美ら海水族館 見どころ。 美ら海水族館の大水槽で悠々と泳ぐジンベイザメを見よう!料金・アクセス・チケットの割引情報まで|TapTrip

美ら海水族館について

美ら海水族館 見どころ

美ら海水族館のおススメの回り方 美ら海水族館の回り方を紹介させていただきます。 とにかくとても広くて大きな水族館ですので、一日では回り切れないでしょう。 以下は私のおすすめの、回り方です。 美ら海水族館の売り物は、何と言っても「黒潮の海」大水槽。 中でも目を引くのが巨大なジンベエザメです。 いきなりここ「黒潮の海」大水槽をメインに考えて行動するのも結構ですが、時間帯によっては見学客で大変混雑し、人の頭しか見られないということもあります。 ですのでまずはパンフレットに記入されているイベントを把握してから、順路を組むやり方が理想です。 イルカショー 私は午後からの来場でしたが、ちょうどイルカショーの時間に間に合ったので、こちらに先に行きました。 よく訓練されたイルカ達が披露するショーは見応え十分でした。 特にジャンプ力が素晴らしかった。 数頭のイルカが同時に水面下から飛び出し、空中を飛翔する様子は現場でなければとても満喫出来ないでしょう。 凄い臨場感で、音楽に合わせて様々な芸を披露する、見ていて飽きが来ない内容でした。 ショーの合間にはイルカへの餌やり体験や、実際にイルカと触れ合えるイベントも用意されていて時間調整にも一役買っています。 大水槽 次はお目当ての「黒潮の海」大水槽。 いろんな場所や角度から楽しめます。 ポイントとしては場所にこだわらないことだと思います。 エントランスから入って最初に大水槽が見える場所で立ち止まってしまいがちですが、混雑していると人の頭しか見えないということにもなりかねません。 私の経験では、移動しながら空いた場所から見学することが手っ取り早いです。 大水槽の他にも様々なカラフルな海洋性熱帯魚が展示され、とても充実していました。 サメやジンベイザメ サメの展示も見物でした。 不気味でグロテスな印象が先行しますが、とても魅力を持っている生物だということを教えてくれます。 特に歯の標本は迫力満点でした。 でも最大の売り物はジンベエザメの雄姿ですね。 巨大なその姿に必ず魅入られるはずです。 場所を変えながらのチラ見に近い状態でも時が経つのを忘れてしまいそうでしたから。 生物に合わせての展示という点も面白かった。 暗い場所もあって足元に注意が必要なこともありましたが、グロテスなようで愛おしさがわいてくる感覚があります。 ジンベエザメ以外にもマグロやその他の大型魚類も放たれていて目にも楽しい水中世界でした。 見どころがたくさんある美ら海水族館 待ち合わせ時間が迫っていたので心残りでしたが、その他の展示も楽しみました。 今回は無理でしたが子供向けのスタンプラリーのような催しも用意されていて、次回の訪問の際にはそちらも楽しんでみようと心に決めました。 美ら海水族館にはこの他にも訪れる価値のある場所はまだまだあります。 次回は回り方をもっと工夫して楽しみたいです。 美ら海水族館。 素晴らしい場所でした。 美ら海水族館の見どころ 沖縄といえば、美ら海水族館が人気スポットになっているので、ゴールデンウィークを利用し家族で行ってきました。 子供も4歳と2歳で魚が好きだっので行くことにしましたが、ビックスケールの水族館だけあり大人も子供も興奮が止まりませんでした。 16時からイルカショーがあり15時と17時頃からジンベイザメの餌やりがあるのでこの2つは絶対に見た方がいいです。 ジンベイザメの食事風景は圧巻の迫力があり最大の見どころ。 