高速 料金 深夜 割引。 ETC 深夜割引

高速のETC割引とは。平日・休日・深夜割など時間帯|チューリッヒ

高速 料金 深夜 割引

adobe. com 一般的に高速道路と呼ばれる道路には、「高速自動車国道」と「自動車専用道路」という2つが存在しています。 NEXCO(ネクスコ)が運営している東名高速や名神高速などは「高速自動車国道」に当たり、高速道路に指定されています。 車種区分によって異なる料金が設定されており、軽自動車は普通車よりも安い料金が設定されていることが特徴です。 一方、NEXCOではない首都高速や阪神高速道路などの道路については、高速道路には分類されない「自動車専用道路」に含まれます。 道路によって料金が異なるため、無料のところもあれば、車種区分ごとに料金が設定されている道路もあります。 なお、山陰自動車道や近畿自動車道については高速道路には当たらず、「一般有料道路」に指定されるため、高速道路とは料金体系が異なります。 普通車と比べていくら安くなる? 東京~名古屋間で比較 軽自動車と普通車の高速料金は東京~名古屋間での高速料金で比較します。 以下のルートで高速道路を利用した場合の料金です。 名古屋~大阪間で比較 次に、名古屋~大阪間での高速料金を比較します。 同じ距離ですが、車種が違うだけで高速料金が少し節約することができます。 ETCならではの割引が受けられる 高速料金の支払には、現金払いのほかにETCが利用されています。 料金所をスムーズに通過できるため、支払いが便利になるという利点もありますが、ETCならではの割引が受けられることも大きなメリットといえます。 ただし、割引率は軽自動車と普通車で同じです。 上記以外にも、クレジット機能付きETCカードを利用することによって、クレジットカードのポイントを溜められるものもあります。 軽自動車の通行料金が安くならない道路 高速道路などの有料道路のなかには、管轄する事業主体によって軽自動車の料金が安くならないことがあります。 NEXCO3社や都市高速道路については車種区分によって異なる料金が設定されていますが、各地方団体の道路公社が管轄する「箱根スカイライン」などは軽自動車と普通車が同じ料金に設定されています。 また、法律上では高速道路ではありませんが、企業によって管轄されている有料道路についても料金体系はさまざま。 群馬と長野県とつなぐ「万座ハイウェイ」はプリンスホテルが管理運営している有料道路ですが、乗用車は全て同じ料金に設定されています。 なぜ軽自動車の高速料金は普通車より安いのか? 高速料金を決める際の基準として、「車両の大きさが道路の建設、管理などに与える影響の割合」「車両の大きさが道路を占める割合」「高速道路の利用によって搭乗者が受ける便益の割合」の3つがあります。 軽自動車はサイズが小さいために高速道路に与えるダメージが少なく、普通車以上の車両に比べると道路を占める割合も低いです。 このことから、軽自動車が高速道路の建設費や管理費を負担する割合も小さくなっています。 また、軽自動車は普通車以上の車両に比べて走行性・安全性に劣ることから、高速道路を利用する便益も少なく、利用料金がもっとも安く設定されているのです。 なお、高速料金は将来的に高速道路走行を無料化するために徴収されており、いずれ車種間での差はなくなるといわれています。 しかし、現時点で無料化される目途はいまだ立っておらず、しばらくはこの料金体制が継続される見込みです。

