ヨークマート。 株式会社ヨークマートの年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)|エン ライトハウス (3177)

セブン&アイが食品スーパー再編 「ヨークフーズ」展開へ

ヨークマート

この項目では、主にヨークマートについて説明しています。 に本社を置き、東北南部と関東北部を中心に展開するヨークベニマルについては「」をご覧ください。 株式会社ヨーク York. のである。 概要 [ ] 店舗網 [ ] 南部を中心に「ヨークマート」等の店舗を展開(1月時点で78店 - 9、 27、 22、 21)。 しかし、茨城県に関しては、2005年の「ヨークベニマル赤塚店」の開店から、2009年の「新取手店」の閉店までの約4年間はエリアが重複していた。 食品スーパーマーケットが中心だが、店舗によってはも扱っている。 中には、ヨークベニマルと同様に「ヨークタウン」として広大なとして営業しているところもある。 食品スーパーマーケット事業としてヨークマートの他に、イトーヨーカ堂本体で以降展開している「食品館イトーヨーカドー」、同じくイトーヨーカ堂直営のディスカウント型スーパーマーケット「」、2019年に新規業態の実験店としてオープンした「コンフォートマーケット」がグループ内に存在していた。 今回の事業再編ではこれら全てをヨーク(ヨークマートから社名変更)に事業譲渡し 、将来的に「ザ・プライス」を除く店舗のブランド名を「ヨークフーズ」に統一する予定である。 しかし店舗では鳩のマークがそのまま使われている。 やサービスカウンターにてチャージが可能。 沿革 [ ] ヨークマート勝田台店(第1号店)• - をテリトリーとする食品専門のスーパーマーケットを運営する子会社として、イトーヨーカ堂全額出資により 株式会社ヨークマート設立。 7月 - 1号店の店が開店。 4月 - 「」()の冠スポンサーとなる。 放送の中継は、ヨークマートからとなる。 これはが経営破綻(現・カーギルジャパンとして再建)したことにより撤退した後の受け皿として協賛したもので、東食時代から取引のあった食品メーカー数社がサブ協賛していた。 3月 - 制移行。 3月 - 「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」のスポンサーを降板。 11月 - 初めて大型へ出店。 フードセントラル店とフードセントラル店の2店舗が続けてオープン。 2月 - 唯一の店舗であった店が閉店し、茨城県から撤退。 3月 - 全店で電子マネー「nanaco」の利用開始。 1月 - 唯一の店舗であった店が閉店し、群馬県から撤退。 5月13日 - 新業態となる「ヨークフーズ」1号店(店)をオープン。 2020年6月1日• 株式会社フォーキャストを吸収合併。 商号を 株式会社ヨークに変更。 本社を千代田区二番町からに移転。 イトーヨーカ堂よりと食品館イトーヨーカドーの一部店舗を譲受。 2020年6月5日 - ヨーク運営の「食品館イトーヨーカドー」のブランド名を「ヨークフーズ」に、「ザ・プライス」を「ヨークプライス」に変更。 POSシステム [ ] は、製を使用。 店舗一覧 [ ] 現在の店舗 [ ] この節のが望まれています。 茨城県• 水海道店(営業当時は水海道市・現在の、閉店時期不明) - 前のショッピングセンター「」のキーテナント。 新取手店(、2009年閉店) - 跡地はスーパーマーケットのマスダを経て、現在は。 結城店(、10月 - に閉店) - 後に結城店に業務転換し 、7月に閉店。 その後、が出店するが、に閉店。 群馬県• 玉村店(、閉店) - 跡地にはが出店している。 埼玉県• 高坂店(、前半頃閉店) - 内にあり、閉店後入れ替わりで松風台店(現店舗の場所とは異なる)となった。 若葉店(、1990年代前半頃閉店) - 公団富士見団地内にあり、現在の若葉店の西側のマンションの場所にあった。 常盤町店(、2月閉店)• 深谷西店(深谷市、閉店) 深谷市から完全撤退した。 幸手店(、閉店) - 同年に新幸手店開業に伴う閉店。 武里店(、閉店)• 南桜井店(上記画像の店舗。 、2012年閉店)春日部市から完全撤退した。 東京都• 東矢口店(、閉店) - 跡地には東矢口店が出店。 千葉県• 増尾店(、閉店時期不明) - 跡地は施設「南増尾健美の湯」。 近隣には現在も営業している新柏店・青葉台店がある。 道野辺店(、閉店) - 同年に東道野辺店(ヨークタウン東道野辺)開業に伴う閉店。 みどり台店(、閉店時期不明) - になったのちに、営業譲渡の後に現在はとなっている。 脚注 [ ]• 食品産業新聞社 2020年5月14日. 2020年5月19日閲覧。 食品館イトーヨーカドーのうち、ららぽーと新三郷店・ららぽーと湘南平塚店・埼玉大井店・川越店・おおたかの森店・瀬谷店を除く。 Impress Watch. インプレス 2020年5月12日. 2020年5月12日閲覧。 株式会社セブン・カードサービス 2012年3月1日. 2012年3月1日閲覧。 日本経済新聞 2020年5月12日. 2020年5月13日閲覧。 結城駅北口 コモディイイダ閉店 茨城新聞 2019年2月28日 外部リンク [ ]•

