上野 樹里 レミ 電話。 平野レミと息子の嫁達(和田明日香、上野樹里)との関係が良好過ぎた

「モニタリング」平野レミさん息子の妻に!いきなり電話!上野樹里さんと高橋一生さん探り探りで話す!みんなの反応・感想

上野 樹里 レミ 電話

「私、全然、テレビ見ないから、樹里ちゃんのこと、知らなかったの。 第一印象は『顔が小っちゃい』。 それで腰の位置が高くてさぁ。 あ、でも、腰は低い人よ(笑)」 そう話すのは、4月からスタートしたNHK『ごごナマ』で、毎週火曜の料理コーナーを担当している料理愛好家・平野レミさん。 その周囲には、個性豊かな人があふれている。 夫は『週刊文春』の表紙でおなじみのイラストレーター・和田誠さん(81)。 次男・率さん(37)はクリエイティブ・ディレクター。 その妻は、モデルで食育インストラクターの明日香さん(30)だ。 昨年5月には、長男でロックバンド・TRICERATOPSのボーカル・和田唱さん(41)が、上田樹里さん(30)と結婚し、個性派家族に人気女優が加わった。 レミさんによれば、樹里さんは「すっごい真面目」な人。 「樹里ちゃんは、最初から料理ができた。 一人暮らしが長かったからじゃないかな。 長いこと女優をしてきてるから、すっごい真面目に健康管理をしてて、健康や食べ物のことをとっても大事にしてる。 立派よ、すごく」 姑と嫁2人の3人で、和田家のキッチンに立つことも少なくないという。 「これやっといてって言うと、樹里ちゃん、早いんだよね。 あのコ、私よりせっかちみたい。 私が作るのを手伝っていて、その材料が残ると、ちょちょっとディップなんかを作ってくれて。 おいしいの。 残りものと残りものを合体させて、作っちゃうの。 手際もいいし、何より機転が利く」 レミさんは樹里さんと、よく電話で長話をするそうだ。 「今日、何作るの?」とレミさんが聞くと、「レミさんの本の巻頭に出ている料理を作ろうと思います。 材料、全部、買ってきました」と、樹里さんもうれしいことを言ってくれる。 「うちの唱がねぇ、外でご飯食べるの、大嫌いなんだって。 家で食べたいって言うから、私と電話でしゃべっていても、樹里ちゃん、『そろそろ、唱さん帰ってきますから、電話切 りますよ』って。 そんでご飯、作るんだって」 樹里さんはレミさんが刷り込んでおいたおふくろの味を再現して、唱さんの胃袋をガッチリつかんでいるのだろう。 嫁姑の確執は、こと、和田家においては皆無のようだ。 「そもそもさ、私が嫁なんて思ってないの。 奇麗なお姉さんが近所に引っ越してきたって思ってるの。 確執ってのは、こっちが望むからじゃない?和田家に入ったら、こうしなさいとか、何もないからさ、うちは」 少し遠い目をしてレミさんはこう続ける。 「本当はね、女のコが欲しかったけどさ、でも、だから、こんな奇麗な女のコが2人もね、それぞれ向こうの親御さんが立派に育ててくれて、学費も食費もかからないで、そのままうちに来てくれたわけでしょ。 それは本当にありがたい。 2人のご実家に感謝よね」.

次の

上野樹里、平野レミが姑に!結婚相手、和田唱との身長差は?

