豚ヒレブロック レシピ。 【みんなが作ってる】 豚ヒレブロック 簡単のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

プロ並みの煮豚が作れる、調味料の黄金比「1:1:2」を発見!コク旨ジューシーな「煮豚」の簡単レシピ

豚ヒレブロック レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

豚ヒレ肉ブロックの人気レシピ!煮込み・ステーキ他!圧力鍋で煮豚も!

豚ヒレブロック レシピ

Sponsored Link 今日はしっとりやわらかーくがテーマ。 豚ヒレの焼き方とレシピです。 その前に、豚肉に対する世間一般のイメージ。 「豚は生が怖いから、長めに焼いておこう」 「豚は生が怖いから、ブロックも厚切りも避けよう」 「豚は生が怖いから・・・・・・。 」 あー!豚肉かわいそう。 牛肉だって生は怖いでしょうに。 プロからしたら、ローストビーフを完全に生焼けで食べてる方がよっぽど怖い。 なんでそんなに怖がるのか? 豚肉の完璧な火入れを見たことないから怖がるんです。 断面が白くパサパサになった肉を、これが正解の作り方だと思い込むんです。 豚肉はジューシーに焼き上げて、はじめて本当のおいしさに出会えます。 プロだからできるワザ、ってわけでもない。 焼き方を知って、タイミングがわかれば誰でも出来るんです。 今回はオーブンを使いません。 どの家庭にもあるとは限らないので。 代わりに 「 魚焼きグリル 」を使います。 コイツは超優秀。 家庭で使うならオーブン以上のポテンシャル。 さあ、プロがしっかり丁寧に解説しますよ。 そろそろ誰かに怒られそうだなぁ。 材料 豚ヒレ ブロック肉 塩 肉の重量の1%(100gに対して1つまみ) 作り方 肉の掃除~塩を振る 豚の柔らかさを生かす為に、肉の掃除。 ざっくりでいいので、全体の白いスジを取り除きます。 塩をして1時間。 最低でも 肉の表面の冷たさが無くなるまで置いておくこと。 一時間後。 肉の表面の水分をキッチンペーパーで拭き取り、焼いていきます。 肉の焼き方 多めの油を入れたフライパンを中火にかけ、温まったら肉を入れる。 絶対に一番の強火にはしないこと。 肉とフライパンの間から、小さくフツフツ油が沸いている状態をキープして焼いていきます。 このときに、 魚焼きグリルを一番強火で10分にして点火。 予熱しておく。 肉の厚さをみて、厚いところには多めに、薄いところには少なめに油をかけながら焼いていく。 詳しいやり方は「」で。 ヒレ肉は焼いていると、潰れるように楕円形に変わっていきます。 フライパンに当たる面を少なくして、肉の中をしっとりさせるため、丸く形を整えるように焼いていくこと。 焼き始めて5分。 指でギュッと押してみる。 