関口 ちびまる子ちゃん。 ちびまる子ちゃんの登場人物

ちびまる子ちゃんの「消えたキャラ」たち…えびすくんって誰!?

関口 ちびまる子ちゃん

静岡県清水市(現在の静岡市清水区)を舞台に、原作者であるさくらももこさんの幼少時代を描いた「」。 特にテレビアニメ版はサザエさんと並んで日曜夜の定番とも言える人気作品ですよね。 知られざるトリビアを紹介! 今回は世代を超えて愛されている国民的人気アニメ・ちびまる子ちゃんに関するトリビアをドーンと10連発でお届けいたします。 果たしてあなたはいくつご存知でしょうか!? ちびまる子ちゃんの知られざる秘密10選 1. まる子は1965年生まれ 主人公・まる子は1965年生まれの小学3年生という設定になっています。 つまり、舞台は1974年頃ということになりますね。 作中は何年たっても年を取ることはありませんが、もし現実世界と同じだけ年齢を重ねていたとすれば、まる子は現在51歳ということになります。 アニメは約2年間放送休止されていた ちびまる子ちゃんのアニメが放送開始されたのは1990年1月から。 ところが、1992年10月から1994年12月までの約2年間は放送が休止されています。 もともと短期間での放送予定だったようなのですが、人気が爆発してしまったため放送期間を延長。 約2年半放送を続けたものの、さすがに充電せざるを得なくなったということのようです。 ちなみに約2年間の放送休止期間中、代わりに放送されていたアニメは「ツヨシしっかりしなさい」である。 父・ヒロシの仕事は八百屋? いつも家でダラダラしていて、働いている描写が一切ない父・ヒロシ。 しかし一家の主としてさすがに仕事をしていないわけありませんよね。 ちびまる子ちゃんの登場人物は実在の人物をモチーフに描かれていますが、原作者・さくらももこさんの父親の職業は八百屋だったとのこと。 ですが、自営業では普通の家庭を表現しにくくなってしまうため、あやふやな設定にしているそうです。 みぎわさんのモデルはいない まる子のクラスメイトで、花輪くんに対してストーカーまがいの愛情を爆発させる強烈なキャラクター・みぎわさん。 クラスメイトも大半が実在の人物をモデルにしているそうですが、みぎわさんにはモデルがいないと明言されています。 確かに、実際にはモデルがいたとしても、みぎわさんのモデルにしたとは口が裂けても言えないでしょうね。 クラスで最も高身長なのは藤木くん まる子が所属する3年4組の中で最も背が高いのは藤木くんになります。 ですが、残念ながら身長が何センチなのかは明らかにされていません。 ちびまる子ちゃんの世界では、大人と子供で身長差が2倍くらいで描かれているため、身長を明らかにするとおかしなことになってしまうのは目に見えていますからね。 藤木くんが卑怯と呼ばれる理由 永沢くんなどから常に「卑怯」だと罵られている藤木くん。 どうして卑怯と呼ばれるようになったのかというと、かつて肝試しでまる子とペアを組んだ際に、恐怖のあまりまる子を墓地に置き去りにして逃げてしまったため。 一旦「卑怯」という目で見てしまうと、いろいろな行為が卑怯に見えてしまいそうですからね……。 歴代高視聴率アニメの第1位 ビデオリサーチ調べのアニメ歴代高視聴率ランキングで、ちびまる子ちゃんはなんと1位に輝いています。 最高視聴率を記録したのは1990年10月28日の放送回(第43話 『まるちゃん実験をする』の巻)で、その数値はなんと39. 当時のちびまる子ちゃん人気の凄さがうかがえますね。 さくら家はNHKの受信料をごまかしている ちびまる子ちゃんの舞台となっている1970年代中盤はテレビのカラー放送とモノクロ放送の過渡期でした。 そしてNHKの受信料はモノクロで受信していると少し割安になるのです。 さくら家ではカラー放送を見ていますが、なんと料金はモノクロ料金でごまかしています。 テレビの映りが悪い際に、まる子はヒロシに「屋外アンテナを取り付けてよ!」と懇願しますが、「屋外アンテナを取り付けるとカラー料金で支払わなければならなくなるからダメ」と断っているのです。 現実では祖父・友蔵とまる子は仲が悪い まる子にとって祖父の友蔵は家族でも一番の理解者として描かれていますが、モデルとなった実在の祖父・友蔵は正反対の性格をしていたらしく、家族の中で最も嫌いだったと明言されています。 そのため、さくらももこさんは逆に理想の祖父像を作中の友蔵に演じてもらうことにしたのだとか……。 クラスメイトが何十人も抹消されている ちびまる子ちゃんは20年以上続くアニメということもあり、マンネリを防ぐためか何度か新しいクラスメイトが追加されています。 しかし同じクラスの人数が増える一方ではおかしなことになってしまいますよね。 実は、初期に登場していたクラスメイトの一部はひっそりと座席がなくなり、もともといなかったことにされているのです。 しかもその数は10人をゆうに超えるのですから恐ろしい限りですね……。 いかがでしたでしょうか。 以上、ちびまる子ちゃんの知られざる秘密10連発でした。 あなたはいったいいくつご存知でしたでしょうか。 今度の日曜日はぜひ、これらのトリビアを頭の片隅に置いてちびまる子ちゃんをご覧になってみてください。 Fox 執筆、撮影、編集家。 日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。 世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。 人のアイデアを転がします! コンコン。 外部サイト.

