ココイチ 全部 のせ。 ココイチのトッピングメニュー価格一覧&人気ランキング(口コミ付き)

ココイチのトッピングメニュー価格一覧&人気ランキング(口コミ付き)

ココイチ 全部 のせ

ココイチのおすすめ裏メニュー1つ目はおかわりカレーです。 みなさんこんな経験はないでしょうか。 「あれ?ごはんとカレールーの量が合わない・・・。 ごはんばかり余って食べられない!」よくありますよね。 こんなときには、ココイチの裏メニューの一つ、おかわりをすることが出来てしまうんです! 単品100円でカレールーの追加をすることができます。 だいたいお玉一杯分くらいです。 しかし、食べ進めるうちにごはんだけ余ってしまったという状況に限り無料でカレールーのおかわりをすることが出来ます。 量は単品のカレールーよりも少し少なめだそうです。 いつもごはんよりもカレールーを多めに食べてしまう人はぜひ試してみてください。 また、一部の店舗では、有料になってしまっていることもあるので注意してください。 女性や小さなお子様の場合、ココイチのカレーが少し量が多いなと感じる人も多いのではないでしょうか。 そんな人におすすめなのがハーフカレーです。 実が人気の裏技なんです。 量はふつうのカレーの半分の量で、料金はだいたい500円前後で注文することが出来ます。 量を少なめに出来るだけでなく、なんと全ハーフカレーメニューには、ドリンクがついてくるのです。 これは、女性やお子様にとって嬉しいサービスですよね。 お得な気分になれます。 女性やお子様連れで量が多くて困っている人はぜひ試してみてください。 ココイチにはたくさんのトッピングがあります。 そんなトッピングをどれにしょうか迷いながら、世界に一つだけのオリジナルのカレーを作るのもココイチの醍醐味の一つですよね。 CoCo壱が人気な理由が分かります。 トッピングが多すぎて迷ってしまう・・・そんなあなたにおすすめの裏技が「全部のせ」です。 店員さんに「全部のせでお願いします。 」と注文すると、別皿にすべてのトッピングを乗せて持ってきてくれます。 それらをお皿に盛り付けて全部のせカレー完成です。 夢のようなカレーですね! すべてのトッピングを乗せるのはバランスが大切なので、慎重に盛り付けてください。 また、出来るだけ大きなお皿のメニューを注文すると良いです。 ちなみに、メニューの中で一番大きなお皿は、1500gのポークカレーだそうです。 カレーはスパイシーで美味しいですよね。 でも、中には辛いのが苦手な人も多いと思います。 そんな人におすすめな裏技が甘くなるソースです。 ココイチでは、辛さだけでなく甘さも選ぶことが出来ます。 ただし、これには追加料金がかかってしまいます。 ですが、卓上にあるこの甘くなるソースを使えば、マイルドな味わいになって辛さが中和されます。 実際に、甘辛にする場合に使っているソースです。 ベースははちみちを使っているそうです。 辛さの苦手な人やお子様にはとてもおすすめです。 また、卓上に甘くなるソースがない場合には、店員さんに頼むと無料で持ってきてくれますよ。 ココイチでは、注文時にカレーをお好みの辛さに調節することが出来ます。 1辛~10辛まで選ぶことが出来ます。 もちろんこれは有料です。 しかし、辛さを無料で変えられる裏技が、とび辛スパイスです。 このスパイスは、実際にココイチでの辛さ調節に使われているスパイスです。 調節するときには、このスパイスを火にかけてカレーと混ぜるそうです。 熱を加えることで、辛みが増します。 ですので、このスパイスを大量に使ったとしても、10辛ほど辛くはなりません。 しかし辛いのが好きな人には試したくなりますよね。 辛みというよりも、深みが出るようになるそうです。 辛いのが好きな人も、辛いのは苦手人もぜひ試してみてください。 特に男性の皆さんは、ココイチに行く人が多いのではないでしょうか。 そんな男性の皆さんにおすすめなお得な裏技が、ライスの大盛りです。 