消化 器官 と は。 消化器の異常?疾患や症状

消化器系の構造

消化 器官 と は

消化器(胃や腸など)による消化の働きと栄養吸収 消化とは、食物を食べたとき、その中に含まれている種々の栄養を体内に吸収できるものまで分解することです。 そして、いらないものを肛門から体の外に糞便として排出することも消化です。 これは、吸収することができる形に、より小さなコンポーネントに食べ物を分解する機械的および化学的です。 消化は異化の一形態であります。 哺乳類では、食べ物が口に入ると、唾液腺からの唾液中の化学物質と化学処理の開始と、歯で噛んだりしている。 それは酸が最も汚染微生物を殺すの両方胃、中に食道の下に移動し、開始メカニカルいくつかの食品(タンパク質の例:変性)、およびいくつかの化学変化を分解。 いくつかの時間(通常はヒトの1〜2時間、イヌで4-6時間、家の猫でやや短い期間)の後、結果は、大腸を通じて、小腸を通過し、排便中に排泄される事を言います。 消化器の構造 消化器は、食物を体内に摂取し、貯蔵と消化、消化された食物からの栄養素の吸収、不消化物の排泄、およびそれらを行うための運搬、といった働きを担う器官の集まりをいいます。 消化器における主要な器官は、口腔、消毒、胃、小腸、大腸、直腸などからなる消化管とこれらの働きをコントロールする消化腺や付属腺、さらに歯や肝臓などの付属器も含まています。 消化器系には、口腔、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)、大腸(盲腸、結腸)、直腸、肛門にいたる消化管からなります。 消化液とは、消化を円滑に行う為に消化管からは、消化液を分泌しています。 唾液(唾液腺)、胃液(胃腺)、膵液(膵臓)、胆汁(肝臓)、腸液(腸線)などがあります。 口から食道:食物を取り入れ、咀嚼運動によって小さく砕いて唾液と混ぜ、デンプンを分解します。 よくかまないと消化が悪くなります。 胃:食物を一時貯蔵し、蠕動運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。 また、たんぱく質を分解します。 なお、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。 粘液が減ると胃炎や胃潰瘍ができやすくなります。 胃:食物を一時貯蔵し、蠕動運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。 また、たんぱく質を分解します。 なお、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。 粘液が減ると胃炎や胃潰瘍ができやすくなります。 膵臓:消化液のすい液をつくり分泌するほか血糖をコントロールするホルモンを分泌します。 肝臓:小腸で吸収された栄養素を、全身へ送り出したり、一時貯蔵したりします。 また、胆汁をつくったり、さらに、人体にとって有害な物質の解毒作用も行います。 小腸・十二指腸:十二指腸は、肝臓からの胆汁、すい臓からのすい液などの消化液がここに分泌され、食物を消化し、食物中の雑菌の殺菌をします。 小腸は、食物を消化し、栄養素を吸収します。 大腸:消化吸収できなかった食物の水分を吸収し、固形状の便を形成します。 また、大腸に住む腸内細菌(腸内環境乳酸菌・ビフィズス菌など)は食物繊維を一部分解し、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンKを合成し、一部吸収されます。 定期的に排便しないと便が硬くなり便秘の原因となります。 肛門:大腸の出口である直腸に一定量溜まった便の刺激により、便を排泄します。 二種類の消化「機械的消化」と「化学的消化」 機械的消化とは 口内における咀嚼、胃腸での蠕(ぜん)動運動などで、食物を砕いて消化液と混合、かくはんし、化学的消化を受けやすくします。 この消化運動には交感神経と副交感神経によって支配されています。 食物を細かく砕き、これに消化液を混ぜ、次第に下方の消化管に移動させることです。 左の動画は、小腸の動きです。 食道、胃を通ってきた食べ物が、小腸でさらに細かくなり、栄養分が吸収され、大腸に送られます。 機械的消化の方法には、蠕動運動分節運動振り子運動の3つがあります。 右の運動は、3つの動きがまじりあったものです。 化学的消化 消化作用の主役的機能で、消化液中、小腸粘膜にある消化酵素による加水分解作用のことをいいます。 (加水分解作用とは、水と混ざりにくい物質が、酸やアルカリなどで分解され、水と混ざりやすく変化することをいいます。 )消化酵素によって、食べ物のでんぷん、脂質、蛋白質が、小腸で吸収しやすい小さなものにそれぞれ分解されます。 消化酵素として、アミラーゼ、ペプシン、マルターゼ、リパーゼ、トリプシノーゲン、サッカラーゼ、ラクターゼ、エレプシンなどがあります。 消化器官と消化酵素の一覧 取した飲食物は、口から肛門にいたる全長8~10m(身長の5~6倍)ほどの筋肉からなる長い1本の消化管の中を通過しながら消化されて、栄養分が吸収されます。 消化管の中には、1日に約8リットルもの大量もの消化液が分泌される。 消化・吸収に要する時間、すなわち飲食物を摂取してから排泄されるまでの時間は24時間から72時間となっている。 この通過時間は滞胃時間に依存をし、脂肪が多いと時間は長くなる。 消化管の内側から粘膜、筋層、漿膜(外膜)に分けられる。 粘膜層は、消化液、粘液を分泌する腺が多く存在している。 常にぬるぬるとして潤っており、食物が通過しやすく、固形物が消化管を傷をつけない構造となっている。 消化管のいたる部分に消化液を分泌する分泌腺がみられるが、食道には消化液の分泌腺はみられない。 一方、消化壁の構造 筋層は、消化管の運動を受けもつ。 筋肉の壁の内側には自律神経系が走り、消化液の分泌や消化運動をコントロールしている。 胃の筋層は消化管の中でも一番発達をしている。 消化の仕組みと消化器における消化のメカニズム 食べものは、口から入り食道を通胃の中で強い酸性の胃液とよく混合されます。 胃の中で食べものはドロドロに溶かされ、その後十二指腸に移動します。 十二指腸では消化液と混ざります。 その一つは胆汁で、胆汁は肝臓で作られた後、一時的に胆のうに蓄えられ、胃の動きが活発になるとその刺激が胆のうに伝わり、胆汁が一気に十二指腸へ流れ込みます。 また、胆汁はアルカリ性なので、十二指腸で胃酸を中和する作用を持っています。 胃の裏側にある膵臓からは消化酵素が分泌されます。 消化酵素は食べものをブドウ糖やアミノ酸と言った栄養素に分解します。 ヒトの体の消化管は、様々な臓器から成り立っており、その各臓器の働きは違っています。 口から入れた食事を効率よく分解して吸収するために物理的な消化と化学的な消化を行います。 これは、他の動植物のタンパク質などの高分子化合物がもつ生物の種特性をなくすことでもある。 ヒトが異種のタンパク質などそのまま取り入れてもアレルギーを起こす。 これを無くす為にも一度、消化管で細かな単位に分解しヒトの体の中へ取り入れられる形に変えてから吸収をしています。

