古希祝い 人気。 絶対にハズさない!お父さん・男性への予算別古希祝いのプレゼント|まかせて!古希祝いのプレゼント

【保存版】古希祝いには旅行のプレゼントがおすすめ!人気のスポットやカタログギフトをご紹介

古希祝い 人気

古希のお祝いって? 古希は、 日本の年祝いの一つです。 日本には60歳を祝う還暦(かんれき)をはじめとして、年齢の節目に長寿を祝う行事があります。 古希は、還暦の次に祝う年祝いです。 古希はもともと 中国から伝わってきた風習です。 今から1000年以上も前になる中国の唐時代では、70歳まで生きる人は稀でした。 そこで、その時代に中国の詩人である社甫が書いた「曲江詩」の中にある、「人生七十古来稀なり( 古くから、七十年生きる人は稀である)」という一節が古希の成り立ちとなりました。 現在世界有数の長寿国である日本では、平均寿命が80歳を超えていることもあり、古希の70歳は長寿祝いのスタートラインともいえましょう。 古希は何歳で祝うの? 古希は 70歳 を祝うお祝いです。 一般的に還暦のほかの年祝いは、数え年で祝います。 数え年とは、生まれた年を1歳と考え、元旦を迎える度に1歳ずつ年を取る数え方です。 そのため古希を数え年で祝うと、満69歳(数え70歳)の時に祝うことになります。 ですが、現在の日本では、誕生日を迎える度に1歳ずつ年を取る満年齢の数え方が一般的なため、近年では70歳の誕生日を迎えた時に古希を祝う人が増えています。 満年齢、数え年のどちらでお祝いしても問題はありません。 ご家族や招待客などの予定を合わせて、古希を迎える人の健康状態などを考慮しながら、お祝いを計画しましょう。 古希のお祝いの仕方は? 古希祝いは、一般的に家族や親せきとにぎやかに祝います。 祝い方はおおむね3つに分けられます。 自宅で祝う 自宅でご馳走を作り、祝う方法は人気があります。 なぜならば周りに気兼ねをする必要がなく、大切な人とお祝いができるからです。 特に小さな子供がいたり、ご本人の体調が優れない時でも、自宅であればゆっくりとした気持ちで過ごすことができるのが魅力でしょう。 外のレストランで祝う 自宅でのお祝いは準備が大変なため、レストランを予約してお祝いする人は多くいます。 その場合、お店によっては慶事用の特別メニューやお祝いプランを用意しているところもあるので、相談してみるといいでしょう。 旅行先で祝う なかなか家族が集まる機会がない場合は、古希祝いをきっかけに家族で旅行に行くのもいいですね。 レストランと同じく、お祝いプランを設定しているホテル・旅館も多くあります。 旅行先で祝う場合は、帰宅の心配がないためリラックスできる点が魅力で、長時間家族といっしょに過ごすことができるため、一生の思い出になるでしょう。 古希祝いの色は? 年祝いには、それぞれシンボルカラーがあります。 古希は、「 紫(むらさき)」がシンボルカラーとなっています。 紫色は、 品位や高貴さなど神秘性をあらわす色で、貴重な色として扱われてきました。 また、紫色には 落ち着きや安らぎを与える癒やし効果があるともいわれています。 そのため、古希を迎える人への今後の健康や安らぎを祈る気持ちから、お祝いのシンボルカラーとして用いられるようになりました。 古希祝いのプレゼントには、紫色をアクセントにしたものが多く選ばれています。 古希祝いにふさわしい花の色・種類は? お祝い事へのプレゼントに人気のフラワーギフトですが、古希祝いにはどのような「花」が喜ばれるのでしょうか。 古希祝いにぴったりの花の色 古希祝いには、シンボルカラーの紫色の花がおすすめです。 紫色で統一してもエレガントで素敵ですが、その季節の花と組み合わせてフラワーアレンジメントにすると、さらに華やかになりお祝いに向いています。 古希祝いに人気の花の種類 バラ 紫色のバラを70本花束にして贈ると、上品で喜ばれるプレゼントになります。 バラの花言葉は、「誇り」「気品」「尊敬」で、70歳を迎える人にふさわしい花と言えましょう。 