揚げないドーナツ サクサク。 ドーナツの油っぽさをすこしでもなくすにはどうしたら良いでしょ...

冷めた揚げ物・天ぷらをサクサクに温め直すベストな方法とは?

揚げないドーナツ サクサク

使用する道具 ・ボウル ・泡だて器 ・ゴムベラ ・揚げ鍋 下準備 鍋に揚げ油を入れておく。 作り方 (調理時間:30分) 【1】ボウルに米粉、砂糖、ベーキングパウダーを入れて泡だて器で混ぜる。 【2】別のボウルに卵を割り入れて、泡だて器でほぐしてから、太白ごま油を入れて泡だて器で混ぜる。 【3】【1】のボウルに【2】を入れてゴムベラで混ぜて、生地をひとまとめにする。 米粉のメーカーによって水分が変わるので、まとめらない場合のみ、足すようにしてください。 緩い生地になるとサクサク感が減少します。 【4】6等分に分けて、手で細長く延ばして、端っこ同士をくっつけて、ドーナツ形を作る。 表面に竹串で線ぐるっと一周つけておくと、割れやすくなる。 オーブンシートを小さく切ったものに載せておく。 【5】揚げ油を中火で熱する。 160度の油でじっくり2~3分揚げ、ひっくり返して反対側も揚げ色がつくまで揚げる。 揚げ油に入れるときは。 オーブンシートにくっつけたまま入れて、入れた後、ゆっくりはがしてください。 【6】お好みで溶かしたチョコレートをかけ、固める。 米粉のメーカーによって水分が変わるので、まとめらない場合のみ、足すようにしてください。 緩い生地になるとサクサク感が減少します。

次の

まさかのドーナツ大失敗!?原因は?上手な揚げ方のコツは?

揚げないドーナツ サクサク

・小麦粉 200g ・卵 1個 ・バター 25~30g ・ベーキングパウダー 小さじ1 ・砂糖 40~80 ・バニラエッセンス あれば 2、3滴 卵の大きさや小麦粉によってはまとめづらいかもしれません。 何回か作ってみて調整することをおすすめします。 僕は小麦粉205g+バター30gや小麦粉180g+バター20gでも作ります。 上手くまとまらない場合は牛乳など水分を小さじ1から入れて調整することができます。 しかし、そぼろ状の時点で不安になって入れてしまい、生地がベタベタになって成形しにくいといった事例も多いみたいです。 思っているよりもちゃんとまとまるので、まずは最後までまとめようしてみてね。 砂糖の量についてですが、通常70g前後で記載されているレシピが多いです。 僕はいつも40g程度の控えめで作りますが、遜色なく美味しくできます。 大量に作って一度にいっぱい食べるので、甘すぎないくらいがちょうどいいんです。 食べるのが1個くらいなら砂糖多めが美味しくできると思います。 小麦粉の種類ですが、薄力粉でも強力粉でも美味しくできます。 強力粉のほうが油を吸いづらいようですが、また検証でもしてみましょうかね。 作り方 画像のように繰り抜いたものをそのままあげると「ドーナツの輪の中だったものを揚げたやーつ」を食べれますよ 笑。 ああ、僕は今、ドーナツの穴を食べているんだ 哲学。 ドーナツの形にする時、べたつく場合は小麦粉で打ち粉をしてください。 揚げる際はフライパンでもOKです。 ちょうどかぶるくらいの少ない油でできます。 揚げ時間はは色を見て判断してください。 すぐに色づいてしまうようだと油の温度が高すぎです。 中まで熱が通る前に焦げてしまうので注意です。 食べきれない場合は 冷凍もできますよ!冷凍オールドファッションなんてものも流行りましたし、サクサク感を損なわずに保存できます。 あえて冷凍するのもいいですね。 オールドファッションを家で作りたい!またはお腹いっぱいたべたい!という方は是非お試しください。 もちろん、カロリーからは逃れられませんよ 笑。 パン生地で作るふわふわのイーストドーナツもどうぞ。 ヘルシーな焼きドーナツも人気があります。 ikashiya.

