ニキビ跡 消す方法。 ニキビ跡消す方法ってありますか?

ニキビ跡を消す方法【顔面ニキビから生還した私が解説】

ニキビ跡 消す方法

実はビタミンC誘導体が「 高濃度で配合」されている化粧水が大切なんです。 市販の化粧水はたくさんの人が購入できるように安価になっているとのこと。 その分、ビタミンC誘導体の濃度が薄いというカラクリだそうです(驚)。 インターネットの力は偉大です!その美容部員の方が教えてくれた、高濃度のビタミンC誘導体が配合された化粧水を購入することができました。 しかもインターネット通販のため、良心的な価格設定になっているとのこと。 私も1ヶ月間(4週間)のお試しセット(たしか半額で購入できました!)を使ってみて、1週間ごとにチェックしてみたんですが、 黒くてガンコなシミが薄くなっていくのを実感することができました。 もちろん、継続して使わせていただいております。 もうシミを作らないぞ! 私が美容部員の方から伺った「ニキビ跡の色素沈着(シミを含む)にオススメの化粧品」をすぐに知りたい方は、以下のページをご覧をください。 また、上記の化粧水を使ってもなかなか消えない・・・という方は、以下のページで紹介している顔の部位ごとのスキンケア方法もチェックしてみてください。 「顔」といっても、鼻と頬では皮膚の厚さや毛穴の大きさなど違いがあります。 そのため、部位にあったスキンケアをすることで、早く消すことができるそうです。 「症状のボタン」をタップしてページ遷移してくださいね。 茶色や黒いニキビ跡の色素沈着を治すには、化粧品の選び方が大切 ニキビが治ったあとに残る赤や茶色のニキビ跡は、早くケアすることで消すことができます。 しかし、対処までの期間が長くなったり、間違ったケアをしたりしてしまうと、色素が皮膚に定着して黒や茶色のシミやそばかすが残ってしまうため、注意が必要です。 「 正しいケア方法で、なるべく早く対処するように」と、美容の専門家も口をそろえて言っているのはこのためです。 ニキビ跡の色素沈着やシミを消すために大切なるのが、化粧品選びです。 このページでは、私が実際に使っている化粧水やニキビ跡の色素沈着でみなさんが使ってよかったと報告してくれた化粧品を、その選び方や自宅でのケア方法をお伝えしますね。 色素沈着(シミ)のニキビ跡を治すスキンケア化粧品を選ぶときの決めて このニキビ跡の色素沈着(シミを含む)を化粧品で消すためには、以下の「化粧品を選ぶ3つの決めて」をおさえた化粧品を使う必要があります。 一つずつ説明していきますね。 決めて1: 美白効果がある(紫外線ケア) 図のように、シミは、太陽の紫外線による刺激により、メラニン色素が皮膚に定着してできてしまいます。 ニキビ跡の色素沈着が残っている肌に日焼けをしてしまうと、メラニン色素が過剰に作られてしまうため、 茶色や黒いシミがさらに濃くなり、消えにくくなってしまいます。 とくに顔の部位の中でも鼻は、日焼け、肌荒れしやすい部位ですので注意が必要です。 そのため、ビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム酸といった 美白成分を含んだ化粧品を使ってしっかりと紫外線によるダメージから肌を守ってあげることが必要です。 そうすることで症状が悪化して、シミが消えにくくなるのを予防することができます。 ニキビが治ったあと、すぐの症状であれば、美白化粧品が効果的です。 メラニン色素の発生をおさえることができるため、色素沈着してシミになることを防ぐことができますので、普段から美白化粧品を使うことがオススメです。 決めて2: 黒いメラニン色素を薄くする効果がある メラニン色素は、 ビタミンC誘導体やプラセンタエキスといった還元作用のある成分が含まれている化粧品でケアをすることで、少しずつ薄くすることができます。 