ぎそう ふり ん ネタバレ 最終 回。 偽装不倫ネタバレ!最終回の結末は病気でもハッピーエンド?不倫理由

【偽装不倫】72話ネタバレ最終回!銀河鉄道の夜、鐘子が迎えるラストは?!

ぎそう ふり ん ネタバレ 最終 回

一方、丑嶋の客の風俗嬢・文香は相変わらずウリをやっていた。 シェアハウスをしているたえこに貸していたお金を返してと頼むが、一切言うことを聞いてくれない。 「誰かの欲を満たすために、誰かが負担を強いられる」 「弱い人間はバカにされても卑屈な愛想笑いでマウンティングし続ける」 「先がない。 死んだほうがまし」 などとブツブツと独り言をしているある男性がいた。 その男性は文香の弟・辰也だった。 辰也は「今からウリをしている姉を殺す実況祭りだ」と言い、姉の元へ。 一方、柄崎と戌亥は丑嶋を待っていた。 どうやら飲み会が行われるらしい。 「みんな遅いな…」 そこに小百合が合流する。 また、加納の奥さんと息子もいた。 高田は夜に合流するという。 高田はマサルと一緒にいた。 高田は沖縄で丑嶋からもらったお金を元にうさぎカフェを始めたらしい。 マサルは、細々と金融を始めているとのこと。 「高田さん東京に行っている間、丑嶋社長の大切なうさぎ、自分に任せていただけませんか」 「自分は丑嶋社長に一生顔向けできないから」 「分かった、お前に任せるよ」 そう言い残し、高田は東京へ向かった。 戌亥が柄崎に話していた。 「滑皮さんは二審でも求刑死刑だったね」 どうやら滑皮は完全に捕まった模様。 「猪背組も解散させられるかもしれないね」 柄崎は「散々悪いことしてきた、因果応報だ」と答えた。 一方、文香とたえこが揉めていた。 「フザケンナ、それ、私の金だろ!!」 そんな中、窓ガラスが突然割れた。 弟の辰也の仕業だった。 姉を殺害しようとすると、そこに、 「よせ」 「その先に何もないぞ」 丑嶋がちょうどその場にいたのだ。 「うるせぇ!!!」 と、丑嶋を無視し、女二人をナイフで殺害しようとする。 しかし、丑嶋が間に入り、刺された。 「大丈夫ですか?救急車呼びますか」 「大丈夫だ。 この金で完済だ文香」 「丑嶋社長、みんなで待ってますよ」 「ああ」 柄崎との電話が切れた後、丑嶋はその場に血を流しながら、倒れたのだったーー <完> 最終回、ここで終了です。 では、感想・考察の方へ参ります。 Sponsored Link 『闇金ウシジマくん』の最終回492話の感想・考察 そうきたかーーーーー! ある意味、予想通りでしたが、やはり丑嶋には死が待っていたのですね。 最後の最後まで丑嶋はブレない『何か』を持ち続けたこと。 本当はシーズン2も読みたい、そう思っていましたが、これはこれで良い終わり方なのかもしれませんね。