次の

高速のETC割引とは。平日・休日・深夜割など時間帯|チューリッヒ

高速 料金 深夜 割引

NEXCO東日本 NEXCO東日本は北海道、東北地方、関東甲信越、北陸地方を事業エリアとしており、ほとんどの道路で平日朝夕割引、休日割引、深夜割引が設けられています。 ですが、首都圏や一部の高速道路は除外、甲信越、北陸の一部は中日本のエリアとまたがっているため、ETC割引料金の変化には注意してください。 NEXCO東日本時間帯別ETC割引 平日朝夕割引 平日の「6時から9時」「17時から20時」の時間限定割引。 割引率は30%、もしくは50%となっています。 最大100Kmまでが割引対象となり、 1ヶ月ごとの利用回数によって還元率が変わります。 入口料金所または出口料金所を6時~9時の間、17時~20時の間に通過することが条件となっています。 5回~9回まで 通行料金のうち最大100Km相当分を 約30%分還元 10回以上 通行料金のうち最大100Km相当分を 約50%分還元 休日割引 対象日の土日、祝日に対象区間を走行することで受けられる割引。 割引率は30%となっています。 深夜割引 「午前0時から午前4時」の間に対象区間を走行することで受けられる割引。 割引率は30%となっています。 休日割引、深夜割引などはなく、適用外となっています。 通常料金 ETC車割引料金 軽自動車 2,740円 640円 普通車 3,090円 800円 中型車 3,700円 960円 大型車 5,090円 1,320円 特大車 8,490円 2,200円 首都高速道路 首都高では、休日割引や深夜割引と言った割引が適用できない分、数々の 首都高専用の割引を用意しています。 都心流入割引 首都高に入る最短ルートではなく「外環道(接続部または端末部)」「都心環状線」を利用し、首都高へ入ると割引になる制度です。 本来、遠回りになるため料金が割増になるところを、上限を設定して実質、以前よりも割引にしました。 外環道迂回利用割引 平成29年2月26日よりスタートした 「外環道迂回利用割引」 こちらは、首都高へ直行するのではなく 「外環道」を1JCT間のみ迂回した場合、直行した経路と同じ料金に調整する割引です。 ・各経路を連続して同一のETCカードでETC無線通行にて利用していること。 NEXCO中日本 NEXCO中日本は主に東海地方と北陸地方を事業エリアとしており、平日朝夕割引、休日割引、深夜割引が設けられています。 独自のETC割引を設けているエリアもありますので、割引を逃さない為にもETCは必ず装着していきましょう! NEXCO中日本時間帯別ETC割引 平日朝夕割引 平日の「6時から9時」「17時から20時」の時間限定割引。 割引率は30%、もしくは50%となっています。 最大100Kmまでが割引対象となり、 1ヶ月ごとの利用回数によって還元率が変わります。 入口料金所または出口料金所を6時~9時の間、17時~20時の間に通過することが条件となっています。 5回~9回まで 通行料金のうち最大100Km相当分を 約30%分還元 10回以上 通行料金のうち最大100Km相当分を 約50%分還元 休日割引 対象日の土日、祝日に対象区間を走行することで受けられる割引。 割引率は30%となっています。 深夜割引 「午前0時から午前4時」の間に対象区間を走行することで受けられる割引。 割引率は30%となっています。 大都市部区間と地方部区間を連続して走行した場合は、 地方部区間分のみ割引となります。 その他の割引 伊勢湾岸道路と高速国道との連続利用割引 伊勢湾岸道路、及び近隣の高速道路を利用するなら 「伊勢湾岸道路と高速国道との連続利用割引」があります。 もちろん、中型車:150円、大型車:250円、特大車350円のように全ての車種に適用されますので、伊勢湾岸道路を利用する際は活用してみましょう。 東海環状自動車道連続利用割引 東海環状線には、対象エリア内で乗り、対象エリア内で降りることで「150円割引」が適用される 「東海環状自動車道連続利用割引」があります。 上図の区間を利用すると割引が適用されますが、注意点として「同じ色の〇」を乗り降りすると割引が適用されません。 恵那山トンネル区間・飛騨トンネル区間特別割引 恵那山トンネル区間・飛騨トンネル区間、 両方の高速道路を頻繁に利用するなら、etcの特別割引を受けましょう。 この割引を適用すると、なんと 最大「37. 5%」の割引を実現できます! ・対象区間:恵那山トンネル区間(中央道 園原~中津川)、飛騨トンネル区間(東海北陸道 飛騨清見~白川郷) ・割引条件:対象区間で必ずetcを利用すること ・割引期間:平成36年3月31日まで 区間と期間が限られていますが、最大37. 5%も割引になるこのプランを逃すのは、非常にもったいないですよ。 名古屋高速道路は6種類の割引を用意!ETCで最大20%割引 名古屋高速道路では、ETC利用者限定で6種類の特別な割引を用意しています。 