また、ハイドロキノンにも同じような効果がありますが、ハイドロキノンは肌に強い刺激があるため肌荒れのリスクがあります。 医師の判断のもと使うことがオススメです。 決めて3: 肌のターンオーバーを促す効果がある ニキビ跡の色素沈着を早く治すためには、 肌のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)のサイクルを正常に保ち、促すことが必要です。 そうすることで、肌荒れ、茶色や黒いシミを早く薄くすることができます。 この働きをするのが、ビタミンA(レチノール)やビタミンE(トコフェロール)といった血行を改善し、皮膚の新陳代謝を高める効果のある成分です。 とくに ピーリングは、ニキビの炎症が治ったあとの炎症性色素沈着に即効性の効果があるといわれています。 定期的にピーリングをすることで、肌の新陳代謝が高まり、メラニン色素が肌の中で沈着をするのを予防できます。 そのため、この働きをするグリコール酸(AHA)やサリチル酸(BHA)といったピーリング効果のある成分を含む化粧水や洗顔料を使ってケアすることもオススメです。 そして、肌のターンオーバーのサイクルを正常に保つうえで、保湿ケアにより、肌のバリア機能を高めることが大切なポイントになります。 この3つのポイントが満たされている化粧品ってありますか? 「ニキビ跡の色素沈着(シミを含む)にオススメの化粧品」をすぐに知りたい方は、以下のページをご覧をください。 (私が実際に使って効果を実感できたもの、いろいろな方の声も参考にしています)。 もう少し詳しく知りたいという方は「美白成分」について、以下のページで説明していますので、参考にしてください。 肌のターンオーバーを正常に保つには、化粧品を使ったスキンケアだけではなく、睡眠や食べ物(食事)、運動など、普段の生活習慣の見直しも大切なポイントです。 また、エステのフェイシャルマッサージやパックなども肌の新陳代謝を高めるのに効果的です。 この化粧品を試してもシミが消えない・治らない場合は美容皮膚科クリニックに相談する シミやそばかすの色は、メラニン色素が色素沈着している深さによって変わってきます。 肌表面に近いほど、褐色調が強くなり(淡褐色や茶褐色)、逆に深くなるほど色が濃く(茶色や黒色)なります。 そのため、色が濃くなるにつれて、消えるまでにかかる期間が長くなってしまいます。 また、紫や青、青黒色のシミが残っている場合は、メラニン色素が真皮層といわれる皮膚の奥に落ちてしまっている可能性があり、消えるまでに長い期間がかかってしまうことがあります。 そういった方は、美容皮膚科クリニックに相談することを検討しましょう。 では、美容皮膚科クリニックの治療についてお話していきますね。 病院・クリニックにいくと、 医師があなたの症状をみてくれて、相談にのってくれることが一番大きな特徴です。 皮膚科の主な治療内容や処方される薬や漢方について紹介していきますね。 皮膚科での色素沈着・シミのニキビ跡の治療は、フラクショナルレーザーやフォトフェイシャル(IPL)、フォトRF・オーロラなどの光治療、ビタミンCのイオン導入、ケミカルピーリング、ハイドロキノン外用やトレチノイン外用、トラネキサム酸の内服、そして、 保険が適用されるビタミンCの内服があります。 保険が適用される治療は、 ビタミンCの内服薬のみです。 それ以外の治療になると、美容皮膚科の領域になり、保険適用外の治療になります。 保険適用外ということは、 治療費が実費になり、治療にかかる費用が高額になってしまうこともあるので美容皮膚科を受診するさいには注意する必要があります。 もう少し詳しく色素沈着(シミ)のニキビ跡の皮膚科クリニックでの治療について知りたいという方は、以下のページをチェックしてください。 茶色や黒いシミのニキビ跡を早く消す方法 肌の黒ずみ、茶色や黒いシミになってしまっている色素沈着のニキビ跡を早く消すためには、早い段階から美白効果のあるビタミンC誘導体化粧水を使ったケアが効果的です。 さらに美白効果のある化粧品を使うことで、 紫外線から肌を守り、症状が悪化するのを予防してくれます。 肌のターンオーバーのサイクルは、年齢とともに遅くなってしまいます。 しかし、 ビタミンC誘導体やグリコール酸(AHA)といったピーリング効果のある化粧品を使うことで、肌のターンオーバーのサイクルを早め、肌の新陳代謝を促すことができます。 まずは、オススメの化粧水から参考にしてみてください。