次の

消化器官と消化液まとめ(でんぷん、タンパク質、脂肪を消化する消化液と分解後の物質)|中学受験理科

消化 器官 と は

『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は 「消化器系の構造」について解説します。 昭和伊南総合病院健診センター長 〈目次〉• 6. 消化器系の構造 消化器系とは、食物を摂取・分解・吸収・排泄を行う器官のことです。 中空性器官である胃腸管(消化管)は、に始まり、、、、、大腸、までの1本の管です。 食物を分解、吸収するための消化酵素などを分泌する腺を消化腺と呼び、それらは口腔、胃、、、などに分布しています。 口腔 口唇、舌、肉、歯牙、口蓋、頬粘膜などにより構成され、、、があります。 食道 噛み砕かれた食物は、嚥下により咽頭から食道へ流れていき、蠕動運動により、食物を胃内へと運びます。 胃 噴門部に始まり幽門部までの約1,200mLの袋状の器官で、、筋層(外縦走筋、中輪走筋、内斜走筋)、漿膜の3層構造です。 塩酸、ペプシノゲン、ガストリンを分泌します。 小腸 胃の幽門部に続く器官で、内を蛇行し、右下腹部で大腸につながります。 小腸は、十二指腸から空腸、回腸までの長い管で、その長さは約6〜7mになります。 表面は粘膜でおおわれ、輪状のヒダがいくつもあり、粘膜表面には無数の腸絨毛があります。 小腸の表面積は、平らな場合では、約3,300cm 2ですが、輪状ヒダによって3倍になり、腸絨毛によって10倍にも広がります。 大腸・肛門 胃腸管(消化管)の終末で、全長約1. 5mの器官で、、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、と続きます。 肛門にある内肛門括約筋と外肛門括約筋の働きによって、栄養分を取られた食物残渣は、肛門より排泄されます。 [出典] (監修)山田 幸宏/2016年2月刊行/.