次の

偽装不倫■最終回10話ネタバレ感想!~私の幸せは私が決める~無料で1話

ぎそう ふり ん ネタバレ 最終 回

どうすれば褓負商の人間たちの安全を守ることができるか、その一点のみに心を砕きます。 そしてついに彼は決心し、自らを義禁府に差し出すことにしました。 つまり、逮捕されるのを待たずに自ら自首したのです。 褓負商の仲間の将来を考えれば、ボンサムにはこれぐらいはたやすいことでした。 こうしてボンサムは自首を行い、それと同時に褓負商を解散させます。 やがて時が経ち、ボンサムが判決を受けるときがやってきました。 ボンサムはいかなる刑なっても甘んじて受け入れるつもりです。 一方、仲間達は刑がボンサムの刑が軽くなることを願います。 そして結果は・・残念ながら・・極刑でした。 ボンサムが無罪になることを望んでいた仲間たちは、不条理な結果に嘆き悲しみます。 なぜこんなことに・・ボンサムは何も悪くないじゃないか・・と。 ボンサムが追求された罪は、国家間の良好な関係を壊すというものでした。 それまで日本と朝鮮は仲良く取り引きしていたのに、ボンサムのせいでその関係が壊されたと。 一方、チェ・ドリはボンサムに出た判決に怒り、ボンサムの代わりに刑を受けようとします。 判決はボンサムに出ても、刑を受けるのはこの自分が・・と! こうして、ボンサムの極刑は決まりましたが・・彼が死ぬことはありませんでした。 ボンサムの身代わりとして、チェ・ドリが刑を受けたのです。 それからまた長い時間が経ちます。 メウォルは鷺梁津の地主をしていましたが、そこへソンドルが交渉に訪れます。 ソンドルはメウォルに、鉄道を建設するので土地を譲ってほしいとお願いします。 ところが、メウォルの土地はすでに別の人物が購入していました。 その人物とは・・身代わりによって極刑を免れたボンサムです。 ボンサムは刑を逃れたからといって、幸福な人生は送っていませんでした。 むしろ、チェ・ドリに身代わりをさせたことで苦しんでいたのです。 そうした中、彼は少しでも国のために貢献したいと考えました。 メウォルに土地を売らないよう説得したのも、そうした考えに基づくものでした。 というのは、メウォルが土地を売ってしまえば、学校の改築ができなくなるからです。 そうしたら大勢の子供たちが困ってしまう・・。 一方、メウォルは過去の自分の罪を反省しながら、ボンサムのために尽くします。 鷺梁津の自分の土地についても、ボンサムの願いを聞き入れて売りませんでした...。 END 感想 やっぱりボンサムはいさぎのよい男でしたね。 いつまでも逃げることはよしとせず、自ら義禁府に出頭しました。 同じ捕まるにしても、自首するのと逮捕されるのでは大違いですね。 正々堂々と出頭してきたボンサムはとてもかっこよく見えました。 ただ、それで判決に同情が加えられるということにはなりませんでした。 彼が犯した罪は重大だとされて、結局、極刑を受けることになったのです。 ボンサムの仲間達は反発しましたが、結果は変わることはありませんでした。 ボンサムはある程度覚悟していましたが、さすがに極刑と聞いて驚きを隠せないようです。 しかし、メウォルがチェ・ドリに頼んで、チェ・ドリがボンサムの身代わりになりました。 このため、ボンサムは極刑を逃れることができました。 チェ・ドリは上手にボンサムのふりをして、周囲の目を欺くことに成功したのです。 ボンサムはそのまま在野に逃れ、誰にも気づかれずに生き続けることができました。 メウォルとの関係もその後も続き、彼はメウォルの土地を購入することまでしました。 ボンサムはもはやメウォルを恨んではおらず、復讐するつもりもありません。

次の

偽装不倫結末ネタバレ!原作の最終回は記憶喪失で鐘子と嘘の恋終了?