次の

ニキビ跡を消す方法!【※私の色素沈着も改善した化粧品を紹介♪】

ニキビ跡 消す方法

ニキビが治った後も しつこく残り続けるニキビ跡。 そんなニキビ跡に悩んでいませんか? 私も悩んでいました。 ニキビ跡ができると中々治らないし すっぴんになった時やメイクが落ちてきた時も本当に目立つ。 他人からはさほど気にならないかもしれませんが 自分では本当に気になるしなるべく早く治したい。 けれど色素沈着してしまったニキビ跡はしつこい。 中々治らないのが現状です。 私もすごく大きなニキビが出来てしまった時に 慌てて皮膚科に駆け込んだことがありました。 その皮膚科で言われたのは 「これは跡に残りそうだね。 半年くらいしても跡が消えなかったらレーザーも考えてみて」 という言葉でした。 美容皮膚科で行うレーザーは高価だし レーザー治療も何回か繰り返し行わなければいけません。 すごくショックでした。 そこから私とニキビ跡の戦いは始まったのです。 ニキビ跡を治す為に色んなものを試してきて 医師が言った半年後にはニキビ跡とさよなら出来ました。 ちょっとしたニキビ跡なら数日から数週間で消すことも可能ですが ひどくなったニキビ跡は中々消えない。 私が経験したニキビ跡は小さなものから大きなものまでありました。 小さなニキビ跡は数日で 大きなニキビ跡は何ヶ月かかかりましたが レーザーなどの高価な治療や通院をしなくてもニキビ跡を消すことが出来ました。 そこで私が試して実際によかったニキビ跡を消す方法を 皆さんに紹介していきます。 ニキビ・ニキビ跡の種類 まずはニキビの種類について紹介していきます。 ニキビには進行度によって種類があります。 微小面ぽう 目に見えないニキビです。 ニキビの一番最初の段階です。 微小面ぽうが出来た場合からと言って全部がニキビになるわけではなく 微小面ぽうからニキビへ進行しない場合もあります。 別名コメドとも言います。 白ニキビ 白いブツッとしたニキビのことを言います。 肌の表面が少し盛り上がった状態になっていることをさします。 まだ炎症は初期状態でかゆみや痛みはありません。 この白ニキビを放置してしまうと進行して ニキビ跡ができるようなひどいニキビになってしまうので 白ニキビの段階で対処することが必要です。 黒ニキビ 黒ニキビも白ニキビと同様ニキビの初期段階です。 毛穴に詰まった角栓が空気に触れて酸化して 黒くブツブツとした黒ニキビに進行していきます。 と言ってもまだ初期状態なので この黒ニキビの段階で対処できるとニキビ跡にならずにすみます。 赤ニキビ 白ニキビや黒ニキビが進行した状態で 炎症が進んだ状態です。 赤ニキビになるとニキビ跡が残りやすくなります。 膿を伴ったものや硬くシコリのようになると ニキビ跡が残りやすくなります。 ニキビ跡が残るとニキビ跡を消すのが大変。 若い頃はニキビ跡が残ってもすぐに消えていたのに アラサーになってから出来たニキビ跡は中々消えてくれませんでした。 ニキビ跡の種類 赤ニキビが治った後に生じるニキビ跡にも種類があります。 色素沈着 赤ニキビが治った後に起きてしまう色素沈着。 実はこれシミの元となるメラニンを作る細胞が活性化して 色素沈着を起こしてしまった状態です。 ニキビが出来てしまっている肌ではターンオーバーという 肌の生まれ変わりがスムーズに出来ていないため メラニンを上手く排泄出来ずに色素沈着が起こっています。 