年下彼氏 13話 ネタバレ。 年下彼氏13話&14話動画を無料でフル見逃し視聴する方法を紹介!ネタバレも紹介

ドラマ『年下彼氏』13話14話(第7週)の見逃し配信フル動画の無料視聴方法はこちら!キャスト・ネタバレ・次回考察・オススメポイントをご紹介!|テレビドラマのあみちゃんねる

年下彼氏 13話 ネタバレ

『年下彼氏』13話&14話をフル無料視聴できる動画配信サービス一覧 「年下彼氏」13話&14話は、下記の動画配信サービスにて視聴することができることができます。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 ご覧のように、「年下彼氏」をお得に視聴することのできる配信サイトはいくつかありますが、U-NEXTが一番オススメです。 下記のような理由から「U-NEXT」はとてもお得なことが分かります。 『年下彼氏』13話&14話の公式あらすじ 13話 工藤歩(高橋恭平)はバスケ部の補欠部員。 一学年上で幼なじみの唯(花坂椎南)に思いを寄せている。 その唯にレギュラー部員の巧己(安田啓人)が告白。 焦った歩も唯に気持ちを打ち明ける。 唯の答えは「本気だって証拠を見せて」。 歩は彼氏の座を賭け、今まで一度も勝ったことのない巧己との3ポイントシュート対決に臨む! 引用: 14話 観月律(末澤誠也)はテレビ番組のAD。 まだまだ半人前だが、実は先輩プロデューサーの祥子(秋元才加)とこっそり付き合っている。 そんな二人の職場に、観月と大学同期の浦坂健太(木戸邑弥)が格上のディレクターとして転職してくる。 仕事をバリバリこなし祥子にも急接近する浦坂。 『年下彼氏』13話&14話のネタバレあらすじ・感想・次回予想 ネタバレあらすじ 13話では二人の男の子が、一人の女の子唯さんと付き合うためにバスケットで争うというお話です。 唯さんと工藤歩くんは小さい頃からいつも一緒で仲良しでした。 これはこれから先も変わらないと思っていました。 ただ唯さんにはもう一人仲良しな巧己くんという男の子がいてこの二人はお似合いなカップルだと学校中で言われる二人でした。 それほど、周りには仲良く見えたのです。 巧己くんはバスケットがとても得意で、工藤歩くんは巧己くんにいつも簡単にバスケの試合で負けてしまい34連敗中でした。 試合をしてもシュートは打っても決まって外してしまい、レイアップではシュートに向かう途中でボールを取られてしままいゴールすら出来ない状況。 ディフェンスに回っても足が追い付かないため簡単に抜けられてゴールを決められてしまう始末。 何をしても巧己くんは叶わないといつもどおり今回も負けてしまいがっかりします。 そんな中、巧己くんは唯さんを呼びます。 唯さんがずっと好きだったことそして、学校中からお似合いのカップルだからと付き合ってほしいと告白します。 答えは出すことなく、告白をされたんだと唯さんが歩さんに相談します。 実は、ひっそり唯さんに思いをよせていてそれを聞いたとたんに火がつきます。 歩さんは俺にしときなよと唯さんに伝えます。 しかし、答えは、巧己くんに一度でも勝ってみなさいよそしたら考えて治してあげるとという困難なことをいわれてしまいます。 本気で歩くんが告白してると思えなかったからです。 一度も巧己くんはとても強く自分が勝てる相手でもない勝ったことがないので、無理じゃないかと思ってしまいますが、歩くんはそれを言われた日から今まで以上に必死でバスケットの練習に励みます。 基本的な練習から始めていき自分を磨いていきました。 その練習をこっそりとみていた唯さんは、真剣なんだと歩くんの気持ちに気付き、好きなっていきます。 試合当日、多くのひとが応援に駆けもちろん唯さんも応援をするなか、どちらも勝ちを譲らない試合は進んでいきます。 いっこうに決着がつきそうになくお互いに疲れが出てしまっているなか、疲れが出てきたのか、巧己さんがシュートをゴールにらボールは当たったもののはじいてしまい、外してしまいます。 これを成功させれば運命をガラリと変えることが出来るという思いで、思いをボールに込めて歩くんは今まで以上に慎重になってシュートを放ちます。 シュートは見事決めることが出来ました。 努力の結果巧己くんに初めて勝つことが出来ました。 無理だと思っていたのにそれを覆すことが出来たのでした。 ラストは、宣言どおりに唯さんと歩さんは付き合うことが出来ます。 