ドラクエ10 僧侶 宝珠。 達人の宝珠効果一覧とドロップモンスター

【ドラクエ10】僧侶最強ヒーラー計画!武器はスティックだけじゃない!宝珠も忘れるべからず【DQ10】│まさとるてぃあ

ドラクエ10 僧侶 宝珠

僧侶:目次• 僧侶の基本情報 役割:後衛 装備:ローブ 武器:ヤリ、スティック、棍 僧侶のステータス5段階評価 HP MP 攻撃 守備 攻魔 回魔 速さ 備考 2. 0 4. 0 2. 0 2. 0 0 5. 0 3. 0 回復呪文が得意 僧侶の覚える呪文 呪文 Lv 効果 ホイミ Lv1 味方1人のHPを小回復 キアリー Lv3 味方1人のどくを治す リホイミ Lv5 味方1人のHPが徐々に小回復 ザメハ Lv7 味方1人の眠りを治す ザオ Lv10 死んだ味方1人を中確率で蘇生する マホリー Lv14 味方1人の呪文封印を治す ズッシード Lv16 味方1人の重さを1. 5倍する マヌーハ Lv18 味方1人の幻惑を治す ベホイミ Lv22 味方1人のHPを中回復 キアリク Lv25 味方1人のマヒを治す スカラ Lv28 味方1人の守備力を1段階上昇 リベホイミ Lv30 味方1人のHPが徐々に中回復 ザオラル Lv32 死んだ味方1人を高確率で蘇生する フバーハ Lv34 周囲の味方全員のブレス耐性を1段階上昇 スクルト Lv36 周囲の味方全員の守備力を1段階上昇 ザキ Lv45 敵1匹を低確率で倒す ベホマラー Lv50 周囲の味方全員のHPを中回復 ベホイム Lv63 味方1人のHPを大回復• 回復魔力が高く、僧侶専用スキル「聖なる祈り」で回復呪文の効果を2倍にできるという、最強の回復職です。 また、味方が死にそうな時に守る「聖女の守り」「女神の祝福」や、状態異常を防ぐ「キラキラポーン」なども使え、味方が常に健康な状態で戦えるように補助をかけることもできます。 回復職は他に賢者がありますが、回復職としては賢者より僧侶の方が頼れます。 賢者より僧侶の方が回復魔力がやや高く、回復効果を2段階上昇する効果も僧侶のみ 賢者の「むげんのさとり」はチャージタイムが付いているため一度使うとしばらくは使えません。 装備はスティック+盾装備が鉄板。 敵が弱くて僧侶が回復・補助に専念しなくてよい場合は、武器をヤリや棍に持ち替えるのも良いでしょう。 その場合、棍なら「奥義・棍閃殺」で自分にバイシオンをかけることができ、ヤリなら「武神の護法」で敵の攻撃ダメージを下げることができます。 僧侶のエンドコンテンツの参加しやすさ ポイント ここでの記述は、初心者の方がどの職業から育てるか考えるための参考資料として、参加しやすさを挙げたものです。 僧侶のスキルポイントはしんこう心スキルに振っていけば、最短でレベル47で聖なる祈りを取れます。 スティックスキルや盾スキルは、他の職業のレベルを上げて、余ったスキルポイントで取るようにしましょう。 スティックはパラディン、スーパースター、踊り子、天地雷鳴士で取れます。 大体のエンドコンテンツで通用する僧侶になります。 さらに上を目指すなら、スティックスキル120のラピッドステッキ、盾スキル180のアイギスの守り、しんこう心スキル150の女神の祝福を取ります。 僧侶のおすすめ装備 最初のうちはLv35から装備できる「まほうのよろい」シリーズと、Lv42から装備できる「きじゅつしの服」シリーズが便利です。 これらは僧侶だけでなく多くの職業で装備が可能で、バザーにも出品がたくさんあります。 僧侶が状態異常などで行動不能になってしまうとパーティーが一気に壊滅しますので、できるだけ状態異常を防ぐ防具を装備しましょう。 重要になるのは「頭」と「からだ下」です。 この2部位でできれば3つの状態異常を防げると良いでしょう。 優先的に防ぎたいのは封印で、次いで眠り・混乱・マヒです。 中盤以降、僧侶の装備は魔法使い・賢者・占い師と兼用になります。 この中にやりたい職がある場合は、どちらの職でも使えるものを揃えていくと良いでしょう。 僧侶のスキル• 両手武器。 序盤は使いにくいです• キラキラポーンや武器の詠唱速度アップ錬金が回復職向け• MP消費が大きいが、複数の敵への攻撃が得意• ばくれつけんがメタル狩りに便利• スティック装備時に使用• 僧侶には必須。

