下手 のりこ。 岸のりこ

江口のりこの演技力は下手うまい黒革の手帖の演技力

下手 のりこ

ラテン界の荒波を乗り越えた果ての、自信作 年明け早々、寺井尚子のラテンジャズ・ライヴを観た。 ゲスト、岸のりこ。 バンドの主軸は、岸自身の最新セカンド『恋の12の料理法』を支えるつわものたち。 強靭なラテン・グルーヴを、甘美な音色でスリリングに切り込む寺井。 尖った硬質の歌声で、まったり円熟のレパートリーを紡ぐ岸……相性は抜群だった。 以前から共演機会をもつ両者には、奇しくも中西俊博との縁、ラテンという共通項がある。 岸のサルサ・バンド初参加のきっかけが、当時オルケスタ246のメンバーだったバイオリニスト、中西よりのお誘い。 彼女はサルサに没頭し、ラテン界の重鎮・見砂直照と知り合い可愛がられた。 やがて本格的なキューバ修行へと旅立ち、1990~2000年にはキューバ、ベネズエラ、米国を拠点に、めざましい活躍を遂げることとなる。 「向こうで歌っていたのは、オリジナルのサルサとバイラブレ=踊るための音楽。 今回のレパートリーのようなボレロやフィーリンの曲は、スタンダード過ぎてほとんど取り上げませんでした。 帰国後、日本でのサルサの状況があまりよくないので、試行錯誤しながら……1年半、2年前くらいから、あびる竜太さん(ピアノ)と長年ご一緒している納見義徳さん(パーカッション)、最小限のメンバーでライヴを始めたんです」 粒選りの定番曲をとびきりジャジーに、洒脱な編曲でひとひねり。 20年ぶりの濃密なセカンド作……だがその間、録音に対する欲求はなかったのか? 「歌手として自信が持てず、方向性でも迷っていた。 納得できる自分の音楽づくりをしたかったから、まったく焦ってはいなかった。 だから、今回の作品に出合って大正解……やっと自信作でございます、っていう感じ(笑)。 ライヴではもっと膨らまして、アレンジもどんどん変えていく。 まず楽曲の概念を壊して、それから組み立てて……すごく楽しいんですよね。 幾通りもある……ただね、やっぱりラテン音楽と文化に対するリスペクトは、忘れちゃ、外しちゃいけないなと思う。 私たちはそこで勉強させてもらって、生きてるわけですから。 あと、歌手としての力。 今、やっと自信が出てきた。 自信がない時点では、リスペクトを欠くような気がしますから。 決して順風満帆ではなく、荒波に飛びこんで行ったほうなので(笑)、人生の積み重ねを、作品の中のどこかに感じます。 荒波を乗り越えて、今やっと空気を吸えるところにきたので、これからまた、さらに上がっていかなきゃいけない」 タフなベテラン歌手が、熱い闘志をめらめら燃やす。

