もう 一 つ お願い が あります 英語。 ビジネス英語で「お願いがあります」のメール表現を覚えて英語で交渉しよう!

いい感じのビジネス英語(11):英文メールで「お願い」するとき憶えておくべき単語2つ

もう 一 つ お願い が あります 英語

」 「I have a favor to ask. 」は「お願いしたいことがある」という少しストレートな言い方で、ニュアンス的に「ちょっとやってよ」というお願いを聞いてくれることが前提のような感じです。 失礼ではないのですが、基本的に親しい関係の人に使うのがいいでしょう。 また、 「favor(フェイヴァー)」は、「親切な行為・善意」などの意味がある名詞です。 「Do you mind ~ing? 」 「mind(マインド)」は「~を気にする」という動詞で、その後の動名詞(ing)で「~をすることを気にしますか?」=「~をしてもらえないですか?」とお願いをする時に使います。 下記が例文です。 Do you mind staying here for a while? (少しの間ここにいてもらえますか?• Do you mind finding my favorite book? (私が好きな本を探してもらえないですか? 「Could you do me a favor? 」 「Coudl you do me a favor? 」は、上記のフレーズより丁寧な言い方になります。 カジュアルでもビジネスでも使える言い方です。 「Could you ~? 」の文章は、「~して頂けますでしょうか?」とお伺いをたてる言い方で、頻繁に使われます。 初心者の方で、どの場面でどの言い方がいいのかわからない場合は、「Could you do me a favor? 」を使うのをおすすめします。 また、同じような意味合いで、「Can I ask you a favor? 」もあります。 「I wonder if you could ~. 」 やってもらいたいことをすでに表現することに使う丁寧な言い方でもあります。 これもビジネスの場面でも使います。 「wonder」は「~かしら」という場面で使う動詞です。 下記が例文で「could」の後ろに文章を作ります。 I wonder if you could give me a hand. (ちょっと手伝ってほしいことがあるのですが)• I wonder if you could drive me to the airport. 」、「I was just wondering if you could ~. 」などの文章でも同様です。 」 これは友達同士で、「本当にお願い!」という時にスラング的に使う表現です。 」と付け加えることで更に強調します。 映画やドラマなどでも使われているので覚えておきましょう! 2.丁寧・ビジネス(メール)での「お願いがあります」の英語フレーズ さて、先ほどの「Could you do me a favor? 」や「I wonder if you could ~. 」のフレーズは十分はビジネスでの口頭、メールでも使えるので覚えておきましょう。 また、丁寧にお願い事を依頼する時は、『』の記事でも書いてある通り、次のようなフレーズを使います。 これが基本となります。 「Would you ~? 」を丁寧にすると「Would you mind ~? 」となります。 「Could you ~? 」 「appreciate(アプリーシエイト・感謝します)」という丁寧な単語を使って、「~していただけると大変感謝致します」という文になります。 ビジネスメールでも頻繁に使われる表現です。 また、目上の人に使うのに最適です。 下記が例文です。 「could」や「would」を基本的に使います。 I appreciate it if you could do me a faover. (お願い事があるのですが聞いていただけたら感謝致します)• I really appreciate it if you would go there with me. 「Would it be possible to ~? 」 「possible(ポッシブル)」は「可能な」という形容詞で、直訳すると「~していただくことは可能でしょうか?」となります。 ビジネスで使える表現で、日本人があまり使わないフレーズなので使えるとクールです! 下記が例文です。 Would it be possible to make a payment within a month? (1ヶ月以内にお支払いして頂くことは可能でしょうか?)• Would it be possible to meet us next Monday? 次のフレーズも触れておきましょう!• 」などがあります。 一つお願いがあります:I have one favor to ask. 意味的には「I have a favor to ask」と同じですが、「一つ」と強調するには数字(one)で表現しましょう!• もう一つお願いがあります:I have one more favor to ask. 」などもカジュアルに聞ける言い方です。 丁寧に「Could you do me one more favor? 」でもいいです。 ちょっとお願いしたいことがあるのですが:I have something I would like to ask. 」などとなります。 まとめ:お願い事をする時の「Please」は失礼!? お願い事がある時は、どうしても「please(プリーズ)」を日本人の多くが使いたがりますが、相手が聞き入れてくれるかどうかが分からない時は「命令口調」に聞こえます。 「~してください」という意味なので、とても上から目線に聞こえる場合があるので注意が必要です。 使って悪いことはありませんが、余り使いすぎるのはよくありません。 丁寧にお願いしているつもりでも、相手に対して失礼になる場合があるのことは覚えておきましょう! 「please」をよく使う場面は、「Could you please ~? 」など、丁寧な文章の中で更にお願いを強調する時でので、その点も押させておきましょう。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