次の

【宝珠】僧侶にオススメの宝珠まとめ

ドラクエ10 僧侶 宝珠

ちびこバトマスの宝珠(予定) 炎の宝珠 不屈の闘志(レベル6) 武神の剛腕(レベル6) 練磨(レベル6) 韋駄天の足(レベル5) 先見の眼(レベル5) 鋼鉄の肉体(レベル5) 神業の手(レベル4) 深淵なる叡智(レベル4) 鉄壁の攻撃呪文耐性(レベル4) 鉄壁のブレス耐性(レベル4) 水の宝珠 不滅の攻撃力アップ(レベル6) 忍耐のMP回復(レベル6) 逆境の身かわしアップ(レベル6) 鉄壁の完全ガード(レベル6) 復活のHP回復量アップ(レベル2) の盾(レベル5) の盾(レベル4) 鉄壁の踊りガード(レベル3) 鉄壁の転びガード(レベル3) 鉄壁の魅了ガード(レベル5) 風の宝珠 禁断のちからアップ(レベル6) 打たれ名人(レベル6) 奇跡の攻撃(レベル6) 復讐の聖女の守り(レベル5) 勝ちどきMP回復(レベル4) 気まぐれな追撃(レベル4) 復讐のテンションアップ(レベル4) 共鳴のテンションアップ(レベル4) 始まりのチャージタイム短縮(レベル4) 始まりの聖女の守り(レベル4) 光の宝珠 テンションブーストの閃き(レベル6) 天下無双の極意(レベル6) 古今無双の極意(レベル6)(あればだが) 果てなきテンションバーン(レベル6) やいばのぼうぎょの極意(レベル6) 果てなきミルブースト(レベル4) おたけびの技巧(レベル4) 闇の宝珠 ぶんまわしの極意(レベル4) ビッグバンの極意(レベル4) プラズマブレードの極意(レベル6) 全身全霊斬りの極意(レベル4) 大旋風斬りの極意(レベル6) ランドトの極意(レベル6) プレートトの極意(レベル6) アースクラッシュの極意(レベル5) ちびこは、足防具は妥協なので、宝珠で転び踊りを補わないといけないんです。 なので、宝珠で補う必要がない人はスルーでOK。 宝珠で補う必要があるなら、まんま参考にしても大丈夫かも? 闇の宝珠は、ちびこは両手&ハンマーを使うので、両方の武器種を入れた感じです。 両方の武器種のを入れるので、極力無駄な特技の宝珠は省きました。 宝珠、レベル6を6つ付けることもできるので、特化に尖らせるのもアリとは思うのだが レベルを少し下げることで、より多くの宝珠を付けることができるのと 今の現状の宝珠システムでもそうなのだが 均等に多くの宝珠のレベルを3や4にしておいた方が 結果的にキャターがパワーアップするのよね。 なので、レベル6も付けているが、レベル4や5も入れています。 宝珠のセット内容は、人によって結構分かれると思う。 レベル6の特化で行く人もいれば、レベル6とレベル5以下混ざりの人もいるし レベル6を付けずにレベル4や5で埋め尽くすもいるだろうし 色々あると思うので、自分に合った宝珠セットを探すのが、一番いいかと思う。 あとはもう、場に応じて、ある程度宝珠を弄ることでしょうな。 完全固定でやらない。 が大事かなあという気がします。 昨日は1日だったので、ナスガルドを4キャラ分消化しました。 アプデ入ったら乗り込むの面倒なので、早めにですね。 まだ未消化の人は、今日中にやっておくといいかもです。 メインキャラくむくむ、聖女の守りの瞬き入手の為に、今週分の試練の門と達人クトを消化。 アプデ後にやった方が良いので、今やるのはあまりオススメはしない・・>< どうしても今欲しいのがあるならやってもって感じかね。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。

