カビゴン ぬいぐるみ 離婚。 カビゴン

「ポケモン」特大カビゴンぬいぐるみ購入で離婚危機に陥った夫

カビゴン ぬいぐるみ 離婚

人気ゲーム「ポケットモンスター」とコラボした、ホテルの客室「ポケモンルーム」が京都と東京に誕生。 全国のポケモン好きから注目を集めている。 大和ハウスグループの「コスモスイニシア」(東京都港区)が展開する、中長期宿泊者向けのアパートメントホテル「MIMARU」で今回のコラボが実現。 キッチンとダイニングスペースを併設する約40平米の客室で、ポケモンの世界にどっぷりと浸ることができる。 ダイニングと寝室の壁には、モンスターボールや人気キャラクターたちが描かれており、巨大な「カビゴン」のぬいぐるみが出迎えてくれる「ポケモンルーム」。 お皿やマグカップも、オリジナルのモンスターボール柄となっており、随所で写真を撮りたくなってしまうような仕上がりとなっている。 すでに「MIMARU」系列の「京都STATION」(京都市南区)と「新町三条」(京都市中京区)では、12月24日から宿泊を開始しており、2020年2月6日に開業する「河原町五条」(京都市下京区)でも予定。 ツインと2段ベッドがあり、家族やグループでの宿泊も可能(12歳以下の子ども2名まで添い寝無料)。 また、東京の「上野EAST」(東京都台東区)と、「東京 八丁堀」(東京都中央区)でも設けられおり、京都と東京では宿泊者特典のオリジナルタオルのデザインが異なる。 そのほか、宿泊者限定で、1室につき、巾着1個、ウェルカムカード1枚がプレゼントされる(いずれも非売品)。 C 2019 Pokemon. ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。 Lmaga.

次の

巨大カビゴンがお出迎え、京都にポケモンルーム誕生/関西/芸能/デイリースポーツ online

カビゴン ぬいぐるみ 離婚

海外で、あるフリーマーケットサイトに出品された物にまつわる話が面白いと話題になっています。 出品されたのは、日本でもおなじみのポケモン『ゴン』のぬいぐるみです。 twitter. 彼は愛する妻に気持ちを示すため、をしようとしました。 そこで思い出したのは『カビゴンってかわいいわね』という妻の言葉。 「ならば、妻のためにカビゴンのぬいぐるみを!」 この時男性は、大きなミスをしてしまいます。 ネットを使い、サイズと値段をチェックせずに購入しまったのです。 結果、巨大なカビゴンのぬいぐるみを3体もすることに! 部屋に運び込まれた様子。 でかっ!! 出典 carousell 当然、家の中はカビゴンに占拠され、ソファーに座ることもできません。 意見のすれ違いもあったのでしょう、奥さんは激怒してしまいました。 妻「これをなんとかして。 でないと離婚よ、実家に戻るわ」 愛する妻と離婚なんてとんでもない! 男性はフリーマーケットサイトに魂のこもった説明文を書き、カビゴンたちの買手を募りました。 彼女は僕にうんざりしている。 実家に戻ると威嚇的なんだ… 頼む頼む…みなさん、買ってくれ。 彼女が僕と離婚する前に… お願いだ、僕のためにこの1. 5メートルあるカビゴンを買ってくれ。 おねがいだあああああっ!!! 必死でありながら、どこかクスッと笑わせにきている文章です。 男性の憐れならがもユーモアな文章に、オークションサイトには100件以上のコメントが寄せられました。 寄せられたコメント「気の毒に、でも笑いを誘われてしまう、Hahahaha!」 「Omg... ハハハハ!!」 「でかっ」 「ハハハハ!超面白い、Twitterで見て来ました。 あなたの結婚が続いてくれると嬉しいです」 「もしこの話しが偽物だったとしても、素晴らしい作家と言える!」 約25000円(半額ほどだと思われます)と安くで売ったこともあり、カビゴンの引き取り手はちゃんと見つかったそうです。 男性は非常に喜び、「Thanks everyone! 」と感謝の言葉を残していました。 どうやら、離婚には至らなかったようですね。 さよならカビゴン….

次の

ポケモンの「カビゴンぬいぐるみ」を妻にプレゼントした結果 サイズがデカすぎて妻ブチ切れ

カビゴン ぬいぐるみ 離婚

多くのポケモンの中でも高い人気を誇る「カビゴン」の巨大なぬいぐるみを買って妻を驚かせようとした男性が、離婚の危機に陥ったというニュースが話題になっている。 Dude gets 3 Snorlax plushies to surprise wife, ends up mistakenly buying life-sized ones. - Coconuts Singapore CoconutsSG ゲームアプリ『ポケモンGO』が大好きなシンガポール在住の男性が、「ポケモンは見た目がマヌケで可愛い」といつも語っている妻を喜ばせようと、カビゴンのぬいぐるみ3体をインターネットで購入。 食卓に並べることができるミニサイズのぬいぐるみを購入したつもりだったが、実際に届いたぬいぐるみは、なんと全長約1. 5メートルの巨大サイズだった。 当然ながら、予想外に巨大なカビゴン3匹によって自宅のリビングが占領されることに......。 部屋に並ぶ巨大カビゴンを見た妻は、夫のサプライズに喜ぶどころか大激怒。 「ぬいぐるみを処分してくれなければ、実家に帰らせていただきます!」と離婚宣告される事態に発展してしまった。 思いがけない離婚の危機に慌てた男性は、ぬいぐるみを早急に売り払うことを決意。 東南アジアを拠点にするフリマアプリでカビゴンのぬいぐるみ3体すべてを出品し、「皆様、どうかお願いします。 妻から離婚される前にお買い上げください。 ご自宅まで配送します」と必死に訴えた。 男性がぬいぐるみ購入時に支払った金額は不明だが、ぬいぐるみ1体につき250シンガポールドル(約1万8千円)で出品されていたことから、物価が高いことで知られるシンガポールでも決して安くない買い物だったはずだ(その時点で気付けよ、とツッコみたくなるが)。 すると、この男性を不憫に思ったユーザーたちから 「あなたの結婚生活を救うために、値段は高いけど、私と部屋が犠牲になろう」 「もし買い手が見つからなかったら、自分の部屋スペースを半分提供するよ」 などと心優しい(?)コメントが相次ぎ、結局3体すべてが無事に売れたそうで、彼は「カビゴンは完売しました......。 皆様、ありがとうございました!」と感謝のコメントをしている。

次の