札幌 大学 サッカー 部。 札幌大学サッカー部

男子サッカー部 | 札幌大谷大学・札幌大谷大学短期大学部

札幌 大学 サッカー 部

札幌大学 サッカー部 「北海道のサッカー王国を札幌大学に作ろう」を合言葉に、1967年札幌大学開学と共に創部し、2017年に50周年を迎えました。 この間、全国大学選手権(インカレ)出場回数41は現在も全国トップ。 道内では圧倒的な勝率を誇り、全国大会での戦績では1976年のベスト4を最高にベスト8が9回。 総理大臣杯全国大会では1980年にベスト4天皇杯の本大会では1978年に(日本リーグ・現Jリーグ、2チームを撃破)ベスト8の成績をあげました。 1986年、全国大学選手権(インカレ)では、「札大旋風」を巻起こしました。 その後の約30年間、全国大会出場を経験しながら、黄金期の戦績を越えるべく前進を続けてきました。 自主性をもち誇り高いチームづくりを目指しています。 チーム名称 札幌大学サッカー部 創部 1967年 クラブ理念 サッカーを通して自立した個となり、勝利を唯一の目的とせず、仲間と協力し、社会で必要とされる人間となる。 ポリシー 勝利を唯一の目標とせず、全国制覇に向かって「挑戦、協力、創意工夫、成長」し社会生活を生き抜く力も身に付けていく。 部員数 107名(4年・31名/3年・21名/2年・21名/1年・33名/マネージャー・1名) 目的 北海道を代表するクラブであり続けること。 社会貢献できる自立した人間を育てること。

次の

旭川大学サッカー部

札幌 大学 サッカー 部

札幌大学 サッカー部 「北海道のサッカー王国を札幌大学に作ろう」を合言葉に、1967年札幌大学開学と共に創部し、2017年に50周年を迎えました。 この間、全国大学選手権(インカレ)出場回数41は現在も全国トップ。 道内では圧倒的な勝率を誇り、全国大会での戦績では1976年のベスト4を最高にベスト8が9回。 総理大臣杯全国大会では1980年にベスト4天皇杯の本大会では1978年に(日本リーグ・現Jリーグ、2チームを撃破)ベスト8の成績をあげました。 1986年、全国大学選手権(インカレ)では、「札大旋風」を巻起こしました。 その後の約30年間、全国大会出場を経験しながら、黄金期の戦績を越えるべく前進を続けてきました。 自主性をもち誇り高いチームづくりを目指しています。 チーム名称 札幌大学サッカー部 創部 1967年 クラブ理念 サッカーを通して自立した個となり、勝利を唯一の目的とせず、仲間と協力し、社会で必要とされる人間となる。 ポリシー 勝利を唯一の目標とせず、全国制覇に向かって「挑戦、協力、創意工夫、成長」し社会生活を生き抜く力も身に付けていく。 部員数 107名(4年・31名/3年・21名/2年・21名/1年・33名/マネージャー・1名) 目的 北海道を代表するクラブであり続けること。 社会貢献できる自立した人間を育てること。

次の

札幌大学 サッカー部|札幌大学/札幌大学女子短期大学部

札幌 大学 サッカー 部

札幌大谷男子サッカー部は、男女共学と共に強化クラブとして2009年4月に発足しました。 初年度は部員11名マネージャー2名でスタートし公式戦では全く勝つことができない苦しい1年を過ごしました。 しかし、2年後の2011年度は、部員も増え少しずつ勝利を重ね「札幌プリンス(32チーム)」「U-16札幌リーグ(16チーム)」において2部から1部リーグへ昇格、選手権札幌予選では最後の代表決定戦へ進出し、あと1勝で全道大会というところまで進むことができました。 個人としても、国体へつながるU-16札幌トレセンに選出される選手も出ており、チームとしても個人としても成長の跡がみられています。 3年目は、全道大会・全国大会出場を現実的な目標と定め、日々の練習・試合から意識と質にこだわり「北海道No. 1」から「日本No. 1」となる個人集団、チームを目指しました。 その結果、2012年度に全国大会初出場。 さらに2013年では「全国高校サッカー選手権」に初出場しました。 将来は、U-18年代でのNo. 1のチーム、プロで活躍できる選手を輩出する高校サッカー部でありたいと考えています。 サッカーを心から愛するサッカー小僧たちが求めることは「チームの勝利」と共に、「サッカーがうまくなること」「人間として成長すること」により、幼い頃から持ち続ける「日本代表選手になりたい」「海外でプロとして活躍したい」「好きなサッカーを完全燃焼したい」という夢や希望をかなえる環境だと思います。 田部監督自身、8年間プロの育成コーチ(FC東京)としての経験から、この年代において必要なことはチームとして強くなるだけでなく、個人としていかに成長できるかであり、その成果が一人ひとりの夢をかなえ、チーム力を高め、卒業後のステージへとつながっていくと考えています。 したがって、サッカーに限らず日々の生活から「個人がうまくなること・成長すること」を念頭に置き、そのバックボーンとなる人間力Upを意識し、成功のサイクルを習慣化できるよう選手には求めています。 「8月6日から9日、この夏2回目の強化合宿を中札内で行いました。 1年生中心のメンバーながらも、道内強豪である、室蘭大谷・帯広北とも互角の戦いを演じ、確実に力をつけ、これからが楽しみなチームになってきています。 1日2試合とハードなスケジュールではありましたが、一日中芝生の中で思う存分サッカーを満喫し、一人ひとりが心身共に成長を実感した日々となりました。

次の