私はこの状態でした。 クレーター 赤ニキビが出来た時に肌の奥底の真皮や皮下まで炎症が生じてしまうと ニキビが治った後もクレーターになってしまいます。 このクレーターになってしまうと本当に中々治らないので クレーターにならないように早期にニキビを直していくことが重要です。 クレーターは中々スキンケアでは改善しにくいので 美容皮膚科などに相談してみるのもいいかもしれません。 赤ニキビをとにかく早く治したい人におすすめの記事はこちら ニキビを作らない肌を作るための方法はこちら ニキビ跡の種類別消す方法 ニキビ跡にも色素沈着とクレーターの2種類があることを説明してきました。 この2種類の種類別にニキビ跡との戦い方をご紹介していきます。 色素沈着タイプのニキビ跡 色素沈着が起きてしまったニキビ跡には 一番大切なのは美白です。 肌の赤みを薄くする為にケアしていきましょう。 ターンオーバーを促す 炎症が起きた後の肌はターンオーバーという肌の生まれ変わりが 上手くいっていません。 なので肌が生まれ変わるように肌のターンオーバーを促していきましょう。 ターンオーバーを促す為には美容皮膚科やエステなどでも行っている ピーリングを行いましょう。 公式サイトはこちら ビタミンCのスキンケアは効果が高いのですが 刺激も強いので なるべく夜に使用するようにしましょう。 朝使用する場合は必ずUVケアをするようにしましょう。 またスキンケの最初の段階で使用するのが望ましいのですが 最初のうちは化粧水の後に使用して刺激が少なければ スキンケアの最初に取り入れるようにしましょう。 クレータータイプのニキビ跡 クレータータイプのニキビ跡は中々スキンケアで改善出来ません。 長期間クレーターで悩んでいる場合はレーザー治療も含めて 美容皮膚科へ相談してみるのをおすすめします。 美容皮膚科は自由診療なので レーザー治療にかかる費用はクリニックによって異なりますが 1回の治療では完全に治らないことが多いです。 根気を持って治療していくことが必要となります。 クレーターが増えないようにする為には ニキビを悪化させないように日々のケアを行っていくことが 一番の近道だと思います。 私が実践したニキビ跡を消す方法 ここからは私が色素沈着タイプのニキビ跡に対して行った ニキビに対するケアをご紹介します。 洗顔は1日2回 先ほどご紹介したエイプリルスキンを使用して 朝と夜に洗顔を行いました。 メイクもしていましたがクレンジングは入念に行いました。 クレンジングはオイルタイプよりもウォーターやミルクタイプのクレンジングの方が肌に負担がかからないです。 私のおすすめのクレンジングの過去記事はこちら しっかりメイクを落として肌に汚れを貯めないことが大切です。 でも洗いすぎて肌が乾燥してしまうと ニキビの原因にもなるので洗いすぎにはご注意ください。 脂質肌の人は1日2回が一番おすすめの洗顔回数です。 元々乾燥肌の人は朝は洗顔料は使用せずぬるま湯での洗顔をおすすめします。 スキンケア 化粧水は先ほど紹介したAPPS配合の化粧水を使用しました。 化粧水のあとはシカクリームという肌の再生を促してくれると 韓国で話題になっているスキンケア商品を使用しました。 シカクリームに関する記事はこちら 生活環境 睡眠時間を確保する ストレスを溜め込まないようにする 運動をする ビタミンCやビタミンBなど美肌のためのビタミンを積極的に摂取する など生活環境の改善も極力行いました。 特に運動は肌の新陳代謝にも大きく関わってくるので 週に2〜3回はホットヨガに通ったりしました。 ホットヨガは肩こりやスタイルの改善にも効果があって ストレス解消にも繋がったのでとってもよかったです。 運動は自分にあったものがあると思うので自分にあったものを実践してみてくださいね。 まとめ 今回は一度できてしまうとしぶといニキビ跡に対する対処方法を紹介していきました。 ニキビ跡は中々治らないので簡単に治すというのは中々難しいのですが ニキビ跡を隠すことはコンシーラーなどでできると思います。 クレーターになってしまってお悩みの方は スキンケアだけでは中々改善しないと思うので 美容皮膚科に相談してみるのもいいかもしれませんね。 まずはニキビができない肌を作りつつ 色素沈着に対するケアをしていくと肌が変わっていくと思います。 ニキビやニキビ跡のない肌になれますように。 では良い美容生活を。

