教師 いじめ られる。 【教員は辛い】教員・教師への暴力やケガ、暴言、教員いじめってほんとにあるの?

教師間いじめ問題!教師間のいじめはなぜ起こるのか?いじめにあった場合の対処法

教師 いじめ られる

元教師のあかすです。 最近、体罰に対してニュースや新聞などのメディアで取り上げられる機会が増えてきており、学校の問題といえば、すぐに体罰が思い浮かびます。 実際の現場での体罰はいまだに学校に存在します。 体罰は指導ではなく、脅しのようなものですから、子どもの教育においては必要のないもの、そしてあってはならないものです。 しかし、その背景で、教員に対する生徒からの暴力が存在しているのはご存知でしょうか。 今回は、生徒からの教員への暴力についてお伝えしていきます。 問題行動の生徒への指導 指導現場の現状 学校には問題行動を起こす生徒がいるときには、教員が一丸となって指導をする体制があります。 しかし、場合によっては先生が一人で生徒の指導に当たることもあります。 他の先生の手が空いていなかったり、他の生徒の指導に当たっていたり、担任のみで対応できる案件だったり。 ケースバイケースです。 指導が滞りなく進めばいいですが、相手は人ですし、感情もあります。 言い訳も聞きます。 子どもながらの自分勝手な考えで言い分を通そうとすることもありますが、話し合いを通して、間違いは間違いということを理解させていかなければなりません。 しかし、生徒の中には先生の言うことに納得できない生徒もいます。 最初から先生を嫌って、話を聞こうともせずイライラを表に出す生徒もいます。 そして、 時には怒りがコントロールできなくて暴れだす生徒もいるのです。 そんな時、先生はなだめたり、諭したり、時には叱ったりと手を施しますが、うまくいくとは限りません。 怒りが抑えられず暴れだす生徒を、一定時間、指導室に保護しておかなければならないこともあります。 中には体の大きな生徒もいます。 そんな生徒を、女性の教員が一人で指導しなければならないことも。 生徒が暴れだし、他の生徒の安全が確保できない状況が予想できたならば、 先生は体を張って止めに入らないといけません。 その際に、生徒が我を忘れて暴力をふるうことだってあります。 しかし、現場では、生徒が第一優先。 けがをしてでも止めに入ります。 力のある男子教員がいれば比較的穏便に済むかもしれませんが、そうとも限りません。 逆に先生が生徒にけがをさせてしまえば、やれ体罰だ、暴力だ、と大ごとになり、先生の居場所がなくなります。 生徒も、スマートフォンやパソコンで日々様々な情報を集めています。 インターネットや友人から、 先生は「体罰」に弱いんだ、というような情報を得て、 先生が少し肩や手に触れただけで「体罰だ」という生徒もたくさんいます。 その時の状況を正しく見てくれる人がいなければ、 生徒が「体罰」と言えばなんでも「体罰」になってしまう時代 なのです。 こんな状況でも、先生は日々必死に戦うしかありません。 先生の扱い 生徒のケガには敏感な学校現場ですが、先生のケガはないがしろにされがちです。 例え、生徒が先生にケガをさせても、生徒が謝らなければそれで話は終わってしまいます。 生徒の保護者も、先生に対しては態度が厳しい現状です。 自分の子には敏感でも、自分の子が先生に振るった暴力には一切触れない保護者も多いのです。 先生ってだけで、ケガをしても当たり前な存在なのだと思われているとしたら、学校現場は終わりです。 体罰が起きた際には夜でも構わず保護者会が開かれることがあります。 学校側からの説明を聞き、保護者は罵詈雑言を浴びせ、不信感を最大に表現します。 それならば、 先生が暴力を受けた時にも、同じように対応して現場の状況を発信していくべきなのではないでしょうか。 今の先生たちの置かれている状況を考えると、同じ教員という職を担ってたものとしてとても悲しく思います。 実際に遭遇したケース 私も教員時代に、生徒から先生が暴力を受ける現場に何回も遭遇しました。 参考までにその一部を紹介していきます。 その1 生徒間トラブルから 生徒間でのトラブルからケンカが起きました。 それを止めようと割って入った教員の顔に生徒のパンチが。 メガネが割れましたが、生徒の親は、なんでもっと早く止めてくれなかったのかと言う。 もちろん、メガネのお金は教員が自腹で払いました。 頬のあざもなかったかのように扱われてしまいました。 その2 指導に対しての不満から 先生に言われたことが納得いかず、学校中のものを投げて暴れまわる生徒がいました。 最終的に 机を投げつけられた教員と、足を蹴られた教員がケガをしました。 親は学校に来て学校のせいでうちの子がおかしくなったと学校を非難するばかり。 警察を呼ぶことも考えましたが、管理職には止められて呼べず。 警察が介入していれば先生への被害を防げたかもしれません。 ケガをしてからでは遅いのです。 その3 家庭間トラブルから 家庭でのトラブルの反動で、学校で親にされたことと同じことを他の生徒にする子も。 また、家庭での指導が行き届かず、倫理的に問題な行動を起こす子も。 殴ったり、ベルトで叩いたり。 4階から先生の頭に向かってテニスボールや石を落として、先生がケガをした事も。 その4 不登校から 不登校になっていた生徒が、学校のせいだと言って夜の学校に侵入し、ガラスを割っていきました。 その時に止めに入った先生が、ガラスで手や足を怪我しました。 生徒は怒られこそしましたが、納得はせず、親も我が子を守るばかり。 まとめ 以上のように、 生徒から先生への暴力や傷害事件が学校現場には少なからず存在します。 しかし、その現状は軽視され、先生の体罰だけが重視されがちです。 どうか、もう少しだけでも、先生の安全を確保してあげられる学校現場になってほしいです。