胡蝶蘭 さまざまなお祝いに向いている胡蝶蘭は、古希祝いにもぴったりです。 気品があり華やかさもある胡蝶蘭の花言葉は、「幸せが飛んでくる」です。 70歳という新たな門出を祝う花として最適です。 ダリア 一輪だけでも存在感があるダリアは、気品あふれる優雅な雰囲気が魅力です。 ダリアの花言葉は外見通りに、「華麗」です。 ダリアは他の花と組み合わせても素敵な演出ができるため、お祝いへの花に多く選ばれています。 トルコ桔梗 華やかで気品あふれるトルコ桔梗は、結婚式などでも人気が高い花です。 トルコ桔梗の花言葉は、「希望」「永遠の愛」です。 他の花と組み合わせて花束にすると上品な雰囲気がだせるのが魅力です。 紫のトルコ桔梗と組み合わせてすてきな花束を贈りましょう。 ガーベラ ガーベラは、赤、オレンジ、ピンクのイメージが強いのですが、紫色のガーベラも存在しています。 ガーベラの花言葉は、「希望」「前進」「神秘」です。 ガーベラは、花束だけでなく、プリザーブドフラワーなどのフラワーアレンジメントに多く使われているので、特別感のあるセンスのよいプレゼントを演出してみてください。 このように、古希祝いのプレゼントには紫色を意識したフラワーギフトが最適です。 上品で気品がある紫色だけだとさびしいと思われる方は、他の花と組み合わせて華やかなアレンジメントにするとお祝いにふさわしくなります。 ですが、紫色と白色の花の組み合わせは法事や法要を思い起こさせるため、避けた方がいいでしょう。 フラワーギフトの種類は? 花はお祝いへのプレゼントに老若男女問わず喜ばれる人気の贈り物です。 お祝いの場を華やかにする花は、特別なお祝いには欠かせないプレゼントでしょう。 では、花をアクセントにしたプレゼントにはどのような種類があるのでしょうか。 生花 生花は、花束やアレンジなど、さまざまな用途に使われています。 新鮮さと香りのよさが人気の生花は、時期により入手できる花が異なるため、季節感を感じるとして贈り物に喜ばれています。 なお、形に残らない生花は、記念になるプレゼントといっしょに贈ると魅力を演出します。 こちらの記事もおすすめ 古希祝いの平均予算相場は? 古希祝いに贈るプレゼントの全体的な相場は贈る相手との関係性によって予算相場が異なります。 日頃の感謝と心からのお祝いの気持ちを込めて、自分の予算に応じた金額でプレゼントを贈りましょう。 花といっしょに贈りたいメッセージは? 古希祝いには、花といっしょにメッセージカードを添えて贈ると、お祝いの気持ちが伝わります。 メッセージ例を参考に、日頃伝えきれない感謝とお祝いの気持ちを文章にしてみてください。 一般的なメッセージ 古希おめでとうございます。 〇〇さんの元気な笑顔が大好きです。 古希おめでとうございます。 いつも感謝しています。 これからもはつらつとお元気でいらっしゃいますようにお祈りしています。 古希おめでとうございます。 これからも元気に楽しくお過ごし下さい。 二人の元気な姿に私も力をもらっています。 いつも本当にありがとう。 これからも元気でいてください。 古希おめでとうございます。 これからも身体を大切にして、元気な姿を見せて下さい。 古希のおめでとうございます!ずっとお元気でいて下さいね。 古希おめでとうございます。 いつも温かく見守ってくれてありがとう。 夫婦仲良く円満に、これからも楽しい毎日を過ごして下さい。 古希のお誕生日おめでとう。 いつも気にかけてくれて本当にありがとう。 心から感謝しています。 いつまでも、すてきなじいじでいてね! 恩師、上司へのメッセージ 古希をお迎えになられ心からお祝いを申し上げます。 いつまでも明るく元気にお過ごし下さいます様お祈りいたします。 古希おめでとうございます。 これからもより一層お元気でいらっしゃいますように。 古希おめでとうございます。 これからもますますのご活躍をお祈り申し上げます。 古希祝いにおすすめの花のプレゼントは? 花束 ボリュームがある華やかな紫のバラの花束。 古希祝いへのプレゼントにぴったりです。

