スッキリ jyp。 million-koshien.kayac.com:「Nizi Project」総指揮「プロとして誰が目立つか」 脱落した参加者への思いも 「スッキリ」生出演で「NiziU」メンバー選考理由明かす

NiziU:「Nizi Project」発のガールズグループが「スッキリ」に生出演 マコの“リーダー意識”を加藤浩次が絶賛

スッキリ jyp

Sponsored Link スッキリ【虹プロジェクト】ってどんな仕組み? Results after the 2nd mission: Team mission In ranking order of the 2nd mission — Mee TwitzyLoondit 虹プロジェクトは、韓国の事務所JYPエンターテイメントとソニーミュージックによる共同ガールズグループプロジェクト。 メンバーそれぞれの色や個性が重なり、美しい光を放つ『虹』のような存在を発掘・育成するのが目的で「Nizi Project」と名付けられました。 その製作総指揮がJ. Parkさんなんです。 『虹プロジェクト』は応募者は1万人を超えるほどの応募者が! その中から厳選された3次審査では、総合プロデューサーのJ. Park さんが直接審査し、合格者を26人を選抜しました。 26人の合格者は、東京で4泊5日の合宿トレーニングに参加。 『虹プロジェクト』パート1では、地域オーディションから東京合宿のまでを放送しています。 東京合宿26人の中からデビューのため、韓国へ行くメンバー13人が決まりました。 『虹プロジェクト』パート2では韓国合宿の様子を放送しています。 韓国・JYPトレーニングセンターにて6ヵ月間デビューに向けた練習を行い、最終デビューメンバーの座を勝ち取るため、様々な課題に取り組んでいます。 そして、最終デビューメンバーに選出されたメンバーは、グローバルガールズグループとして2020年11月デビュー予定となっています。 厳しくもあり、一人一人の成長を誰よりも願っているJ. Parkさん。 夢に向かって韓国で頑張る少女たち。 そのすべてが毎回注目されています。 スッキリ【虹プロジェクト】J. Parkのプロフィール! 明日9時30分〜、🌏J. Parkさんの厳しくもあり優しくもある評価が見どころになっていますが・・・ J. Parkさんってどんな活躍をしている人なんだろう? と思われている方も多いのでは? そんな方の為にJ. Parkさんは1972年、韓国ソウル特別市で生まれ、父親の転勤で小学1年生の時に渡米し、2年余りニューヨークに居住しています。 その時にアメリカの音楽にのめり込みます。 高校生の頃、KUWATA BANDのスキップビートを聴き衝撃を受け大学入学後、歌手になることを決意! 1992年に、グループ「パク・ジニョンと新世代」で歌手デビュー。 ですがことごとく失敗。 歌手キム・ゴンモのマネージャーに拾われバックダンサーを務めていた時に、作曲家キム・ヒョンソクさんと知り合い意気投合。 その事がきっかけでヒョンソクさんから音楽理論を学びます。 当時は珍しいメディア戦略やセクシャルな衣装とダンスで注目を集め、一躍人気者となります。 1997年、デヨンAV(現ポイボス)から独立し、「テホン企画」(現JYPエンターテインメント)を設立。 プロデュース活動を開始し、男性アイドルグループ「god」を幅広い年齢層から支持される国民的グループに押し上げます。 その後も自社所属のピ Rain やワンダーガールズを人気歌手に育て上げ、JYPエンターテインメントを韓国3大芸能事務所にまで成長させた凄い人なんです! スッキリ【虹プロジェクト】J. Parkさんは幼い時からアメリカの音楽に触れ、ダンスや歌などのセンスが抜群! 虹プロではプロデューサーとしてのJ. Parkさんしか見れないので、J. Parkさんの代表曲を数曲紹介しますね! 『Honey』 ダンスや軽快なダンスが魅力の1曲。 』 こちらは「ダンスを狂ったように踊りたかった」とステージパフォーマンス誕生の秘密を説明している曲でこちらも聴くと癖になる一曲。 このようにJ. Parkさんの歌やダンスは人を惹きつける魅力で溢れているんです。 虹プロでは練習生に適切な指導で成長を見守っていますが、練習生のパフォーマンスを見ている時の笑顔がとても印象的です。 Parkさん自身が音楽を、ダンスを楽しいものと捉えていて、見る人みんなが楽しめるパフォーマンスを目指しているのかな・・・と感じています。 AI — 「Too Much feat. Rain」(2006年) ウィル・スミス — 「I Wish I Made That」(2005年) Cassie — 「When Your Body Is Talking」(2006年) [37] SMAP — 「White Message」「Still U」(2008年) メイス — 「The Love You Need」(2004年) 韓国日本台湾混合ガールズグループ『TWICE』もJ. Parkさんプロデュースだったんですね! 今回の虹プロジェクトも2020年11月のデビューを目指して奮闘中ですが、どんなガールズグループになるのか、今から楽しみです! J.