立って食事をしたりするので口を大きく開けてる姿も見れるし今まで見たことない光景です。 早めにスタンバイしておくといい場所で見られます。 昼過ぎぐらいから行くと熱帯魚の所とサンゴの海は屋根がついてないので日差しが差し込み幻想的な世界が見られます。 クラゲもとても綺麗で見とれてしまいます。 日本では最大級の水族館なだけあり、メインスポットといえる「黒潮の海」は水槽の横幅が広く悠々と泳ぐジンベイザメやマンタなど見ることができるので、ほんとに海の中にいるような感動体験ができます。 お昼を早めに食べて15時からジンベイザメの餌やりをみて16時からイルカショー17時からもぅ1回餌やりを見るのがオススメの回り方です。 時間を忘れてしまうぐらい幻想的で感動的なものを見られます。 美ら海水族館の滞在時間 見どころがあちこちにありほぼ一日滞在 ずっと行ってみたかった美ら海水族館は、想像していた以上に広くてスケールが大きく、大興奮してしまいました。 夫婦だけならのんびり気ままにあちこち見て回れるのですが、二歳と五歳と七歳の子供を連れていたので、時間配分がなかなか難しかったです。 黒潮の海 まずは朝10時に館内に入り、一階から順番に楽しんでいきました。 七歳と五歳は迫力の大スクリーンでジンベイザメやエイの姿を見ることができる「黒潮の海」大水槽に夢中になり、ずっとそこに居たがりました。 気が付くと11時半を回っていたため、「黒潮の海」大水槽を眺めながら食事のできるレストランで食事をしました。 あまり混んでいなかったのですぐに食べられて良かったです。 食事を終え、館内を出た時は13時を回っていました。 公園内を巡ることのできる電気遊覧車 すぐそばにあるウミガメ館とマナティー館を楽しんだ後に、近くのバス停から公園内を巡ることのできる電気遊覧車に乗り、海洋博公園内を回って楽しみました。 エメラルドビーチで途中下車もしたため、元のバス停に戻ってきた時は14時半を過ぎていました。 オキちゃん劇場のイルカショー 15時からはオキちゃん劇場で20分間のイルカショーも楽しみました。 見応えがあって見れて良かったです!人気があるのも納得でした。 その後、出口近くのおみやげ店で一人ずつお土産を選び、車に戻ったのは4時半過ぎでした。 二歳の子供は疲れたようで、車に乗ってすぐにぐっすり眠ってしまいました。 ほぼ一日を美ら海水族館で過ごす 全部の滞在時間は実に6時間半と、ほぼ日中全て過ごしたことになりますが、そのくらいあちこちに見どころがある場所なので、子連れで行動するにはこのくらいの時間が必要だと思います。 一日を美ら海水族館で過ごす予定で旅の日程を組んでおいて良かったと思います。 まとめ 美ら海水族館は見どころがたくさんあって、回り方に工夫が必要です。 一番の見どころは「黒潮の海」大水槽で、特にジンベイザメの餌やりは、 ジンベイザメがエサを食べるために立つという普段はみられない姿が見られます。 この給餌の時間は、15時からと17時からなので、ジンベイザメの餌やりを見たい場合は、時間に合わせて行った方がいいですね。 美ら海水族館館の外にあるオキちゃん劇場でやっているイルカショーも人気です。 イルカショーも時間が決まっていて大変混雑するので、見たい場合は早めに行って席の確保をする必要があります。 美ら海水族館やその周辺はとても広く、見どころがたくさんあります。 美ら海水族館行く前にホームページで、見たいプログラムの開催時間やそれぞれの場所の距離感をチェックして、どこを見学したいのか、そしてどんな回り方をするか計画を立ててから行くといいですね。