次の

古希お祝いプレゼント 人気ランキング2020

古希祝い 人気

公開日:2018年9月14日 最終更新日:2020年3月10日 古希(こき)祝いとは、70歳を迎えた人へのお祝いです。 お父さん、お母さんの古希のお祝いに何をあげたらいいのか?どうやってお祝いしたらいいのか悩みますよね。 ここでは、両親(お父さん、お母さん、義父、義母)など大切な方への古希祝いのプレゼント選びに役立つ由来や風習・気を付けたいマナーなどを紹介します。 「古希」の由来と意味 古希とは?まずは、あまり知られていない古希の由来と意味をご紹介します。 古希祝いの由来は、唐の時代、6世紀に実在した中国の詩人・杜甫(とほ)の詩句『曲江詩(きょっこう)』にあります。 詩句にある「人生七十古来稀」というくだりからは、当時は70歳まで生きるのは珍しかったことがわかります。 今でこそ日本人の平均寿命は男女ともに70歳をこえていますが、当時は短命だったようですね。 この詩句は、一般人に教養や学問が浸透した江戸時代に日本でも知られるようになり、長寿祝いの習慣が根付くようになりました。 2020 年に古希を迎えるのは満年齢で1950年(昭和25年)生まれの方です。 満年齢と数え年 満年齢とは生まれた年を0年(0歳)とし、現時点までの時間を表したもので、最も一般的な年齢の数え方です。 2000年に生まれ、2019年に誕生日を迎える人は19歳ということになります。 対する数え年とは、生まれた時点の年齢を1歳とし、それ以後は元旦のたびに1歳を加算して歳を数える方法です。 2020年に古希を迎える方は、満年齢でお祝いする場合1950年(昭和25年) 、数え年では1951年(昭和26年)です。 お祝いするのは満年齢?数え年? 古希祝いは、数え年で行うのがしきたりでしたが、 最近では数え年のなじみが薄くなっていることから、満年齢でお祝いする人が増えてきていますね。 どちらが間違いということもありませんので、地域の風習や家族の方針に従って決めることをおすすめします。 古希のお祝いのマナーや気を付けたいこと ここでは、古希のお祝いのマナーや注意点を紹介します。 古希を迎えてもまだまだ「若い」 古希は長寿のお祝いですが、平均年齢が高まっている現在に、 やたらとお年寄り扱いされることを快く思わない人もいます。 古希祝いを人生のセカンドステージと捉え、新しい門出を祝福する気持ちでお祝いするといいでしょう。 誕生日祝いと古希祝いは別でお祝いした方が良い? 古希祝いと誕生日祝いを別々に行うべきか悩みどころですが、古希祝いと誕生日祝いを合同で行っている人がほとんどのようです。 お祝いのプレゼント・贈り物を古希祝いと誕生日祝いで分ける必要もありません。 ただし、家族で認識が違うと、気まずい思いをすることがあるので、事前にすり合わせをしておくとよいでしょう。 また「老い」を連想させるもの、年齢を意識させるものはタブーとなりますので、老眼鏡などの贈り物は注意が必要です。 古希祝いのプレゼントに何をあげたらいい? 古希のお祝い品はテーマカラーである上品な 紫色を基調にしたものが一般的。 お祝いにふさわしい、おしゃれで華やかなデザインのアイテムが人気です。 定番のおすすめギフトは紫色の花束や紫のちゃんちゃんこですが、近年はカタログギフトやグラスや湯飲みなどの食器、フォトフレームや旅行・旅行券など、プレゼントの種類も多様化してきています。 男性にはワインや焼酎などのお酒、女性にはお花やプリザーブドフラワー以外にもお洋服やストールなどの小物もおすすめですが、オリジナルの似顔絵やイラストなどお名前を印字した「名入れギフト」も注目されています。 贈るお相手の趣味も事前に調べて、紫色のちゃんちゃんこに世界にひとつのオリジナルプレゼントを添えてみてはいかがでしょうか。 古希のお祝いにお誕生日新聞を贈りませんか? 「お誕生日新聞」をご存じですか? お誕生日新聞とは誕生日など思い出の日の新聞を購入できるサービスです。 サプライズプレゼントとして70年前の誕生日や結婚記念日に発行された新聞を取り寄せて、家族全員で当時の思い出を懐かしんでみてはいかがでしょうか。 過去の新聞記事や広告、テレビ欄などで懐かしい記憶が蘇り、思い出話に花が咲き、きっと素晴らしいひと時を過ごせるでしょう。 男女問わず喜ばれる「お誕生日新聞」表紙の色で古希の紫を選んで素敵な古希祝いのプレゼントを贈りましょう。 お祝い品と金額の相場は? 金額の相場は相手との関係にもよりますが、 両親のお祝いであれば1~5万円、祖父母であれば1~3万円、その他の関係でしたら5,000~2万円が相場です。 こちらも兄弟や親戚とご予算を確認しておくといいでしょう。 気を付けたいマナー 長寿のお祝いはめでたいことですが、「あまり年より扱いされたくない」という理由で好まない人もいます。 お祝い会を行う前に本人の意思を伺い、尊重するようにしましょう。 また、古希祝いは70歳の誕生日までに行うのが一般的とされています。 どうしても誕生日当日を過ぎてしまいそうなときには、事前にお詫びの一言を添えるのがマナーです。