次の

消化

消化 器官 と は

ヒトの消化管は、口から肛門まで一本の長い管で、一見体内であるかのように思われがちですが、「内なる外」といわれるように、実は体外なのです。 消化管の全長は約8メートルから9メートルにもなり、口から摂取された食物が消化吸収されて、便として排泄されるまでの時間は、約24時間から48時間です。 胃のはたらき 胃の本体は筋肉でつくられており、その蠕動運動と攪拌運動によって食物をこね、混ぜることと、胃液と消化酵素のペプシンを分泌して食物を消化します。 ふつうの食事をとった場合、食物は2~3時間胃の中にとどまり、しだいに粥(かゆ)状になって十二指腸へ送られます。 水分や塩分、アルコールのほとんどは小腸で吸収され、胃では一部しか吸収されません。 脂質や糖質も少しは分解されますが、これらの本格的な消化はやはり小腸で行なわれます。 また、胃酸によって胃内は常に酸性に保たれ、細菌の増殖を防いでいます。 肝臓のはたらき 食物から摂取した糖やたんぱく質・脂肪を体内で使える形に変えて貯蔵し、必要に応じてエネルギーのもととして供給します。 アルコールや薬、老廃物などの有害物質を分解し、体に悪影響を及ぼさないように無毒化します。 胆嚢のはたらき 肝臓でつくられた老廃物を流す「胆汁」を生成・分泌します。 胆汁は、脂肪の消化吸収を助ける消化液でもあります。 膵臓のはたらき 消化酵素を多く含む「膵液」という消化液を分泌し、食べ物の消化を助けます。 また、インスリンなどのホルモンを分泌し、血糖値を一定濃度にコントロールする働きをします。 膵臓がダメージを受けたり、疲弊してインスリンの分泌が低下したりすると、血糖値が上昇し、糖尿病のリスクを高めます。 小腸のはたらき 小腸は図のように十二指腸、空腸、回腸に分けられます。 十二指腸は、約25cmで、空腸は十二指腸から続く最初の5分の2の部分で、残りの5分の3の部分が回腸と呼ばれますが、とくに境界はありません。 胃から送られてきた粥状の食物は、腸液、胆汁、膵液にそれぞれ含まれる消化酵素によって、たんぱく質はアミノ酸に、糖類はぶどう糖などの単糖類に、脂質は脂肪酸などに分解され、吸収されやすい状態になります。 小腸も蠕動運動を行い、食物は十二指腸から空腸、回腸へと送られ、およそ3~4時間で小腸を通過します。 この間、さかんに消化吸収が行なわれ、栄養素(たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン等)と約90%の水分が小腸で吸収されます。 つまり、消化吸収のほとんどは小腸で行なわれるのです。 大腸のはたらき 大腸の全長は約1. 5mで、図のように盲腸、結腸(上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)、直腸に分けられます。 直腸は消化管の最後の部分で長さ約20cm程で、肛門で終わります。 大腸は小腸で栄養分等を吸収された残渣から、大腸の前半部で主に水を吸収する働きをします。 また大腸の後半部では便を蓄積し適切なタイミングで排便できるまで貯めておきます。 大腸の働きは小腸から送られてきた粥状の内容物を肛門側にゆっくり運びながら水分を抜き取って、形の良い便を作るように調整することなのです。 形の良い、程良い硬さの便が直腸内に送り込まれると直腸の壁が伸びて、その刺激が脊髄を経て大脳に伝わり、排便をしなさいと命令が下り便意を感じます。 直腸粘膜に与える刺激は、水分をたくさん含んでいる便ほど強い刺激として働き、便の量が多いほど刺激は強くなります。 便意が起きても何度もガマンをしていたりすると、直腸の神経はその状態に慣れ、脳へ信号を送らなくなり、慢性便秘になってしまいます。 また、便が大腸内に長く留まると、水分がほとんど無い硬便となり、排泄しにくい状態になります。

次の