利用することで最大20%割引になりますので、積極的に利用していきましょう! ・ETC端末特定区間割引 図のように、特定区間で利用すると割引になります。 ・訪日外国人向け企画割引「Nagoya Expressway Pass NEP 」 最大2週間、定額で利用できます。 このように、名古屋高速道路をお得に利用するなら、ETCは必須ですので必ず用意しましょう。 NEXCO西日本 NEXCO西日本は近畿地方、中国地方、四国、九州、沖縄を事業エリアとしており、ほとんどの道路で平日朝夕割引、休日割引、深夜割引が設けられています。 ですが、大阪近郊の高速道路や、南阪奈道路、連絡高速道路は除外、別途ETC割引料金が適応されているのでご注意ください。 NEXCO西日本時間帯別ETC割引 平日朝夕割引 平日の「6時から9時」「17時から20時」の時間限定割引。 割引率は30%、もしくは50%となっています。 最大100Kmまでが割引対象となり、 1ヶ月ごとの利用回数によって還元率が変わります。 入口料金所または出口料金所を6時~9時の間、17時~20時の間に通過することが条件となっています。 5回~9回まで 通行料金のうち最大100Km相当分を 約30%分還元 10回以上 通行料金のうち最大100Km相当分を 約50%分還元 休日割引 対象日の土日、祝日に対象区間を走行することで受けられる割引。 割引率は30%となっています。 深夜割引 「午前0時から午前4時」の間に対象区間を走行することで受けられる割引。 割引率は30%となっています。 阪神高速道路のETC割引 阪神高速では多数のETC割引を揃えています。 お得に利用するためにもETCカード、ETC車載器のセットアップは忘れずに! 大阪都心流入割引 大阪都心部発着に限り、放射高速道路 第二京阪道路、第二阪奈有料道路、西名阪道、南阪奈有料道路等 との間で、阪神高速の守口線、東大阪線、松原線の3種のルート、どちらを選んでも、 起点・終点間の最安料金になります。 神戸都心流入割引 明石方面と神戸都心部間を利用する場合、北神戸線や神戸山手線、新神戸トンネルを利用しても、第二神明道路・阪神高速 神戸線を利用した時と同じ料金で通行可能になります。 短距離区間利用割引 1区間かつ営業距離が4. 3km以下の場合、各車種の最低料金で利用できる。 西大阪線端末区間割引 対象区間に限り、ETC搭載車・現金車共に割引になります。 池田線時間帯割引【平日のみ】 対象区間を平日のみ、割引料金で利用できる。 京都線時間帯割引 ETC搭載車限定で、平日の通勤時間帯・休日に割引になります。 以上にのように、 阪神高速道路では多種多彩なETC割引で、お得に利用できます。 あなたも阪神高速道路を利用する際は、ETCを忘れずに設置&セットアップしておきましょう。 本州四国連絡高速道路(西瀬戸・瀬戸中央・神戸淡路)のETC割引 本州四国連絡高速道路では、他の高速道路と違う ETC専用の休日割引を用意しています。 なんと、 最大50%割引になる割引制度です! 文字よりも、実際に図を見ると分かりやすいでしょう。 いかがでしょうか? NEXCO西日本の休日割引は適用されず、独自の休日割引が適用されます。 この割引を知らないと、ETC搭載車より最大2倍の金額を支払うことになりますよ。 広島高速道路のETC割引 広島高速道路は、広島の主要スポットを巡る際に必須の高速道路です。 そんな高速道路をお得に利用するなら、ETCは欠かせない存在です!と言うのも、これより紹介する3種類の割引があるため、絶対に外せませんよ。 ETC時間帯割引 朝6時から9時、夕方17時から20時の時間帯に利用すると最大10%割引となります。 ETC乗継割引 高速1、2、3号線から4号線を90分以内に乗り継いだ場合(連続利用した場合)適用される割引です。 最大410円お得になります。 また、高速4号線の通過時間は沼田料金所で判断します。 ・ETCコーポレート割引 多頻度割引 ETCコーポレートを利用した方限定で、上図のように割引が適用されます。 このように割引があるのに、ETCを利用しないのは非常にもったいない! もし、広島高速道路を利用する際には、ETCを忘れずに用意しておきましょう。 割引の適用は料金所を通過する日時となります。 割引の適用は料金所を通過する日時となります。 福岡高速ETC特定区間割引 貝塚から松島・多の津・粕屋・福岡IC間が割引の対象になります。 もちろん、夜間早朝割引・土曜割引・日祝日割引を併せて重複割引が適用されます。 まとめ ETC割引は基本的な「平日朝夕割引」「休日割引」「深夜割引」の他にも、「」、「」が用意されています。 その他にも、各高速道路会社が用意した、独自の割引も見逃せません! そして現在、期間限定ですが高速道路会社と地方自治体、そして旅行代理店がタッグを組んで行う「」も用意されており、ますます高速道路をお得に利用できるようになりました。 もしあなたが高速道路でドライブ、または旅行へ行かれるなら、これまでに紹介してきた割引や周遊プランを活用してみてはいかがでしょうか?.