ハッピーエンドで終わります。 14話は、テレビ会社で下っぱの律さんと仕事が出来る祥子さんはみんなに内緒で社内恋愛をしていました。 みんなの前では上司と部下という設定で仕事で失敗ばかりする律さんにこんなんじゃ上になんていけないと背中をおす祥子さん。 彼氏扱いはみんなの前では絶対しませんでした。 誰もいないオフィスでこっそり会ってイチャイチャする日々でした。 律さんは、新人が入ってくれれば自分は一番下ではなくなるわけだから、早く新人入ってくれないかと思ってしまう始末。 ある日新人が会社に入社してきます。 その人は、律さんと同じ大学で同級生の健太さんでした。 律さんは自分の下につくと思ってた新人も、いきなりディレクターデビューとして働き始めたのでした。 一番下っぱということが新人入ったのにも関わらず変わらないという事実。 ある時、律さんは健太さんに実は祥子さんが好きだと相談されてしまいます。 ただ、内緒の社内恋愛で付き合っていたために自分が彼氏だと言えないまま日が立ってしまいます。 仕事できる健太さんをほめる祥子さんの姿を見るたびに、律さん自身ではなく健太さんのほうに行ってしまうんではないかと心配してしまう日々。 その心配からか、仕事も前よりまして失敗してしまい、手助けがなければ大問題となってしまうほどの問題を起こしてしまいます。 ますます、自分はきっと祥子さんに振られてしまう、そして健太の方にいっちゃうんだとなんでも、投げやりになってしまう律さん。 そんな中、祥子さんと健太さんは食事に二人だけで行ってしまいます。 しかも、目的は告白して付き合うためというもの。 また、律さんにも健太さんは告白するからと連絡をいれます。 律さんは祥子さんを取られてはまずいと急いで抱えてる仕事を終わらし上司に提出した後二人がいるレストランにもうダッシュで向かいます。 健太さんが祥子さんの手を握ろうとしている時でした。 律さんは、健太さんに騙していたことを誤り祥子さんは自分の彼女で付き合っているんだということをはっきりと告げます。 言い終わったあと、律さんは祥子さんの手を握りその場から連れ去って行きます。 ラストは好きだという想いを二人でもう一度確認しあいハッピーエンドで終わります。 感想 13話の感想は、とても勇気ずけられる内容でした。 どんなに困難な状況でも、頑張っても勝てない相手に勝つために毎日毎日必死で頑張って勝って、女の子の気持ちも手にすることが出来たという内容に、努力をすればその分だけ想いを貫くことは出来るんだな自分も頑張れば不可能なことはないのかもしれないと思わせてくれる内容でした。 思いが強いほど無敵なんだなと思わせてくれるような内容でした。 最後想いが叶って付き合うことが出来てほんとに良かったなと心から思いました。 14話の内容は、とてもキュンキュンしてしまう内容でした。 いつもだめなところしか見せれてなくてがっかりさせてばかりな彼氏をかげながら支え、他の人に好意をもたれても気持ちを変えないで 一筋な彼女さんの姿に尊敬してしまいました。 また、最後のシーンのいつもは決して男ぽいところを見せていない律くんが、男ぽく俺の彼女で付き合っていると宣言し、祥子さんの手を握って、健太さんの前からから引っ張り出して連れ去るときとてもキュンキュンとしてしまいました。 律さん流石だなと思ってしまいました。 また、最後の場面ぇ一生好きだとお互いに言い合うところなど、仲良すぎるところに思わず嫉妬してしまいました。 次回予想 次回は、舞台高校でひっそりと想いを秘めている男の子がいて、でもその子は学校いちの人気者で自分の方になんて決してふりむいてくれないだろうという思いから、伝えないで日々は過ぎ去っていきました。 そんな中風の噂でその子に告白をしようとしている男の子がいるという話をきいてしまいます。 こうしちゃいられないと、その女のこをよびだしダメ元でずっと思いを秘めていたことをつたえます。 結果、オッケイをもらうことができ二人は付き合うことができました。 雑誌 読み放題 現在U-NEXTでは70誌以上の雑誌が全て読み放題です。 ジャンルは、女性ファッション・女性ライフスタイル・男性ファッション・週刊誌・ビジネス・グルメ・エンタメなど豊富に取り揃えています。 海外の動画共有サイトで無料視聴するデメリット 海外の動画共有サイトには、下記のようなデメリットがあります。

