コロナ 手袋。 新型コロナ対策で「手袋着用でスーパーへ」、実は危険な理由(ELLE ONLINE)

女性向け「手袋」が意外な用途で売り上げ好調~コロナウイルス対策~

コロナ 手袋

新型コロナウイルスの影響で さまざまな憶測が飛び交ってますが・・ここまでくると、 どの情報が正しいのか!迷ってしまいますよね。 マスクや消毒液の品薄は状況は改善されず・・最近は トイレットペーパーやティッシュ、生理用品まで!感染拡大に伴い不安度が増加して、 冷静な判断ができないことが原因ではないかと! 最近では、WHOからの「 マスク不要説」まで報道されるなど、まだまだ新型コロナウイルスに対する不安解消の目途はついていませんね。 そこで!コロナに有効なのは・・「マスクなの?」という部分に着目し、 感染防止の観点から。。 手袋が有効だという情報があり!比較してみたので、最後まで読んでもらえたら嬉しいです。 せきやくしゃみといった症状がない人は予防目的で学校や駅、商業施設など公共の場でマスクを着用する必要はないとして、供給不足に拍車を掛けないためにも過度の使用を控えるよう呼び掛けた。 さまざまな情報が飛び交っている中で・・「 マスクなどが購入しづらくなっている状況を受けての部分」もあるとは思いますが。。 ここまで不安が蔓延していると!今さら感は否めないかと・・。 現在、日常生活で一番有効とされる対策は・・「手洗い・うがい・除菌」とのことですが。。 「除菌」に関しては、 消毒液の購入が難しいので対策は取りづらいかと・・。 マスク不足が依然として続いていますね。 「感染防止」の部分からは有効度は低いかと・・。 その点「手袋」に関しては、外出先での「感染防止」に関して「手洗いなどの予防は必須」だとしても・・ 消毒がしづらい状況には有効度は高いと思うので、おすすめですね。 スポンサーリンク コロナには【手袋とマスク】どちらが有能?おすすめ手袋を紹介! 花粉症でつい目を擦っちゃう時があるから、つり革とかショッピングカード使うたびにアルコール消毒してたけど 手荒れがやばい。 ポリエチレン手袋買ってつり革掴んで電車降りたらすぐ捨てる制度にしたら手荒れがちょっと落ち着いた。 アルコール消毒品切れだし!!! — とわ Workaway towa17213084 現在、学校関係だけでなく「各企業でもテレワーク」などで、会社出勤の自粛を慣行しているところもありますが。。 どこまでいっても一部の会社だけではないかと。 実際、仕事や学校だけでなく・・移動手段として 「電車やバスなどの公共機関」を使用しないというのには無理がありますよね。 つり革などからの 感染を心配している方も多いはずなので!ここで・・おすすめの手袋を一部紹介しますね。 やはり!マスクもそうですが・・使え捨てだと洗濯を含めた再使用の煩わしさがないのが魅力かと。 スポンサーリンク 手袋で感染を予防!新型コロナ予防に世間の声は? コロナウイルス感染対策でマスクはもちろん 外出には ビニール手袋を活用しましょう。 消毒ウェットティッシュや マスク、消毒除菌ハンドソープが どこのお店に行っても 売り切れの中、 このビニール手袋を活用すれば 感染を阻止することができるかもしれません。 — キャンディ yuki87candy87 未だ収束に目途が立たない・・新型コロナウイルスに対する 「予防や商品薄の現状」に世間の声をチェック! 日用品、食品など買いに近所のドラッグストアへ。 街中は閑散として飲食店は空いていたが、そこそこ買い物に来ている人たちはいた。 トイレットペーパーはやはり少ない。 マスクの入荷なし(次期入荷未定)。 その向かいでガーゼが僅少。 プラスチック手袋は先週は十分置いてあったものが売り切れ。 色々な所を触ってもゴミ箱に捨てるだけ。 手洗いも楽に出来ます。 インフル流行りの時も毎年してますけど。 ただ、これ使いきったらご近所では売り切れだからどうしよう — カヤ。 (本棚が足りない。 対策としては有りかと! スポンサーリンク まとめ(転売には注意!) マスクより手洗い消毒が大事!と聞いたのでアルコールスプレー的なものを買いに寄ったら当然売り切れ じゃあそもそも手袋で過ごしてご飯食べる時だけ脱げばいんじゃね!?!?とひらめいて手袋買って来た …ありなのかこれは(混乱) — jasminsgp 新型コロナウイルス対策として・・【手袋とマスク】の有効性を紹介してきましたが!正直この事態がいつまで続くのかはわからないので。。 「 感染防止」対策は必須かと! デマも含め・・現在かなり情報が混乱しているので!これを機に「 転売で一儲け!」という弱みに付け込んだ事態も多くみられますので。。 くれぐれも気を付けていただきたいかと! 最後まで読んでいただき、有難うございます。 それでは!.