「もう一つお願いがあります」に関連した英語例文の一覧と使い方

もう 一 つ お願い が あります 英語

Contents• 場面別、聞き返し方 声の音量 もう少し大きな声でお願いします。 Could you speak up please? 話すスピード もう少しゆっくり話して頂けますか。 Could you speak little slower please? 電話口でもう一度お願いします 電話とゆうだけで緊張しているのに、 相手がなんて言ったのか何度も聞き返してしまったらどうしよう。 もう一度お願いしますの違う言い方がわかんない!多くの人が抱える、英語での電話の会話。 顔の表情から相手の言いたいことを読み取ったり、読み取ってもらえない電話だけに、聞き返し方もしっかり覚えておきましょう。 聞き取りづらい時 声が(あまりよく)聞こえません。 ごめんなさい あなたの声が殆ど聞こえません。 あなたの声が聞き取りづらいです。 Do you want me to call you back? 電波が悪いですね。 The reception is bad. 雑音が多いようですね。 There is a lot of noise. スポンサーリンク 場面別、もう一度お願いします。 なんて言ったんですか?もう一度言って下さい。 にあたる表現です。 毎日使います! カジュアルなものから、段々ビジネス向きへとなります。 なんだって? これは、ビジネスシーンではカジュアルすぎることが多いかもしれません。 ビジネスシーンでも、同僚同士、上司の立場からなら多く使います。 お客さんにはカジュアルすぎます。 What was that? What was that again? 主に男性が使います。 女性が使うと少々荒っぽいイメージ。 夫婦間では問題ないカジュアル度と言えます。 え?何ですか? もう一度お願いします。 まで、きちんと聞き返すわけではありませんが、どちらかと言うと、 カジュアル場面で使う、毎日のいろいろな場面で使うのは・・・ Pardon? Sorry? Say that again? What did you say? ニュアンス的には、「え?」「なんて?」「もう一回言って」「なんて言ったの?」という感じです。 注意点・同僚、友達、他人、どんな関係性にも使えると言えます。 なんて言ったんですか? 英語のニュアンスの違いを日本語訳で表現するのは、伝わりそうであまり伝わってないかもしれませんね(汗)文字で読むとカジュアル度は低くなりますが、ふざけて、嫌味を含んで親しい間柄でも使われる言い方。 カジュアルな間柄で使ってももちろん問題はありません。 Excuse me? Could you say that again? Can you repeat what you just said? 部分的に聞き取れなかった場合 これはかなり使えます。 相手がいったことを全部聞き取れなかったわけではない場合、部分的にわからなかったと伝えることができます。 ニュアンスは二通りある 日本語で想像してみて下さい。 「きのう競艇でA子にばったり会ってさ〜」と誰かに言われ、「どこで会ったって?」と聞き返すシチュエーションがあったとします。 「 どこで会ったって?」と聞く場合、本当に 「競艇」が聞き取れなかった場合と、「 競艇」なんか行ったの?というニュアンスを出す為に部分的に聞き返す場合があります。 そのどちらの場合にも使えるのがこちら。 You ran into her WHERE? 誰が何をしたかと言うことはわかっていて、「どこで」だけ聞こえなかった!ということを相手に伝えることができます。 ポイント・You meet her where? ですと、会うつもりで会ったと言うイメージ。 ばったり会った場合は、meetではなく run into 人 が、自然です。 それではクイズ。 「うちの兄ちゃん1月に結婚したのに、来月子供産まれるんだよね」 いつお兄ちゃんが結婚したのかを聞き返してみて下さい。 できましたか? My brother got married in January, but they are expecting a baby next month! に対しての回答。。。 Your brother got married WHEN? では仮に、あなたが友人のお兄ちゃんのことを片思いしていたとして、 誰が結婚したって?を聞いて下さい。 ヒント:必ずしも、語尾に聞きたいことを持って来なくてはいけないわけではありません。 WHO got married?! 明らかに相手のいい間違いを聞き返す まずは日本語でどのように反応するか想像してみて下さい。 友人があなたにこう言ったとします。 「ここだけの話なんだけど、うちの兄ちゃん妊娠してさ〜」 どこを突っ込みますか? 「誰が妊娠したって?」か、「姉ちゃんでしょ?」って聞き返しませんか? 自然な流れで考えれば、 もう一度言って下さい。 とは言いませんよね?日本語的に面白さを求めるなら言うかもしれませんが、より自然なシチュエーションを考えて下さい。 誰かがあなたにこのように話をふってきたら、 Between you and me, my brother is pregnant! ここだけの話なんだけど、うちの兄ちゃん妊娠してさ〜。 と、相手が明らかにいい間違いをしているであろうときは、このように聞き返せます。 Did you mean YOUR SISTER? 姉ちゃんがって言いたかった? もしくは、 Did you say your brother is pregnant? 今、兄ちゃんが妊娠したって言った? または、 WHO got pregnant? 誰が妊娠したって? となります。 まとめ 英語での聞き返しの技を習得することは、自分の英語レベルの階段を一歩上がることだと私は認識しています。 より自然な会話力を目指して、1つ1つ習得していきましょう!.