次の

年下彼氏14話ネタバレロケ地!末澤誠也が走ったバーまでの道!|さーちずブログ。

年下彼氏 13話 ネタバレ

バスケ部の補欠部員である工藤歩 高橋恭平 には、一つ年上の幼馴染・唯 花坂椎南 がいる。 歩 高橋恭平 はレギューラー部員で恋のライバルである巧己 安田啓人 とバスケの対決をするが、結果はいつも工藤歩 高橋恭平 の負け。 ある日の対決終了後、巧己 安田啓人 が告白をするために唯 花坂椎南 を呼び出す。 巧己 安田啓人 と交際しようと思っていると言われ焦った歩 高橋恭平 は、唯 花坂椎南 に告白をする。 歩 高橋恭平 の言葉に唯 花坂椎南 は「巧己 安田啓人 と勝負して本気を見せて」と言う。 その日から歩 高橋恭平 は猛練習し、勝負の結果巧己 安田啓人 に勝利する。 男気を見せた歩 高橋恭平 の、唯 花坂椎南 への本気の想いは届いたのだ。 観月律 末澤誠也 はテレビ番組のADとして働いている25歳。 仕事でのミスが多く、先輩社員で彼女でもある祥子 秋元才加 にいつもフォローしてもらっていた。 ある日、大学の同期の浦坂健太 木戸邑弥 が格上のディレクターとして転職してくる。 健太 木戸邑弥 の登場に焦る律 末澤誠也 の嫌な予感は的中し、二人の仲は深まっていく。 健太 木戸邑弥 が祥子 秋元才加 に告白しかけた時、律 末澤誠也 は健太 木戸邑弥 に交際を堂々宣言し、祥子 秋元才加 を連れ去る。 祥子 秋元才加 は律 末澤誠也 の男らしさを見直し、二人はハッピーエンドで終わる。 20代・女性・きなこさんのあらすじ・ネタバレ 13 主人公でバスケ部の補欠部員・工藤歩 高橋恭平 は、幼馴染の唯 花坂椎南 に片想いしていますが、気持ちを伝えられません。 そんなある日、唯 花坂椎南 がバスケ部のレギュラー部員の巧己 安田啓人 に告白されます。 唯 花坂椎南 と巧己 安田啓人 が付き合うことを阻止したい歩 高橋恭平 は、唯 花坂椎南 に自分の気持ちを伝えます。 すると、唯 花坂椎南 からの提案で、歩 高橋恭平 はレギュラー部員と3ポイントシュート対決をすることになります。 対決に勝利した歩 高橋恭平 は、無事に唯 花坂椎南 と付き合い始めることになったのでした。 14 主人公のテレビ番組のスタッフ・観月律 末澤誠也 は、先輩の祥子 秋元才加 と付き合っていました。 そんな中、律 末澤誠也 の大学の同期の浦坂健太 木戸邑弥 が転職してきます。 健太 木戸邑弥 は祥子 秋元才加 との距離を急速に縮めていきます。 そして、健太 木戸邑弥 は祥子 秋元才加 に告白しますが、そこに観月律 末澤誠也 が現れ、祥子 秋元才加 への気持ちを真っすぐに伝えます。 観月律 末澤誠也 は祥子 秋元才加 との絆を強めるのでした。 20代・女性・はなちゃんさんのあらすじ・ネタバレ 13話の『シュートを決めたなら』は、バスケ部の工藤歩 高橋恭平 と先輩巧己 安田啓人 が勝負する話です。 幼馴染の唯 花坂椎南 が巧己 安田啓人 に告白されたと聞いて自分も告白し、それが本気だということを証明してと言われてしまいます。 本気だと証明するために、巧己 安田啓人 とスリーポイントシュートで競うことになり、見事巧己 安田啓人 に勝利します。 14話の『できる彼女、できない彼氏』は、社内恋愛をしており、ADの観月律 末澤誠也 とプロデューサーの祥子 秋元才加 の話です。 そこに観月律 末澤誠也 の大学の同期である浦坂健太 木戸邑弥 が新人として入社してきます。 健太 木戸邑弥 は仕事ができ、いきなりディレクターとして働きます。 その健太 木戸邑弥 が祥子 秋元才加 さんを狙っていることを知ります。 そんな時に浦坂健太 木戸邑弥 と祥子 秋元才加 さんが2人でご飯行くことになり、浦坂健太 木戸邑弥 が祥子 秋元才加 さんに告白すると聞いてしまいます。 