ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿。 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿

ロード・エルメロイII世の事件簿 1 「case.剥離城アドラ」

ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿

あまり何度も続けすぎると、流石に注目度が下がっていきそうですね。 円盤の売上次第でもあると思いますが、それは後述します。 ロード・エルメロイのアニメ2期・続編を望むネットの声 可能性が低いとはいえ、ネットではすでに『ロード・エルメロイ』2期を望む声が現れています。 オリキャラたちもすごい好きなんですけど、型月ファンとして別世界線のキャラクターをSN世界線で見れるというのもうれしいんですよね。 ほんと、2期欲しいよ。 待ってます。 『ロード・エルメロイII世の事件簿』の円盤売上枚数は、初動で3,779枚でした。 ~『ロード・エルメロイII世の事件簿』円盤売上枚数 円盤売上枚数・・・第1巻初動3,779枚 昨今の深夜アニメにしては売れている方ですね。 ですが、一般的に続編制作は5000枚以上必要と言われます。 やや心もとない数字と言えるでしょう。 当サイトでは、円盤売上枚数の発表前に「4000枚前後売れそう」と予想していました。 良くも悪くも、想定内の結果でしたね。 ちなみに、これまでのスピンオフアニメ作品の売上はこちらです。 固定ファンはいるし、クオリティにも定評があるので、4000枚ほどくらいで妥当というのが、多くのファンの見方です。 Fateシリーズはやはりポテンシャルが高いです。 ただ、 視聴層が限定されてしまう面もあります。 今後、続編や関連作品が発表されたときも、 「『Apocrypha』くらい売れれば、十分な成功」という目安になるのではないでしょうか。 ・ロード・エルメロイII世の事件簿のアニメが人気 ・2期はまだ公式発表されていないが、厳しそう ・円盤売上枚数は、4,000枚前後と予想 ・原作ストックは5冊だが、映像化されていない過去エピソードを含めると8冊 ・アニメの続きから原作を読むなら、6巻『アトラスの契約』から ・続編があるとしたら、2020年内に放送 ということで、 残念ながらTVシリーズでの『ロード・エルメロイ』2期はかなり望み薄という結論になりました。 しかし、元々『剥離城アドラ』と『双貌塔イゼルマ』のエピソードは、劇場アニメ向きのストーリーだということで、映像化を断念されていたようです。 今後の反響次第で、 『ロード・エルメロイ』のOVAや劇場版が決定するかもしれないですね。 さて、TVアニメもいよいよ終盤に差し掛かりました。 クライマックスに向けて楽しんでいきましょう!.

次の

グレイ(ロード・エルメロイⅡ世の事件簿)とは (グレイタンとは) [単語記事]

ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿

新たなる「Fate」、そしてTYPE-MOONワールドが登場! 時計塔の現代魔術科の君主にして名物講師、ロード・エルメロイ二世。 彼には、ある目標があった。 一つには、借金を返済すること。 もう一つには、かつて敗れたとある「戦争」にリベンジすること。 皆さま、「Fate」シリーズと言えば聞いたことはあるのではないでしょうか?この小説は、そんなFateシリーズと世界観を共有した上で、新しい物語を紡いでいるシリーズになっています。 登場人物と言えば、あの少年の面影はどこに行った!? というロード・エルメロイ二世もさることながら、その弟子たちが本当に個性豊か。 個人的には、フラットの自由奔放さにはちょっと憧れすら抱きます。 内弟子・グレイと様々な事件を解決していく、この「事件簿」。 ソシャゲしかやっていない人にも、昔からのファンの方にもおすすめしたい、至極の一品となっております!• みきゃ 2018年05月11日 第四次聖杯戦争から十年、成長したウェイバーの物語……。 魔術が絡むので常識外な所はあるものの、これが本気の推理物! 謎を解き真実に迫る様子はもうガッチリ練り込まれたミステリー展開です。 加えて不遇さも相変わらず。 魔術師としての技量は平凡で個性過多な面々に苦労し胃を痛める姿は「やっぱりウェイバーだなぁ」とほっこりニヤニヤ。 Zeroからstay nightに至る正史。 コミカルさもありながら「ここぞ」で見せる男っぷりには全く鳥肌モノです!.

次の

ロード・エルメロイII世の事件簿 (4) (角川コミックス・エース)

ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿

魔術師同士が殺し合うという本当の意味」 「その恐怖と苦痛と、余すところなく教えてやるよ!」 ウェイバー 「僕の罪は認める。 だから、命だけは勘弁して欲しい」 「やるべきことがあるからだ。 かの王の名にかけて」 ウェイバー 「そうだ。 聖杯戦争が終わっても、バカバカしいぐらいに人生は続く」 「続くんだから、あがかなきゃいけない」 ウェイバー 2話 七つの星と永遠の檻 「情けないことを言うな」 「教えただろ。 だが、止められるものでもない」 「魔術師にとって子は所有物だ。 最後の最後まで無様にあがいてみせろ、と言うんだろ」 「やるさ。 楽しいことって」 化野菱理 「私は、見ていただけだ。 そうじゃないのか?」 ライネス 「見ることは人間の歴史で最初の魔術だ。 情報を取り入れることは、魔術の根本と言ってもいい。 別に私も忘れられても構わないと思っている訳じゃない」 「ただ、それでも会いたい相手はいる。 確かめたいことはある。 どうして、誰も彼もが一生懸命にすがってるのかしら」 「まるで、残像だわ」 オルガマリー・アースミレイト・アニムスフィア 「これは事件なんかじゃない。

次の