次の

美ら海水族館 バスツアー!沖縄最大の観光名所へ!

美ら海水族館 見どころ

Contents• ちゅら海水族館の見どころ 沖縄の大人気観光スポット、海洋博公園内にある「沖縄美ら海水族館」。 高さ8. 2m、幅22. 5mもある巨大水槽の中を全長約9mのジンベエザメなど多彩な魚たちが優雅に泳ぐ「黒潮の海」や、南国沖縄のサンゴの海、水深200mを超える深海の世界など、海の生物たちの魅力がたっぷりつまった水族館です。 また、水族館の周辺には、イルカショーが無料で見られる劇場やウミガメやマナティーを近くで観察できる施設も揃っていて、一日中いても足りないほど見どころ満載!16:00からチケットは、ちょっぴり、料金がお得になります。 ちなみに、黒潮とは、中学校の地理でも習ったご存知の日本近海最大の暖流。 海水温が高く、豊かな生態系を生み出している海流です。 そんな黒潮の海の世界を、深さ10m・幅35m・奥行き27mの巨大水槽の中に再現したのが「黒潮の海」。 世界最大の魚、全長8. 7mのジンベエザメ、世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタなど約70種の魚たちが自由に泳ぐ姿を観察できます。 大迫力の海の世界に釘付けになることでしょう。 「黒潮の海」をより楽しみたいなら、各種プログラムに参加するのもおすすめ。 「黒潮の海」の解説と映像による紹介(11:30~)、「黒潮の海」の解説とダイバーによる水中カメラ映像(13:30~)のほか、迫力満点のジンベエザメの食事シーンの紹介(15:00~、17:00~)が毎日行われています。 特にジンベイザメが餌を食べる様子は大迫力!海水ごとズォオオオと餌を吸い込む音にはびっくりです。 「黒潮の海」の大水槽を真上から自由に見学できるプログラム「黒潮探検」も人気。 時間は10時から閉館まで(14:30~17:30は作業のため観覧不可)。 巨大なジンベイザメが頭上を優雅に泳いでいく姿は圧巻です。 約70種800群体の色とりどりのサンゴの世界を楽しめるのが「サンゴの海」。 ここで見られるサンゴの世界は、ちゅら海水族館のある本部町の海の中の風景を再現したもの。 水槽には、沖縄の暑くて強い日差しと、水族館の目の前の海から新鮮な海水を引き入れているため、サンゴの大規模飼育が可能となっています。 自然に近いこの環境は、サンゴたちにとって、居心地が良いようで、水族館のオープンから10年以上たった今も、ここで成長し続けているサンゴがたくさんいるそう。 珍しい深海生物がいっぱい「深層の海」 世界の海の大部分は、水深200mを超える深海で、まだまだ解明されてないことを秘めた場所。 そんな神秘に満ちた深海の世界を再現したのが「深層の海」。 体長1メートル以上で銀白色をした細長い魚「ナガタチカマス」や、鮮やかな赤色の長い尾びれをなびかせながら泳ぐ「ハマダイ」など、深い海に生きる約70種の多様な生き物たちに出会えます。 イルカショーが見れる「オキちゃん劇場」 ちゅら海水族館から徒歩5分ほどのところにある「オキちゃん劇場」。 東シナ海と伊江島をバックにした屋外劇場で、イルカたちのショーやふれあい体験がなんと無料で楽しめるスポットです。 「イルカショー」では、ミナミバンドウイルカ、オキゴンドウ、カマイルカたちが、ユーモラスなダンスやダイナミックなハイジャンプで会場を沸かせます。 ショーは20分間。 また、「ダイバーショー」は、水中のイルカをガラス越しに観察し、ダイバーがイルカの生態を教えてくれるプログラム。 時間は15分間で、11:50/13:50/15:30に行われます。 「イルカふれあい体験」は、イルカたちとふれあえるプログラム。 イルカの分類や体のしくみなどについて学べ、イルカへの餌やりやトレーナー体験ができます。 参加対象は小学生以上。 土・日・祝日のみ各1回実施で、時間は10:20~10:50(30分程度)。 ウミガメがいっぱい「ウミガメ館」 ちゅら海水族館から徒歩5分ほどのところにある「ウミガメ館」。 こちらも無料で楽しめるスポットです。 世界に7~8種いるといわれるウミガメのうち、「ウミガメ館」では、タイマイ、アカウミガメ、アオウミガメ、ヒメウミガメ、クロウミガメの5種を飼育。 