エクセル グラフ 基準線。 Excelグラフの作り方と凡例・単位・縦軸/横軸などの編集|Office Hack

エクセル2010のグラフの基準線の書き方を教えて下さい。

エクセル グラフ 基準線

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「」シリーズの第4回目の「散布図の作り方」についてです。 エクセルの散布図は他の棒グラフ・折れ線グラフと比べて、あまりなじみがないはずです。 しかし相関関係(2つのものが密接な関係を持ち、一方が変化すれば、もう片方も変化するという関係)を示したいのであれば、散布図を用いましょう。 ここではエクセル2016で説明を行います。 2016 散布図の基本は近似曲線・2軸が追加できれば十分 例えば「営業マンの訪問回数と売上金額」「有給休暇の取得日数と年間売上金額」といったように、2つの事柄の相関関係を散布図として表すことで、一体何が営業成績を左右するのかがわかることがあります。 さらに近似曲線や2軸を利用して、売り上げが伸び悩むパターンにおいて何らかの問題点を探り、飛躍的な売上のポイントなどを解明できる場合があるなど、散布図から対処法や傾向を把握して、部下のマネジメントに活かすことができるのです。 エクセルで散布図グラフを作成する 1. 挿入タブをクリックし、元になる表からデータ範囲を選び、「グラフ」から散布図をクリックします。 散布図がエクセル画面上に表示されます。 ただしこの散布図の状態では縦軸・横軸・点が何を表すのかがわからないので、次に「ラベル」で表示します。 エクセルで散布図にラベルを表示する ここでいう「ラベル」には2種類あります。 1つ目は「軸ラベル」で縦軸と横軸がそれぞれ、何を表しているかを表示し、2つ目は「データラベル」で、点が何を表しているかを表示します。 まずは「軸ラベル」の作成方法です。 散布図をクリックすると、図の右側に出てくる十字アイコンをクリックする。 そして、グラフ要素の「軸ラベル」にレ点チェックを入れます。 すると縦軸・横軸に軸ラベルの入力ボックスが出てきます。 まずは縦軸の軸ラベルをクリックする。 そして、「店舗売場面積(? )」と入力します。 次に横軸のラベルを縦書きに編集します。 軸ラベルの書式設定内の「文字のオプション」をクリックし、「左へ90度…」から「縦書き」に文字列の方向を変更します。 縦書きに変わったら、文字上をクリックして、横軸ラベルを入力します。 最後にタイトル部分をクリックして、散布図のタイトルを訂正入力します。 次に「データラベル」です。 データラベルの書式設定内のチェックを「セルの値」に入れ、データのラベル範囲を選択し、OKをクリックします。 店舗名のラベルが追加されますが、値も一緒に表示されて見づらいので、ここでは非表示にします。 データラベルの書式設定から「Y値」に入っているチェックを消します。 Y値を消去してもまだ見づらい時には、ラベルをドラッグして移動することも可能です。 移動しても引き出し線が付くので安心です。 エクセルで散布図に線を引くには 全体的な標準値と比べて、上なのか下なのかを判別するには、近似曲線を用います。 エクセルで散布図を2軸表示するには ここでは新たに「販売員数」のデータも散布図に反映させるために、2軸表示の設定をします。 まずは、追加データを反映させるため、図の右側の漏斗のアイコンをクリック、右下の「データの選択…」をクリックします。 販売員数を含めて改めて範囲を指定し、OKをクリックします。

