虚構推理 破瓜の痛み。 虚構推理の岩永琴子ちゃんとかいう非処女で性欲旺盛の女の子、今季トップクラスの可愛さ!!!

虚構推理の岩永琴子ちゃんとかいう非処女で性欲旺盛の女の子、今季トップクラスの可愛さ!!!

虚構推理 破瓜の痛み

確たる証拠がないだけで、限りなく真っ黒に近いグレイですね。 質問者さんも作中人物と同様、岩永の外見の可憐さに惑わされちゃっているのでしょうが、彼女、ああ見えてとにかく下品な子ですから……。 その言行録をわざわざ書き出すのもアレなので、そこは実際に原作をご覧になってもらいたいところですが(笑) そういう風に、まず性格面から考えてヤることをヤっていないはずがない、というのが一点。 後は単純に傍証ですね。 九郎の家に行く前に精の付くものを食べていたり、九郎に精の付くものを食べさせたり、はたまた九郎の方も岩永のことを「こう見えて毛深い」と発言していたり。 さて、質問者さんご自身が疑問に思われている「大切なおひい様がキズモノに……」云々ですが。 まずお互いの立場として、格上なのは岩永の方です。 なので岩永のやりたいことに対して妖怪たちが口を挟める立場にはないでしょう。 また、そもそも妖怪たちの道徳観として処女性にこだわりがあるのかどうかも不明。 岩永は「巫女」を自称することもありますが、その点、日本古来の巫女は職業柄、むしろ非処女であるのが普通であるくらいですしね。 原作読者的には、むしろ岩永が非処女である方が限りなく不自然に見えてしまうわけなのです。 いやマジで。

次の

虚構推理 感想 ネタバレ あらすじ

虚構推理 破瓜の痛み

今ならマンガボックスで無料で読める! お得情報をまずはご紹介! 虚構推理は現在「マンガボックス」で限定連載しています。 マンガボックスを知らない方のためにマンガボックスについて簡単にご紹介すると、マンガボックスはDeNAが運営するマンガアプリです。 多数のマンガ作品が連載されており連載作品の全ての最新話は 無料で読むことができます! また、バックナンバーが最新号含め12回分まで掲載されており、こちらも何と 無料で読むことが出来ます。 つまり掲載されている作品の12話分は全て無料で読めるという事です。 掲載されている作品の中には、マンガボックスでしか連載していない作品を含め、講談社が発行している「週刊少年マガジン」で連載していた有名作品などもあります。 連載作品以外にもストアコーナーでは多数のマンガ作品のコミックスを購入する事ができます。 ストアの作品はマンガアプリでもトップクラスのラインナップを誇っています。 マンガ好きな方であれば間違いなくオススメできるアプリですので、ぜひインストールしてみてください! 妖怪ミステリー作品!「虚構推理」とは? 本作品は2015年1月に「少年マガジンR」にて連載が開始されたミステリー作品です。 2018年5月現在、単行本は8巻まで発売されています。 また、本作品は「城平 京」先生の「虚構推理 — 鋼人七瀬」という推理小説が原作となっており、作画は「片瀬茶紫」先生が担当しているんですね。 原作者の城平先生は「スパイラル」「絶縁のテンペスト」などのミステリーマンガ作品の原作もしています。 両作品ともアニメ化までしている有名作品なので、知っている方も多いのではないでしょうか。 本作品もミステリー作品となっていますが、そのストーリーは少し変わった展開となっています。 本作品は怪異になってしまった少女と、怪異に恐れられる男の物語なんです。 そうです、ミステリー作品ながらも妖怪というファンタジー要素も含まれているんですね。 妖怪というと、ホラー的な展開を期待してしまうかもしれませんが、ホラー要素自体は皆無です。 出てくる妖怪は何かと癒やされるキャラが多いのも本作品の特徴でしょう。 ミステリーが好きな方だけでなく妖怪の類のファンタジーが好きな方も楽しめるのでぜひご覧下さい! 読者の感想・評判 「虚構推理」を読んだ読者の感想・評判を一部ご紹介! 試し読みで一目惚れです。 主人公が小さくて可愛らしい少女の姿で、いやに論理的な口調がツボに入りました。 歳上の男性を口車にのせて?彼氏にしちゃうのも素敵です。 小説未読ですが、続きが楽しみです。 原作の小説を未読の方も多くいらっしゃいましたが、評判はかなり高かったです。 特に主人公「岩永 琴子」と「桜川 九郎」のやり取りが面白いというのがかなり多かったように思いました。 内容は始めはスローテンポですが、話が進むに連れてどんどん面白くなっていくので前半で切らず最後まで読んで頂きたい作品です。 あらすじ ある事故によって片足と片目を失い病院に定期検診に訪れていた「岩永 琴子」は「桜川 九郎」に一目惚れしてしまう。 しかし、九郎には可愛い彼女「弓原 紗季」がおり、琴子は声もかけられませんでした。 何も出来ずに2年が経過するが、紗季と別れたという噂を聞きつけちょうど訪れていた九郎に声をかけてみる。 彼になぜ彼女と別れた理由を聞いてみると、 「京都に旅行に行っていた所にカッパと遭遇し彼女には目もくれずに逃げ出したから」 と九郎は答えます。 しかし、琴子はこの答えに対して 「サキさんを置いて逃げ出したのはどちらです?」 と聞き返します。 真実を知りつつ、別の理屈をでっち上げ、それで100%証明してみせる虚構ミステリーが今開幕! 主な登場人物 岩永 琴子(いわなが ことこ) 本作の主人公。 ある事件によって、右眼と左足を失っている。 右眼は義眼で左足を義足である。 病院内で激突した「桜川 九郎」に一目惚れし、九郎に彼女がいた事で何も出来ずにいたが、2年経ったある日に彼女と別れたと噂を聞きつけ声をかけてみる。 桜川 九郎(さくらがわ くろう) 本作のもう一人の主人公。 平凡な成年であるが、背が高く顔立ちも整っておりイケメンである。 彼女がいたが、旅行中にカッパが目撃した事が原因で別れる事になってしまう。 彼自身には妖怪には恐れられる程、特別な能力を持っている。 「虚構推理」のここが見所! 憶測に憶測を重ねる推理展開 真実を追い求める、探求するために憶測に憶測を重ねるストーリー展開はかなりの見所です! どういう事かというと、ある事件の犯人が認めてもそれすらも疑っていきます。 もはや、真実は何なのかが分からなくなってきますが、そこが面白い! 言葉遊びを楽しむ所は「うみねこのなく頃に」にかなり似ていると思います。。 真実を知りつつ、別の理屈を構築し100%証明してみせる展開は痺れるんですよね。 正に「虚構推理」というタイトルがばっちりと合っている作品です。 その虚構推理で展開される言葉遊びはかなり注目!! 妖怪の存在 主人公の2人は妖怪に関する能力を持ち合わせています。 本作品ではこういった妖怪というファンタジー要素が含まれているのが魅力の1つです。 単なるミステリーという枠組みではなくファンタジー要素も取り入れている事でより一層、推理を面白くさせています。 落ち武者の妖怪などは少しグロテスクな描写があるので、苦手な方は注意が必要です。 琴子ちゃんがいいキャラしてる! 主人公の琴子ちゃんが非常にいい味を出しています。 物怖じしない性格や毒舌な口調はほんとに癖になります。 「十七歳になりました。 活きがいいです」 「私と結婚を前提に付き合いませんか」 「破瓜の痛みに比べればこれくらい」 などなど少女あるまじき言動の数々。 この彼女にハマるかハマらないかで本作品が好きになれるかが決まるぐらいユニークなキャラクターなので、なのでぜひご覧下さい。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ミステリー作品の中でも今一番気になっているのがこの「虚構推理」です。 普通のミステリー作品と一風変わった作品なので 「ミステリー作品に飽きてしまった」 と思っている方はぜひ読んでみて下さい! 虚構推理についてご紹介しました。