次の

ちびまる子ちゃんの関口くんが消えた理由は?クズで怪我させたから登場しない?

関口 ちびまる子ちゃん

ちびまる子ちゃんの歴代声優!声優が変わった? ちびまる子ちゃんの歴代声優をまとめました。 さくらももこ:TARAKO• さくらヒロシ:屋良有作• さくらすみれ:一龍斎貞友• さくらこたけ:佐々木優子• 穂波たまえ(たまちゃん):渡辺菜生子• 花輪君:菊池正美• みぎわ花子:ならはしみき• 関口しんじ:津久井教生• 永沢君:茶風林• 藤木君:中友子• 野口さん:田野めぐみ• 山田笑太:山本圭子 では、各声優について見ていきたいと思います。 ちびまる子ちゃんの声優プロフィール ちびまる子ちゃんの声優のプロフィールを紹介します。 TARAKO• 1960年12月17日生まれ• 群馬県出身• さくらプロダクション所属 【出演歴】• ちびまる子ちゃん• それいけ!アンパンマン• クッキングパパ• 金田一少年の事件簿• コジコジ• 神のちからっ子新聞• となりのトトロ 屋良有作• 1948年3月15日生まれ• ビーボ代表• 東京都出身 【主な出演作品】• 異世界食堂• ドラゴンボール超• ルパン三世vs名探偵コナン• カミワザ・ワンダ• ピンポン• 報道特集• news. every• 全力!脱力タイムズ• 報道ステーション アニメ作品だけでなく、ナレーションや吹き替えでの作品出演も多数。 一龍斎貞友• 女性講談師• 所属フリー• 大阪府出身 【主な出演作品】• クレヨンしんちゃん• 魔法使いサリー• それいけ!アンパンマン• 忍たま乱太郎 豊嶋真千子• 1971年12月28日• 茨城県出身• 青二プロダクション• 2010年からちびまる子ちゃん(さくらさきこ役)の声優を担当 【主な出演作品】• ポケットモンスター• モンキーターン• 新星輝デュエル・マスターズフラッシュ 島田敏• 1954年11月20日生まれ• 新潟県出身• 青二プロダクション• ちびまる子ちゃん(友蔵役)を2010年から担当 【主な出演作品】• Yes! プリキュア5GoGo• 忍たま乱太郎• エンジェルハート• ブラック・ジャック21• ONE PIECE• 北斗の拳• 逮捕しちゃうぞ 佐々木優子• 1961年11月19日生まれ• プロダクション・エース所属• 神奈川県出身 【主な出演作品】• アイドル事変• 甘々と稲妻• 十二国記• 様々な海外映画の吹き替えに挑戦 渡辺菜生子• 1959年11月21日生まれ• 青二プロダクション 【主な出演作品】• ドラゴンボールZ• 