次の

折れ線グラフに予想線、ガイド線を描画する

エクセル グラフ 基準線

A ベストアンサー 方法1:もっとも簡単な方法 添付図のように、 A列 日付 B列 体重(測定値) C列 目標体重 を3列並べて、折れ線グラフを作成します。 方法2:ちょっと中級な方法 方法1で目標にしたC列は、実際には「毎日データを記入しておく」必要は全くありません。 先頭の5月1日と、一番最後の日付の2点だけデータを用意、あいだを直線でつないだ折れ線グラフで描いておけば、もう十分です。 方法3:少し上級の方法 実は「5月1日の目標値」と「最終日の目標値」は、体重測定値の表と「同じ並びに並べておく」必要は全くありません。 手順) 1.K2とK3セルに目標値を記入する 2.K2:K3をコピーし、体重実測値だけの折れ線グラフに貼り付ける 3.右クリックして「近似曲線の追加」を開始、 「線形近似」を選択、 前方補外を20区間ほど設定 後方補外を1区間設定 線の色やスタイルを整える 4.目標値の折れ線を、マーカ無し線無しに書式設定する 方法4:さらに上級 上述手順から更に加えて 5.「データの選択」ダイアログで目標値系列の編集を開始、現在K1:K2のセル範囲が設定されているのを{61,61}書き換えてOKする #ダラダラと書きましたが、手順を追って作業していけば必ず簡単に出来ますので、練習してみて下さい。 方法1:もっとも簡単な方法 添付図のように、 A列 日付 B列 体重(測定値) C列 目標体重 を3列並べて、折れ線グラフを作成します。 方法2:ちょっと中級な方法 方法1で目標にしたC列は、実際には「毎日データを記入しておく」必要は全くありません。 先頭の5月1日と、一番最後の日付の2点だけデータを用意、あいだを直線でつないだ折れ線グラフで描いておけば、もう十分です。 方法3:少し上級の方法 実は「5月1日の目標値」と「最終日の目標値」は、体重測定値の表と「同じ並びに並べてお... A ベストアンサー No. 8です。 >表に空欄があっても問題ないのでしょうか? もちろん空白があっても問題ないはずです。 前回の画像の配置で、行方向・列方向にはいくらデータがあっても対応できます。 Count, "D". End xlUp. Count, "A". End xlUp. Count, "D". End xlUp. Column. 「UNIT」にD列データがない場合の処理を追加しました。 8です。 >表に空欄があっても問題ないのでしょうか? もちろん空白があっても問題ないはずです。 前回の画像の配置で、行方向・列方向にはいくらデータがあっても対応できます。 A ベストアンサー こんにちは。 図形を描くプログラムを実行したけれども、何も変化が起こらなかったということですね。 もう少し詳しい状況が分かればとは思いますが、私の思っている状態とは違うようです。 簡単に分かる方法は、 ActiveSheet. Shapes. Count と見えているものとの数を比較してみればよいです。 それから、コードを見直しましたが、線が消えないのは、私のミスでした。 お手数掛けました。 基本的には1行直しただけですが、これで様子を見てください。 もちろん、グラフやボタンは消えないようになっています。 Count 0 Then If Not Intersect Rng, Range. TopLeftCell,. BottomRightCell Is Nothing Then. Delete End If End If End With Next End Sub こんにちは。 図形を描くプログラムを実行したけれども、何も変化が起こらなかったということですね。 もう少し詳しい状況が分かればとは思いますが、私の思っている状態とは違うようです。 簡単に分かる方法は、 ActiveSheet. Shapes. Count と見えているものとの数を比較してみればよいです。 それから、コードを見直しましたが、線が消えないのは、私のミスでした。 お手数掛けました。 基本的には1行直しただけですが、これで様子...

次の

グラフに目標範囲を入れてみる

エクセル グラフ 基準線

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「」シリーズの第4回目の「散布図の作り方」についてです。 エクセルの散布図は他の棒グラフ・折れ線グラフと比べて、あまりなじみがないはずです。 しかし相関関係(2つのものが密接な関係を持ち、一方が変化すれば、もう片方も変化するという関係)を示したいのであれば、散布図を用いましょう。 ここではエクセル2016で説明を行います。 2016 散布図の基本は近似曲線・2軸が追加できれば十分 例えば「営業マンの訪問回数と売上金額」「有給休暇の取得日数と年間売上金額」といったように、2つの事柄の相関関係を散布図として表すことで、一体何が営業成績を左右するのかがわかることがあります。 さらに近似曲線や2軸を利用して、売り上げが伸び悩むパターンにおいて何らかの問題点を探り、飛躍的な売上のポイントなどを解明できる場合があるなど、散布図から対処法や傾向を把握して、部下のマネジメントに活かすことができるのです。 エクセルで散布図グラフを作成する 1. 挿入タブをクリックし、元になる表からデータ範囲を選び、「グラフ」から散布図をクリックします。 散布図がエクセル画面上に表示されます。 ただしこの散布図の状態では縦軸・横軸・点が何を表すのかがわからないので、次に「ラベル」で表示します。 エクセルで散布図にラベルを表示する ここでいう「ラベル」には2種類あります。 1つ目は「軸ラベル」で縦軸と横軸がそれぞれ、何を表しているかを表示し、2つ目は「データラベル」で、点が何を表しているかを表示します。 まずは「軸ラベル」の作成方法です。 散布図をクリックすると、図の右側に出てくる十字アイコンをクリックする。 そして、グラフ要素の「軸ラベル」にレ点チェックを入れます。 すると縦軸・横軸に軸ラベルの入力ボックスが出てきます。 まずは縦軸の軸ラベルをクリックする。 そして、「店舗売場面積(? )」と入力します。 次に横軸のラベルを縦書きに編集します。 軸ラベルの書式設定内の「文字のオプション」をクリックし、「左へ90度…」から「縦書き」に文字列の方向を変更します。 縦書きに変わったら、文字上をクリックして、横軸ラベルを入力します。 最後にタイトル部分をクリックして、散布図のタイトルを訂正入力します。 次に「データラベル」です。 データラベルの書式設定内のチェックを「セルの値」に入れ、データのラベル範囲を選択し、OKをクリックします。 店舗名のラベルが追加されますが、値も一緒に表示されて見づらいので、ここでは非表示にします。 データラベルの書式設定から「Y値」に入っているチェックを消します。 Y値を消去してもまだ見づらい時には、ラベルをドラッグして移動することも可能です。 移動しても引き出し線が付くので安心です。 エクセルで散布図に線を引くには 全体的な標準値と比べて、上なのか下なのかを判別するには、近似曲線を用います。 エクセルで散布図を2軸表示するには ここでは新たに「販売員数」のデータも散布図に反映させるために、2軸表示の設定をします。 まずは、追加データを反映させるため、図の右側の漏斗のアイコンをクリック、右下の「データの選択…」をクリックします。 販売員数を含めて改めて範囲を指定し、OKをクリックします。

次の