指は深く沈んで、離しても跡が残る。 どこまでも押していけそうな柔らかさ。 フライパンのカーブを使って焼いていく。 ヒレはステーキのように焼き色を付けると、ガチガチに固くなる。 このくらいにとどめておくこと。 油をかけながら、色が付いたら回転を繰り返し、全体に綺麗な色がついたら一度取り出す。 ここまで12分。 また指でギュッと押してみる。 今度は表面の何mmかは膜があるような固さ。 その奥はまだまだ柔らかそう。 指の跡も、薄っすらとしか残らない。 側面も同じで、表面一枚固く、奥は柔らかい。 魚焼きグリルの使い方 アルミに包んで、予熱しておいた魚焼きグリルに入れる。 この時グリルの一番手前に置くこと。 「 火をつけずに 」そのまま10分。 これは肉を休ませる操作。 表面の熱さが、あったかい場所でゆっくり中まで浸透するのを待つ時間。 魚焼きグリルでしかできないワザ。 10分経ったら、 一番弱火で火をつけ5分。 これはオーブンと同じ使い方。 熱気を充満させて火を通す。 5分経ったら、 取り出してそのまま10分置いておく。 お湯を火から外して落ち着かせるように、肉汁を中にとどめてあげる。 そうするとパサつかず、しっとりした肉が出来上がります。 失敗しない3ステップ確認法 1、グリルから出すタイミング ここからは火の通りの目安。 まず弾力。 横からギュッとつまむと、弾き返されるような弾力。 ふっといゴムを触っている感触。 この感触を知るために、焼きはじめ、オーブンに入れる前に弾力を覚えておく。 最初から触っていれば、この感覚は簡単にわかる。 近い感触があれば、グリルから出す。 2、グリルから出して10分後の確認。 指でギュッと押す。 グリルに入れる前の、膜の様な感じではなく、固さに厚みがある。 指も深くまで沈んでいかない。 跡も残らない。 側面も一緒。 ギュッと押しても、奥までは入っていかない。 3、最後の確認 最後に肉の入っていたアルミを見る。 透明な肉汁が出ていれば、火は通っている。 真っ赤な血がでていれば、まだ生焼け。 ハンバーグと一緒。 ちなみにこの肉汁は、フレンチでは「ジュ」って言います。 肉のジュースの「ジュ」。 旨味たっぷりで、これを少し煮詰めてあげれば、それだけでソースになります。 うすピンクが最高の火入れ。 白っぽいのは焼きすぎ。 ただの肉汁の抜けた「だしがら」。 断面もちゃんと熱い。 透明な肉汁も出ている。 なら、火は通っているんです。 仕上げ 今回はシンプルにソースは無し。 焼きあがった肉に、たっぷりのハチミツをぬって、黒コショウ。 付け合わせには、ジャガイモのピューレと温野菜。 最後にオリーブオイルをひと回し。 ヒレ肉は厚めに切るのがポイント。 柔らかさが際立ちます。 生を怖がらないで、美味しく焼いてあげて下さい。 豚が喜びます。