次の

全国のヨークマート 店舗検索

ヨークマート

六会日大前のヨークマート亀井野1丁目計画について ヨークマートは、東京都千代田区に本社のある、株式会社ヨークマートが運営する首都圏を中心に展開している地域密着型のスーパーマーケットチェーンです。 藤沢市内には「ヨークマート辻堂太平台店」、など1店舗が営業中・営業準備中です。 「六会日大前のヨークマート亀井野1丁目計画」は藤沢市内2店舗目のヨークマートとなりそうです。 施設の規模 店舗面積は約1,346㎡、駐車場台数は26台、駐輪場台数は42台で、スーパーマーケットとしては中規模の施設となりそうです。 この記事の情報元 2019年10月の大店立地法新設届出情報、求人サイト・公式サイト等の情報に基づき記事を作成。 六会日大前のヨークマート亀井野1丁目計画のオープン開業時期 大店立地法に基づく届出によると、2020年7月のオープンを予定しています。 六会日大前のヨークマート亀井野1丁目計画のバイト求人採用情報 六会日大前のヨークマート亀井野1丁目計画のバイト求人情報は、以下リンク タウンワーク より検索可能です。 六会日大前のヨークマート亀井野1丁目計画のバイト求人情報は、以下リンク フロム・エーナビ より検索可能です。 藤沢市周辺のバイト求人はここでも探せる タウンワーク 六会日大前のヨークマート亀井野1丁目計画の計画概要 用途 商業施設 店舗面積 約1,346㎡ 駐車場台数 26台 駐輪場台数 42台 オープン予定時期 2020年7月 六会日大前のヨークマート亀井野1丁目計画の場所・アクセス 六会日大前のヨークマート亀井野1丁目計画は、藤沢市亀井野1-3-3ほかにオープン予定です。 車でのアクセスは、近隣を地域幹線道路が通っており良好です。 鉄道でのアクセスは、六会日大前駅から約200mの距離でアクセスが可能です。 近隣の商業施設としては、ドラッグストアの「ウエルシア」、ドラッグストアの「クリエイトSD」、ドラッグストアの「ツルハドラッグ」があります。 神奈川の再開発情報・注目の計画 神奈川の再開発情報は下記のページにまとめてあります。 神奈川の中・大型店開店情報は下記のページにまとめてあります。 全国の商業施設オープン情報は、下記のページにまとめてあります。