次の

先生にいじめられているきみへ。

教師 いじめ られる

Contents• 東須磨小学校で教師による教師のイジメ動画流出!なぜいじめが起こる? 神戸市教委は被害者や加害者の氏名までは公表しなかったが、たちまちネット上で実名が公表され、いじめの現場を撮影した動画までが拡散されてしまった。 いわゆる炎上であり、ネット社会の恐さでもある。 炎上したためか、マスコミでも多くとりあげられている。 しかし、センセーショナルな事件ゆえに、「東須磨小だけの問題」とか「東須磨小の一部教員だけの問題」で済まされる可能性もある。 ワッと騒いでスッと忘れるのも、ネット社会の特徴だからだ。 そうやって早く忘れ去られてしまうことを、実は神戸市教委は期待しているのかもしれない。 文部科学省(文科省)にしても、自分のところまで火の粉が飛んでこないうちに下火になることを願っていることだろう。 しかし、これは「東須磨小学校だけのこと」で済ましておける問題ではない。 ここまで悪質な例は珍しいかもしれないが、教員同士のいじめは、多くの学校に存在するのが現実だ。 いじめまでいかない「嫌がらせ」は横行している、と言ってもいい。 その最大の要因は、学校がストレス社会になっているからである。 ストレスの発散手段としていじめや嫌がらせが横行し、さらにストレスを助長させているのである。 出典:ヤフーニュース.