それを聞いて祥子 秋元才加 さんを奪還しにいきます。 20代・女性・あーちゃんさんのあらすじ・ネタバレ 13話「シュートを決めたなら」唯 花坂椎南 と工藤歩 高橋恭平 は小さい頃からいつも一緒で仲良しでした。 巧己 安田啓人 に告白をされたんだと唯 花坂椎南 が歩 高橋恭平 に相談すると、歩 高橋恭平 は俺にしときなよと伝えるも一度でも巧己 安田啓人 にバスケで勝って。 そしたら考えてあげると言われます。 努力の結果巧己 安田啓人 に勝つことが出来ました。 唯 花坂椎南 と歩 高橋恭平 は付き合うことになり終わります。 14話「できる彼女、出来ない彼氏」は、テレビ会社で下っぱの観月律 末澤誠也 と仕事が出来る祥子 秋元才加 はみんなに内緒で社内恋愛をしていました。 ある日新人が会社に入社してきます。 その人は、律 末澤誠也 と同じ大学で同級生の浦坂健太 木戸邑弥 でした。 ある時、律 末澤誠也 は健太 木戸邑弥 に実は祥子 秋元才加 が好きだと相談されてしまいます。 そんな中、健太 木戸邑弥 は祥子 秋元才加 に告白する為の食事に誘います。 律 末澤誠也 は事実を知りレストランに向かい祥子 秋元才加 を連れ去ります。 ラストは好きだという想いを二人でもう一度確認しあい終わります。 30代・男性・タマさんのあらすじ・ネタバレ 13話の話はバスケ部の工藤歩 高橋恭平 が幼馴染の一つ上の先輩唯 花坂椎南 に片思いしていて、その唯 花坂椎南 がある日バスケ部の先輩である巧己 安田啓人 から告白されてしまう。 そのことに焦った歩 高橋恭平 は自分も告白するが唯 花坂椎南 はその告白が本気だということを証明するために巧己 安田啓人 と勝負することを提案する。 その後、スリーポイント対決をして歩 高橋恭平 は勝つのだった。 14話は失敗ばかりのAD観月律 末澤誠也 ができる先輩の祥子 秋元才加 と付き合っていたが、ある日大学の同期の浦坂健太 木戸邑弥 がディレクターとして入ってくる。 浦坂 木戸邑弥 は祥子 秋元才加 のことが好きだと話し歓迎会で告白しようと考えてしまう。 そのことに焦った律 末澤誠也 は仕事を早く切り上げて祥子 秋元才加 の元に行き連れ去り祥子 秋元才加 のことが好きだということを改めて伝えるのだった。 『年下彼氏』13話14話 第7週 の感想 13話「シュートを決めたなら」 13「シュートを決めたなら」を観て、「主人公の成長」が魅力的だと感じました。 最初は幼馴染に対し告白することすらできなかった主人公が、恋人の座をかけた勝負の中で、どんどん男らしくなっていきます。 また、幼なじみに対してもまっすぐに気持ちをぶつけていきます。 その主人公の成長過程がかっこよく、思わず夢中になっていました。 14「できる彼女、できない彼氏」を観て、「大人の恋愛」が特に印象に残りました。 これまで放送された話では、学校が舞台になることが多く、初々しい恋愛が多く描かれていました。 しかし、今回は社会人の主人公ということで、年下の可愛らしさがありつつも、仕事に打ち込む姿など大人ならではのかっこよさや恋の駆け引きがあり、新鮮な気持ちで観ていました。 20代・女性・はなちゃんさんの感想 13話の感想は、とても勇気ずけられる内容でした。 どんなに頑張っても勝てない相手に勝つために毎日毎日必死で頑張って勝って、女の子の気持ちも手にすることが出来たという内容に、努力をすればその分だけ想いを貫くことは出来るんだな自分も頑張れば不可能なことはないのかもしれうと思わせてくれる内容でした。 14話の内容は、とてもキュンキュンしてしまう内容でした。 いつもだめなところしか見せれてなくてがっかりさせてばかりな彼氏をかげながら支え、他の人に好意をもたれても気持ちを変えないで 一筋な彼女さんの姿に尊敬してしまいました。 