通常ライス大盛りにして店員さんに注文する場合には、100円で100gのライスが大盛りとして盛られています。 しかし、ライスふつうでライス単品を店員さんに注文すると、100円で150gのライスがついてくるんです。 なんと50gも多く食べることが出来るのです。 すごくお得ですよね!これは、大食いな男性の皆さんにはおすすめな裏技ですね。 ちなみに、ふつうカレーとライス単品を頼むと変な気がしますが、店員さんの間では有名な裏技だそうですので、気にしないで注文してください。 やはり皆さん、カレーといえば白米ですよね。 しかし、カレーの本場では、白米よりもメジャーなものが、チャパティやナンです。 そんなナンをココイチで注文することが出来るんです。 店舗によってあったりなかったり、期間限定だったりするので、カレー好きの方は必見です。 注文の時に、ライス無しでカレールーを頼み、単品でナンを頼みます。 そうすると、いつもとは違うカレーを味わう事が出来ます。 期間限定の時にはふつうのナンだけではなく、チーズ入りなどの特別なナンも提供されていました。 CoCo壱常連の方はぜひいつもと違ったカレーwithナンを楽しんでみてください。 皆さん知ってましたか?CoCo壱には、カレーライス専門店だけでなく、その他の業態の飲食店も運営しています。 その中でも、食べてみたいグルメがカレーラーメンです。 それが麺屋ここいちです。 ココイチの社長の奥さんの料理を参考にしてつくられたそうです。 CoCo壱で提供しているカレールーをベースに、豚骨出汁などを足して見事にカレーとラーメンを融合させています。 スープや麺も自分で選ぶことが出来ます。 もちろん、カレースープの辛さも選ぶことが出来ます。 現在、麺屋ここいちは愛知県内に4店舗ほどしかありません。 しかし、そんなカレーラーメンが全国の何店舗かで食べることが出来ます。 限られた店舗にしかないので、見つけたら即注文ですね。 みんなに人気な食べ物のカレーとラーメンの融合、ぜひ試してみてください。 こちらのベジタリアンカレーを食べられる店舗は、CoCo壱セントレア店です。 この店舗では、野菜をコンセプトにしたメニューを展開しています。 通常のCoCo壱で使用しているポークなどをベースにしたカレールーではなく、野菜のうま味を凝縮させたカレールーを提供しています。 また、ライスも白米ではなく、雑穀米で提供しています。 通常のCoCo壱では、白米しか用意がないそうで、雑穀米で食べられるのはこの店舗だけです。 ダイエットしているけどCoCo壱のカレーを食べたい人や、野菜好きな人にはおすすめな店舗です。 セントレアに行く機会があれば、ぜひ行ってみてください。 もちろん、お肉のメニューもあるので誰と言っても美味しく食べられます。 その店舗とは、愛知県一宮にあるCoCo壱アスティ一宮店です。 実はここの店舗では、カレー・ラーメン・あんかけスパゲティの3種類のジャンルのメニューが楽しめちゃうんです。 さきほどカレーラーメンの店である麺屋ここいちを運営していると紹介しましたが、ラーメンの他にもあんかけスパゲティの店舗も運営しています。 その名は、パスタデココです。 あんかけスパゲティとは、名古屋発祥のスパゲティにあんかけをかけた人気なごやめしの一つです。 パスタデココでは、あんかけをカレー風味にして、CoCo壱らしいメニューを展開しています。 CoCo壱アスティ一宮店に行けば、CoCo壱らしい名古屋らしい食事ができること間違いなしです。 一宮に行かれた時にはぜひ立ち寄ってみてください。 CoCo壱の裏メニューを知ろう! みなさんいかがでしたでしょうか。 知っているココイチのおすすめ人気裏メニュー・裏技はあったでしょうか。 カレーのおかわりや、ハーフカレーなどは気軽に試せる裏メニュー・裏技だと思います。 また、下記には、CoCo壱以外のチェーン店の裏メニューや裏技の関連記事を載せているので参考にしてみてください。 ぜひ、ここで知った裏メニューや裏技を使って、CoCo壱での食事を楽しんでくださいね。

