これからもよろしくね 英語。 「これからもよろしくね」という言葉が、さらにカップルらしくさせる。

「これからもよろしくね」はドイツ語で?

これからもよろしくね 英語

【Vocabulary check】 keep in touch:連絡をとりあう appreciate:感謝する continuous;引き続きの look forward to -ing:〜を楽しみにする Let's Please keep in touch. これからも連絡とりありあおう!(カジュアル) Hope to see you again sometime soon. またすぐに会えると良いな!(カジュアルなニュアンス) I appreciate Thank you for your continuous support. これからもよろしくお願いいたします。 (フォーマルなニュアンス) I look forward to working with you again. また一緒に働けるのを楽しいにしています。 (フォーマルなニュアンス) 「よろしく」というニュアンスが日本語独特の表現ですので、シーンに合わせて使いわけてみてください。 Rina先生が数多くの例を挙げてくださっている通り、英語の場合は、「これからもよろしくね」という表現をどのタイミングで言うかによってもまた様々な異なった表現が使われるんですね。 また、単純に、「see you again sometimes!! 」(時々また会おうね~!!)というのも意訳すると同じようなニュアンスで使えますね。

次の

英語で「よろしく!」「よろしくね!」を伝えるスラング表現まとめ

これからもよろしくね 英語

【Vocabulary check】 keep in touch:連絡をとりあう appreciate:感謝する continuous;引き続きの look forward to -ing:〜を楽しみにする Let's Please keep in touch. これからも連絡とりありあおう!(カジュアル) Hope to see you again sometime soon. またすぐに会えると良いな!(カジュアルなニュアンス) I appreciate Thank you for your continuous support. これからもよろしくお願いいたします。 (フォーマルなニュアンス) I look forward to working with you again. また一緒に働けるのを楽しいにしています。 (フォーマルなニュアンス) 「よろしく」というニュアンスが日本語独特の表現ですので、シーンに合わせて使いわけてみてください。 Rina先生が数多くの例を挙げてくださっている通り、英語の場合は、「これからもよろしくね」という表現をどのタイミングで言うかによってもまた様々な異なった表現が使われるんですね。 また、単純に、「see you again sometimes!! 」(時々また会おうね~!!)というのも意訳すると同じようなニュアンスで使えますね。

次の

これからもよろしくねって英語でなんて言うの?

これからもよろしくね 英語

「これからもよろしく」 はよく使われます。 が、あまり英語では表現しない言い回しです。 「これからもよろしく」を直訳すると To get along from now on になるのでしょうが、不自然です。 Thank you とお礼をいうことで、「これからもよろしく」の気持ちを伝えられると思います。 ビジネスでも「これからもよろしく」をよく使いますが、その際には いくつかの言い方があります。 Thank you for your continuous support. どちらも、「今後ともよろしくお願いいたします」に当たる言い回しです。 お役に立てば幸いです。 日本語には実に便利なあいさつ表現が備わっていますよね。 「よろしくお願いします」を筆頭に、お疲れ様でした、とか、結構です、とか… 残念ながら、この表現を使う際の日本人の感覚を100%伝えてくれる英語表現は存在しません。 よろしく、と発言したときに「何がどうよろしくなのか」と考えて、少し表現を工夫する必要があります。 上に挙げた例は Thank you for accepting my friend request. 「友達申請受けてくれてありがとう」 I hope I can keep in touch with you. 「連絡を取り続けられるといいな」 という意味になります。 二つ目は多少親しくなってからでしょうか… 「よろしく」を訳したいと思ったときは、すこし立ち止まって、これから何をしたのか、あるいは自分は何に感謝しているのか、を考えてから、それを英語にして伝えるのが良いと思います。

次の