小公女セーラ• ひみつのアッコちゃん• トラップ一家物語• とんがり帽子のメモル 飛田展男• 1959年11月6日生まれ• アールビジョン所属• 茨城県出身 【主な出演作品】• ダーリン・イン・ザ・フランキス• キャプテン翼• 幼女戦記• 魔法陣グルグル• おそ松さん• 怪盗ジョーカー 菊池正美• 1960年4月24日生まれ• ケンユウオフィス所属• 長野県出身• O型 【主な出演作品】• デジモンアドベンチャー• グラップラー刃牙 ならはしみき• 1960年1月25日生まれ• アーツビジョン所属• 東京都出身• B型 【主な出演作品】• パズドラ• キャプテン翼• FAIRY TAIL• クレヨンしんちゃん• ジャングルの王者ターチャン 津久井教生• 1961年3月27日生まれ• 81プロデュース• 東京都出身 【主な出演作品】• たまこマーケット• 忍たま乱太郎• ゾンビローン• 機動武闘伝Gガンダム• スクライド カシワクラツトム• 1966年3月1日生まれ• 神奈川県出身• Magus所属 【主な出演作品】• 機動戦士ガンダムZZ• 遊戯王• 美少女戦士セーラームーンR 永澤菜教• 1971年5月12日生まれ• ケーケーコーポレーション所属• 兵庫県出身 【主な出演作品】• バケツでごはん• わんころべえ• 忍たま乱太郎• うしおととら 茶風林• 1961年12月4日• 埼玉県出身• 大沢事務所 【主な出演作品】• 名探偵コナン• サザエさん• しまじろうヘソカ• ぬらりひょんの孫 中友子• 1963年3月22日生まれ• 大阪府出身 【主な出演作品】• ムカムカパラダイス• ゲゲゲの鬼太郎• ONE PIECE• 悪魔くん 田野めぐみ• 1968年12月28日生まれ• 福島県出身• 東京俳優生活協同組合所属 【主な出演作品】• イナズマイレブン• クレヨンしんちゃん• 三つ目がとおる• おばけのホーリー 山本圭子• 1943年8月7日生まれ• 青二プロダクション所属• O型 【主な出演作品】• サザエさん• 天才バカボン• ベイベーばあちゃん• それいけ!アンパンマン• ゲゲゲの鬼太郎 ちびまる子ちゃんの声優が変わったのはいつ?声優変更の歴史 ちびまる子ちゃんに出演している声優さんは途中で変更されている例があります。 その主な例を紹介します。 友蔵役 富山敬(番組放送開始から1995年9月) 青野武(1995年9月〜2010年6月) 島田敏(2010年6月〜現在) 友蔵役は過去に3人が担当しています。 今後は声優が変わることはあるのでしょうか!?.