大水槽にはウミガメを繁殖させるための産卵用の砂場が作ってあるため、毎年、カメが産卵のために上陸する様子を見ることもできるそう。 また、地下の観覧室からは、ウミガメが水中を泳ぐ姿を横から観察でき、その迫力に子どもたちは大興奮です。 開館時間は、通常期(10月~2月)8:30~17:30、夏期(3月~9月)8:30~19:00。 愛くるしくて胸が苦しい「マナティー館」 「ウミガメ館」の隣にある「マナティー館」も、無料で楽しめるスポット。 マナティーは、人魚伝説のモデルとなった草食性の哺乳類で、大きさは、3~4. 5m、体重300~1,000kg。 現在は、絶滅の危機にあり、国際保護動物に指定されている貴重な生き物です。 メスのユマ(尤馬)ちゃんは、2001年にマナティー館で生まれたマナティー。 会場では、ユマちゃんが産まれた時の映像も上映しています。 見られたらラッキーなのが、マナティーのお食事タイム。 1日2~3回ほど、飼育員がレタス、キャベツ、白菜、カボチャ、ニンジンなどのエサを与えていて、エサを差し出すと、マナティーは直接口で受け取り食事します。 その姿はとってもキュート!開館時間は、通常期(10月~2月)8:30~17:30、夏期(3月~9月)8:30~19:00。 海の生き物に詳しくなれる「わくわくアクアラボ」 海の生き物たちのことをもっともっと知りたいなら、ちゅら海水族館のレクチャーコーナー「わくわくアクアラボ」がおすすめ。 海の生き物の専門家である飼育員が、海の生き物について標本やビデオなどを使ってわかりやすく解説してくれます。 サメの話やサンゴの話などテーマは日替わり。 飼育員に直接質問することもできます。 時間は11:00/14:00の2回、約15分ほど。 ナマコに手で触れられる「イノーの生き物たち」 サンゴ礁の周辺に住むヒトデやナマコなどの生き物を見て触れて体験できるタッチプール「イノーの生き物たち」。 ちゅら海水族館のお土産、食事情報 ちゅら海水族館には、休憩したり、食事をとったり、お土産を買ったりできるスポットも充実しています。 水族館の主役ジンベイザメのオリジナルグッズを販売する「ショップブルーマンタ」、大迫力の「黒潮の海」を眺めながら軽食やスイーツ、ビールを楽しめる「カフェ オーシャンブルー」、東シナ海を一望しながらランチバイキングを堪能できる「レストラン イノー」など。 ちゅら海水族館グルメを楽しめます。 美ら海の思い出を買える「ショップブルーマンタ」 お土産選びをするならココ! 「ショップブルーマンタ」。 ちゅら海水族館のオリジナル土産が手に入るお店です。 例えば、水族館の主役、ジンベエザメが描かれているオリジナル限定紅いもタルトや、ジンベエザメが形取られたお煎餅、ジンベイザメの形をしたちんすこうのほか、ジンベイザメフィギュア、ジンベイザメぬいぐるみ、ジンベイザメTシャツなどジンベイザメ土産が充実。 中でも究極のジンベイザメ土産といえるのは、ジンベイザメをかたどった、巨大ジンベイザメサブレ。 ジンベエザメを見ながら食事ができる「カフェ オーシャンブルー」 「黒潮の海」の隣りにある「カフェ オーシャンブルー」。 メニューは、タコライス、ペペロンチーノなどの食事やオリジナルマフィンやアイスクリームなどのデザートもあります。 営業時間は(10月~2月)8:30~18:00、(3月~9月)8:30~19:30。 東シナ海を眺められる「レストラン イノー」 水族館の4Fにあり、東シナ海を眺めながら、沖縄の食材をふんだんに使ったランチバイキングをメインに楽しめる「レストラン イノー」。 水族館へ入館しなくても利用できます。 ランチバイキングタイムは、(10月~2月)11:30~15:30、(3月~9月)11:30~16:00。 料金は、中学生以上1,512円/小学生885円/3~5歳597円/65歳以上1,183円と良心価格です。 メニューは、紅いも天ぷら、ラフテー煮込み、地元、本部町産の沖縄もずくのもずく酢など。 地産地消のメニューや沖縄の郷土料理がズラリ勢ぞろい! また、ランチバイキングタイム以外の時間(9:00~11:00とバイキング終了後)は、ラフテー丼、紫イモとさつまいものタルト、 ベイクドチーズケーキなど軽食やデザートメニューが登場します。 