コロナ 消毒。 ハイター消毒液の作り方と使い方!見やすい希釈表や除菌ポイントを詳しく紹介!

健栄製薬

コロナ 消毒

消毒薬の需要は本当にすごいです。 店頭では除菌・消毒関連の商品について1日に何度もお客さんから聞かれます。 多少入荷してもすぐ売り切れてしまう。 全く入荷してこない商品もあります。 市場調査のために街のドラッグストアを何軒も回るのですが、どの店も欠品だらけです。 医療機関に勤務している方が、わざわざドラッグストアの店頭に消毒用アルコールを買いに来たケースもあり、これは本当に大変なことだなと感じました。 その中で気になるのは、先述のニュース(「消毒用アルコール ひと文字違いが命取り」)にもあるように、消毒薬への誤解です。 お客さんとお話していると、消毒薬の種類を区別されていなかったり、自己流の使い方をされている方も意外と多く、消毒薬への理解には個人差が大きいと感じます。 一口で消毒薬といっても、特徴も使い方も異なりますので、注意が必要です。 コロナウイルスへの対策に適した消毒薬は Q ドラッグストアで消毒用の製品のコーナーに行くと、いろいろなものが売っています。 コロナウイルスへの対策を考えた場合、何を選ぶべきでしょうか? 消毒薬というのは万能ではなく、成分によって効果が発揮できる細菌やウイルスが決まっています。 誤った消毒薬を選んでも、目的のウイルス対策にはなりません。 通常、消毒成分のアルコールとは「エタノール」成分を指します。 実はエタノールと並ぶ、もう一つの代表的アルコール成分としてイソプロパノールという消毒成分が市販薬として売られています。 ただし、匂いがきついことや、エタノールよりも脂を落とす作用が強く手が荒れやすいなど、安全面で欠点のあるアルコールです。 消毒用エタノール 適切に使うために Q)「エタノール」と書いてあるかどうかが大事ということですね。 ほかに、気を付けたほうが良いことはありますか? 使い方や詰め替え容器の相談も多いですね。 手指消毒に使いやすいノズル付きやスプレータイプの消毒薬が早々に売れてしまったため、店頭にはボトルだけの商品だけが残っていることがあります。 「100円ショップのスプレーボトルに詰め替えればいいの?」と質問されますが、そもそも、市販の消毒薬のラベルには「他の容器に入れ替えないでください」と書かれているものがほとんどだと思います。 消毒薬の種類によっては微生物が繁殖しやすいものがありますし、容器を変質させてしまうこともあるからです。 実際に100円ショップの空のボトルのラベルを見ると、エタノールを入れないでくださいと書かれた商品がたくさんあります。 また、エタノール禁止の注意書きがない空ボトルでも安全であるとは限りません。 例えば、わたしが無印良品で売られている「PET詰替ボトル」について相談窓口に確認したところ、「エタノールの詰め替えによって容器のひび割れなど破損が報告されているので、ご遠慮いただいています」といった趣旨の回答をいただきました。 このほか、詰め替えた容器を、家族がエタノールと知らずに誤用・誤飲してしまう恐れもあります。 わたし自身のお客さんの中にも、今回の騒動の中である消毒剤を自己判断で安価なボトルに移し替えたところ、変な匂いがすると言って相談に来られた方がいました。 異臭の原因はわかりませんが、安易な詰め替えは避けた方が良いと思います。 消毒用アルコールがなければ手洗いを Q 消毒用のアルコールが売り切れて手に入らず、心配されている方もいらっしゃいますね。 薬剤師としてどのようにアドバイスされていますか? 最後に、最近ちょっと気になっていることを、2つ付け加えさせてください。 いまネットのショッピングサイトなどで、消毒薬が高額で販売されています。 異常な値付けもさることながら、そうした高額出品者の中には医薬品販売の許可を得ていない業者がいる可能性があります。 というのも、医薬品を販売する際は販売許可やその責任者名などを明記しなくてはいけないのですが、それが見当たらないのです。 販売許可を得ずに薬を売ることは違法行為とされるおそれもあります。 今の騒動に便乗して、安易な気持ちで薬を売る方が現れないことを祈ります。 また、今、店の現場は異常事態になっています。 開店前からお客さんが並ぶ、お客さん同士のトラブルが発生する、お客さんからの問い合わせと質問でスタッフが手いっぱいになると言った非日常が繰り広げられています。 ドラッグストアの現場で働くスタッフは、どうすれば一人でも多くのお客さんにお探しのものをお届けできるか精いっぱい努力しているはずです。 どうか、その点をご理解いただければ幸いです。 新型コロナウイルスという脅威を前に、皆で力を合わせてうまく対応していきたいですね。 【取材協力】 市販薬の販売に携わる薬剤師。 JCEJ「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」11位、朝日新聞「未来メディアキャンプ」未来メディアキャンプ賞受賞。 Kampf et al. Persistence of coronaviruses on inanimate surfaces and its inactivation with biocidal agents. J Hosp Infect. 2020 Feb 6. pii: S0195-6701 20 30046-3. 個人」に掲載されたを転載しました。

