メット ライフ ドーム 改修。 西武ライオンズ、メットライフドーム前のレンガに自分の名前などを刻印する権利販売

【西武】メットライフドーム前広場のれんがに、名前を刻印しよう!(スポーツ報知)

メット ライフ ドーム 改修

知っておきたい球場の話。 連載第5回となる今回は西武の本拠地・メットライフドームの大改修に焦点をあてたい。 そもそもなぜあの屋根に!? メットライフドームといえば、なかなかクセの強い球場として知られている。 「ドーム」と名がつくが、ご存知、客席と屋根の間に隙間があり、密閉されていない。 ドームなのに雨が吹き込む、霧が出る、暑い、寒い、デカい虫がいる、などさまざまな「あるある」を生み出している。 1998年から1999年にかけての改修で西武球場に屋根を取りつけたわけだが、そもそもなぜあの屋根になったのか。 真相は定かではないが、まことしやかに巷でウワサされているのは、「税金対策」だ。 当初、西武グループは球場+屋根(構築物)として申請していた。 下と上は別物。 屋根があるひとつの建物は「家屋」として定義されるが、これを避けて節税しようとした、という説だ。 しかし、所轄の埼玉県と所沢市は「さすがにひとつの家屋」と非情の課税通告。 名称をドームではなく「大きな屋根の下の西武球場」にしておけば…。 ただ、西武グループ側も決定に従っており、節税は「副産物」だったのかもしれない。 それでも愛される半屋外 屋根がついた頃から前出の問題が噴出したが、今や一周回って愛される球場になっている。 熟練のパ・リーグファンは、メットライフドームで開催される声優やアイドルのライブで痛い目を見る「所沢ビギナー」を観察し、密かに優越感に浸るのだ。 そのメットライフドームもついに総額180億円の大改修が決まり、今年5月に起工。 2021年春の完成に向け、姿を変える予定だ。 当初は「完全ドーム化か?」と囁かれていたが、法令に照らし合わせた試算の結果、新たなドーム球場が作れるほどの金額がかかることになり、「半ドーム」を生かした改修に決定。 駅前や外周エリアを充実させる計画を発表している。 もはや、嬉しい。 交通の便がいい球場も捨てがたいが、メットライフドームの「お出かけ感」「ピクニック感」は昂ぶるものがある。 あの絶妙な自然融合感は西武にしかない財産だ。 そこにグッズショップや新座席などが加わる。 通路もきれいになれば、さらに洗練された「お出かけ感」が味わえるはずだ。 「公民館みたい」「高校の合宿所」とネタにされる平屋の若獅子寮もついに改修が決まり、若手選手も目を輝かせている。 改修を重ねつつ、1979年からの歴史を残す名球場。 日本ハムの新球場とともに進化に期待したい。 文=落合初春(おちあい・もとはる).

次の

2021年3月、メットライフドームエリアへ敷設するレンガサークルにあなたの名前を刻もう!「Lions BRICK CIRCLE PROJECT」がスタート!|埼玉西武ライオンズ

メット ライフ ドーム 改修

内野、外周、バックネット裏の3つのエリアで新シートを導入 西武は2日、2020シーズンから稼働するエリア・シートが決定したと発表した。 内野、外周、バックネット裏の3つのエリアで新シートを導入するという。 西武は、2017年11月15日にメットライフドームエリアの改修計画について発表。 2019、2020シーズンオフの二期に分けて、観客席の改修を進めて行く予定となっている。 2020シーズンから生まれ変わるエリアは、内野、外周、バックネット裏の3つのエリア。 内野エリアは、内野指定席5席種、ブルペンサイドシート1席種、一塁側内野指定席の上段には新席種として「パノラマウッド4」というグループ席が誕生。 内野指定席SS、内野指定席S、内野指定席A、内野指定席B、内野指定席C、ブルペンサイドシートの合計1万6548席は、全座席クッション付きシートにリニューアルされる。 また、「パノラマウッド4」はウッドデッキとベンチが一体となったデザインで、球場全体を見渡しながら家族や友人とともに野球観戦を楽しめるグループシートとなっている。 外周エリアには、一人でもカジュアルに観戦できる「ステンレスカウンター」を新設。 定員1人のカウンター付立見席で、合計257席が設置される。 フードやドリンクを置くことができるカウンターを新たに設け、立見席としての利便性が向上。 外周売店などの周辺施設へのアクセスも良く、自由にカジュアルに観戦できる。 そして、バックネット裏エリア(計1426席)には3席種を新設。 現在のボックスシートエリアから左右にエリアを拡大し、プレミアムな観戦体験ができるラグジュアリーなシートの「プレミアムシートS」「プレミアムシートA」「ネット裏エグゼクティブシート」が設置される。 全席をブラックで統一し、蒸れにくい高い透湿性と本革に近い質感をあわせ持つ、高品質な新素材の合成皮革を採用された。 井上純一事業部長は「ここ4年間メットライフドームの観客動員数が順調に推移しており大変ありがたく思っております。 一方でスタジアム内の座席についてさまざまなご意見をいただいており、観戦環境のストレスを少なくするスタジアムを目指したいという想いが強くありました。 今回のシート改修では、多くのお客さまの声を参考に、バックネット裏エリアの高額席はよりラグジュアリーな環境を提供し、内野エリアのグループ席はスタジアムならではの臨場感や応援の一体感を肌で感じられるように、外周エリアは、さらに大きな声を出して応援したくなるような空間を検討させていただきました。 この改修をきっかけに、またひとりでも多くのお客さまに足を運んでいただき、埼玉西武ライオンズのファンになっていただければうれしいです」とコメント。 また、辻発彦監督も「いつもご声援いただきありがとうございます。 2020シーズンからメットライフドームに、より楽しく、快適にご観戦いただけるシートが整うとのことで、私も大変うれしく思います。 内野席はクッションシートにリニューアルするとのことなので、老若男女問わずリラックスしてご観戦いただけるのではないかと期待しています。 感動や熱狂の瞬間をぜひ、新しいシートで味わっていただきこれまで以上に大きな声援をいただけるとうれしいです。 少し気は早いですが、新しいメットライフドームを楽しみにしていてください」とコメントしている。