次の

ニキビ跡の赤みを消す!!知らないと損する自宅でできるケア方法

ニキビ跡 消す方法

あなたはどのタイプ?ニキビ跡の種類を知っておこう! ニキビ跡には3つのタイプがあり、タイプ毎に有効なケア方法が違います。 間違った方法でケアを続けていると、ニキビ跡が悪化する恐れがあるので、あなたのニキビ跡がどのタイプか確認しておきましょう。 赤みニキビ跡 赤みニキビ跡は、 毛細血管が皮膚から透けて赤く見えている状態です。 ニキビの炎症が悪化すると、皮膚を守るために毛細血管が炎症の周辺に集まるので、肌が赤く見えてしまいます。 また、集まった毛細血管が内出血を起こし、 血液の色素が肌から透けて見えることもあります。 この場合は、少し赤黒く見えるのが特徴です。 色素沈着ニキビ跡 色素沈着ニキビ跡は、 メラニンが肌に沈着して茶色っぽいシミが残っている状態です。 ニキビの炎症が悪化したり、紫外線を浴びると、外部の刺激から肌を守るために メラニンが過剰生成されます。 そのメラニン排出されず肌に残ると、色素沈着ニキビ跡になるのです。 クレーターニキビ跡 クレーターニキビ跡は、 皮膚の奥にある真皮層がくぼんでしまい、肌が凸凹になっている状態です。 間違ったニキビケアによって炎症が悪化すると、真皮層の皮膚組織が大きなダメージを受けてへこむので、クレーターのような凸凹が残ってしまいます。 ちなみに、 男性に最も多いニキビ跡の種類は、このクレータータイプです。 どうして残る?男性に多いニキビ跡の原因 続いては、男性のニキビ跡が残る原因について説明します。 普段の行動に当てはまるものがないか、チェックしてください。 ニキビを潰している ニキビを潰すと、ニキビの内側に溜まったアクネ菌が皮膚に広がるため、炎症が悪化します。 炎症が悪化すると、肌を守るために免疫機能が働いてアクネ菌と戦うのですが、 その際のダメージが真皮を傷付けます。 傷付いた真皮を守るためにコラーゲンが大量発生し、固まりとなって大きな窪みを形成するため、結果として肌に凸凹が残るのです。 男性はニキビができると潰してしまうことが多いので、クレーターニキビ跡が残っている方が多く見られます。 スキンケアをしていない・スキンケアの方法が間違っている 「普段は全くスキンケアをしない」「自己流でスキンケアをしている」 という男性は多いでしょう。 しかし、それがニキビ跡の原因になることがあります。 間違ったスキンケアによって肌が乾燥したり刺激を受けると、 ターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れて皮脂や汚れが毛穴から排出されません。 毛穴に溜まった汚れはアクネ菌(ニキビの原因菌)のエサとなるため、ニキビができる原因になるのです。 さらに、ニキビができた時に間違った方法でスキンケアをすると、症状が悪化してニキビ跡が残ることがあります。 紫外線対策をしていない 先に説明したように、紫外線は色素沈着ニキビ跡の原因になります。 しかし、 外出時に日焼け止めを塗る、帽子をかぶるなどの紫外線対策をされている男性は少ないでしょう。 そのため、メラニンが過剰に生成され、シミのようなニキビ跡が残るのです。 偏った食生活 外食やコンビニの弁当などで食事をすませていると、栄養が偏りがちになります。 