次の

相手の英語がわからなかったら?「もう一度お願いします」をフォーマル&カジュアルに言ってみよう

もう 一 つ お願い が あります 英語

英語をはなしていて焦らされるのが、相手の英語が聞き取れないときです。 相手の話すスピードが早すぎたり、単語が難しかったりすると、どうしても理解できないことってありますよね。 「もう一度言ってもらえませんか」とお願いしたいところですが、相手に失礼に思われないかと心配になることもあります。 どうすれば、印象を悪くせずに聞き返せるのでしょうか? 今回は、相手の英語を聞き返す方法を場面別にご紹介します。 Would you mind repeating yourself? 」と言います。 直訳すれば、「すみません。 あなたがいま言ったことを、もう一度繰り返してもらってもいいですか?」という意味です。 Would you mind repeating yourself? 」「What? 」のような言い方でも問題ありません。 (明日の朝にここに来たんです) B: Sorry? (えっ?) A: Oh, yesterday morning. (どこに跳んでいくの?) B: Huh? (へ?) A: Live! Where do you live? (俺のレポート終わった?) B: What? Yours? (あ? お前の?) A: No, yours. What you said yesterday. (違う、お前の。 昨日言ってたやつ) 皮肉っぽく聞き返すときは ちなみに、教科書にのっている「I beg your pardon? 」は、少していねいすぎる表現です。 皮肉っぽく「もう一回言ってみろ」のようなニュアンスで伝わる場合があります。 (お前の彼女可愛くない?) B: I beg your pardon? (おい、そういう意味じゃないよ!) 「もう少しゆっくり話してもらえませんか」を英語で言うと 相手の話すピードが速すぎてついていけない場合は、「もう少しゆっくりお願いします」と頼みましょう。 その場合は、「Would you mind speaking a little slowly? 」「Could you slow down a little bit? 」というフレーズがおススメです。 Hotels are good, scenery is also nice, blah blah blah. (アメリカ旅行は最高だよ!ホテルもいいし、景色もきれいだし、ベラベラベラベラ……) B: Would you mind speaking a little slowly? Immigration, instability of employment, blah blah blah. (グローバル化は何を引き起こすと思いますか?移住、不安定雇用、ベラベラベラベラ……) B: Could you slow down a little bit? (すいません、ちょっとゆっくり話していただけますか?) また、友達同士なら「Slow down a bit」と言ってもOKです。 よく言われることですが、英語がネイティブの人は、自分の英語が早すぎることに気づいていない人が多いです。 また、ゆっくり話してくださいと言っても、外国人にとってどれくらいなら「ゆっくり」と感じられるのかわからない場合もあります。 そこで、こちらでゆっくり一単語ずつ区切って発音し、「これくらいの早さでお願いします」と頼んでみるのも一つの手です。 」と言われて、この「hang out」がわからないとしましょう。 この時、「どういう意味ですか」と聞くなら「what do you mean」などが使えます。 この場合の「mean」は、「言おうとしている・伝えようとしている」という意味です。 「What do you mean」で、「どういうことを言おうとしているのですか?」という意味になります。 (遊びに行こうよ!) B: Well, what do you mean? これはよく使うフレーズです。 また、「what do you mean? 印象よく聞き返すには、「英語の敬語」がカギに 相手になにかをお願いするなら敬語を使った方がいいと感じますよね? ですが、英語には日本語のようなはっきりした敬語はありません。 では、ていねいさは必要ないのでしょうか? もちろん英語にもていねいな言い方はあり、場面によってしっかり使い分けています。 の仮定法過去を使う わかりやすいのが、仮定法を使った敬語です。 先ほど紹介した「Could you slow down a little bit? (すいません、ちょっとゆっくり話していただけますか?)」もその例です。 「Can you」のかわりに「Could you」を使うのは、「仮定法過去」と同じ理由です。 いまから言う内容が現実になっていないというニュアンスを出しています。 「いまから言うことはまだ現実になっていません。 するかしないかはあなたに選択権がありますよ」という言いかたをすることで、押しつけがましくならないようにしているのです。 アクセントを優しく発音する 少しわかりにくいのが、アクセントを使った表現です。 同じ表現でも、読み方の強さによってていねいさが変わります。 」 (説明していただけませんか?) つまり、友達に使うようなフレーズでも、読み方を優しくすれば上司に使えてしまうのです。 これは日本人にとっては意外かもしれません。 反対に、カジュアルなニュアンスで話したければ、単語を省略します。 「What you mean? 」 (どういうこと?) 「英語で会議はできても、飲み会の英語はわからない」という話をよく耳にしますが、このように、カジュアルな場面では単語を省略することが一般的です。 飲み会で英語を聞き取るのがぐんとむずかしくなるというのはそのせいなのです。 まとめ 英語を話していると、お互いに言葉がわからなくて困ることはよくあります。 聞き返す方法を勉強することで、英語学習の不安を減らしましょう! Please SHARE this article.

次の