ぎそう ふり ん ネタバレ 最終 回

霜花の姫(中国ドラマ)の最終回あらすじ がBSにくるのか… の後? これ…30話前後で試聴が止まってたからBS組の皆さんと一緒に楽しむのも良さそうね😁 — かのん🦊🍑🖤 teikun79 それでは早速、結末まで一挙公開していきますよ! 潤玉と旭鳳 今日、素敵なのが届きました。 ありがとうございます。 👃 — ウィルママ willmama29 潤玉は旭鳳に『もうすぐこの天界もお前のものになる』と言う。 すると旭鳳は、『さっき赤霄剣と琉璃浄火で窮奇を崩壊させた。 お前は死ぬ運命だ』と返す。 そんなやりとりの中旭鳳は発作を起こし 『錦覓がいない世界なんて意味がない。 お前はこれから孤独に生きて罪を贖えばいい』と言う。 潤玉の頬に涙がつたう。 潤玉と旭鳳はお酒を酌み交わす。 潤玉は、『花がよく咲いている』と言うと、旭鳳は『どれも野の花で、璇璣宮の足元にも及ばないよ』と言う。 潤玉は更に『錦覓が死んで璇璣宮の月下美人も消えてしまった。 その後消息はつかめた?』と尋ねるも、旭鳳は首を横に振って答える。 旭鳳は『発作もあの時以来ない』と。 旭鳳の良き理解者。 姿を消した恋人の暮辞を探し続ける。 友の旭鳳が想う錦覓も大事にし度々ピンチを救う。 旭鳳はそれを潤玉に飲んでもらおうとするも、『もういいよ』と断る潤玉。 潤玉は『天帝の座を譲り受け天界を得たからには責務がある。 私情を挟んでいてはならない。 私たちの人生は長くて孤独なものだ。 錦覓の帰る場所は最初からお前だけだった。 私が彼女の中に入り込んだことはない。 』と言う。 潤玉は『元気でな』と目に涙を浮かべ去っていく。 遺品 『霜花の姫』非道の限りを尽くす天后。 そんな天后を扱い切れない天帝。 潤玉が簒奪に踏み切った気持ちもよくわかる。 自分の栄華のために罪のない多くの血を流したと廃天后を罵った時には よく言った!と思った。 でも、錦覓を手駒として扱い旭鳳を殺させたと知ったら決して許してもらえないだろうな🥺 — のの WmxpRZ6Hp3NmL8N 錦覓の遺品の箱を開ける旭鳳。 そこには旭鳳との思い出の品が沢山詰まっていた。 旭鳳は押し倒しキスした時のことを『あの時は酔ったふりをして君を抱きしめた。 穂禾の名前を呼んで誤解を与えた時は本当に苦しくてすぐにでも釈明したかった』と、思い出していた。 『本当は君の事が好きだったのにその思いを封じるために傷付ける言葉も言った。 時が戻せるのなら今すぐ邪念を振り払って君を抱きしめる。 どうして一人でこの世を去ってしまったのだ…』とうつ伏していると、『鳳凰』と言う錦覓の声が聞こえてきた。 錦覓が旭鳳の元に? ふと思った。 別作品でダンルンさんの役はトラウマで識別障害になる時がある。 霜花の姫では錦覓が識別障害になる。 お互いに識別障害になってるよ ゜ロ゜ そして主役二人は仲がいい。 だからあんなに素敵なドラマができたんだなぁと思う。 個人的にダンルンさんとヤンズーさん付き合ってほしい — 灰猫*韓流大好き猫さん nyanbelly63 旭鳳の元に錦覓が現れた。 旭鳳は『3年間もどこに行っていたんだ?私が間違っていた。 もう絶対に君を離さないからどこにも行かないで』と言う。 錦覓も『もちろんどこにも行かないわ』と。 しかし、その時錦覓の体がすぅっと消え始める。 『どこにも行かないで。 一人取り残さないで』と泣きうったえる旭鳳。 錦覓は『私はあなたの涙だったの。 この定めからは逃れられないのよ』と旭鳳の瞼にキスをして姿を消す。 豆瓣 — のの WmxpRZ6Hp3NmL8N 花界。 旭鳳は長芳主に『自分が見たものは同じように錦覓も目にしている。 まさか錦覓の魄が私の目に宿っていたとは』と打ち明ける。 錦覓が現れた時は金丹の副作用が出ないことにも気がついた旭鳳。 亡くなってからも自分の体内の寒気を吸収してくれていたのだと。 旭鳳は再び錦覓を探し出すことを誓う。 旭鳳が『迎えに来た』と言うと、錦覓も婚約者の元へは行かず神輿から降りて旭鳳と一緒に行く。 『何回生まれ変わろうとも、君は私の妻になる運命だ』とプロポーズ。 その翌年に、 2人の間には息子・小鷺が誕生する。 釣りをしている小鷺のところに潤玉が来て話していると、錦覓が小鷺を迎えにやって来る。 潤玉が錦覓に今幸せかを尋ねると、錦は静かに小鷺を見てほほ笑む。 錦覓が小鷺と話していると今度は旭鳳がやって来る。 小鷺を抱を抱いて歩く旭鳳の背中を見ながら 『私は2人の男性を愛したわ。 結局は1人とは距離を置き、もう1人を選んだ』と振り返る錦覓。 一方の旭鳳も敵を討ち欲しいものを手に入れてきたが、孤独は権力ては埋まらないことを悟っていた。 錦覓は旭鳳が小鷺をあやす姿を見ている。 その光景は決して 色鮮やかな景色ではないことを感じていた。 それでも 錦覓は、『今はあなたたちがいて、あなたの瞳や小鷺の笑顔は私にとって世界一鮮やかな花園だわ』とかみしめていた。 いかがでしたか。 本当に綺麗な映像でした。 キャストの誰になっても痛いほど気持ちが理解できるロマンスでした。 全63話と長編なので終ってしまってロスになっている方も多そうですね。

次の