次の

コロナに使い捨て手袋で感染予防!一部で品薄?つり革など手からの感染対策で注目!|凛のTAKARA箱

コロナ 手袋

当ブログでは、3/1に投稿したこの記事以降、スーパーの危険性については再三警鐘を鳴らしてきました。 めっちゃ良いこと書いてあるのですが、いかんせん読んでる人が数人しかいないので、残念ながら何の影響力もありません。 で、3/1に投稿したってことは、その前から 「感染拡大が怖いなら、なぜまずスーパーに厳格な利用規則を設けたり、宅配を推進したりしないのだ」と思っていたということです。 これ別に自慢するようなことではなくて、その時に知り得た情報を整理すると、そうするのが当たり前だというのは、それなりの知能が備わっている人であれば多くが分かっていたはずなんですよ。 ただ、小池さんにその知能はなかったんですね。 「横文字使うアタシカッコイイ」 「フリップにフレーズ書いて出すアタシカッコイイ」 それしかない人ですからね。 コロナで忘れかけているかもしれませんが、豊洲市場移転問題で出した大損害を私は忘れませんから。 まあ、責任は小池さんだけにあるわけでもありませんが、人口1300万の大都市の長ですから、最大の責任があることには違いないでしょう。 うちの近所のスーパーでは…… うちの近所のスーパーでは、いつの間にやらレジに透明のビニールカーテンが設置されていました。 今は小売店はどこでもやっていますけどね。 もちろん悪いことではありません。 が、始めるのが遅いし、その効果は非常に薄いのですよ。 そもそもです。 マスクをしろ ソーシャルディスタンス(2m)を空けろ 遮断壁を作れ これらの対策の目的は「飛沫感染を防ぐ」ことであり、それぞれ「or」の関係にあります。 つまり、 マスクをしないならソーシャルディスタンスを空けるか遮断癖を設けるべきだし、マスクもせずソーシャルディスタンスも空けないなら遮断壁を作るべき、ソーシャルディスタンスさえ空いていたらマスクをしなくても良いし遮断壁も要らない のですよ。 どれか一つで良いんです。 効果が思いっきり被っているので、2つ目以降の対策は物凄く効率の悪いものになります。 例えばスーパーで遮断壁を設置してもですね、店員はマスクをしているので店員側から飛沫が飛ぶことはそもそもありません。 客の方も今はほとんどがマスクをしている上に、客が喋ることも少ないので、やっぱり遮断壁の意味が非常に薄いんです。 なんか、好きな本だからって「読む用」「飾る用」「保管用」に3冊買っちゃうバカらしさを少し感じてしまうのです。 やるなら、 マスクの着用率が低かった頃に始めるべきだったのですよ。 もちろん、今だって稀にマスクをしていない客もいるし、その客が喋ることもあります。 それを考えたら、やれることは全部やるに越したことはありません。 そんなことよりゴム手袋 遮断壁より気になるのが、スーパーレジ係のゴム手袋です。 ゴム手袋は、【画的には】いかにも感染拡大予防のためになっている気がしてしまいます。 しかし、これまた当ブログの過去記事で書いたように、意味が薄いか、ひょっとしたら逆効果にもなりかねません。 もう一度書きます。 例えば、ゴム手袋をした手で自転車のチェーンなんかを触ると、当然チェーンの油(絵具とかインクとかでも良い)がゴム手袋に付着します。 そのゴム手袋で別の何かを触ると、その何かに油が付着することになります。 これで「油が移動した」ことになりますね。 このゴム手袋を軍手に代えたらどうかというと、少なくともゴム手袋ほどは油は移動しないんです。 軍手に付着した汚れは、別の何かを汚す度合いが小さいのです。 また、ウィルスは付着した物体の表面がツルツルしたものほど寿命が長いことも知られています。 わざわざゴム手袋を使ってしまうと、ウィルスの拡大を助長してしまうことにもなりかねないのです。 ゴム手袋の性能は何より「外界から使用者の皮膚を遮断してしまう」ことであり、レジ店員は守られても、その外界ではウィルスの移動を助けてしまっているかもしれません。 じゃあどうすれば良いかと言うと、ゴム手袋をやめて軍手かニットの手袋にするか、ゴム手袋の上から軍手かニットの手袋をするか、でしょう。 買い物かごの消毒に意味はある? また別のスーパーでは、入り口に1人店員が常駐して、入店しようとする客に今目の前で消毒した買い物かごを手渡ししていました。 もちろんこれだって、やらないよりはやった方が良い。 けど、入店する客の手が汚れていてはこれまた意味がないんですよね。 清潔な手で清潔なかごを持つから意味を成すのです。 飲食店によってはやっている「利用客の手指消毒」、これをセットにしないといけないのです。 やるならちゃんとやれ 個人的には新型コロナをさほど怖い感染症とも思っていないので、そんなに神経質にはなっていません。 が、 緊急事態宣言発令して経済止めてまで、中途半端なことはするなよ!とは言いたくなるのです。 どうせやるなら、「予防のために頑張っています!」という画を作るような行動ではなく、ウィルスがどのように広がるのかを科学的に再認識して、しかるべき手法をしっかりやるべきなのです。 今皆がやっていることは「画づくり」であり、「これだけ頑張っているのだから成果が伴うはず」という感情を心地よく刺激するものでしかありません。 また「感染拡大しないようにするべき対策」を 「感染が拡大してきたからやっている」のです。 これじゃ意味ないでしょ。 感染症寿命損失指数 中途半端なことをやるくらいなら、高齢者のみを隔離して若年層は普通通りに生活した方が良いと私は思っているのですが、なんせマスコミは恐怖を煽り倒します。 ここで、 「感染症寿命損失指数」なるものを考えてみます。 これは、ある感染症によって死んだ人がどのくらいの寿命を損したのかが分かる指数です。 例えば、その感染症によって死んだ人が3人いるとします。 それぞれ享年が70歳、75歳、80歳、85歳だとします。 平均寿命を超えた85歳の人は分子を0、分母を1とします。 すると、3. 75という数字が出てきます。 この数字が意味するものは、 「 【その感染症で死んだ人が】縮めた寿命」 です。 この場合だと平均で3. 75年の寿命を損したということになるわけです。 本当なら全感染者数が分かれば良いのですが、こればっかりは正確な数字が出てきませんから、とりあえず死亡者数で割ります。 で、明らかに元々寿命に影響するような持病持ちの人はノーカウントとした場合、新型コロナでこの数字を出してみると、めっちゃ小さいはずなんですよ。 30とか40とかだとめちゃくちゃ怖い病気ってことになるでしょうが、新型コロナは多分2とか3とかその辺でしょう。 平均寿命を超えた人は超えた分を負数にして算出すれば、0に近いかもしれません。 0に近いほど、あるいは負の数が出てしまうと、 「その病気で死ぬのは年寄りばかり」ってことになります。 新型コロナと毎年10万人殺している「その他の肺炎」でそれぞれこの指数を出して比較してみると面白いかもしれませんよ。