次の

まる子「たまちゃんのレ◯プ騒動の巻」 : ちびまる子 SS

関口 ちびまる子ちゃん

この記事の目次• ちびまるこちゃんの関口くんは誰? 最近はちびまる子ちゃんの関口くん全然出てこないな。 まるちゃんに自転車教えてくれり不器用だけど優しかったね。 B級トリオの左利きベースもかっこよかった! — どいちゃん カリオンズ yuuuuchika まず、ちびまる子ちゃんに登場する関口くんについて詳細を記載していきます。 背はすらっとしていますが、小学生らしかなぬ薄い髪の毛が特徴です。 また、作中ではあまり描写はありませんが、左利きです。 常に坊主にしており少しだけ髪が生えている可能性も否定できません。 原作ではコミックス3巻、アニメにも1期から登場しているキャラクターです。 コミックスは全17巻であるため、非常に古株の人物とわかります。 1992年に公開された映画「ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌」にも登場しており、はまじ・ブー太郎と3人でB級男子トリオとして歌を歌っています。 性格はクラスの中でもいたずら好き、やんちゃな存在であり、まる子には結構突っかかっていくる存在です。 まる子だけなく、穂波たまえ(たまちゃん)など女子キャラクターとは何かと折り合いがつかないシーンが多いです。 確かに小学校ではこのようなやんちゃ気質の子供がクラスに1人はいるため、キャラクターのバランスを取るため登場していると思います。 しかし、3年4組のレギュラー人物と思われた関口くんですが、近年では登場数がグッと減っているのです。 ちびまるこちゃんの関口くんが消えた理由はクズだから? 関口くんの登場シーンが減っていることはネット上でも大きく話題になっており、下記のようなコメントも存在しています。 特に「2期」に入ったことでそれが顕著に現れてきています。 ちびまる子ちゃんのアニメは、1990年からずっと放送が続いていますが、細かく分けると下記のように区訳されています。 7〜1992. 8〜現在 関口くんは1990年代は出番もコンスタントにあったそうですが、2010年の時点では出番の少なさを指摘している人もおり、ずっと視聴している人はその辺りから違和感を感じていたのでしょう。 関口くんの登場が減った理由は、 キャラが濃いキャラクターがどんどん登場してきたから と、いわれています。 確かに物語の3年4組男子はキャラクター揃いです。 ・ボケ枠:はまじ、山田、ブー太郎 ・影口枠:藤木くん、長沢くん ・秀才枠:花輪くん、丸尾くん ・イケメン枠:大野くん、杉山くん もちろん、上記に加えて、たまちゃん・野口さん・みぎわさんと女子の友達枠もあります。 関口くんも古株ではありますが、ヤンチャな面以外は特段大きな特徴がないため、エピソードを作りにくいとういうのはあるかもしれません。 中には「登場キャラクターが不足した場合の補充要員」と例える人もいました。 また、個人的には出番が減ったもう1つの理由として、 性格がクズと思われてしまった という面もあると思います。 上記のやんちゃな話が広まるに連れて良いイメージを視聴者が持たなくなり、自然と出番が減っていった可能性はあるかもしれません。 もしかしたら、視聴者(特に親御さん)からクレームが入った、という可能性もゼロではありません。 幸い、ちびまる子ちゃんには上記の通り、登場させるキャラクターは豊富にいたため、関口くんを登場させなくても、話が成立していったこともあるでしょう。 関口くんは非常に良い面も描かれており、例えば、 ・まる子に自転車の乗り方を教える ・クラス対抗リレーで転んだまる子に「また来年頑張ればいい」と声をかける ・家が燃えてしまった永沢に「家族は全員助かってよかったじゃないか」と優しい言葉をかける などです。 ただ、このように良い面もありますが、悪いエピソードが印象に残ってしまうキャラクターであることは否めません。 関口くんは40話でまる子を怪我させたから登場しない? 関口くん「クズ」のエピソードは、40話で描かれた、たかしくんへのイジメがかなり悪質でした。 関口くんは良い面(まる子に自転車の乗り方を教えたり、公園でいじめられっ子を助けたりetc)という良い面もありますが、40話が非常に強烈であり、評判を落としてしまっているかもしれません。 1995年10月8日に放送された40話ではたかしくんという遅刻グセのある弱きなクラスメイトを、佐々木くんと2人でイジメていきます。 口で攻撃するだけでなく、ちょっとした暴力的な部分もありました。 さらには、給食でたかしくんに「何で牛乳のこしてんだよ!」と文句をいい、嫌がるのに無理やり飲ませようとしたのです。 その行為を止めに入ったまる子が「謝れ!」と怒るも、関口くんはまる子を吹っ飛ばしてロッカーに頭をぶつけさせてしまいます。 まる子は頭から流血してしまう・・・というちょっと過激なエピソードなのです。 この印象が非常に強いため、視聴者から関口くんの評判がガタッと落ちてしまった経緯はあったかもしれません。 以降、だんだんと出番が減ってしまい、2000代に入りほとんどエピソードも盛り込まれなくなった可能性はありますね。 もちろん、これはあくまでも推測です。 ただ、キャラクターの人気では、関口くんよりはまじやブー太郎の方が上だと思うので、人気があるキャラを優先させているというのは間違いないでしょう。 以上となります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の