次の

ぼやき川柳アワ〜♪お題「下手」「噛む」

下手 のりこ

スロットブログを見るのが日課、売れないホストです。 初めてサムネで自作の絵を使いました。 創作時間は10分。 我ながらいい出来です。 自分は毎朝スロットブログを読むのが日課。 その中で一番購読歴が長いのが、 「のり子の下手スロ!」です。 このブログはいつからか忘れましたが にほん ブログ村の スロット日記ジャンルでずーっと一位。 (約3500ブログ中) 更にジャンル問わずの 全ランキングでも一桁。 Contents• ポイント1:オリジナリティが高い このブログでは、管理人のり子さん オリジナルの絵が記事の場面ごとに使われております。 例えば、 ・大量上乗せした時は脳汁が出てる絵 ・大きなハマりを迎えた時はホラーみたいな絵 この絵が中々気が抜けてて面白い笑 私は絵が描けないので、描けるというのは本当凄いことだと思います。 何気にスロットの描写の絵なんて、漫画くらいでしか見たことありませんからね。 他のブログを見て比較してみると、オリジナルの絵を使っているブロガーの人って結構少ないイメージです。 同じようなジャンルでもここまで差が出るということは、オリジナリティという付加価値に価値を感じる人が多いからではないかと思います。 付加価値があることで、そこらの量産的なブログよりも価値を感じ、リピートしてくれる。 リピートしてくれるからランキングも自然と上がることに繋がるのではないかと考察します。 そういえば自分のブログにおける価値ってなんだろう… と思った時に何も思いつきませんでした笑 せいぜいディスクアップの演出期待度とかを実践値から調べてまとめたくらいでしょうかね。 ブログの閲覧者が少ない、というのは必然的に価値が低いということなので、何か自分もオリジナリティを出せる何かを見つけないと先には進めないんだなあとしみじみ。 ポイント2:ポジティブ描写が多い 自分にとってスロットは 金稼ぎにしか思ってないです。 なので、負けれたときの記事はネガティブ発言が多いくらいです。 しかし、のり子さんの描写はとにかくポジティブ。 勝手も負けてもポジティブ。 場面場面で一喜一憂している描写が多いので、 「この人は本当に楽しんでスロットをやってるんだな〜」というのがひしひしと伝わります。 割と結果重視で楽しんでスロットを実践しているブログっていうのは少ないもので… ほとんどのブログは結果を重視する傾向が強いため、そこともまた差別化が図られていると思います。 自分は元々根がネガティブな人間なので、ポジティブ記事っていうのはかなり少ない気がします… 人間関係だって、ネガティブな人といるよりかはポジティブな人と関係を築きたいものですよね。 それを思うと、ポジティブな内容で記事を書くというのも人気の秘訣なんじゃないかなぁと思ったり。 負けてもなるべくポジティブ要素が強い記事が多い。 とにかく大事だと思ったのが、 ・他のブログとは違う付加価値をつけること ・ポジティブ要素を強めに書くこと 上2つを自分のブログに取り入れることで見てくれる人が増えるかも…? 自分なりに考察してみましたが、案外やろうと思えばできることのような…そんな気がしてきました。 勿論人柄というのも重要だとは思いますが、自分も地道にブログを続けていつかは有名な人となりたいものです。

次の

演技が下手だなぁと思う芸能人...

下手 のりこ

2年後の2004年にはなんと「月とチェリー」という作品で早くも主演に抜擢されます! 今までにテレビドラマへの出演作品は50本以上にもなり、 映画の出演作もなんと約70本とかなり出演されていますね。 もちろん劇団からの叩き上げなだけあって、演技力にはかなりの定評があり、 色々な作品でメチャメチャ引っ張りだこの個性派女優さんなんです。 あと、意外と知られてはいませんが、 江口さんは今までに10本以上ものCMに出演経験があるんですよね。 そのCMの中でも、もちろん江口さんの存在感はかなり出まくっています。 みなさんもどこかで知らず知らずのうちに江口さんを見ているかも!? 江口のりこは芸名だった!本名は? 実は 江口のりこさんは 芸名 なんです。 一見、普通っぽい感じの名前なので、 まさか芸名とは一切疑わずに本名かと誰しもが思ってしまいそうな そんな名前ですよね。 江口のりこさんの本名は、 江口徳子なんです。 いえいえ、読み方が違うんです。 江口徳子(えぐち とくこ) が本名なんです。 この芸名にした経緯はどこでも語られていないので 命名理由は不明なんですが、 もしかしたら読み間違われることが多くて あー、もうめんどくさいからノリコでいいや。 あと平仮名にしとけば間違われることもないし! 的な感じ?なのかもしれませんが… その真相は、分かり次ここでまた追記していきたいと思います。 Sponsored Links 江口のりこの超意外な最終学歴! 江口さんの学歴を調べたところ、 個人的に 「意外だな〜」と感じたところがありました。 というのも、江口さんはお話されている感じからして、 大学くらいは出ていそうなイメージでした。 「お勉強のできる高学歴」という意味ではなく、 頭の回転の早さ的な「アタマが良い」という方です。 しかし実はなんと、江口さんの最終学歴は 中卒だったんです。 江口さんは、あまりの映画好きが高じてしまい、 「ワタシは見る側ではなく出演する側になりたい!」と真剣に思うようになるんです。 女優をやるなら学歴は関係ない! 中学を卒業したらすぐに上京して… というように本人の中で話はトントン拍子に進んでいきます。 笑 しかしながら親に猛反対されてしまいます。 …ってそりゃ当たり前ですよね。 江口さんのお母さんの職業はなんと… タロット占い師なんだとか。 …コレってそうとう意外じゃないですか!? だって 占い師ですよ?笑 普通はなかなかそんな人とは出会えませんよ。 笑 娘が高校に進学しないで、女優を目指すために上京したいと言ってきた時も、 猛反対しながらも、結局は快く送り出してあげたのは… もしかして、占い師として「自分の娘に何か光るモノが見えた」んでしょうか?笑 まとめ 超以外性なプロフィールがオンパレードの江口のりこさん。 本名ではないし、 最終学歴は中卒だし、 お母さんは占い師だし。

次の