コロラド 艦 これ。 Colorado

Colorado改

コロラド 艦 これ

コメント一覧• 5倍消費になったウォー様って感じ タッチは現状産廃レベル まあ弱くはないけど……鳴り物入りで実装された新たなビッグ7って割にはって感じではある• あれはいいものだ。 運営ちゃん、こひねがはくは、瑞雲立体攻撃の強化を…• コロラド! ジェットストリームアタックだ 1人多い まあ、そこも含めてネタだけど• これや! 弾薬ペナありまーす。 あほくさ• だから、発動条件が戦艦3隻と。 けど、戦艦や空母みたいな重量級の大型艦を締め出してる現状で 使える所あるかな。 上でも言ってるけど、5-5と辛うじて3-5上ルートで出せるかな?って位しかない。 E3掘りで無理やり使おうと組んだけど1戦増えるもんだからやっぱ道中の中破率がね…• 通常海域で戦艦3隻中中波ってそんな無いからね。 通常海域で戦艦3隻中中波ってそんな無いからね。 検証用の自由に状況が設定できるテスト鯖で何度かテストして「まあ、こんなものだろ」で実装しているような感じがしてね。 「この艦でどうやって遊ぶ」とか「どれだけ楽しんで貰えるか」という作り手の愛情というか思い入れが、最近は凄く薄い気がしてね。 まあ、6年も経てば仕方ないのかもだけど。

次の

Colorado

コロラド 艦 これ

ビッグ7とは、軍条約下で保有された、16()搭載の日・英・の7隻のことである。 概要 軍条約の 発効から条約失効までの間、ネイ・デーと呼ばれる12年から6年の15年間に保有が制限された16を搭載した船が7隻しか存在しなかったことからその7隻のことをビッグ7 七大 と呼ぶことになる(ただし、以外のでこの呼称が用いられている資料は見つかっておらず、にしても軍で正式に用いられていた訳ではい)。 なお、原を残しているビッグ7は諸ので眠り続けるの残骸のみ。 他は解体されている。 またビッグ7は戦によるを体とする後からが台頭していくことになる前までの間、抑止を持った戦略としてに君臨する。 1番艦「」 同2番艦「」• 級1番艦「」 同2番艦「」• 1番艦「ラド」 同2番艦「」 同3番艦「」 余談ではあるが、軍条約には条約開催時点での艦の艦が条件に含まれており、のもそのに含まれていた。 しかしはのを、半ば強引ではあるが英に所有を認せることに成功する。 しかしその代償としてに級2隻の新造、には既に艦が決まっていたラド級2隻の建造続行を認せる結果となってしまった。 もしがを艦にしていたならば、16搭載艦は当時既にしていたとの2隻だけに留まっていたのかもしれない。 関連商品 関連項目•

次の

【艦これ】艦娘の燃費一覧(2020年5月版)

コロラド 艦 これ

それで、いきなりどうしたの? いつものバッキングブロンコらしくないよ?」 コロラド「あ、あぁ……なんだ、その……私はアイツとメオト?になって随分経つ、よね?」 長門「そうだな。 来月で1周年じゃないか」 陸奥「傍から見てた限り、何も問題無さそうだったけど?」 ネルソン「長門たちの言う通りだ。 まあ、余としてはアドミラルがお主にだいぶ振り回されているように見えるがな……それはそれで数あるカップルの一つの形であろう」 アイオワ「流石はバッキングブロンコ(荒馬)ってとこよね!」アハハ コロラド「仲はまあ、皆が言うように悪くないと自負してるよ。 でも、アドミラルはこの私をケッコン後も遠ざけているみたいで……」 イント「ケッコンしてるだけじゃない。 私なんてどんなにアプローチかけても、その指輪を貰えなかったのに」ジトッ コロラド「っ……そ、そう言わないで。 わ、私だって、遠ざけられてると思っていたのに、選んでもらった時は本当に驚いたんだから」モジモジ イント「うっれしそうにキラッキラした笑顔で自慢された記憶しかないのだけど?」ジトトッ コロラド「〜〜っ」ジワッ 〜コロラド、泣きべそになってアイオワの胸に逃げ込む〜 アイオワ「ヨシヨシ……イビルアイ、気持ちは分かるけどそれくらいにしなさいよ」 イント「……ソーリーソーリー」フンッ アイオワ「もう」ニガワライ サラトガ「話を戻して……提督に避けられているのをなんとかしたいってことでいいのよね?」 コロラド「」コクコク ネルソン「くだらん。 全部自分が蒔いた種ではないか」 コロラド「なんでよ!? 」 ネルソン「気付いてすらいないなら、尚の事だ」ヤレヤレ コロラド「わ、私は一体、アドミラルに何をしてしまったの!? 」 陸奥「ん〜、提督から頭を撫でられたら決まって『気安く触るな』って悪態ついてたとこじゃない?」 コロラド「」グサッ 長門「提督からは何度もお前に歩み寄っていたが、その都度お前が変なプライドを拗らせ、勘違いした挙げ句、『お前は本当に学習しないな!』などと言ってしまったのが遠ざけられる原因じゃないのか?」 コロラド「」グサッグサッ アイオワ「原因が分かって良かったわね、バッキングブロンコ」ナデナデ コロラド「う、うん……」 サラトガ「もっと素直になればいいだけじゃない。 提督だってあなたのことが好きだから、嫌われてると思ってもその指輪を贈ったんでしょ?」 コロラド「…………」 サラトガ「提督はあなたが好き……でもあなたは自分のことを嫌ってると思ってる。 なら任務以外では距離を置こうと思ってるのかも。 これ以上あなたに嫌われたくないからって」 コロラド「……そう、なのか……」 イント「そもそもバッキングブロンコが素直にならないのが問題なんじゃない。 アドミラルに一途に想われてて、いつも貴女は彼の一番で……なのに当の本人はその自覚0で空回り。 私だったらもっとアドミラルを幸せにしたわ」 コロラド「」カチン 〜コロラド、イントレピッドの前にやって来る〜 コロラド「あ、あなたに何が分かるっていうの!? 初めて男性に優しくされ、なんの見返りも求められない愛情を向けられて……どうしたらいいか分からない私の気持ちなんて分からないでしょっ!? 」 イント「分からないわよ。 だってその優しさはあなただけしか体験出来ない特別なものなんだから」 コロラド「っ」 イント「複数の艦娘とケッコン出来るのに、私たちのアドミラルはそれをしてない。 それだけ愛されているのに、甘えてんじゃないわよ。 今度はあなたからアドミラルに近づく番でしょ? あなたしか彼の隣には立てないのよ……私が喉から手が出るほどほしいその立ち位置にはね!」 コロラド「イビルアイ……」 イント「早く伝えに行きなさいよ。 あなたが私を完成させるの。 現実逃避して、コロラドが俺にデレデレしてくれる夢を見ている。 コロラド 完.

次の