次の

ブロックで豚ヒレを焼く?やわらかく仕上げるために、魚焼きグリルの出番です。

豚ヒレブロック レシピ

【材料】• 豚ひれ肉… 1ブロック• 塩コショウ…適量• 小麦粉…適量• 卵…2個• サラダ油…適量• レモン… 1個• 玉ねぎ… 半個• オリーブオイル…適量• クレイジーソルト…適量• バター…適量 【レシピ】• 豚ヒレ肉ブロックを適当な大きさに切り、包丁でたたいておく• 塩コショウして小麦粉をつける• 卵を別のボウルに入れて割りほぐしておく• 豚ヒレ肉に卵を絡めてサラダ油を引いたフライパンで焼く• 両面に焼き色がついたらお皿にのせる• レモンを輪切りにする• 玉ねぎは粗みじん切りにする• フライパンにオリーブオイルを引いて玉ねぎを炒める• しんなりとしてきたらレモンとクレイジーソルト、バターを入れてさらに炒める• 全体がなじんだらソースの完成• 盛り付けた豚ヒレ肉にソースをかければ完成 【材料】• 豚ヒレ肉ブロック…500g• ウインナー…6本• ジャガイモ…3個• ニンジン…1本• サツマイモ…中1本• エリンギ…1パック分• 芽キャベツ…12個• ミニトマト…8個• スライスしたニンニク…1片• ローズマリー…2本• 塩…適量• コショウ…適量• オリーブオイル…適量 【レシピ】• ジャガイモとサツマイモは大きめの乱切りにし、それぞれ水にさらしておく• エリンギは適当な大きさにさいておく• ニンジンは大きめの乱切りにする• ブロッコリーは大きめに小房に分け、軸の部分は大きめの乱切りにしておく• 豚ヒレ肉ブロックは3cmくらいの厚切りにする• 塩コショウ、ニンニク、ローズマリー1本分を豚ヒレ肉にまぶす10分ほどつける• オーブンの天板にクッキングシートを敷く• その上に野菜、ウインナー、豚ヒレ肉も並べる• 塩コショウ、オリーブオイルをまんべんなくふりかけ、ローズマリーを乗せる• 180度に予熱したオーブンで40分程度焼いて完成 【材料】• 豚ヒレ肉ブロック…200g• 塩…少々• コショウ…少々• 小麦粉…大さじ2• ジャガイモ…中2個• たまねぎ…中1個• バター…大さじ2• A固形コンソメ…1個• A白ワイン…大さじ2• 塩…少々• コショウ…少々• パセリ…少々 【レシピ】• たまねぎは6㎜幅に切り、じゃがいもは同じ厚さの輪切りにして水にさらす• 豚ヒレ肉ブロックは7㎜の厚さに切って、塩コショウで下味をつける• さらに小麦粉を薄くまぶしておく• フライパンにバターを溶かし豚ヒレ肉の両面を焼く• 上にじゃがいも、たまねぎの順に並べ、材料がかぶるくらいの水と 材料Aを加える• 蓋をして中火でじゃがいもがやわらかくなるまで煮る• 塩コショウで味をととのえ、パセリをふれば完成 【材料】• 豚ヒレ肉ブロック…320g• 白菜…600g• にんじん…200g• 玉ねぎ…200g• ブナシメジ…100g• 牛乳…2カップ• 水…2カップ• 固形コンソメ…2個• 砂糖…小さじ1• 塩…小さじ1• GABANホワイトペパー…適量• 小麦粉…大さじ4• バター…大さじ3• サラダ油…大さじ1 【レシピ】• バターを 500Wの電子レンジで5秒ほど加熱する• 柔らかくなったら小麦粉を加えて滑らかになるまで練る• にんじんは皮をむき、5mmの厚さの輪切りにする• 玉ねぎは16等分のくし切り、白菜はざく切りする• ブナシメジは石づきを切り取ってほぐす• 玉ねぎを炒め、透明感が出てきたらにんじんを加えて軽く炒める• にんじんに艶が出たら白菜、水を加え、フタをして煮る• 途中、何度か中身を混ぜる• 10分煮たところで固形コンソメを加え、再びフタをして弱火にかける• 豚ヒレ肉ブロックを一口大に切り、塩とGABANホワイトペパーをふりかける• 表面に焼き色がついたら鍋に移して混ぜ、ブナシメジも加える• 2に煮汁を加えて少しずつ溶かし、鍋に回し入れる• 混ぜてとろみが付いたら、 500Wの電子レンジで2分温めた牛乳を入れる• 砂糖を加えて味見をし、足りなければ塩で味を調えて完成 【材料】• にんにく…2片• 玉ねぎ…小2個• じゃがいも…中2個• にんじん…1本• 大根…150g• セロリ…1本• 豚ヒレ肉ブロック…300g• 