次の

サクサクドーナツの作り方!ドーナツ型がない時はアレで代用OK

揚げないドーナツ サクサク

冷めた揚げ物や天ぷらをサクサクに温め直したい! スーパーなどで買ってきて、冷めてしまった揚げ物。 電子レンジで温め直すとベタッとしてしまい、おいしくないですよね。 揚げたてサクサクな食感で、中までアツアツの状態に温め直すにはどうしたらいいのでしょうか? そこで、自宅キッチンで、家族にも試食役を頼みつつ、スーパーで買ったエビかき揚げとササミのフライを、以下の5つの方法で温め直しに挑戦しました。 高温の油で揚げ直し• 魚焼きグリルの直火で温め直し• フライパンで両面温め直し• オーブントースターで温め直し• ここで一番悩んだのが、揚げる温度と時間。 さっそく食べてみたところ…… サクッを通り越してガリッ、ボリッ。 噛むとボロボロッと崩れてしまい、口の中が痛いほど。 野菜の甘みやエビの香りも飛んでしまい、 家族にも大変不評でした。 温度と揚げる時間がうまくマッチすればもう少しいい線になるのかもしれませんが、そのために何度も試行錯誤を繰り返すなら、自分で最初から作って揚げた方がラク。 揚げ直した結果 お皿の上2つが加熱前、下2つが加熱後。 最初に数分間グリルを余熱した後、くしゃっとさせたアルミホイルを敷き、その上に揚げ物を置いて焼きました。 こうすることで油がホイルに溜まり、後片付けもラクになります。 魚焼きグリルから出してみると、直火で加熱しただけあって、表面はサクサクに! ただ、表面は確かにサクッとした仕上がりですが、 中はアツアツではなく、ほんのり温かい程度。 いまいちな仕上がりです。 また、焦げ目がついているところも。 火力がかなり強いため、火加減の調整が難しく、途中で何度も中の様子を見なければいけないのも面倒でした。 魚焼きグリルで温め直した結果 お皿の上2つが加熱前、下2つが加熱後。 食べてみると、表面の食感はサクッとした感じになっています。 フライパンひとつで手軽にできるのもラクでした。 ただ、 中心部がいまひとつ温まっていません。 さらに、かき揚げは凸凹があるので、フライパンに当たる部分だけ焦げてしまいました。 フライパンで温め直した結果 お皿の上2つが加熱前、下2つが加熱後。 でも、次に試したオーブントースターが、ついにここをクリアしました。 表面のサクサク感は、これまでで一番よくできました。 そして、薄めのかき揚げとフライだったこともあり、 中まで熱くなっています。 包丁を入れたときにベタッとつく感じもありません。 温度の調整も簡単で、手軽にできるのが便利です。 ただし、 もっと厚みのある揚げ物の場合は、中までしっかり温まらない可能性があります。 その場合は、まずレンジで加熱するというひと手間をかけて、それからオーブントースターで加熱するとおいしく仕上がります。 オーブントースターで温め直した結果 手軽にできて中まで熱く。 ただし少し焦げ目が。 このZITANG、普通のレンジと違って、レンジからグリルに自動的に切り替わるんです。 まずレンジで素早く食材の中を加熱した後、自動でグリルに切り替わって表面を焼き、こんがり仕上げてくれます。 フライとかき揚げをレンジグリルに入れ、「再加熱モード」を選択。 スタートボタンを押します。 おまかせで、5分ほどで完成しました。 表面はサクサクで、中までしっかりアツアツになっています。 さらに、フライもかき揚げも固くなっていません! 目立つ焦げ目もありません。 そんな方も多いのではないでしょうか。 表面はかなり揚げたてに近くなっても、中心部がぬるいことが多く、理想の状態にするには火加減を何度か調整する必要がありました。 揚げ物やフライの総菜を頻繁に買うなら、レンジとグリルの自動リレー調理機能がついているレンジグリルのような調理家電があると、いつでもボタンひとつでアツアツ&サクサクの揚げ物を食べられるのでとても便利です。 レンジでチンしてからオーブントースターなどで加熱すると揚げたてに近くなるとはいえ、いちいち調理器具(または家電)を2つ使わなければならないのは正直、面倒でした……。

次の