天空 の 城 ラピュタ dvd ラベル。 こんなラベルを作ってみました♪天空の城ラピュタ

天空の城ラピュタ のDVD、Blu

天空 の 城 ラピュタ dvd ラベル

老若男女が愛するアニメ作品といえば「天空の城ラピュタ」だ。 アニメスタジオのジブリの代表する作品であり、いまもなお、テレビで放送され、多くの人たちを楽しませている。 ・公式に発表されている秘密 「天空の城ラピュタ」には、ほとんど知られていない設定が無数に存在する。 今回は、公式に発表されているものの、ほとんどの人たちが知らない「天空の城ラピュタ」の秘密を8つ後紹介したいと思う。 ・ほとんどの人が知らない「天空の城ラピュタ」の秘密8選 1. ゲド戦記と関わりのあるミノノハシという動物の存在 ラピュタに生息する尻尾が大きなネズミ系の生物は「ミノノハシ」といい、映画「ゲド戦記」の原案となった「シュナの旅」にも登場する。 設定としては17世紀に絶滅しており、生息しているのはラピュタと「シュナの旅」の世界のみとなる。 ちなみに、ラピュタと「風の谷のナウシカ」に登場するキツネリスとは別物。 シータはパズーと出会ったばかりの頃、ろくにコミュニケーションをとる前から恋心を芽生えさせている。 屋根からパズーが落下し、その上にシータが落ちて重なった場面が、シータがパズーを好きになった瞬間である 公式本に記載あり。 飛行石は間接的に酸素も作れる ラピュタは巨大な飛行石によって浮遊しており、その力によって樹木が成長し、酸素を発生させてラピュタ全体を包み込んでいるため、宇宙空間へと飛んだとしても窒息することはない。 よって、ラストにラピュタが浮上したあとも、キツネリスやミノノハシは生存している。 宮崎監督は音楽は無くてもよいと思っていた 当初、宮崎駿監督は「今回の映画には音楽はいらないんじゃないか」と考えていた。 しかし音楽をつけたことにより、最終的に魅力ある作品に仕上がった。 ちなみに、「ピコ~ン」等のシンプルな効果音で表現していたロボットの音は、音楽があったことで間を持たせることに成功し、功を奏した ロボットの音を現代的な機械音にしたくなかったため。 通常のジブリ作品より色数が極端に多い 「風の谷のナウシカ」が250~260色しか色を使わなかったのに対し、「天空の城ラピュタ」では300色以上もの色を使用している。 原色を多用する計画だったため、そもそも従来の作品よりも色数が減ると考えていただけに、予想外の色数となった。 ラピュタ人がラピュタに戻らなかった理由 ラピュタ人はラピュタで贅の限りを尽くし、巨万の富を築いていたが、正体不明の疫病が蔓延し、地上へと降りた。 その後、病が消えたものの、ラピュタ人がラピュタに戻らなかった。 それはなぜか? 地上の大自然が「億万の宝物にも勝るもの」だったからだといわれている。 ロボットは人間の心を読み取る ラピュタ内にあるロボットは、顔面にあるふたつの光によって、人間と意思の疎通をすることができる。 ロボットの胸部にあるエンブレムによって、戦闘、看護、庭園管理など、役割分担されている。 また、半有機体なので完全にロボットというわけではない。 そのことからも、ラピュタはバベルの塔が原案のひとつになっていることがわかる。 ・まだまだたくさんの秘密が存在する いろいろと謎と秘密が多い作品「天空の城ラピュタ」。 もっと詳しく知りたい人はブルーレイの高精細な映像で作品を何度も観ると、今までわからなかった何かが見えてくるかもしれない。 また、公式本「天空の城ラピュタ ロマンアルバム」にも興味深い内容が書かれている。