栄養が偏って ビタミンなど肌の再生に欠かせない栄養素が不足すると、ターンオーバーが乱れてニキビ跡が残る原因になるのです。 また、油分が多い食事を続けていると、皮脂の分泌が増えて毛穴が詰まり、ニキビができる原因にもなります。 男性は、ただでさえホルモンの影響で皮脂分泌量が多いので、 バランスの取れた食事で皮脂の分泌を抑えることが大切です。 日常生活でのストレス ストレスによってホルモンのバランスが崩れると、ターンオーバーが乱れます。 男性は、家庭や職場で様々なストレスを抱えがちなので、ホルモンバランスが乱れてターンオーバーが正常に機能しなくなり、ニキビ跡が残ってしまうのです。 このように、 ニキビを潰すなどの間違ったスキンケア、食生活、ストレスが、男性のニキビ跡の原因です。 しっかりと原因を把握して、ニキビ跡の改善と再発防止に役立ててください。 男性のニキビ跡を改善する方法とは 男性のニキビ跡を改善する方法としては• 自宅でのスキンケア• 皮膚科での治療 が有効です。 それぞれの方法には費用や治療期間に違いがあるので、あなたに合った方法で改善していきましょう! お金をかけたくないならスキンケアがおすすめ あまりお金をかけたくない方には、 化粧品によるスキンケアがおすすめです。 ニキビ跡ケアに有効な成分が入った化粧品を使えば、徐々にニキビ跡を目立たなくすることができます。 また、肌をしっかりと保湿してターンオーバーを促すことで、肌をニキビができにくい健康な状態に保つことができます。 さらに、スキンケアで肌をなめらかにすることで、クレーターニキビ跡の凸凹も目立たなくすることが可能です。 ただし、スキンケアには即効性が期待できないため、 ニキビ跡を改善するには、数ヶ月~1年以上かかるということを覚えておいてください。 早く治したいなら皮膚科へ できるだけ早くニキビ跡を治したい方には、 皮膚科での治療をおすすめします。 その理由は、薬の処方やレーザー治療、ピーリングなど、専門的な治療が受けられるからです。 特に、 レーザー治療は非常に効果が高いうえ、即効性も期待できる点がメリットです。 症状の軽いニキビ跡であれば、1回の治療でかなりの改善が期待できます。 ただし、1回につき約50,000円の治療費がかかりますし、症状が重い場合は5回程度の治療が必要なので、 「あまりお金をかけずにケアしたい」という方には向いていません。 皮膚科のニキビ跡治療を受けるのであれば、全国に展開している皮膚科の シロノクリニックがおすすめです。 シロノクリニックでは、ニキビ跡の種類に合わせた効果的な治療を行っているため、 「凸凹のクレーターニキビ跡が目立たなくなった」という方も多いです。 治療費も1回10,000円~と比較的安いですし、 WEBから初診予約をすると初回カウンセリング料3,000円が無料になります。 早くニキビ跡を治したいとお考えの方は、シロノクリニックを受診してみましょう。 以上のように、スキンケアと皮膚科での治療には、それぞれメリット・デメリットがあります。 ニキビ跡のケアにかけられる費用・時間をよく考えたうえで、どちらかを選択してください。 男性のニキビ跡ケア用化粧品の選び方 ニキビ跡ケア用の化粧品を使う場合、化粧品を選ぶ時には3つのポイントがあります。 ポイント1:無香料 スキンケアになじみがない男性にとっては、匂いのきつい化粧品は使いづらいものです。 ニキビ跡ケアに使う化粧品には、 無香料のものを選びましょう。 ポイント2:肌に優しい 肌に刺激となる成分が配合された化粧品を使用すると、肌トラブルが起こってニキビ跡が悪化する恐れがあります。 ニキビ跡を改善するには、 肌への負担軽減を重視した化粧品を選ぶことが大切です。 ポイント3: 浸透力が高い 肌には、外部刺激から自身を防御するための「バリア機能」があります。 そのため、通常の化粧品だとなかなか成分が肌に浸透しません。 有効成分をしっかりと肌の奥に届けるためには、 浸透力の高い化粧品を選ぶ必要があります。 