次の

【古希祝い】70歳のお祝い!古希のプレゼント探しに役立つ由来や風習をご紹介

古希祝い 人気

古希のお祝いって? 古希は、 日本の年祝いの一つです。 日本には60歳を祝う還暦(かんれき)をはじめとして、年齢の節目に長寿を祝う行事があります。 古希は、還暦の次に祝う年祝いです。 古希はもともと 中国から伝わってきた風習です。 今から1000年以上も前になる中国の唐時代では、70歳まで生きる人は稀でした。 そこで、その時代に中国の詩人である社甫が書いた「曲江詩」の中にある、「人生七十古来稀なり( 古くから、七十年生きる人は稀である)」という一節が古希の成り立ちとなりました。 現在世界有数の長寿国である日本では、平均寿命が80歳を超えていることもあり、古希の70歳は長寿祝いのスタートラインともいえましょう。 古希は何歳で祝うの? 古希は 70歳 を祝うお祝いです。 一般的に還暦のほかの年祝いは、数え年で祝います。 数え年とは、生まれた年を1歳と考え、元旦を迎える度に1歳ずつ年を取る数え方です。 そのため古希を数え年で祝うと、満69歳(数え70歳)の時に祝うことになります。 ですが、現在の日本では、誕生日を迎える度に1歳ずつ年を取る満年齢の数え方が一般的なため、近年では70歳の誕生日を迎えた時に古希を祝う人が増えています。 満年齢、数え年のどちらでお祝いしても問題はありません。 ご家族や招待客などの予定を合わせて、古希を迎える人の健康状態などを考慮しながら、お祝いを計画しましょう。 古希のお祝いの仕方は? 古希祝いは、一般的に家族や親せきとにぎやかに祝います。 祝い方はおおむね3つに分けられます。 自宅で祝う 自宅でご馳走を作り、祝う方法は人気があります。 なぜならば周りに気兼ねをする必要がなく、大切な人とお祝いができるからです。 特に小さな子供がいたり、ご本人の体調が優れない時でも、自宅であればゆっくりとした気持ちで過ごすことができるのが魅力でしょう。 外のレストランで祝う 自宅でのお祝いは準備が大変なため、レストランを予約してお祝いする人は多くいます。 その場合、お店によっては慶事用の特別メニューやお祝いプランを用意しているところもあるので、相談してみるといいでしょう。 旅行先で祝う なかなか家族が集まる機会がない場合は、古希祝いをきっかけに家族で旅行に行くのもいいですね。 レストランと同じく、お祝いプランを設定しているホテル・旅館も多くあります。 旅行先で祝う場合は、帰宅の心配がないためリラックスできる点が魅力で、長時間家族といっしょに過ごすことができるため、一生の思い出になるでしょう。 古希祝いの色は? 年祝いには、それぞれシンボルカラーがあります。 古希は、「 紫(むらさき)」がシンボルカラーとなっています。 紫色は、 品位や高貴さなど神秘性をあらわす色で、貴重な色として扱われてきました。 また、紫色には 落ち着きや安らぎを与える癒やし効果があるともいわれています。 そのため、古希を迎える人への今後の健康や安らぎを祈る気持ちから、お祝いのシンボルカラーとして用いられるようになりました。 古希祝いのプレゼントには、紫色をアクセントにしたものが多く選ばれています。 古希祝いにふさわしい花の色・種類は? お祝い事へのプレゼントに人気のフラワーギフトですが、古希祝いにはどのような「花」が喜ばれるのでしょうか。 古希祝いにぴったりの花の色 古希祝いには、シンボルカラーの紫色の花がおすすめです。 紫色で統一してもエレガントで素敵ですが、その季節の花と組み合わせてフラワーアレンジメントにすると、さらに華やかになりお祝いに向いています。 古希祝いに人気の花の種類 バラ 紫色のバラを70本花束にして贈ると、上品で喜ばれるプレゼントになります。 バラの花言葉は、「誇り」「気品」「尊敬」で、70歳を迎える人にふさわしい花と言えましょう。 胡蝶蘭 さまざまなお祝いに向いている胡蝶蘭は、古希祝いにもぴったりです。 