次の

こんなラベルを作ってみました♪天空の城ラピュタ

天空 の 城 ラピュタ dvd ラベル

少女シータは、政府の特務機関に捕らえられ飛行船に乗せられていた。 彼らの狙いはシータが亡き母から受け継いだ、謎の青い石のペンダントだった。 そこへその石を同じく狙う空中海賊ドーラ一家の襲撃があり、逃げようとしたシータは誤って飛行船から転落してしまう。 シータは石が放つ不思議な光に包まれて気を失いながらゆっくりと落ちて行き、鉱山で働く少年パズーに助けられる。 パズーはシータが追われていることを知り、彼女を守って共に逃げる。 ドーラ一家に追われた二人は谷の廃坑に落ちるが、石の力によって再び救われる。 石に詳しい老人ポムによればそれは昔ラピュタで作られた飛行石だという。 ラピュタは空に浮かぶという伝説の城だが、今は亡きパズーの父はラピュタを一度目にしており、ラピュタへ行くのはパズーの夢だった。 不思議なことにシータの家には"ラピュタ"という秘密の名前も受け継がれていた。 ポムと別れ、地上に戻った二人は特務機関に捕まり、軍の要塞へと連行される。 そこでシータは特務機関を指揮するムスカ大佐から、以前ラピュタから落ちてきた壊れたロボット兵を見せられる。 ラピュタは遠い昔に滅びたが、かつて高度な科学力で天空から世界を支配した強大な帝国であり、今も空のどこかに浮いているという。 飛行石はラピュタの王族が、いつかラピュタに帰るために代々受け継ぐ物だった。 ムスカはシータがラピュタ王の末裔だと明かす。 ムスカは紳士的な態度を装い「ラピュタが存在することが平和の脅威になりうる」というまっとうな理由を語りつつ、パズーの命を盾として突きつけて脅迫的に協力を迫り、シータはパズーの身を案じてやむなくそれを受け入れる。 牢屋から解放されたパズーと再会したシータはラピュタの探索をあきらめるようにパズーに告げ、失意と共に要塞を去っていくパズーを涙とともに見送った。 その夜、愁然としていたシータは昔教わった"困った時のおまじない"を何げなく唱える。 彼女は知らなかったが、それはラピュタの封印を解く言葉だった。 その言葉によりロボット兵が突如目覚めて暴れ出し、飛行石は空に光を放ってラピュタの位置を指し示す[注 1]。 一方、ムスカに解放されたパズーはいつの間にか自宅に入り込んでいたドーラ一家に捕まってしまう。 シータに裏切られたと思い込みふさぎ込んでいたパズーは、ドーラの叱咤を受けて自分を突き放すような態度を取ったシータの真意に初めて気づき、飛行石を奪うために要塞へ向かうドーラたちに自分も連れて行くように懇願する。 ドーラも、その方がシータが言うことを聞くかもしれないと考えて同行を許し、ロボット兵の暴走によって混乱する要塞から協力してシータを救い出す。 しかし、飛行石はムスカの手に渡り、彼はロボット兵を破壊した軍と共に先んじてラピュタに出発する。 パズーとシータもドーラの飛行船に乗せてもらい、後を追う形でラピュタへと向かう。 だが、ドーラの飛行船は軍に発見され雲間に逃れるも、再度遭遇し攻撃されてしまう。 巨大な低気圧の中心「竜の巣」が迫る中、ドーラの命令で見張り台を切り離してグライダーとして使用していたパズーとシータだったが、軍の攻撃により繋いでいたワイヤーが断ち切られ、飛行船とはぐれて「竜の巣」に飲み込まれてしまう。 雷の嵐の中を彷徨うパズーは、目前に現れた青白い父の飛行船の幻影を目撃し、それに導かれるようにラピュタに辿り着く。 目覚めた2人は園丁のロボット兵に城内を案内され、穏やかな庭園や水底に沈んだ町の風景を見て、恐怖の帝国と呼ばれたラピュタの平和に包まれた一面を垣間見る。 その後、遠くから爆発音を聞いて外に出た2人は、城の下層に軍に捕まり縛り上げられたドーラ一家の姿を発見する。 パズーは外壁をよじ登ってドーラを救うが、パズーを見つけたムスカの部下の銃撃から守ろうとしたシータがムスカに捕まってしまう。 ムスカはシータを捕らえたままラピュタの中枢部に入る。 ムスカの本当の狙いとは、ラピュタの力を手に入れて世界を支配することだった。 ムスカはシータに自分もラピュタ王の末裔だと明かし、飛行石で城の力を操って、軍の兵隊を皆殺しにする。 ムスカの非道な仕打ちに怒り心頭に発したシータはムスカから飛行石を奪って逃げ、助けに来たパズーと共に、昔教わった滅びの言葉「バルス」を唱える。 すると飛行石が強力な光を発して城は崩壊し、ムスカは瓦礫と共に海へ落ちる。 パズーとシータはグライダーで城から離れ、フラップターで脱出していたドーラ一家と空で再会して喜び合う。 ラピュタを浮遊させていた巨大な飛行石の結晶は、ラピュタ全体を覆っていた大樹の根に囲まれて、城の上層部とともに更に高空へと飛び去っていった。 そして二人はドーラ一家と別れ、帰途に着くのだった。

