ベルギー チョコ プリン パフェ。 ミニストップ「ベルギーチョコプリンパフェ」カロリーは?期間はいつまで?口コミ&感想は

チョコソフトとチョコプリンを盛ったチョコづくしの「ベルギーチョコプリンパフェ」をミニストップで食べてみた

ベルギー チョコ プリン パフェ

ベルギーチョコプリンパフェ感想 こちらが「ベルギーチョコプリンパフェ」です。 価格は税込386円と高いうえに中途半端な金額。 夏プリンパフェから56円も値上がりしているのはちょっとなあ…。 チョコソースは濃厚で甘さ強め。 単独だと甘すぎるけど、ミルキーなバニラソフトには相性バツグンです。 特徴的なのが不揃いのナッツです。 アーモンド・カシューナッツ・マカダミアナッツの3種類がのっています。 粒が大きいのでざっくりと心地いい歯ごたえが繰り返し楽しめます。 軽く塩気が効いているのもいい感じです。 プリンは前作と同様、甘さ抑えめの柔らかいタイプ。 牛乳多めで口当たりがいいので甘ったるくなくて食べやすいです。 けど、やっぱりバニラと比べると冷たさが足りないです。 冷えているとは思うけどどうしても温度差でぬるく感じてしまいます。 猛暑日には不向きかなあ。 ベルギーチョコプリンパフェ・カロリー.

次の

『ベルギーチョコプリンパフェ』by 国家権力の犬 : ミニストップ 大島1丁目店 (MINISTOP)

ベルギー チョコ プリン パフェ

2015年09月08日 22時00分 チョコソフトとチョコプリンを盛ったチョコづくしの「ベルギーチョコプリンパフェ」をミニストップで食べてみた 年間を通してさまざまなパフェメニューを提供しているミニストップが、秋の新作パフェとしてチョコづくしの「 ベルギーチョコプリンパフェ」を2015年9月4日 金 から順次発売しています。 2014年に続いて2015年もモンドセレクション最高金賞を連続で受賞した を使った濃厚なパフェに仕上がっているとのことで、実際にお店に行って食べてみました。 ベルギーチョコプリンパフェ スイーツ MINISTOP ミニストップに到着。 店頭の真っ赤なのぼりでベルギーチョコプリンパフェの発売を告知していました。 レジ上のメニューにもベルギーチョコプリンパフェを発見。 さっそく注文します。 待つこと2分ほどでベルギーチョコプリンパフェ 税込320円 が手渡されました。 パフェはやや背の高いプラスチックのカップに入った状態で提供されます。 パフェの中央にこんもり盛られているのが。 3種類のクーベルチュールチョコレートを使用していて、ミニストップの人気No. 1ソフトクリームとして不動の地位を築いています。 ソフトクリームの横に添えられている薄茶色のベルギーチョコプリンは、ベルギーチョコを使用した濃厚なチョコプリンとのこと。 ソフトクリームに押されて、やや形が崩れてしまっていました。 パフェの表面には、ベルギーチョコを使用したベルギーチョコソースと、カカオ豆を粉砕したカカオニブがトッピングされています。 ベルギーチョコソースはトッピングの他に、パフェの土台となるベルギーチョコプリンとチョコソフトの間にも挟まっています。 ベルギーチョコソフトは、クリームがねっとりと濃厚なのですが口当たりはなめらか。 カカオの苦みが効いた大人な味わいのソフトクリームなので、甘い物が苦手な人も食べられそうなスイーツです。 時折トッピングのカカオニブはカリッと香ばしく、食感の変化が楽しめます。 チョコソフト部分を食べ進めると、パフェの土台となるチョコプリンの層が見えてきました。 プリンはカップの底までたっぷり詰まっているのでかなりボリュームがあります。 やわらかい食感のチョコプリンは、こちらも苦みの強い仕上がりで、甘さ控えめ。 チョコソフトやソースをからめて食べるとちょうどよいバランスです。 というわけでチョコソフトとプリンを合わせて食べてみました。 全部まとめて食べても甘すぎることはなく、カカオの苦みや酸味が効いているのでパクパク食べられます。 カカオ分の多いビターチョコレートが好きな人なら大満足できそうです。 なお、ベルギーチョコプリンパフェは全国のミニストップで2015年9月11日 金 から発売予定となっていて、販売期間は未定なので早めに食べに行くのがオススメです。

次の

ミニストップ「ベルギーチョコプリンパフェ」カロリーは?期間はいつまで?口コミ&感想は

ベルギー チョコ プリン パフェ

2015年09月08日 22時00分 チョコソフトとチョコプリンを盛ったチョコづくしの「ベルギーチョコプリンパフェ」をミニストップで食べてみた 年間を通してさまざまなパフェメニューを提供しているミニストップが、秋の新作パフェとしてチョコづくしの「 ベルギーチョコプリンパフェ」を2015年9月4日 金 から順次発売しています。 2014年に続いて2015年もモンドセレクション最高金賞を連続で受賞した を使った濃厚なパフェに仕上がっているとのことで、実際にお店に行って食べてみました。 ベルギーチョコプリンパフェ スイーツ MINISTOP ミニストップに到着。 店頭の真っ赤なのぼりでベルギーチョコプリンパフェの発売を告知していました。 レジ上のメニューにもベルギーチョコプリンパフェを発見。 さっそく注文します。 待つこと2分ほどでベルギーチョコプリンパフェ 税込320円 が手渡されました。 パフェはやや背の高いプラスチックのカップに入った状態で提供されます。 パフェの中央にこんもり盛られているのが。 3種類のクーベルチュールチョコレートを使用していて、ミニストップの人気No. 1ソフトクリームとして不動の地位を築いています。 ソフトクリームの横に添えられている薄茶色のベルギーチョコプリンは、ベルギーチョコを使用した濃厚なチョコプリンとのこと。 ソフトクリームに押されて、やや形が崩れてしまっていました。 パフェの表面には、ベルギーチョコを使用したベルギーチョコソースと、カカオ豆を粉砕したカカオニブがトッピングされています。 ベルギーチョコソースはトッピングの他に、パフェの土台となるベルギーチョコプリンとチョコソフトの間にも挟まっています。 ベルギーチョコソフトは、クリームがねっとりと濃厚なのですが口当たりはなめらか。 カカオの苦みが効いた大人な味わいのソフトクリームなので、甘い物が苦手な人も食べられそうなスイーツです。 時折トッピングのカカオニブはカリッと香ばしく、食感の変化が楽しめます。 チョコソフト部分を食べ進めると、パフェの土台となるチョコプリンの層が見えてきました。 プリンはカップの底までたっぷり詰まっているのでかなりボリュームがあります。 やわらかい食感のチョコプリンは、こちらも苦みの強い仕上がりで、甘さ控えめ。 チョコソフトやソースをからめて食べるとちょうどよいバランスです。 というわけでチョコソフトとプリンを合わせて食べてみました。 全部まとめて食べても甘すぎることはなく、カカオの苦みや酸味が効いているのでパクパク食べられます。 カカオ分の多いビターチョコレートが好きな人なら大満足できそうです。 なお、ベルギーチョコプリンパフェは全国のミニストップで2015年9月11日 金 から発売予定となっていて、販売期間は未定なので早めに食べに行くのがオススメです。

次の