また、最後のシーンのいつもは男ぽいところを見せていない律くんが 男ぽく俺の彼女だと宣言しその場から連れ去るときキュンとしてしまいました。 一生好きだとお互いに言い合うところなど、仲良すぎるところに思わず嫉妬してしまいました。 30代・男性・タマさんのの感想 15話 年下嫌いな女の子に恋をした年下男子が、女の子に振り向いてもらえるように頑張って結ばれるという話です。 頼りがいがなく年下感満載の主人公は、マナーを勉強したり、大人っぽい服装をしたりと、大人の男に見せようと一生懸命努力します。 途中背伸びし過ぎて空回りもしますが、そんな年下男子の努力に気付いた女の子が、最後には振り向いてくれるというストーリーです。 16話 認知症になってしまったおばあちゃんと年下男子が、ひょんなことで出会います。 おばあちゃんは年下男子のことを、すでに亡くなってしまった昔の初恋相手と勘違いします。 最初は戸惑っていた年下男子ですが、おばあちゃんの切ない想いを知った年下男子は、おばあちゃんの初恋相手になりきってあげます。 おばあちゃんは伝えられないままでいた初恋相手への気持ちを年下男子に伝え、やがて長年の後悔が消えていきます。 そんなおばあちゃんの姿を見て、年下男子も「伝えたいことはすぐ伝えよう」「後悔しないように生きよう」と、前向きになるというストーリーです。 20代・女性・きなこさんの次回考察 「オトナのオトコ大作戦」というタイトルをみると、いつも可愛いとばかにされてしまう彼氏が、彼女にカッコいいいつもと違うと思わせるために色々レディファーストを意識し努力するというものがたりだと思います。 また、「にどめのはつこい」は幼いときから好きだった女の子に高校生になったので、思いきって告白して付き合っていたのに 価値観の違いから好きという気持ちが薄れていき一度別れてします。 社会人になってからもお互いに想いを引きずる日々。 ある時、道でばったり二人は再会します。 話してるうちにお互いまだ好きだという気持ちを確認しあい、もう一度付き合うことになったという話だと思います。 次回も楽しみです。 30代・男性・タマさんの次回考察 15話は男子高校生がオトナの男になるために色々な本や情報を集めて目星の女性にアタックする話ではないでしょうか。 ですが初めのうちはうまくいかずに失敗してしまうと思いますが何度か繰り返すうちに成功して付き合うラストが待っていると思います。 16話は初恋をしていた女の子に何年か経ってまた再会するんじゃないでしょうか。 そして、その女の子に二度目の初恋をして告白して付き合う展開になると思います。 やっぱり二つともハッピーエンドです。 ドラマ『年下彼氏』(1話~全話)無料でフル動画を観る方法を解説! ドラマ『年下彼氏』を無料で観たい場合は『』からU-NEXTの31日間無料体験に申し込んでください。 もちろん、無料体験中に解約すれば料金は一切かかりません。 安心してお楽しみください。 U-NEXTなら メリットがいっぱい!• 見放題作品数No. 無料で アカウントが4つ使えるので 家族みんなで楽しめる• スマホやタブレットに映画やアニメをダウンロード!• 高品質の音と映像• テレビやパソコン、スマホ・タブレット・ゲーム機で楽しめる!• いつでも 解約できる! U-NEXTの入会方法 U-NEXTの入会登録は難しいって思っていませんか? 実はめちゃくちゃ簡単なんです! 管理人が試したところ3分で登録が終わっちゃいました。 【U-NEXTの入会方法】 1. 『』からU-NEXTのページを開きます 2. 『まずは31日間無料体験』のボタンを押します 3. 名前とパスワードを登録して「次へ」を押します 4. そんな人に一言「解約もめちゃくちゃ簡単です」と言っておきます。 むしろ入会よりも解約のほうが簡単でした。 なんとその時間2分! そうは言っても不安になるかたもいらっしゃると思いますので解約手順も書いておきますね。