次の

天空の城ラピュタ のDVD、Blu

天空 の 城 ラピュタ dvd ラベル

老若男女が愛するアニメ作品といえば「天空の城ラピュタ」だ。 アニメスタジオのジブリの代表する作品であり、いまもなお、テレビで放送され、多くの人たちを楽しませている。 ・公式に発表されている秘密 「天空の城ラピュタ」には、ほとんど知られていない設定が無数に存在する。 今回は、公式に発表されているものの、ほとんどの人たちが知らない「天空の城ラピュタ」の秘密を8つ後紹介したいと思う。 ・ほとんどの人が知らない「天空の城ラピュタ」の秘密8選 1. ゲド戦記と関わりのあるミノノハシという動物の存在 ラピュタに生息する尻尾が大きなネズミ系の生物は「ミノノハシ」といい、映画「ゲド戦記」の原案となった「シュナの旅」にも登場する。 設定としては17世紀に絶滅しており、生息しているのはラピュタと「シュナの旅」の世界のみとなる。 ちなみに、ラピュタと「風の谷のナウシカ」に登場するキツネリスとは別物。 シータはパズーと出会ったばかりの頃、ろくにコミュニケーションをとる前から恋心を芽生えさせている。 屋根からパズーが落下し、その上にシータが落ちて重なった場面が、シータがパズーを好きになった瞬間である 公式本に記載あり。 飛行石は間接的に酸素も作れる ラピュタは巨大な飛行石によって浮遊しており、その力によって樹木が成長し、酸素を発生させてラピュタ全体を包み込んでいるため、宇宙空間へと飛んだとしても窒息することはない。 よって、ラストにラピュタが浮上したあとも、キツネリスやミノノハシは生存している。 宮崎監督は音楽は無くてもよいと思っていた 当初、宮崎駿監督は「今回の映画には音楽はいらないんじゃないか」と考えていた。 しかし音楽をつけたことにより、最終的に魅力ある作品に仕上がった。 ちなみに、「ピコ~ン」等のシンプルな効果音で表現していたロボットの音は、音楽があったことで間を持たせることに成功し、功を奏した ロボットの音を現代的な機械音にしたくなかったため。 通常のジブリ作品より色数が極端に多い 「風の谷のナウシカ」が250~260色しか色を使わなかったのに対し、「天空の城ラピュタ」では300色以上もの色を使用している。 原色を多用する計画だったため、そもそも従来の作品よりも色数が減ると考えていただけに、予想外の色数となった。 ラピュタ人がラピュタに戻らなかった理由 ラピュタ人はラピュタで贅の限りを尽くし、巨万の富を築いていたが、正体不明の疫病が蔓延し、地上へと降りた。 その後、病が消えたものの、ラピュタ人がラピュタに戻らなかった。 それはなぜか? 地上の大自然が「億万の宝物にも勝るもの」だったからだといわれている。 ロボットは人間の心を読み取る ラピュタ内にあるロボットは、顔面にあるふたつの光によって、人間と意思の疎通をすることができる。 ロボットの胸部にあるエンブレムによって、戦闘、看護、庭園管理など、役割分担されている。 また、半有機体なので完全にロボットというわけではない。 そのことからも、ラピュタはバベルの塔が原案のひとつになっていることがわかる。 ・まだまだたくさんの秘密が存在する いろいろと謎と秘密が多い作品「天空の城ラピュタ」。 もっと詳しく知りたい人はブルーレイの高精細な映像で作品を何度も観ると、今までわからなかった何かが見えてくるかもしれない。 また、公式本「天空の城ラピュタ ロマンアルバム」にも興味深い内容が書かれている。

次の