次の

「メットライフドームエリアの改修計画」第1弾がいよいよ今月から稼働!新室内練習場の名称は「ライオンズ トレーニングセンター」に決定|埼玉西武ライオンズ

メット ライフ ドーム 改修

内野、外周、バックネット裏の3つのエリアで新シートを導入 西武は2日、2020シーズンから稼働するエリア・シートが決定したと発表した。 内野、外周、バックネット裏の3つのエリアで新シートを導入するという。 西武は、2017年11月15日にメットライフドームエリアの改修計画について発表。 2019、2020シーズンオフの二期に分けて、観客席の改修を進めて行く予定となっている。 2020シーズンから生まれ変わるエリアは、内野、外周、バックネット裏の3つのエリア。 内野エリアは、内野指定席5席種、ブルペンサイドシート1席種、一塁側内野指定席の上段には新席種として「パノラマウッド4」というグループ席が誕生。 内野指定席SS、内野指定席S、内野指定席A、内野指定席B、内野指定席C、ブルペンサイドシートの合計1万6548席は、全座席クッション付きシートにリニューアルされる。 また、「パノラマウッド4」はウッドデッキとベンチが一体となったデザインで、球場全体を見渡しながら家族や友人とともに野球観戦を楽しめるグループシートとなっている。 外周エリアには、一人でもカジュアルに観戦できる「ステンレスカウンター」を新設。 定員1人のカウンター付立見席で、合計257席が設置される。 フードやドリンクを置くことができるカウンターを新たに設け、立見席としての利便性が向上。 外周売店などの周辺施設へのアクセスも良く、自由にカジュアルに観戦できる。 そして、バックネット裏エリア(計1426席)には3席種を新設。 現在のボックスシートエリアから左右にエリアを拡大し、プレミアムな観戦体験ができるラグジュアリーなシートの「プレミアムシートS」「プレミアムシートA」「ネット裏エグゼクティブシート」が設置される。 全席をブラックで統一し、蒸れにくい高い透湿性と本革に近い質感をあわせ持つ、高品質な新素材の合成皮革を採用された。 井上純一事業部長は「ここ4年間メットライフドームの観客動員数が順調に推移しており大変ありがたく思っております。 一方でスタジアム内の座席についてさまざまなご意見をいただいており、観戦環境のストレスを少なくするスタジアムを目指したいという想いが強くありました。 今回のシート改修では、多くのお客さまの声を参考に、バックネット裏エリアの高額席はよりラグジュアリーな環境を提供し、内野エリアのグループ席はスタジアムならではの臨場感や応援の一体感を肌で感じられるように、外周エリアは、さらに大きな声を出して応援したくなるような空間を検討させていただきました。 この改修をきっかけに、またひとりでも多くのお客さまに足を運んでいただき、埼玉西武ライオンズのファンになっていただければうれしいです」とコメント。 また、辻発彦監督も「いつもご声援いただきありがとうございます。 2020シーズンからメットライフドームに、より楽しく、快適にご観戦いただけるシートが整うとのことで、私も大変うれしく思います。 内野席はクッションシートにリニューアルするとのことなので、老若男女問わずリラックスしてご観戦いただけるのではないかと期待しています。 感動や熱狂の瞬間をぜひ、新しいシートで味わっていただきこれまで以上に大きな声援をいただけるとうれしいです。 少し気は早いですが、新しいメットライフドームを楽しみにしていてください」とコメントしている。

次の