次の

「Nizi Project」デビューメンバー&J.Y. Park、明日「スッキリ」に韓国から生出演

スッキリ jyp

MCの加藤浩次が9人の理由を問うと、J. Parkは「ファイナルステージが終わるまで、本当に決めてませんでした。 僕の心を開いて見守っていました。 人数が9人の理由は特別にはありませんでした」と答え、「彼女たちがアマチュアでなくプロだと思って、誰が目立つかを見ました」とファイナルステージにおける評価の決め手を明かした。 続けて、「もうひとつ重要なことは、プロとして活躍するためには、やはりパフォーマンスとして起伏があってはならないと思いました。 いつでも一定レベルのパフォーマンスを披露できること。 これが重要なポイントとなっていました」「もちろんどれだけ上手くできるのかも重要なんですが、プロはどの舞台でもしくじってはならないんです」と話し、MC陣を唸らせた。 一方で、一番大変だったことは?と聞かれると、「もちろん最終デビューメンバーを選ぶことでした。 ファイナルステージで脱落した候補者がガッカリしないか本当に心配でした。 これをきっかけにもっと頑張ってほしいです」とエールを送り、優しい人柄をにじませた。 また、どんなチームになってもらいたいかという質問には、「チーム全体に望むことを話すとしたら、お互いを思う事です。 いくらダンスや歌が上手でも、お互いを思わなかったら僕はガッカリすると思います。 メンバー全員が初心を守れば、良い結果に繋がると思います」と話し、初心を忘れず思いやりをもっていくことの重要性を説いた。 なお、同プロジェクトを通し、J. これにJ. Parkは「ダメダメ(笑)」とお茶目に否定し、「ひとつの仕事を長い間やっていたら、その仕事の本質的なものを感じることができると思います。 加藤さんも森さん(森圭介アナウンサー)も長い間やってらっしゃるので、同じことがいえると思います」と話していた。 プロデューサーJ. Y Park(パク・ジニョン) 「NiziU」は、プレデビューとなる6月30日(火)0:00にデジタルミニアルバム『Make you happy』を日韓同時配信、7月1日(水)0:00に世界配信することが決定している。 この「Nizi Project」によるグローバル・オーディションは、2019年7月から8月にかけて日本国内8都市、ハワイ、LAを含めた全10箇所、国籍不問で開催され、同年9月には1万人を超える応募者の中から26名を選抜、選抜メンバーを東京に集め4泊5日の合宿トレーニングを敢行。 オーディションの様子や、26名が参加した合宿トレーニングに密着した番組「Nizi Project」を、2020年1月より約半年に渡りHuluで独占配信し、6月26日(金)深夜に、デビューメンバー決定の最終話が放送された。