次の

深夜割引

高速 料金 深夜 割引

adobe. com 一般的に高速道路と呼ばれる道路には、「高速自動車国道」と「自動車専用道路」という2つが存在しています。 NEXCO(ネクスコ)が運営している東名高速や名神高速などは「高速自動車国道」に当たり、高速道路に指定されています。 車種区分によって異なる料金が設定されており、軽自動車は普通車よりも安い料金が設定されていることが特徴です。 一方、NEXCOではない首都高速や阪神高速道路などの道路については、高速道路には分類されない「自動車専用道路」に含まれます。 道路によって料金が異なるため、無料のところもあれば、車種区分ごとに料金が設定されている道路もあります。 なお、山陰自動車道や近畿自動車道については高速道路には当たらず、「一般有料道路」に指定されるため、高速道路とは料金体系が異なります。 普通車と比べていくら安くなる? 東京~名古屋間で比較 軽自動車と普通車の高速料金は東京~名古屋間での高速料金で比較します。 以下のルートで高速道路を利用した場合の料金です。 名古屋~大阪間で比較 次に、名古屋~大阪間での高速料金を比較します。 同じ距離ですが、車種が違うだけで高速料金が少し節約することができます。 ETCならではの割引が受けられる 高速料金の支払には、現金払いのほかにETCが利用されています。 料金所をスムーズに通過できるため、支払いが便利になるという利点もありますが、ETCならではの割引が受けられることも大きなメリットといえます。 ただし、割引率は軽自動車と普通車で同じです。 上記以外にも、クレジット機能付きETCカードを利用することによって、クレジットカードのポイントを溜められるものもあります。 軽自動車の通行料金が安くならない道路 高速道路などの有料道路のなかには、管轄する事業主体によって軽自動車の料金が安くならないことがあります。 NEXCO3社や都市高速道路については車種区分によって異なる料金が設定されていますが、各地方団体の道路公社が管轄する「箱根スカイライン」などは軽自動車と普通車が同じ料金に設定されています。 また、法律上では高速道路ではありませんが、企業によって管轄されている有料道路についても料金体系はさまざま。 群馬と長野県とつなぐ「万座ハイウェイ」はプリンスホテルが管理運営している有料道路ですが、乗用車は全て同じ料金に設定されています。 なぜ軽自動車の高速料金は普通車より安いのか? 高速料金を決める際の基準として、「車両の大きさが道路の建設、管理などに与える影響の割合」「車両の大きさが道路を占める割合」「高速道路の利用によって搭乗者が受ける便益の割合」の3つがあります。 軽自動車はサイズが小さいために高速道路に与えるダメージが少なく、普通車以上の車両に比べると道路を占める割合も低いです。 このことから、軽自動車が高速道路の建設費や管理費を負担する割合も小さくなっています。 また、軽自動車は普通車以上の車両に比べて走行性・安全性に劣ることから、高速道路を利用する便益も少なく、利用料金がもっとも安く設定されているのです。 なお、高速料金は将来的に高速道路走行を無料化するために徴収されており、いずれ車種間での差はなくなるといわれています。 しかし、現時点で無料化される目途はいまだ立っておらず、しばらくはこの料金体制が継続される見込みです。

次の