次の

虚構推理破瓜(はか)の痛みとは?岩永琴子は非処女で相手は誰?|アニメるにんの映画記録runinmovie

虚構推理 破瓜の痛み

九郎の元カノである紗季も「鋼人七瀬」を警察として追っているため、妙な関わり合いができたからだ。 事件の話をしていても、ちょこちょこと挟まってくる九郎の話。 琴子はあからさまにマウントを取ろうとするが、長く付き合った過去がある紗季にはかなわない。 対して、結婚を視野にいれたお付き合いをしていた分、紗季さんは強い。 九郎が付き合っていた時に連絡しても返事がなかったことはないなど、現在の琴子は相手にされていないともとれる発言を繰り返す。 結構不本意な別れ方だったろうから、紗季さんの方でもまだ九郎のことが気になるのかもしれない。 鋼人七瀬の謎 ふたりのマウント合戦はさておき、鋼人七瀬である。 胸がやたらと大きいことからスカウトされたアイドル、七瀬かりん。 父親の死のことであらぬ噂を立てられ芸能活動を休止。 その最中に鉄骨の落下に巻き込まれて、死亡してしまった。 その彼女がなぜ今になって現れるのか? この鋼人七瀬については制作側の力の入り方が半端ない。 アニメの1エピソードにしては熱の入り方がすごいのが、この七瀬かりんの公式Twitterや、作中に出てきて鋼人七瀬にまつわるまとめサイトも、現実に作られている。 kojin7se. 決着は全員揃って 事件について調べる中で、警察の捜査状況を知りたくなった琴子は紗季さんに協力を申し出る。 借りを作りたくはないが、事件解決のためには仕方がない。 再度マウント合戦になるかと思われたが、鋼人七瀬の出現場所に九郎も現れたため、そこはかとなく修羅場の香りが……。 果たして、鋼人七瀬事件は解決するのか? 今カノ元カノバトルはどうなるのか? 推理はいつするのか? 色々期待して待ちたい。 (文=三澤凛).

次の