以上の点を確認して、ニキビ跡ケア用の化粧品を選びましょう。 男性でも使える!ニキビ跡ケアにおすすめの化粧品3選 ここからは、 男性でも使えるニキビ跡ケア用のおすすめ化粧品を3つ紹介します。 「化粧品選びのポイントは分かったけど、実際どれがいいのか分からない・・・」 という方は、ぜひ参考にしてみてください。 ビーグレンは、 「QuSome」という独自の浸透技術を使用した化粧品ブランドです。 QuSomeとは、有効成分の分子をナノ化(小さくすること)してカプセルに閉じ込める技術で、通常の化粧品よりも成分がしっかりと浸透します。 ビーグレンは様々な商品を販売しているのですが、ニキビ跡ケアに必要な化粧品のセットも販売されています。 セットの内容は、洗顔料、化粧水、美容液、保湿クリームの4点で、 ニキビ跡ケアに有効な成分が豊富に配合されている点が特徴です。 中でも、美容液の「Cセラム」にはピュアビタミンC(アスコルビン酸)が豊富に配合されています。 ビタミンCは炎症を抑える効果を持つため、赤みニキビ跡の改善に有効です。 また、美白効果やターンオーバー促進効果もあるので、 色素沈着やクレーターの改善も期待できます。 さらに、皮脂の分泌を抑える効果もあるため、ニキビ予防にも最適です。 ビーグレンの化粧品は全て無香料ですし、肌への負担軽減を重視して作られているため、男性が安心して使える点もメリットだと言えます。 アクレケアは、肌の再生を促す「卵殻膜」を配合した美容液で、凸凹肌を改善する効果があります。 肌の表面を潤いのベールで覆い、凸凹が目立つ肌をなめらかに整えることで、クレーターニキビ跡を目立たなくさせるのです。 また、 着色料、鉱物油、シリコンなど、肌への刺激となる成分が使用されていないうえ、無香料なので男性も安心して使えます。 クレーターニキビ跡にお悩みで 「いろいろな化粧品を使ってスキンケアするのが面倒だな」 という方は、まずはアクレケアを使ってみてはいかがでしょうか。 色素沈着ニキビ跡が残っている方には、ビーグレンのホワイトケアをおすすめします。 先に紹介したように、ビーグレンの化粧品はQuSomeによる高い浸透力が期待できますし、肌への刺激も少なく無香料です。 ビーグレンのホワイトケアは、洗顔料、化粧水、美容液、美白クリーム、保湿クリームのセットで、 美容液の「Cセラム」と美白クリームの「QuSomeホワイトクリーム1. 9」に高い美白効果が期待できます。 Cセラムには、先ほど説明したピュアビタミンCが配合されているため、メラニンの生成を抑えて色素を排出します。 また、QuSomeホワイトクリーム1. 9には、 「肌の漂白剤」と言われるほど美白効果の高いハイドロキノンが配合されているので、シミの生成防止に有効です。 男性でもできる!効果的なスキンケアの流れ スキンケアは、正しい手順で行わないと効果が期待できません。 それどころか、逆にニキビ跡を悪化させる恐れもあります。 しかし、「化粧品の使い方やスキンケアの手順が分からない」という男性は多いでしょう。 ここからはスキンケアの流れについて説明しますので、しっかりと確認してください。 ゴシゴシと力を入れて洗うのは、肌に刺激を与えるのでNGです。 大抵の美容液には潤い成分も入っているので、 肌の保湿にも有効です。 スキンケアの仕上げには乳液を塗って、肌の潤いを閉じ込めましょう。 今日だけでも何とかしたい!男性のニキビ跡を隠す方法 ニキビ跡は、 ケアをしたからといってすぐに消えるものではありません。 デートや大事な約束がある日など、「今日だけは何とかニキビ跡を消したい!」 という時は、 ファンデーションやコンシーラーを使って隠す方法がおすすめです。 最近は男性用の化粧品が多数販売されており、薄くメイクをしている男性も珍しくありません。 男性の化粧は決して恥ずかしくありませんので、ファンデーションやコンシーラーを活用してみてはいかがでしょうか。 