水…1000cc• ブラックペッパー…10粒• クローブ…2粒• ローリエの葉…2枚• 塩…大さじ1 【レシピ】• ニンニクを縦半分にきる• ジャガイモ、玉ねぎ、ニンジン、大根は一口大に切る• セロリはスジをとってから一口大に切る• 豚ヒレ肉ブロックは5~6等分に切る• 野菜、肉、クローブ、ブラックペッパー、水を圧力鍋に入れて蓋をし、火にかける• オモリがまわって圧がかかったら 高圧で5分加圧する• 圧が抜けるまで自然放置する• 蓋をあけてローリエをちぎってくわえ、塩で味をととのえる• 味がなじむまで 5分程弱火で煮込めば完成 【材料】• 豚ヒレ肉ブロック…200g• Aコショウ…少々• エリンギ…1本• B 白ワイン…大さじ2• C 生クリーム…50cc• C塩…少々• Cコショウ…少々• ラディッシュ…4個• クレソン…少々 【レシピ】• 豚ヒレ肉ブロックは8枚に切る• 手で軽くたたいて平らにし、 材料Aをふる• たまねぎは薄切りにし、エリンギは4cmの長さに切って縦に4つ割りにする• しめじは石づきをとって小房に分け、ラディッシュは半分に切ってから塩少々をふる• 豚ヒレ肉に小麦粉をまぶす• フライパンに油を熱し、 中火で両面を2~3分ずつ焼きます• 肉を端に寄せてあいたところにたまねぎときのこを加えて炒める• たまねぎがしんなりしたら、 材料Bを加えてふたをして 3分蒸し焼きにする• 材料Cを加えて中火にし、少しとろみがついたら火を止める• 器に盛り、ラディッシュとクレソンを添えれば完成 【材料】• 豚ヒレ肉ブロックのスライス…4〜5枚• 塩コショウ…少々• ローズマリー…適量• 小麦粉…適量• 溶き卵…1個• 水…大さじ2• パン粉…適量• 揚げ油…適量• じゃがいも…2個• A塩…少々• Aバター…大さじ2• A生クリーム…大さじ2• 葉付きミニキャロット…2本• オリーブオイル…大さじ1• バター…大さじ1• バルサミコ…大さじ1• レモンの皮のすりおろし…適量 【レシピ】• 枝から外してちぎったローズマリーをパン粉に混ぜる• 豚ヒレ肉を塩コショウしてから小麦粉、溶き卵、パン粉の順番につける• 170~180度に熱した揚げ油でこんがりと揚げる• じゃが芋は皮を剥いて適当な大きさに切り、 塩茹でする• 柔らかくなったらボウルにあけ、 材料Aを加えてつぶしマッシュポテトを作る• ズッキーニは1cmの輪切り、ミニキャロットは葉を5~6cm程度残して切り落とす• フライパンにオリーブオイルを熱しズッキーニを入れて軽く塩をふる• バターを加えて両面こんがり焼いたらミニキャロットを入れバルサミコを加えて絡める• 盛り付けの器にマッシュポテトを敷き、 ソテーした野菜、 豚ヒレ肉を盛り付ける• レモンの皮のすりおろしを散らしてこしょうをふる• オリーブオイルとバルサミコを好みでふりかけて完成 【材料】• 豚ヒレ肉ブロック…200g• コショウ…適量• 酒…大さじ1• 小麦粉…適量• A砂糖…大さじ3• A黒酢…大さじ3• A鶏ガラスープ…30cc• A酒…大さじ1• A生姜のみじん切り…適量• A醤油…小さじ1• サラダ油…大さじ2• 水溶き片栗粉…適量 【レシピ】• 豚ヒレ肉ブロックを厚さ5mmくらいに切る• 塩、コショウ、酒をまぶして軽く揉んでなじませる• 小麦粉を豚ヒレ肉にしっかりまぶして揚げる• 鍋に 材料Aを入れて軽く煮詰める• 煮立ったら火を止めて水溶き片栗粉を入れる• とろみが出たら揚げた豚肉を絡め、盛り付ければ完成 【材料】• 豚肉…作りたい量• ごま油…適量• A三温糖…大さじ1• Aみりん…大さじ1• A水…適量• Bねぎ…1本• Bにんにく…1片• Bしょうが…適量• 卵黄…一個• ねぎ…適量 【レシピ】• 豚ヒレ肉ブロックを紐で縛り、フォークで穴をあける• ごま油を敷いたフライパンで豚肉を焼く• 圧力鍋に 材料Aを入れて豚肉を入れる• 材料Bも入れる• 圧力鍋で20分加圧し、その後 20分放置する• 蓋をとってから15分煮込む• 紐を切ってからバーナーで表面を炙る• 丼にする場合は煮汁を濾してから強火で煮詰めてタレをつくる• ごはんの上にチャーシュー、卵黄、ネギをのせてタレをかければ完成.

次の