次の

達人クエストの報酬で入手しておきたいランダム限定宝珠まとめ!

ドラクエ10 僧侶 宝珠

今回は、戦士・僧侶・魔法使い・武闘家! みなさん、こんにちはなので! 今回は、 職業別に 光の宝珠を見ていきたいと思います! もともと、 光の宝珠は数が多いので、 今まであんまりやってこなかった特技の説明なんかも交えていると、 分量がどうしても多くなってしまいます・・・ 今回は、 戦士・ 僧侶・ 魔法使い・ 武闘家のものを見ていきたいと思います! 長い旅路になりそうだ・・・ 戦士の宝珠 真やいば砕きの技巧 戦士をやるなら必須級、真っ先に欲しい宝珠です。 真やいば砕きは、 攻撃力を2段階下げる効果と、すべてのダメージを30%低下させる効果があります。 攻撃力に依存するダメージは大幅に、それ以外の呪文やブレスなども3割も減らすことができる、 非常に強力な特技です。 真やいば砕きが敵に命中するかどうかで、 戦闘の難易度が大きく変わってしまいます。 真やいば 砕きの技巧は、その 成功率を5~25%アップさせることができる宝珠です。 体感でも、 つけていないと けっこう外してしまうなーという感じですが、 つけていれば ほとんど外さない 印象。 戦士をやるときには、必ずセットしておきたい宝珠です! そのほかの宝珠 戦士にとって、 必要な光の宝珠は 「真やいば砕きの技巧」くらいです。 これ一つあれば、とりあえず十分な働きができるでしょう。 「真やいば砕きの極意」はダメージを 3~15%上げる宝珠です。 「技巧」と比べそこまで重要ではないのですが、 もともと威力の高い特技ですし、必ず使うので、 余裕があればつけておきま しょう。 「チャージタックルの極意」 「たいあたりの極意」もダメージ量を上昇させる宝珠ですが 優先順位は低めです。 それぞれ便利な特技ではありますが、 つけていてもアップするダメージの総量はあまり多くありません。 とくに たいあたりは連打するような特技ではないので、使いどころに注意してください。 必殺技も使いやすいものではないため、 「会心必中の閃き・極意」 ともになくてもいいでしょう。 「かばうの極意」もかばったときのダメージを減らす宝珠ですが、使う機会があまりありませんし、減らせるダメージも最大で5と、ものたりないです。 戦士は 「真やいば砕きの技巧」をしっかりつけておいて 間違えて極意をつけないよう注意! あとは 「はやぶさ斬り」「渾身斬り」「蒼天魔斬」などの 闇の宝珠を充実させていきましょう。 僧侶の宝珠 聖者の詩の閃き 僧侶はの 必殺技「聖者の詩」は、 パーティ全員の蘇生・回復・状態異常解除ができる、 起死回生の大技。 チャージする機会が増えれば、緊急事態の保険になるため安心してバトルをすることができます。 ほかに優先してつける宝珠も少ないので、 ぜひセットしておきましょう。 天使の守りの瞬き 僧侶は役割上、 生き延びることが重要な職業です。 死亡時に自動で復活できる 「天使の守り」は保険でかけておきたいところ。 しかし、 僧侶のやることは多岐にわたり、その 合間を縫って天使の守りを使うことになります。 「天使の守りの瞬き」は、その 発動速度を5~25%上げることができる宝珠。 少しでもスキを減らしておきたい僧侶にとっては、 こちらもぜひつけておきたいですね。 