ちなみに、ニキビ跡を隠すには次の商品がおすすめです。 ファンデーション・化粧下地 ヌーディーベールは、 UVカット効果とスキンケア効果を併せ持つ化粧下地です。 肌色のムースっぽいクリームのため、肌になじみやすく付け心地も軽いため、化粧の厚塗り感も出ません。 女性用の化粧下地ですが、男性でも問題なく使えます。 コンシーラー(肌のシミや赤みなどを消すための化粧品) カクシーラーは、薄いシミやニキビ跡はもちろん、 傷痕まで隠すことができるカバー力があります。 水や汗にも強く、時間がたっても崩れる心配はありません。 パラベンフリーなので肌への負担も少なく、それでいてカバー力がある優れたコンシーラーです。 ニキビ跡を予防するためのポイント ニキビ跡が改善しても、日頃のスキンケアや生活習慣を改めないと、またニキビができてニキビ跡が残る恐れがあります。 最後に、ニキビ跡を予防するためのポイントを確認しておきましょう。 ニキビができても触らない ニキビができた時は、絶対に触ったり潰したりせず、そっとしておいてください。 ニキビに刺激を与えず正しいスキンケアで治すことができれば、ニキビ跡は残りません。 また、触らない・潰さないことはもちろん、 服や髪の毛がニキビに当らないように注意することも大切です。 正しい洗顔とスキンケア 正しい方法で洗顔・スキンケアをすることも重要です。 肌に刺激を与えず、洗顔やスキンケアで肌を清潔・健康な状態に保つことができれば、ニキビができにくいですし、 ニキビができても悪化せず治ります。 先に説明した手順に沿った、正しいスキンケアを心がけてください。 紫外線対策をする 日焼け止めを塗る、帽子をかぶるなど、外出時は紫外線対策を行いましょう。 しっかりと紫外線対策をしていれば、メラニンの過剰生成による色素沈着を防止できます。 生活習慣を改善する 皮脂の分泌を抑え、ターンオーバーを促進するため、栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。 また、ホルモンバランスを整えるために、 しっかりと睡眠をとることや、ストレスを解消することも大切です。 日常生活でストレスが多い方は、趣味に時間を使う・適度な運動をするなど、ストレスを解消するための工夫をすると良いでしょう。 ニキビとニキビ跡がある時はニキビケアを優先 ニキビとニキビ跡の両方がある時は、 まずニキビケアを優先してください。 というのも、ニキビを放置してニキビ跡ケアに集中していると、 「ニキビが悪化して今よりニキビ跡が増える」という悪循環に陥る可能性があるからです。 ニキビが悪化する前に、キレイに治してしまいましょう。 まとめ 男性の肌には、間違ったスキンケアや生活習慣、ストレスなどが原因でニキビ跡が残ることがあります。 ニキビ跡は、化粧品を使ったスキンケアや皮膚科での治療によって改善できるので、 費用や期間を考えて、あなたに合った方法でケアしてください。 もし、どうしてもニキビ跡を隠したい時は、化粧下地やコンシーラーを使えば隠せます。 ニキビ跡ケアには時間がかかるので、焦らず辛抱強くケアを続けましょう。 赤くなっているけど腫れている状態ではないのが赤みのあるニキビ跡。 ニキビができた部分にうっ血している(血が滞っている)状態です。 赤みのあるニキビ跡は、比較的軽度で、正しいケアを行えば自分で治す事ができます。 一見シミの様にも見えるニキビ跡が茶色い色素沈着型ニキビ跡です。 ターンオーバーが正常に行われず、メラニンが肌に残る事でできてしまいます。 色素沈着型ニキビ跡は、美白化粧品によるケアが効果的です。 お肌が落ち込み、でこぼこの状態になっているのがクレーターニキビ跡です。 間違ったニキビケアにより、皮膚の真皮が破壊される事で起こります。 クレーターは、自宅での治療は難しく、医療機関での治療が最も効果的です。

次の