次の

セブン、新食品スーパー「ヨークフーズ」1号店。首都圏食品戦略

ヨークマート

株式会社ヨーク York. 概要 [ ] 店舗網 [ ] 南部を中心に「ヨークマート」等の店舗を展開(1月時点で78店 - 9、 27、 22、 21)。 しかし、茨城県に関しては、2005年の「ヨークベニマル赤塚店」の開店から、2009年の「新取手店」の閉店までの約4年間はエリアが重複していた。 食品スーパーマーケットが中心だが、店舗によってはも扱っている。 中には、ヨークベニマルと同様に「ヨークタウン」として広大なとして営業しているところもある。 食品スーパーマーケット事業としてヨークマートの他に、イトーヨーカ堂本体で以降展開している「食品館イトーヨーカドー」、同じくイトーヨーカ堂直営のディスカウント型スーパーマーケット「」、2019年に新規業態の実験店としてオープンした「コンフォートマーケット」がグループ内に存在していた。 今回の事業再編ではこれら全てをヨーク(ヨークマートから社名変更)に事業譲渡し 、将来的に「ザ・プライス」を除く店舗のブランド名を「ヨークフーズ」に統一する予定である。 しかし店舗では鳩のマークがそのまま使われている。 やサービスカウンターにてチャージが可能。 沿革 [ ]• - をテリトリーとする食品専門のスーパーマーケットを運営する子会社として、イトーヨーカ堂全額出資により 株式会社ヨークマート設立。 7月 - 1号店の店が開店。 4月 - 「」()の冠スポンサーとなる。 放送の中継は、ヨークマートからとなる。 これはが経営破綻(現・カーギルジャパンとして再建)したことにより撤退した後の受け皿として協賛したもので、東食時代から取引のあった食品メーカー数社がサブ協賛していた。 3月 - 制移行。 3月 - 「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」のスポンサーを降板。 11月 - 初めて大型へ出店。 フードセントラル店とフードセントラル店の2店舗が続けてオープン。 2月 - 唯一の店舗であった店が閉店し、茨城県から撤退。 3月 - 全店で電子マネー「nanaco」の利用開始。 1月 - 唯一の店舗であった店が閉店し、群馬県から撤退。 5月13日 - 新業態となる「ヨークフーズ」1号店(店)をオープン。 2020年6月1日• 株式会社フォーキャストを吸収合併。 商号を 株式会社ヨークに変更。 本社を千代田区二番町からに移転。 イトーヨーカ堂よりと食品館イトーヨーカドーの一部店舗を譲受。 2020年6月5日 - ヨーク運営の「食品館イトーヨーカドー」のブランド名を「ヨークフーズ」に、「ザ・プライス」を「ヨークプライス」に変更。 POSシステム [ ] は、製を使用。 店舗一覧 [ ] 現在の店舗 [ ] この節のが望まれています。 茨城県• 水海道店(営業当時は水海道市・現在の、閉店時期不明) - 前のショッピングセンター「」のキーテナント。 新取手店(、2009年閉店) - 跡地はスーパーマーケットのマスダを経て、現在は。 結城店(、10月 - に閉店) - 後に結城店に業務転換し 、7月に閉店。 その後、が出店するが、に閉店。 群馬県• 玉村店(、閉店) - 跡地にはが出店している。 埼玉県• 高坂店(、前半頃閉店) - 内にあり、閉店後入れ替わりで松風台店(現店舗の場所とは異なる)となった。 若葉店(、1990年代前半頃閉店) - 公団富士見団地内にあり、現在の若葉店の西側のマンションの場所にあった。 常盤町店(、2月閉店)• 深谷西店(深谷市、閉店) 深谷市から完全撤退した。 幸手店(、閉店) - 同年に新幸手店開業に伴う閉店。 武里店(、閉店)• 南桜井店(上記画像の店舗。 、2012年閉店)春日部市から完全撤退した。 東京都• 東矢口店(、閉店) - 跡地には東矢口店が出店。 千葉県• 増尾店(、閉店時期不明) - 跡地は施設「南増尾健美の湯」。 近隣には現在も営業している新柏店・青葉台店がある。 道野辺店(、閉店) - 同年に東道野辺店(ヨークタウン東道野辺)開業に伴う閉店。 みどり台店(、閉店時期不明) - になったのちに、営業譲渡の後に現在はとなっている。 脚注 [ ]• 食品産業新聞社 2020年5月14日. 2020年5月19日閲覧。 食品館イトーヨーカドーのうち、ららぽーと新三郷店・ららぽーと湘南平塚店・埼玉大井店・川越店・おおたかの森店・瀬谷店を除く。 Impress Watch. インプレス 2020年5月12日. 2020年5月12日閲覧。 株式会社セブン・カードサービス 2012年3月1日. 2012年3月1日閲覧。 日本経済新聞 2020年5月12日. 2020年5月13日閲覧。 結城駅北口 コモディイイダ閉店 茨城新聞 2019年2月28日 外部リンク [ ]•

次の