次の

ドラマ『年下彼氏』1話と2話ネタバレあらすじと感想 最後のセリフが嬉しい!

年下彼氏 13話 ネタバレ

<スポンサーリンク> 『年下彼氏』1話「年上のカノジョ」、2話「ちゃん付けで呼びたくて」ネタバレ ここからネタバレ含みます。 1話「年上のカノジョ」の年下彼氏役は、なにわ男子の大西流星くん、年上彼女役は桜井日奈子さんです。 2話「ちゃん付けで呼びたくて」の年下彼氏役は、Aえ!groupの小島健くん、年上彼女役は加藤小夏さんです。 1話「年上のカノジョ」:年上の彼女と初めてのケンカ 19歳の大学生拓海は、4つ上の彼女梨紗と一緒にカレーを作っていました。 梨紗のカレー作りをお手伝いする拓海、梨紗は拓海のちょっとした行動に「可愛い」と言います。 拓海はそれを自分が子ども扱いされているみたいに感じていてちょっと嫌でした。 でも梨紗になかなか言えません。 カレー作りしている途中、拓海の失敗でまたやり直しすることになります。 拓海が玉ねぎを炒めていると、梨紗のスマホにメッセージが・・・拓海は気になってしまいます。 梨紗がその場を離れていたので見てしまいました。 そこには「ユウキ先輩」と表示されていて、「この前はごめん。 今後焼肉おごるから」というメッセージがあったのです。 拓海は浮気されているのかも・・と不安になってしまいます。 でもそれを梨紗に聞くことができず・・・何か言いたそうにしている拓海に梨紗はイラっとしてきてしまいます。 そして2人はケンカしてしまいました。 1話「年上のカノジョ」:家を飛び出す拓海だが・・・ 梨紗と言い合いになってしまった拓海は家を飛び出したのですが、スマホと財布を持たずに出てきてしまいます。 取りに帰りづらいと思ったのですが、無いと困ります。 もしかしたら梨紗から連絡が来るかもしれないし・・とも思ってしまいました。 とりあえずそ~っと部屋に戻る拓海、キッチンでは梨紗が料理していました。 なんだ普通に料理してるじゃん・・・と思った拓海ですが、良く見ると梨紗は泣いていました。 拓海はびっくりしてしまいます。 そして梨紗は拓海に気が付きました。 梨紗は、「もう帰ってこないかと思った・・・」と言い、ごめんなさいと謝ります。 拓海は梨紗を抱きしめて「もっと頼って」と言うのでした。 そしてその後2人は仲直り、ユウキ先輩は女の子だったという事も分かります(笑) 拓海の早とちりから2人の関係が1歩進みましたね。 2話「ちゃん付けで呼びたくて」:ちゃん付けで呼びたいけど・・・ 放送部部長の美雪に憧れをいただいている洋平は、先輩と後輩という壁を乗り越えて ちゃん付けで美雪と話したいと思っていました。 美雪は洋平を弟のようにかわいがってくれますが、それは後輩だから・・とてももどかしい気持ちが ありました。 そんなある日、放送部でラジオドラマを作ろうという企画を美雪が提案します誰か脚本を 書かないかと言われ、洋平は立候補しました。 ラジオドラマで美雪をヒロインにして仲良くなろうと作戦を立てたのです。 内容はラブアンドホラー、ゾンビがあらわれてもう逃げられないと諦める美雪に洋平が告白し 一緒に逃げ切るというストーリーです。 脚本が完成し、2人は読み合わせを始めるのですが、洋平はセリフなのにため口で話せません。 美雪に演技が下手と言われてしまうのです・・・ 先輩と後輩の設定にするとうまく話せていることが分かった美雪が提案します。 「今日から同級生になろう」と。 そして洋平と美雪は同級生として話す練習をしていくのでした。 まずは日常会話から。 そんな感じで2人の距離が縮まっていきます。 「カノカレみたい」と美雪に言われて洋平は舞い上がるのですが・・・・ 2話「ちゃん付けで呼びたくて」:収録当日に・・・ 美雪に「カノカレ」と言われて舞い上がる洋平ですが、美雪のプライベートについて知らないことが 多かったと気が付きます。 いつも自分を気にかけてくれる美雪、でも美雪のことを自分はちゃんと見ることができていなかったと気が付きました。 そしてやっぱり自分は後輩なんだなと落ち込みます。 収録当日、部室に行くと美雪が電話で喧嘩をしていました。 どうやら母親ともめているようで、 洋平はその姿を離れた場所で見ていました。 そして電話が終わった美雪に話しかけます。 悩みがあるなら話して欲しい、頼って欲しいと言った 洋平に美雪が打ち明けたのは「歯医者に行きたくない」でした。 あまりにも可愛らしい悩みに洋平はびっくりしてしまいます。 そして「お母さんの言っていることは正しい!歯医者に一緒についていくよ」と言うのでした。 洋平はため口ではなく自然に会話できていて、美雪ちゃんと呼べていました。 ドラマ収録も大成功!2人はより仲良くなりました。 『年下彼氏』1話「年上のカノジョ」、2話「ちゃん付けで呼びたくて」 感想とまとめ ドラマ「年下彼氏」は1回の放送時間で2話のエピソードがあります。 次回も楽しみです!.

次の