次の

ココイチのトッピングメニュー価格一覧&人気ランキング(口コミ付き)

ココイチ 全部 のせ

カレーライスは甘口が好きだという人におすすめの裏メニューが、甘口ビーフカレーです。 ココイチのカレーに甘口があるのは知られていますが、ビーフカレーも甘口にできるのはあまり知られていない裏技です。 メニューには「ビーフソースの甘口はできません」とはっきり明記されているからです。 ところが、甘口ビーフカレーにする事はできるのです。 甘口ビーフカレーにするには、 卓上にもある甘くなるソースを使います。 テーブルに甘くなるソースが無い場合は、店員に甘くなるソースをかけて欲しいと伝えれば、ソースをビーフカレーにかけてもらう事が可能です。 もともとはカレーを甘くするために作られているソースで、1つのカレーを子供と分けて食べたい時に使われていました。 しかし、カレーを美味しく食べるように作られていて、大人が食べても美味しいと感じる事から甘口カレーファンにとって、なくてはならないソースになったのです。 ココイチのカレーは自由にトッピングをする事ができます。 何種類までトッピングをプラスする事ができるのか、考えた事がある人もいるでしょう。 一般的には1種類か2種類のトッピングをします。 ちょっと豪華に3種類をトッピングする人もいるでしょう。 ですが、トッピングは全種類を注文する事もできます。 ココイチの 全種類のトッピングをする裏メニューが全部のせです。 1杯のカレーの上に全てのトッピングをのせる事はできないので、別皿に盛り付けられたトッピングが運ばれてきます。 トッピングはカレーと一緒に食べても良し、トッピングだけで食べても良しというメニューになります。 ココイチにはビールもあるので、トッピングをおつまみに飲み会をするのも良いでしょう。 ちなみに、ココイチのトッピングは肉類だけでも10種類以上、魚介類・野菜類・その他も合わせて40種類近くあります。 ココイチではトッピングを注文すると、カレーの上に盛り付けられます。 しかし、カツはサックサクの状態で食べたいから、カレーソースの上にはのせないで欲しいと思っている人もいるでしょう。 そんな人におすすめしたい裏メニューが、トッピング別皿です。 ココイチでは全てのトッピングを別皿にする事ができる裏メニューがあります。 納豆カレーではなく、納豆とカレーを別々で食べたいと思っている人も、納豆を別皿で注文する事ができます。 いつもより多めにトッピングを注文して全てを別皿にすれば、ココイチのトッピングをバイキングのように楽しむ事もできるでしょう。 ココイチのトッピングを別皿にしておく裏メニューは、 家族や友達とトッピングのシェアをしやすくしてくれます。 注文しすぎて食べきる事ができなかったトッピングは、テイクアウトする事もできます。 カレーソースと別皿にしてあればソースが付く事もないので、持ち帰ってご飯のおかずとして食べやすいでしょう。 ココイチで人気だったハーフカレーが、スモールカレーにリニューアルしています。 裏メニューというわけではありませんが、お得なメニューなのにあまり知られていません。 ココイチのカレーライスのライスの量は300gが基本です。 52円引きで200gに変更する事ができますが、さらにご飯の量を減らしたい時にはスモールカレーがピッタリです。 普通のポークカレーは514円で、スモールポークカレーは400円とお得です。 スモールカレーのライス量は150gで、女性や子供にはピッタリのサイズでしょう。 また、2種類のカレーの食べ比べがしてみたい時の裏技にもおすすめです。 わずかではありますが、普通のライスの量でココイチのカレーをお得に食べる事ができます。 ココイチはカレーを辛くする事も甘くする事もできます。 カレーを辛くするだけ、甘くするだけではなく、両方を注文する裏メニューもあります。 ココイチ店員の一押しは5甘の2辛という裏メニューです。 甘さ5甘と辛さ2辛を合わせたカレーソースになります。 カレーソースは5甘のものと2辛のものがブレンドされてしまっているため、ここから5甘でここから2辛を楽しめるようにはなっていませんが、いつものココイチのカレーよりも深い味わいを楽しむ事ができます。 それぞれのカレーソースの味を確認したいという場合は、スモールカレーを5甘と2辛でそれぞれ注文するという裏技もおすすめです。 5甘の2辛だけではなく、3甘の2辛や2甘の5辛などに変更する裏メニューもあります。 ソースカレーにしてココイチのカレーを楽しむという裏メニューも人気です。 