上野 樹里 レミ 電話

「私、全然、テレビ見ないから、樹里ちゃんのこと、知らなかったの。 第一印象は『顔が小っちゃい』。 それで腰の位置が高くてさぁ。 あ、でも、腰は低い人よ(笑)」 そう話すのは、4月からスタートしたNHK『ごごナマ』で、毎週火曜の料理コーナーを担当している料理愛好家・平野レミさん。 その周囲には、個性豊かな人があふれている。 夫は『週刊文春』の表紙でおなじみのイラストレーター・和田誠さん(81)。 次男・率さん(37)はクリエイティブ・ディレクター。 その妻は、モデルで食育インストラクターの明日香さん(30)だ。 昨年5月には、長男でロックバンド・TRICERATOPSのボーカル・和田唱さん(41)が、上田樹里さん(30)と結婚し、個性派家族に人気女優が加わった。 レミさんによれば、樹里さんは「すっごい真面目」な人。 「樹里ちゃんは、最初から料理ができた。 一人暮らしが長かったからじゃないかな。 長いこと女優をしてきてるから、すっごい真面目に健康管理をしてて、健康や食べ物のことをとっても大事にしてる。 立派よ、すごく」 姑と嫁2人の3人で、和田家のキッチンに立つことも少なくないという。 「これやっといてって言うと、樹里ちゃん、早いんだよね。 あのコ、私よりせっかちみたい。 私が作るのを手伝っていて、その材料が残ると、ちょちょっとディップなんかを作ってくれて。 おいしいの。 残りものと残りものを合体させて、作っちゃうの。 手際もいいし、何より機転が利く」 レミさんは樹里さんと、よく電話で長話をするそうだ。 「今日、何作るの?」とレミさんが聞くと、「レミさんの本の巻頭に出ている料理を作ろうと思います。 材料、全部、買ってきました」と、樹里さんもうれしいことを言ってくれる。 「うちの唱がねぇ、外でご飯食べるの、大嫌いなんだって。 家で食べたいって言うから、私と電話でしゃべっていても、樹里ちゃん、『そろそろ、唱さん帰ってきますから、電話切 りますよ』って。 そんでご飯、作るんだって」 樹里さんはレミさんが刷り込んでおいたおふくろの味を再現して、唱さんの胃袋をガッチリつかんでいるのだろう。 嫁姑の確執は、こと、和田家においては皆無のようだ。 「そもそもさ、私が嫁なんて思ってないの。 奇麗なお姉さんが近所に引っ越してきたって思ってるの。 確執ってのは、こっちが望むからじゃない?和田家に入ったら、こうしなさいとか、何もないからさ、うちは」 少し遠い目をしてレミさんはこう続ける。 「本当はね、女のコが欲しかったけどさ、でも、だから、こんな奇麗な女のコが2人もね、それぞれ向こうの親御さんが立派に育ててくれて、学費も食費もかからないで、そのままうちに来てくれたわけでしょ。 それは本当にありがたい。 2人のご実家に感謝よね」.

次の

上野樹里の子供は何人?作らない、子供が苦手の噂も?

上野 樹里 レミ 電話

『グッド・ドクター』で好演している上野樹里• いよいよ佳境に突入している今シーズンのドラマ。 中でも、注目を集める作品のひとつが演じるサヴァン症候群の小児科医・新堂湊が、演じる先輩医師らとの交流を通じて成長していく姿が描かれる『』(フジテレビ系)だ。 上野の義母・料理愛好家・さんもこのドラマのファンのひとり。 毎週欠かさず見ているというレミさんは、興奮気味にこう語る。 「ドラマに出てくる役者さんって、みんな顔が小さくて格好いいしきれいだから、どうしてもリアリティーが感じられなくて、正直普段ドラマは見ないの。 「樹里ちゃん目当てに見ていると、気になってくるのが黒縁めがねをかけた小柄な浜野さん。 あの人が出てくると、なんだか親近感がわいてホっとしちゃうのよ(笑い)」 浜野の役どころは、子供たちから大の人気者として慕われている看護師。 院内のムードメーカー的存在だ。 「彼がとくに素敵なのは、小児科で子供たちと接しているシーン。 子供たちの演技がすごく自然なの。 それは浜野さんが子供たちの良さを引き出しているからじゃないかしら。 もし顔の小さい、イイ男がこの役を演じていたら、あんな自然な雰囲気は出なかったと思うのよ」 浜野に胸キュンしつつも、もちろん義理の娘である上野の演技はしっかりチェックしているレミさん。 「新堂先生を一生懸命支えようとする姿を、すごく上手に演じてるでしょ?」と大絶賛。 毎週、ドラマが終わるとすぐに電話して感想を伝えるのだという。 「ドラマが終わって電話すると、樹里ちゃん、さっきまでとは全然違う元気な声で『もしもし!見てもらえましたか!?嬉しい!』って言うのよ。 だから思わず『全然声のトーンも質も違うじゃない』って言ったら、『そりゃあ、女優ですからちゃんと演じますよ!』だって(笑い)。 あと少しで終わっちゃうのはさみしいけれど、樹里ちゃんと『終わったら海外でもどこでもいいから行きましょう』って約束したから、パスポートだって取り直したわよ!樹里ちゃん、毎週あんなに一生懸命がんばってるから、早くご褒美旅行に行きたいわね。 どこがいいかしら」 レミさんの長男はロックバンド・TRICERATOPSの和田唱で、2016年5月、上野と結婚した。 また、講演会、エッセイを通じて、明るく元気なライフスタイルを提案。 進化したレミパン「レミパンプラス」やエプロンなどキッチングッズの開発も行う。 東京生まれ。

次の