新橋 そば 居酒屋。 寿毛平(新橋/居酒屋)

新橋の居酒屋21選|コスパ抜群のおすすめ店を実食レポ!

新橋 そば 居酒屋

新橋の居酒屋・飲み屋事情 新橋居酒屋・飲み屋の主要エリアと立地環境の傾向 「サラリーマンの聖地」といわれる新橋は、もちろん居酒屋の激戦区です。 JR東日本・東京メトロ・都営地下鉄・ゆりかもめが止まる新橋駅を中心に居酒屋が集中しています。 東京メトロ銀座線に沿って、居酒屋さんが連なっており、途中に「クラフトビアマーケット虎の門店」もあるので、虎ノ門駅まで居酒屋のはしごをしながら歩くのもいいかも。 海鮮や肉バル、隠れ家的な雰囲気の良い居酒屋さんも多いですよ。 新橋のエリア別の居酒屋・飲み屋の傾向 新橋には、居酒屋のチェーン店が多いですが、コスパ度が高いのはもちろん、男性も女性も女子会や接待に使えるおしゃれでおいしい居酒屋さんもたくさんあり何かと便利に使えます。 和テイストのカジュアルな雰囲気の居酒屋さんや夜景が見える個室の肉バルは、やっぱり女性にも人気。 比較的肉料理の多いガード下の居酒屋さんだって負けていませんよ。 新橋エリアの居酒屋ならではのメニューは? 新橋の名物グルメといえば、甘く焼かれた豚肉がご飯の上にピッタリ並べられた、「豚大学」の豚丼。 東京ではなかなかお目にかかれない稲庭うどんの名店「七蔵」も、今や新橋の名物となっています。 関東風のおでんだって新橋では昭和7年から創業している「お多幸」の老舗の味を楽しめます。 缶におでんを入れてお土産にすることも可能です。 新橋は、昔から和菓子屋さんがあり、文銭堂の文銭最中や新正堂の切腹最中はお土産にも最適。 新橋に行くなら第一候補?有名店を紹介 山梨県、長野県、新潟県の甲信越料理を専門に提供する居酒屋です。 大人の隠れ家的な半個室空間は、和モダンな雰囲気が心地よく、ゆったりと過ごせます。 おすすめのりんごを食べて育った信州牛の焼きしゃぶは、直中の鉄板で焼いてたっぷりの野菜を巻いて食べるので、栄養バランスも最高です。 馬刺しの握りや産地直送の刺身の大漁盛りも人気です。 低カロリーで高タンパクの馬肉料理も、ぜひ味わってください。

次の

寿毛平(新橋/居酒屋)