このソースカレーは、金沢カレー風とも呼ばれる裏メニューです。 金沢カレーとはどろっとしたソースのカレーでカツがトッピングされていて、その上からとんかつソースをかけて食べるのが特徴です。 ココイチのカレーソースはどちらかというとサラサラとしているので、金沢カレーと同じ食感ではありませんが、味は近いものにする事ができます。 ココイチのカレーに手仕込とんかつをトッピングして、卓上にある芳醇ソースをたっぷりとかけましょう。 本場の金沢カレーではとんかつソースをかけるそうですが、ココイチにはウスターソースと芳醇ソースしかないため、よりとんかつソースに近い芳醇ソースをかけるといいようです。 カツがソースでヒタヒタになるくらいかけると、美味しい裏メニューになります。 ココイチに通っている人でもあまり知られていないのが、ココロッケカレーです。 ココロッケとは、ココイチでサイドメニューとして販売されているコロッケです。 ココイチトッピングのコロッケにはクリームコロッケ カニ入り がありますが、普通のコロッケカレーを食べたいという時にはココロッケのトッピングという裏メニューがおすすめです。 裏メニューの注文方法は「ココロッケをトッピングにしてください」でOKです。 別々に注文して、自分でトッピングをするのもいいでしょう。 別々で注文した時は、1口目はそのままサクサクのココロッケを食べて、カレーにインします。 ココイチのココロッケは136円なので、クリームコロッケ カニ入り 210円よりもお得です。 ココイチのおすすめの裏メニューがソースカツ丼です。 ライス 150g とトッピングの手仕込とんかつ、無料の芳醇ソースを組み合わせる事で、ココイチ裏メニューのソースカツ丼を作る事ができます。 千切りキャベツはないので野菜感が欲しい人は、ココイチのヤサイサラダをプラスするのもいいでしょう。 ココイチで料理を注文するとスプーンが出されますが、丼が食べづらい時は箸に変えてもらう裏技もあります。 ソースカツ丼にするカツは手仕込とんかつの他に、手仕込ヒレカツやビーフカツもおすすめです。 ライス 150g とトッピングのチーズインハンバーグ、半熟タマゴに無料の芳醇ソースとケチャップを組み合わせて、ロコモコ風丼の裏メニューを作る事もできます。 ココイチのカレーは辛さや甘さを選ぶ事ができますが、辛さを選ぶ場合1辛で22円増しになります。 辛口にしたいけれどお金をかけたくないという時には、無料のとび辛スパイスを使うという裏技がおすすめです。 ココイチでは辛さを調整する時、 とび辛スパイスを火にかけてカレーと混ぜ合わせて辛さを調整しているそうです。 火にかける事で辛味が増すので、とび辛スパイスを振りかけるだけでココイチの辛さ調整と同じ事ができるわけではありません。 しかし、同じような辛さに味付けをする事は可能です。 とび辛スパイスをどれだけ入れると1辛になるのか等は分からないので、少しずつとび辛スパイスを加えて味を確認しながら食べるようにしましょう。 ココイチをもっとお得に楽しみたいのであれば、チラシクーポンを使うのがおすすめです。 チラシで配布されるクーポンの多くは、ドリンク無料やトッピング無料のクーポンになっています。 新聞などのチラシにクーポンが付いている事もあれば、テイクアウトをした時に入っているチラシにクーポンが付いている場合もあります。 最近ではココイチと提携しているお店のレシートの裏に、ココイチのクーポンが付いているという場合もあるようです。 レシートをもらった時にはすぐに捨てるのではなく、クーポンが付いていないか裏面もチェックしてみましょう。 また、 ココイチの公式サイトやアプリにクーポンが付いている場合もあります。 オープン記念やリニューアル記念のチラシには、いつもよりも豪華なクーポンが付いている場合があるのでチェックしてみてください。 ココイチのカレーは辛さや甘さを選べるだけではなく、ライスの量も選ぶ事ができるようになっています。 基本のカレーのライスは300gです。 100g増しで110円プラスになります。 ライスのグラムを変えるという大盛りの方法がありますが、お得にライス大盛りにしたい時には、単品ライスを追加しましょう。 ライス 150g 105円を注文して、大盛りにする事もできます。 通常は100g増しで110円なので5円お得です。 ただし、100g増しで110円になるタイプはライスの量に合わせて合わせてソースの量も増減してくれますが、ライス 150g を注文した場合、ソースの量は変わらないので最後にカレーソースが足りなくなってしまう場合もあります。