次の

『スッキリ』で日本発ガールズグループのオーディション番組の特集が放送され反響|ニフティニュース

スッキリ jyp

Sponsored Link スッキリ【虹プロジェクト】ってどんな仕組み? Results after the 2nd mission: Team mission In ranking order of the 2nd mission — Mee TwitzyLoondit 虹プロジェクトは、韓国の事務所JYPエンターテイメントとソニーミュージックによる共同ガールズグループプロジェクト。 メンバーそれぞれの色や個性が重なり、美しい光を放つ『虹』のような存在を発掘・育成するのが目的で「Nizi Project」と名付けられました。 その製作総指揮がJ. Parkさんなんです。 『虹プロジェクト』は応募者は1万人を超えるほどの応募者が! その中から厳選された3次審査では、総合プロデューサーのJ. Park さんが直接審査し、合格者を26人を選抜しました。 26人の合格者は、東京で4泊5日の合宿トレーニングに参加。 『虹プロジェクト』パート1では、地域オーディションから東京合宿のまでを放送しています。 東京合宿26人の中からデビューのため、韓国へ行くメンバー13人が決まりました。 『虹プロジェクト』パート2では韓国合宿の様子を放送しています。 韓国・JYPトレーニングセンターにて6ヵ月間デビューに向けた練習を行い、最終デビューメンバーの座を勝ち取るため、様々な課題に取り組んでいます。 そして、最終デビューメンバーに選出されたメンバーは、グローバルガールズグループとして2020年11月デビュー予定となっています。 厳しくもあり、一人一人の成長を誰よりも願っているJ. Parkさん。 夢に向かって韓国で頑張る少女たち。 そのすべてが毎回注目されています。 スッキリ【虹プロジェクト】J. Parkのプロフィール! 明日9時30分〜、🌏J. Parkさんの厳しくもあり優しくもある評価が見どころになっていますが・・・ J. Parkさんってどんな活躍をしている人なんだろう? と思われている方も多いのでは? そんな方の為にJ. Parkさんは1972年、韓国ソウル特別市で生まれ、父親の転勤で小学1年生の時に渡米し、2年余りニューヨークに居住しています。 その時にアメリカの音楽にのめり込みます。 高校生の頃、KUWATA BANDのスキップビートを聴き衝撃を受け大学入学後、歌手になることを決意! 1992年に、グループ「パク・ジニョンと新世代」で歌手デビュー。 ですがことごとく失敗。 歌手キム・ゴンモのマネージャーに拾われバックダンサーを務めていた時に、作曲家キム・ヒョンソクさんと知り合い意気投合。 その事がきっかけでヒョンソクさんから音楽理論を学びます。 当時は珍しいメディア戦略やセクシャルな衣装とダンスで注目を集め、一躍人気者となります。 1997年、デヨンAV(現ポイボス)から独立し、「テホン企画」(現JYPエンターテインメント)を設立。 プロデュース活動を開始し、男性アイドルグループ「god」を幅広い年齢層から支持される国民的グループに押し上げます。 その後も自社所属のピ Rain やワンダーガールズを人気歌手に育て上げ、JYPエンターテインメントを韓国3大芸能事務所にまで成長させた凄い人なんです! スッキリ【虹プロジェクト】J. Parkさんは幼い時からアメリカの音楽に触れ、ダンスや歌などのセンスが抜群! 虹プロではプロデューサーとしてのJ. Parkさんしか見れないので、J. Parkさんの代表曲を数曲紹介しますね! 『Honey』 ダンスや軽快なダンスが魅力の1曲。 』 こちらは「ダンスを狂ったように踊りたかった」とステージパフォーマンス誕生の秘密を説明している曲でこちらも聴くと癖になる一曲。 このようにJ. Parkさんの歌やダンスは人を惹きつける魅力で溢れているんです。 虹プロでは練習生に適切な指導で成長を見守っていますが、練習生のパフォーマンスを見ている時の笑顔がとても印象的です。 Parkさん自身が音楽を、ダンスを楽しいものと捉えていて、見る人みんなが楽しめるパフォーマンスを目指しているのかな・・・と感じています。 AI — 「Too Much feat. Rain」(2006年) ウィル・スミス — 「I Wish I Made That」(2005年) Cassie — 「When Your Body Is Talking」(2006年) [37] SMAP — 「White Message」「Still U」(2008年) メイス — 「The Love You Need」(2004年) 韓国日本台湾混合ガールズグループ『TWICE』もJ. Parkさんプロデュースだったんですね! 今回の虹プロジェクトも2020年11月のデビューを目指して奮闘中ですが、どんなガールズグループになるのか、今から楽しみです! J.

次の