新橋 そば 居酒屋

あけましておめでとうございます!地域特派員のyotsuです。 今年はより情報に貪欲に、そして足を使う年にしたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 まずは年末に新橋で出逢った、おすすめのランチ&珈琲スポットをご紹介します。 新橋といえば、どうも昭和サラリーマンの象徴として扱われることも多く、なかなか一人で冒険できない町……ではないでしょうか? そんなイメージを変えるお店があったんです! 烏森神社の参道に新スポット「烏森百薬」 新橋駅からほど近い烏森神社の参道に、3ヶ月前にオープンしたという「烏森百薬」。 新業態の居酒屋として新橋のサラリーマンに早くも人気と、ある記事で紹介されていました。 人気の秘密は、主な料理を外注にして、良いものは仕入れて提供するスタイルで、効率を重視しつつお客さんのニーズに応える画期的な経営手法だそう。 夜はなかなか機会がないのですが、ランチ営業もあると知り早速行ってみました。 目指すは烏森神社の参道です。 JR新橋駅の烏森口より、ニュー新橋ビルを横目に烏森通りを進み、この参道がみえれば、もう間違うことはありません。 鳥居をくぐり参道を進んだ左手に、小粋な佇まい。 とても入りやすそうなお店です。 1Fはカウンターとテーブル席が一つ、2Fにもお席があってお昼の時間帯はグループ客が先にオーダーをしてから上がっていました。 昼間は窓からの光が気持ち良い店内です。 テラス席も季節によってはあり!新橋の繁華街にあるのに、参道という立地ならではのオープンカフェは貴重ではないでしょうか。 ランチはこだわりの定食から さてお昼営業のメニューはこちら。 ランチは4種類の定食から選びます。 新メニューという 合鴨ぶっかけそば(900円)を注文してみました。 寒い季節のあったかメニューは嬉しいですね。 盛り付けも美しいです。 分かりづらいですが、ほんのり緑色のこの麺、抹茶と、麦焼酎の「泥亀」が練り込まれている逸品を仕入れてるのだと教えていただきました。 なるほどもちもち感は細麺のうどんのようで、美味しゅうございました。 そう、夜の食事メニュー同様、逸品というにふさわしいエピソードを伝えられるのが、このお店の魅力なのでしょう。 他のお客さんとの会話からも、そんな様子が伺えました。 サイフォン抽出の本格珈琲が300円で! 実はお昼の店内で目立つのが、「 烏森珈琲」の看板や珈琲関連の小物たち。 見れば 「淹れたて烏森ブレンド」サイフォン抽出が通常500円のところ、 ランチセットだと300円でいただけるとのこと!すかさず食後に珈琲もお願いしました。 こちらで現在使われているのはパナマ産コトワ農園の「 アルトルナブレンド」という豆で、GINZA SIXでも売られている逸品なのだとか。 そんな、豆から厳選された珈琲が、目の前で淹れてもらえるとは期待が高まります。 まずは珈琲豆をミルで挽くところから。 忙しいカウンターを切り盛りする安成悠真さん、お客さんとのコミュニケーションも抜かりなく、慣れた手つきで素敵です。 サイフォンに火が灯り、沸騰して湯が上がったところで粉が入ります。 腕の見せ所! そして、あっという間に薫り高い珈琲が入りました!ランチコーヒーとは思えない贅沢感です。 その間にもお客さんは続々入って忙しそうなのに、手仕事が嬉しく、おもてなしの心とともにゆったり気分に。 一口一口をしっかり楽しませていただきました。 居酒屋のこだわりランチのみならず、サイフォン珈琲を堪能できる……「烏森珈琲」はまだ穴場かもしれません。 変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください• 特派員No. 337 毎日笑顔にあふれ~幸せに感謝して!!• 特派員No. 340 営業経験を活かして取材します!• 特派員No. 341 おいしいもの、変わったものが大好きです• 特派員No. 342 強く楽しく美しい体験をレポート• 特派員No. 033 英語と新しいものが大好きな2児のママ• 特派員No. 034• 特派員No. 035 お散歩大好き!• 特派員No. 210• 特派員No. 283 イベント大好き!• 特派員No. 424 お酒が好き、特にオヤジの集まる所が好き!• 特派員No. 428 都内名所、イベント、などなど• 特派員No. 429 美味しいコーヒーが飲みたいな• 特派員No. 503 街歩きと自然が大好き!• 特派員No. 504 世田谷線沿線のお店開拓中です• 特派員No. 505 スイーツやエスニックが大好き!• 特派員No. 508 一人で楽しむ体験イベントご紹介• 特派員No. 特派員No. 特派員No. 644 ボタニカルライフ楽しんでます!• 特派員No. 645 美味しく楽しく暮らしたい!• 特派員No. 646 池袋エリアは、私におまかせ!!• 特派員No. 647 季節に沿ったことが大好きです。 特派員No. 特派員No. 650 東京穴場スポット情報発信中!• 特派員No. 652 人生を思いきり楽しみます!• 特派員No. 653 城東エリアの魅力を探ります!• 特派員No. 特派員No. 818 子供とお出かけ先を探しています• 特派員No. 819 食べることが大好きです!• 特派員No. 820 笑顔になれる情報をお届けしたいです!• 特派員No. 821 下町の可愛いお店を沢山紹介したいです• 特派員No. 874 ナチュラル、インド、パン、アウトレット、にアンテナピーンです.