気品があり華やかさもある胡蝶蘭の花言葉は、「幸せが飛んでくる」です。 70歳という新たな門出を祝う花として最適です。 ダリア 一輪だけでも存在感があるダリアは、気品あふれる優雅な雰囲気が魅力です。 ダリアの花言葉は外見通りに、「華麗」です。 ダリアは他の花と組み合わせても素敵な演出ができるため、お祝いへの花に多く選ばれています。 トルコ桔梗 華やかで気品あふれるトルコ桔梗は、結婚式などでも人気が高い花です。 トルコ桔梗の花言葉は、「希望」「永遠の愛」です。 他の花と組み合わせて花束にすると上品な雰囲気がだせるのが魅力です。 紫のトルコ桔梗と組み合わせてすてきな花束を贈りましょう。 ガーベラ ガーベラは、赤、オレンジ、ピンクのイメージが強いのですが、紫色のガーベラも存在しています。 ガーベラの花言葉は、「希望」「前進」「神秘」です。 ガーベラは、花束だけでなく、プリザーブドフラワーなどのフラワーアレンジメントに多く使われているので、特別感のあるセンスのよいプレゼントを演出してみてください。 このように、古希祝いのプレゼントには紫色を意識したフラワーギフトが最適です。 上品で気品がある紫色だけだとさびしいと思われる方は、他の花と組み合わせて華やかなアレンジメントにするとお祝いにふさわしくなります。 ですが、紫色と白色の花の組み合わせは法事や法要を思い起こさせるため、避けた方がいいでしょう。 フラワーギフトの種類は? 花はお祝いへのプレゼントに老若男女問わず喜ばれる人気の贈り物です。 お祝いの場を華やかにする花は、特別なお祝いには欠かせないプレゼントでしょう。 では、花をアクセントにしたプレゼントにはどのような種類があるのでしょうか。 生花 生花は、花束やアレンジなど、さまざまな用途に使われています。 新鮮さと香りのよさが人気の生花は、時期により入手できる花が異なるため、季節感を感じるとして贈り物に喜ばれています。 なお、形に残らない生花は、記念になるプレゼントといっしょに贈ると魅力を演出します。 こちらの記事もおすすめ 古希祝いの平均予算相場は? 古希祝いに贈るプレゼントの全体的な相場は贈る相手との関係性によって予算相場が異なります。 日頃の感謝と心からのお祝いの気持ちを込めて、自分の予算に応じた金額でプレゼントを贈りましょう。 花といっしょに贈りたいメッセージは? 古希祝いには、花といっしょにメッセージカードを添えて贈ると、お祝いの気持ちが伝わります。 メッセージ例を参考に、日頃伝えきれない感謝とお祝いの気持ちを文章にしてみてください。 一般的なメッセージ 古希おめでとうございます。 〇〇さんの元気な笑顔が大好きです。 古希おめでとうございます。 いつも感謝しています。 これからもはつらつとお元気でいらっしゃいますようにお祈りしています。 古希おめでとうございます。 これからも元気に楽しくお過ごし下さい。 二人の元気な姿に私も力をもらっています。 いつも本当にありがとう。 これからも元気でいてください。 古希おめでとうございます。 これからも身体を大切にして、元気な姿を見せて下さい。 古希のおめでとうございます!ずっとお元気でいて下さいね。 古希おめでとうございます。 いつも温かく見守ってくれてありがとう。 夫婦仲良く円満に、これからも楽しい毎日を過ごして下さい。 古希のお誕生日おめでとう。 いつも気にかけてくれて本当にありがとう。 心から感謝しています。 いつまでも、すてきなじいじでいてね! 恩師、上司へのメッセージ 古希をお迎えになられ心からお祝いを申し上げます。 いつまでも明るく元気にお過ごし下さいます様お祈りいたします。 古希おめでとうございます。 これからもより一層お元気でいらっしゃいますように。 古希おめでとうございます。 これからもますますのご活躍をお祈り申し上げます。 古希祝いにおすすめの花のプレゼントは? 花束 ボリュームがある華やかな紫のバラの花束。 古希祝いへのプレゼントにぴったりです。

次の