次の

コロナウイルスとつり革と使い捨て手袋

コロナ 手袋

女性向け「手袋」が意外な用途で売り上げ好調~コロナウイルス対策~ 例年のこの時期は、日焼け対策として買う人が増えてくる 女性向け手袋ですが、今年は意外な用途で売り上げが好調となっています。 直接つり革を触らないために 意外な用途とは、電車内のつり革や手すりを素手で直接触らないため。 コロナウイルス感染症の対策として手袋をはめて電車に乗る女性が増えているそうです。 コロナウイルスの感染経路としては、咳やくしゃみの飛沫を浴びてしまうことや、 ウイルスの付いた手で触ったものを別の人が触り、その手で口や目、鼻などの粘膜に触れてしまうことが言われています。 「電車内ではどこも触りたくない!」と足を踏ん張っている方もいますが、 なるほど、手袋をはめていれば不特定多数の人が触るつり革や手すりを直接触ることはありませんし、 その手袋のままで目や口に触れようとする人も少ないでしょう。 「家でも洗える薄手の手袋(税抜き2800~5500円)が、飛ぶように売れている」 といったニュースも見かけますが、 100円ショップや300円ショップでも女性用手袋は売っています。 コロナウイルス感染対策なら、いくつか用意してこまめに洗濯しながら使いたいですね。 『GripPon(グリッポン)』という商品も Amazonサイトより コロナウイルス感染症が広がる前から、「つり革を素手で触りたくない」という人は少なからずいました。 そういった方へ向けて、2016年7月から株式会社創考テクノ(神奈川県座間市 代表:照山 廣之)が販売しているのが、つり革に直接触れることなく、安全に掴める携帯グリップ、 『GripPon(グリッポン)』です。 この『GripPon』をつり革にかぶせて、その上から握るというもの。 基本は「手洗い」と「咳エチケット」 この他にも、抗菌・抗ウイルスのシートやスプレーなど、感染症対策グッズが色々と販売されています。 だだし、こうしたグッズだけに頼るのは危険です。 ウイルス感染予防の基本、 帰宅後の「うがい」「手洗い」「顔洗い」と 咳やくしゃみの出る人はマスクや腕などでカバーする「咳エチケット」を しっかりと守りましょう。 イエモア@あなたにおススメ• , , ,.

次の