次の

虎徹

新橋 そば 居酒屋

あけましておめでとうございます!地域特派員のyotsuです。 今年はより情報に貪欲に、そして足を使う年にしたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 まずは年末に新橋で出逢った、おすすめのランチ&珈琲スポットをご紹介します。 新橋といえば、どうも昭和サラリーマンの象徴として扱われることも多く、なかなか一人で冒険できない町……ではないでしょうか? そんなイメージを変えるお店があったんです! 烏森神社の参道に新スポット「烏森百薬」 新橋駅からほど近い烏森神社の参道に、3ヶ月前にオープンしたという「烏森百薬」。 新業態の居酒屋として新橋のサラリーマンに早くも人気と、ある記事で紹介されていました。 人気の秘密は、主な料理を外注にして、良いものは仕入れて提供するスタイルで、効率を重視しつつお客さんのニーズに応える画期的な経営手法だそう。 夜はなかなか機会がないのですが、ランチ営業もあると知り早速行ってみました。 目指すは烏森神社の参道です。 JR新橋駅の烏森口より、ニュー新橋ビルを横目に烏森通りを進み、この参道がみえれば、もう間違うことはありません。 鳥居をくぐり参道を進んだ左手に、小粋な佇まい。 とても入りやすそうなお店です。 1Fはカウンターとテーブル席が一つ、2Fにもお席があってお昼の時間帯はグループ客が先にオーダーをしてから上がっていました。 昼間は窓からの光が気持ち良い店内です。 テラス席も季節によってはあり!新橋の繁華街にあるのに、参道という立地ならではのオープンカフェは貴重ではないでしょうか。 ランチはこだわりの定食から さてお昼営業のメニューはこちら。 ランチは4種類の定食から選びます。 新メニューという 合鴨ぶっかけそば(900円)を注文してみました。 寒い季節のあったかメニューは嬉しいですね。 盛り付けも美しいです。 分かりづらいですが、ほんのり緑色のこの麺、抹茶と、麦焼酎の「泥亀」が練り込まれている逸品を仕入れてるのだと教えていただきました。 なるほどもちもち感は細麺のうどんのようで、美味しゅうございました。 そう、夜の食事メニュー同様、逸品というにふさわしいエピソードを伝えられるのが、このお店の魅力なのでしょう。 他のお客さんとの会話からも、そんな様子が伺えました。 サイフォン抽出の本格珈琲が300円で! 実はお昼の店内で目立つのが、「 烏森珈琲」の看板や珈琲関連の小物たち。 見れば 「淹れたて烏森ブレンド」サイフォン抽出が通常500円のところ、 ランチセットだと300円でいただけるとのこと!すかさず食後に珈琲もお願いしました。 こちらで現在使われているのはパナマ産コトワ農園の「 アルトルナブレンド」という豆で、GINZA SIXでも売られている逸品なのだとか。 そんな、豆から厳選された珈琲が、目の前で淹れてもらえるとは期待が高まります。 まずは珈琲豆をミルで挽くところから。 忙しいカウンターを切り盛りする安成悠真さん、お客さんとのコミュニケーションも抜かりなく、慣れた手つきで素敵です。 サイフォンに火が灯り、沸騰して湯が上がったところで粉が入ります。 腕の見せ所! そして、あっという間に薫り高い珈琲が入りました!ランチコーヒーとは思えない贅沢感です。 その間にもお客さんは続々入って忙しそうなのに、手仕事が嬉しく、おもてなしの心とともにゆったり気分に。 一口一口をしっかり楽しませていただきました。 居酒屋のこだわりランチのみならず、サイフォン珈琲を堪能できる……「烏森珈琲」はまだ穴場かもしれません。 変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください• 特派員No. 337 毎日笑顔にあふれ~幸せに感謝して!!• 特派員No. 340 営業経験を活かして取材します!• 特派員No. 341 おいしいもの、変わったものが大好きです• 特派員No. 342 強く楽しく美しい体験をレポート• 特派員No. 033 英語と新しいものが大好きな2児のママ• 特派員No. 034• 特派員No. 035 お散歩大好き!• 特派員No. 210• 特派員No. 283 イベント大好き!• 特派員No. 424 お酒が好き、特にオヤジの集まる所が好き!• 特派員No. 428 都内名所、イベント、などなど• 特派員No. 429 美味しいコーヒーが飲みたいな• 特派員No. 503 街歩きと自然が大好き!• 特派員No. 504 世田谷線沿線のお店開拓中です• 特派員No. 505 スイーツやエスニックが大好き!• 特派員No. 508 一人で楽しむ体験イベントご紹介• 特派員No. 特派員No. 特派員No. 644 ボタニカルライフ楽しんでます!• 特派員No. 645 美味しく楽しく暮らしたい!• 特派員No. 646 池袋エリアは、私におまかせ!!• 特派員No. 647 季節に沿ったことが大好きです。 特派員No. 特派員No. 650 東京穴場スポット情報発信中!• 特派員No. 652 人生を思いきり楽しみます!• 特派員No. 653 城東エリアの魅力を探ります!• 特派員No. 特派員No. 818 子供とお出かけ先を探しています• 特派員No. 819 食べることが大好きです!• 特派員No. 820 笑顔になれる情報をお届けしたいです!• 特派員No. 821 下町の可愛いお店を沢山紹介したいです• 特派員No. 874 ナチュラル、インド、パン、アウトレット、にアンテナピーンです.

次の