次の

東須磨小学校のイジメ加害者教師の全員の実名やモザイクなしの顔画像は?|SollaStudio

教師 いじめ られる

前代未聞の、教師による悪質ないじめとは、どのようなものだったのか。 これは、小学校の現役教師4人が、同僚の男性教師に行ったいじめの様子を撮影した写真。 後ろから羽交い絞めにされた男性の口に入れられようとしているのは、激辛カレーだという。 さらに、激辛カレーを目や口にこすりつけているように見える、痛々しい写真も。 去年12月には被害教師の車の上に乗ったり、車内でわざと飲み物をこぼしたりする陰湿な嫌がらせもあったという。 4人の加害教師たちは小学校では中心人物であり、児童や保護者からも信頼されていたという。 「直撃LIVEグッディ!」は、加害教師について取材。 40代の女性教師が卒業文集に載せたメッセージを手に入れた。 「置かれた場所で咲きなさい これからの人生で自分が希望する環境にいつもいられる訳ではありません。 自分が置かれた場所に、不平不満を言うのではなく、そこで精一杯 自分なりの花を咲かせましょう。 これは、先生の大好きな言葉です。 がんばってね」 「自分が置かれた環境で精一杯頑張る」。 卒業生にそんなエールを送っていた一方で、自身は信じがたいいじめを行っていたことになる。 さらに、この春まで女性教師のクラスだった卒業生から驚きの証言を得た。 いじめ行為をしている自覚がなかったのだろうか。 さらに、加害教師の中には、児童の間でいじめが行われていることが明らかになったとき、いじめていた児童を呼び出すと 「自分が何をしたか考えろ」と20分もの間、厳しく叱った男性教師もいたという。 現在、いじめを受けた教師は精神的に不安定になり、先月から休職している。 一方で、 4人の加害教師はいじめ行為を認め、有給休暇を取っている状態だという。 倉田大誠アナウンサー: 小学校って、机に座って勉強しているだけが学びではなかったと思います。 大人からたくさんのことを学んだなという記憶があるので、被害を受けた先生ももちろんショックだと思いますが、児童たちがこの実態を知って大きなショックを受けるんじゃないかと思いました。 安藤優子: まさに倉田さんが思ったことと同じことを私も考えていて、特に小学校の先生って、幼稚園は置いておいて、子供たちが社会で家族以外の大人と触れ合う最初のきっかけじゃないですか。 しかもその大人から物を教えてもらうわけですよ。 当然、尊敬に値するべき人物のはずじゃないですか。 それが、こういう教師たちと出会った子供たちは、実にかわいそうだなと思いました。 高橋克実: 怖さがありますよね。 キレイな字で文集にメッセージを寄せていた女性教師がこういうことをしていたというのが、実際に聞いても結びつかないというか…ものすごい怖さを感じますよ。 安藤優子: 内藤さん、教師による教師へのいじめというのは、結構あるものなんでしょうか? 内藤氏: ネットで検索してみると、これでもかってくらい出てきます。 昔からあったことで、ただ社会問題化していないんですよね。 社会問題化すると人々はこういうことがいっぱいあるんだと思うんですけど、社会問題化しないと個別に「つらい思いをしたな」と闇から闇へ葬られてしまう。 だから改善しないんです。 安藤優子: 現在、加害教師は事実上の謹慎処分となっていますが、実際には有給休暇をとっている状況なんですよね。 おかしくないですか? 内藤氏: 本当におかしいです。 刑事罰を受けるようなことだと思いますね。 社会で許されないことが学校で許されてしまうことが多く、学校でこういうことが起きると弱い人が泣き寝入りしてしまうんです。 会社でも軍隊でも学校でも、どこでも起きます。 ただし会社などと違うのは、学校では先生は尊敬に値する人々であり、人格的に信頼できるという思い込みが広まっているところ。 実は、大部分の大人は普通の人で、学校の教員も変わらないのですが、その認識がない。 なぜか学校の教員だけが特別扱いされ、社会のチェック機能から解除されてしまう。 こういった問題は社会のどこでも起きることですが、学校の場合はさらにプラスアルファでひどくなりやすいところがあります。 安藤優子: 「教師は人格的に優れている」という思い込みに守られているところがあるわけですね。 こういう教師同士のいじめやトラブルがあると、教育者ってなんなんだろうと考えてしまいますが、社会がもう一度考える、ある意味で良いきっかけになることを願いたいと思います。 (「直撃LIVE グッディ!」10月7日放送分より).

次の