い出せるのは、これくらいしかない。 今現在、連絡を取ったり、遊ぶ友達はいないに等しい。 今の人間関係に満足してるから、友達がいないことを恥じに思うこともない。 「俺って友達いないんだな」なんて思うことはあるけど(笑) 最後に 友達なんて必要ない。 とても寂しい考え方です。 僕がこの考えを持つようになったのには、訳がある。 それについては、過去の記事をご参照ください。 でも、本当に必要ないと思えるんです。 それは、他との人間関係が充実してるから。 誰とも一言も言葉を交わさないで一日を終えるなんて考えられない。 家族でも恋人でも、心が通じ合えるような人がいれば、友達なんていらない。 それが友達である人には、友達は必要です。 スポンサーリンク.

次の