次の

CoCo壱のおすすめ裏メニューは?ココイチのおかわり・ハーフの裏技も

ココイチ 全部 のせ

数ある牛丼チェーン店の中でも、安さと圧倒的な味のバリエーションを兼ね備えるのが すき家だ。 「ねぎ玉牛丼」も「高菜明太マヨ牛丼」も「3種のチーズ牛丼」もウマい! ……が、実はすき家の牛丼の具は、100円~140円で個別にトッピングできることをご存じだろうか? どの牛丼もウマいから、全部トッピングしたら至極のウマさが待っているハズ……! というわけで、すき家で『 牛丼トッピング全部のせ』にチャレンジしてみたのでご覧いただきたい。 ・トッピングは全7種類 すき家で牛丼にトッピング可能な具材は、「ねぎ玉」「キムチ」「3種のチーズ」「おろしポン酢」「高菜明太マヨ」「わさび山かけ」「かつぶしオクラ」の全7種類である。 言うまでもなく、どれも牛丼との相性は最高だから、 全部のせてマズくなるわけがない。 さっそく、すき家で店員さんに『牛丼トッピング全部のせ』を注文すると、「大きな器にしますか?」「全部盛ってお持ちしますか?」「トッピングだけ個別に持ってきますか?」といくつかの提案をしてくれた。 今回は具材のボリュームをより感じるため、 自分でのせる方式をチョイス。 果たしてどんなスペシャル牛丼が出来上がるのだろうか……? ・文字通りの「山盛り牛丼」 個別に分けられた各種トッピングは、7つ揃うと大迫力! ドラゴンボール並みの神々しさを感じずにはいられない。 並盛り牛丼にコツコツと具を盛っていくが、 全然のりきらねぇぇぇえええ!! それでも具を詰めつつ、なんとか完成したときには、文字通り山盛りの牛丼が出来上がっていた。 今回は、胃袋には自信があるという九州男児の原田記者に食べてもらうことに。 「チーズと明太マヨ以外は野菜だから、意外と重くないですね」「山かけとオクラでスルスルいけます」「どこから食べてもウマいです」と、 かなりのウマさであるようだ。 ・味も抜群 ただしボリューム自体はハンパないようで、「並盛り牛丼でここまでお腹いっぱいになったのは初めてです。 体感で特盛以上ありますね」とのこと。 また「スタ丼や二郎系が好きな人にはオススメできます。 食べ応えありますよ」と話していた。 予想通り、間違いないウマさであることが証明された『牛丼トッピング全部のせ』。 これだけのせて1190円とは、考えようによってはお得感すらあるかもしれない。 毎日ではないにせよ、「今日はガッツリ食うぞ!」という特別な日に試してみてはいかがだろうか。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の