そのほかの宝珠 「果てなきマホトラのころも」も、 ほかにつけるものがなければつけておいて損はない、程度。 あとは、 全職業でつかえる「おはらいの瞬き」くらい。 「ホーリーライト」は どう頑張っても火力を出すのが難しいので、その 「極意」も不要でしょう。 攻撃したいなら、棍やヤリで殴った方がいいです。 魔法使いの宝珠 メラ系とギラ系呪文の極意 魔法使いならまずこれ。 メラ系呪文の ダメージを1~5%増やすことができます。 攻撃魔力を伸ばして上昇できる呪文の威力には限界があります。 その限界を超えることができるのが、この 宝珠や です。 中でも、 魔法使いの主力となるのが メラゾーマと メラガイアー。 その威力を伸ばすことができるので、 必ずつけておきたい宝珠ですね! 必要に応じて、 ヒャド系や イオ系の極意もつけておきましょう。 魔力かくせいの瞬き 「魔力かくせい」は、 魔法の威力を2段階上昇させる特技。 戦闘が始まれば必ず使いますし、長期戦なら何度も更新します。 その 発動速度を5~25%アップする宝珠です。 魔法使いなら、ぜひセットしておきたい宝珠ですね! そのほかの宝珠 魔法使いの 必殺技「ミラクルゾーン」は、 魔力かくせいをしつつ、一定時間MP消費が0になります。 モーションが長いため、 MPに不安がなければ 魔力かくせいを使った方がいいです。 普段、 勝どき・忍耐のMP回復があればさほど心配ないと思いますが、 強敵との長期戦だとMP切れも起こりうるので 「ミラクルゾーンの閃き」が活躍してくれることでしょう。 あとは、 全職業で使える「ぶきみなひかりの技巧・瞬き」になります。 呪文耐性を下げることができると、その分ダメージも上がるので、うまく活用していきましょう。 武闘家の宝珠 一喝の閃き 武闘家の 「一喝」は、 敵全体をスタン状態にして、自身のテンションを上げる 強力な必殺技です。 一部 耐性を持つ敵にはなかなか効きづらいですが、 耐性がない敵には必ず入ります。 「一喝の閃き」宝珠をつけて 連続でチャージすれば、それだけで敵をはめごろしにできます。 武闘家をやるなら、ぜひつけておきたい宝珠です。 そのほかの宝珠 全職業で使える 「おたけびの技巧」はとても便利です。 「心頭滅却の瞬き」も必要に応じて、でしょうか。 一喝には 「極意」の宝珠もあります。 3~15%の確率で、追加でテンションアップする効果です。 テンションが2段階入れば、 ためる弐を1回使って スーパーハイテンションになるため、けっこう便利なんじゃないでしょうか。 あとは、 1~5%でテンションをもう一段あげる 「ためるの極意」 弐・参もそれぞれあります がありますが、 なかなか 有効な活用法がイメージしづらいです。 「ためる参の極意」をつけてスーパーハイテンションを狙っても、 95%はためる弐を使いなおさないといけないんですよね・・・ だったら、はじめからテンションが1段乗っているときにためる参を使いたい。 「ためる弐の極意」のほうがまだ使いやすいかな? そうでもないかな? という感じです。 「めいそう・無念無想の奇跡」は、それぞれ HP、MPの回復量を上げる宝珠です。 武闘家はあくまで攻撃役。 自分で回復する必要性はほとんどなく、 一部のやりこみプレイでしか利用する機会はなさそうです。 どちらかというと、 無念無想 のほうが使う機会はあるかな?.

次の