イルカを見ながら軽食を楽しめる「オキちゃんパーラー」 イルカショーが楽しめる「オキちゃん劇場」の近くの「パークセンター」内にある「オキちゃんパーラー」。 やんばる島ぶた「あぐー」のメンチカツや沖縄そばのほか、チリドック、チーズドックといったドッグ系やハンバーガー系メニューなどが用意されています。 中でもおすすめは、オレンジ色が眩しい「マンゴーソフト」! ちゅら海水族館へのアクセス方法 魅力満載、見どころたっぷりのちゅら海水族館へのアクセス方法は車、バス、タクシーの3種類!予算、時間、スケジュールに合わせて、ベストなアクセス方法をチョイスしてくださいね。 那覇空港から車でちゅら海水族館へアクセスする <高速道路を利用する場合> 所要時間は那覇空港から約2時間。 乗り換えなし。 例えば、「スカイツアーズ」の「タクシーで沖縄美ら海水族館直行プラン・水族館入場券付」。 那覇空港から沖縄美ら海水族館へ直行でき、水族館滞在は約2時間設けられています。 乗務員はベテラン揃いの個人タクシーで、貸切時間による定額制料金。 さらに、沖縄美ら海水族館入場券も付いているので、チケットを購入する手間も省けます。 旅行代金は、4名1台利用1人あたり6,000円/3名1台利用1人あたり7,500円/2名1台利用1人あたり10,000円/1名1台利用18,000円。 水族館のある海のエリアには、「オキちゃん劇場」「マナティー館」のほか、日本最大級のネット遊具のある「ちびっことりで」や「エメラルドビーチ」、歴史・文化のエリアには、琉球王朝時代の集落を再現した「おきなわ郷土村」や海洋民族の歴史に触れられる「海洋文化館」、花・緑のエリアには、2,000株以上のランが咲き誇る「熱帯ドリームセンター」などがあり、沖縄の自然・文化・歴史を楽しみながら学べます。 おきなわ郷土村 沖縄美ら海水族館から徒歩10分ほどのところにある「おきなわ郷土村」。 昔の沖縄にタイムスリップした気分になれるスポット。 入場無料です。 17~19世紀頃の琉球王国時代の村落を再現していて、祈りの場「御嶽(ウタキ)」、守護神を招いて祭祀を行う「神アサギ」、水への感謝から生まれた「拝井泉(ウガミガー)」といった伝統的な村落形態もみられます。 また、古き良き沖縄の風景の中で、元気いっぱいの地元、本部町のおばぁたちがもてなしてくれる「昔のおきなわ生活体験」プログラムもあります。 場所は、地頭代の家(ジトゥデーヌヤー)。 伝統的な踊りや子ども向けの遊戯、三線演奏の体験、お茶菓子の無料配布などが行われます。 海洋文化館 「おきなわ郷土村」の目の前にある「海洋文化館」。 沖縄を含めた太平洋エリアの海洋民族の歴史や文化を紹介する施設です。 太平洋を渡った人類の歴史ストーリーを伝える大迫力のスクリーン映像の上映や海洋民族のカヌーや生活道具などの実物が展示されています。 また、1億4000万個の美しい星空が楽しめるプラネタリウムホールも併設。 料金は、一般170円、小中学生50円。 熱帯ドリームセンター ちゅら海水族館から徒歩15分ほどのところにある「熱帯ドリームセンター」。 コチョウラン、カトレア、バンダなど2,000株以上のランをはじめ、熱帯・亜熱帯に生息する花々や果樹を集めた植物園です。 料金は、一般690円、小中学生350円。 「ちゅら海水族館」を見学した人は、水族館の入館券を提示すると半額になります。 まとめ ちゅら海水族館やその周辺には、イルカショーやプラネタリウム、琉球王朝時代の集落など見どころが満載。 主なスポットを回ろうと思えば、ちゅら海水族館:約1時間30分、熱帯ドリームセンター:約40分、海洋文化館:約40分イルカショー:約20分と考えて、だいたい半日ほどかかるそう。 食事のできるスポットは、今回ご紹介した水族館内にある「レストラン イノー」、「カフェ オーシャンブルー」、オキちゃん劇場近くの「オキちゃんパーラー」のほか、熱帯ドリームセンターの「スナックスコール」、中央ゲートの「中央ゲートスナック」、総合案内所「ハイサイプラザ」の「カフェ ティーダ」があります。 ぜひ、今回の情報を参考に「ちゅら海水族館」を思いっきり楽しんでくださいね。 スポンサーリンク.

次の

沖縄美ら海水族館はこう回る!子連れも安心徹底ナビ

美ら海水族館 見どころ

沖縄県の著名な観光地として知られ、1年を通して多くの人が訪れる「沖縄美ら海水族館」。 沖縄の海を再現する水族館では、ジンベエザメをはじめとする多くの海の生き物たちに出会うことができる。 本記事では、「沖縄美ら海水族館」とその周辺施設のみどころをたっぷりご紹介。 他の水族館では味わえない壮大な海の魅力を届ける注目スポットをまとめた。 <目次>• 世界最大級の水槽「黒潮の海」で泳ぐ大型の魚たち 国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館 「沖縄美ら海水族館」の一番の見どころとも言える「黒潮の海」では、全長8. 7メートルのジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ約65種類の魚たちが泳ぐ。 困難とされていたジンベエザメの複数飼育を世界で初めて実現。 さらに最大級のエイ・ナンヨウマンタの複数飼育と繁殖にも世界で初めて成功した。 魚たちが悠々と泳ぐ姿は圧巻だ。 思い出をより美しく!撮影ポイント 水槽が一番きれいな時間帯は早朝。 魚を撮るときは、目にピントを合わせるのがコツだ。 また、フラッシュ撮影の場合はアクリルパネルの正面より少し斜めに構えると、反射がうつり込まずに撮影できる。 9:30に行われるマンタの給餌解説では、水中のエサを後方回転しながら食べる様子が見られる。 シャッターチャンスを逃さないで! 大水槽を上から眺める人気の「黒潮探検」 国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館 「黒潮の海」大水槽を水上から自由に観覧する「黒潮探検」は、いつもと違う角度から「沖縄美ら海水族館」を知れる人気の水上観覧コース。 「アクアルーム」で空のように海を仰ぐ 国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館 「アクアルーム」は天井がアクリルパネルになっており、下から海の世界を楽しむことができる。 優雅に泳ぐジンベエザメやナンヨウマンタは空を飛んでいるかのよう。 海底にいるような気分で海の世界を楽しめる。 沖縄の美しい海を再現する「サンゴの海」 国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館 沖縄の美しい海を彩る「サンゴの海」水槽では、自然光をいっぱい取り入れた300立方メートルの大水槽の中にサンゴが展示されている。 造礁サンゴ礁に暮らす小さな魚たちも共存しており、まるで自然そのままの姿を見るような感覚で海の世界を楽しめる。

次の