次の

コロナに対する消毒の濃度について

コロナ 消毒

コロナウイルスを消毒(=不活化、以下同様)できる家庭用洗剤などに関する製品評価は、北里大学大村智記念研究所ウイルス感染制御学I研究室が「新型コロナウイルス株:2019-nCoV JPN/TY/WK-521(国立感染症研究所)」を用いておこないました。 その結果、接触時間1分で「不活化効果あり」という結果が出た市販の洗剤や消臭剤は以下となります(製品名は五十音順)。 「かんたんマイペット(原液)」「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート 香りが残らないタイプ(絞り液)」「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシートストロング(絞り液)」「クイックル Joan シート(絞り液)」「クイックル Joan 除菌スプレー(原液)」「食卓クイックルスプレー(原液)」「セイフキープ(絞り液)」「トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ミントの香り(原液)」「ハンドスキッシュ EX(原液)」「ビオレガード薬用泡ハンドソープ(原液)」「ビオレu薬用泡ハンドソープ(3倍希釈)」「ビオレガード薬用手指用消毒スプレー(原液)」「ビオレガード薬用ジェルハンドソープ(3倍希釈)」「ビオレu手指の消毒液(原液)」「リセッシュ除菌 EX プロテクトガード(原液)」 なお、これらの製品は「手指の洗浄や硬質表面の洗浄」を想定した実験がおこなわれており、いずれも1分間の接触で不活化が認められています。 クルマの消毒においては、ダッシュボードやステアリング、ドアハンドル、スイッチ類などの樹脂部分に使用できるでしょう。 なお、使用の場合は直接スプレーするのではなく、布などに吹きかけてから内装を拭いてください。 また、シートや内張などのファブリック部分、フロアマット、シートベルト(ウェビング部分)などにはリセッシュ除菌EXプロテクトガードが向いています。 さらに、同研究では洗濯用洗剤についても実験がおこなわれており、「接触時間10分」で不活化が認められた製品として、「アタック高浸透リセットパワー(3. 5g/L)」「アタック ZERO(3000倍希釈液)」「ワイドハイターEX パワー液体(100倍希釈液)」「ワイドハイターEX パワー粉末(5. 0g/L)」などがあるという実験結果を公開しています(多くが洗濯時に使用する製品のため、洗い時間10分を想定してのテストだと思われます)。 チャイルドシートのカバーやシートの布製カバー、毛布など車内で使う布製品は上記の洗濯用洗剤を使って洗濯をすれば消毒効果もあり安心です。 また、10分接触させた場合でも、コロナウイルスの不活化がみられなかった商品としては、「アタック 抗菌 EX スーパークリアジェル(1200倍希釈液)」があげられています。 この他、エタノール(アルコール)に関しても、10%、30%、50%、70%と各濃度別に試験をおこなった結果が公表されています(濃度は水道水で調整)。 エタノールが品不足の中、朗報といえるでしょう。 なお、エタノールの濃度は高ければ高いほど良いというわけではなく、正しい消毒効果を得るには83%以下に薄めて使用することが推奨されています。 濃度が高いと揮発してなくなってしまうまでの時間が短く、その分、消毒効果が弱まるためです。

次の

コロナ対策消毒液の代用になる洗剤は?選び方と注意点

コロナ 消毒

市販の洗剤などに効果あり... 新型コロナの検証結果が発表 新型コロナウイルスの予防対策として、勧められていることの一つが衛生管理の徹底だ。 どこにウイルスが潜んでいるか分からないこともあり、手洗いはもちろんのこと、着用した衣類や購入した商品までも、清潔に保つことが望ましいと状況といえるだろう。 厚労省もサイトで、アルコール消毒に加え、ドアノブなどの共用部分においては薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭くことを呼びかけている。 (参考記事:) ただ、市販の洗剤やハンドソープにどこまで予防効果があるのか、不安に思うこともあるのではないだろうか。 そんな人たちに耳よりな情報がある。 北里大学大村智記念研究所の研究チームが、市販の洗剤など、エタノールや界面活性剤成分を含み、 消毒効果が期待できる製品を新型コロナウイルスに接触させたところ、製品の説明書に従って使えば、ほとんどの製品でウイルスの不活化を確認できたと発表したのだ。 衛生管理を一層気を付けるようになった人もいるはず(画像はイメージ) 研究は、新型コロナウイルスの治療薬の早期探索などを目的とした「COVID-19対策北里プロジェクト」の一環として行われたもの。 研究結果の公開とサンプルの提供に同意を得た、国内複数企業の洗剤やハンドソープなど、計22製品を調査した。 実験ではまず、国立感染症研究所から提供された新型コロナウイルスをもとに、ウイルスの液体をごく微量の3マイクロリットル用意。 そこに、説明書通りに薄めた製品の液体27マイクロリットルを混ぜ、常温で一定時間放置して接触させる。 その後、混ざった液体を6日間培養して、ウイルスの中心を構成するRNA(リボ核酸)の数に増加が見られない場合は、不活化の効果があるとした。 製品ごとにこの検証をしたところ、調査対象となった 22製品のうち21製品で、ウイルスの不活化が確認できたという。 検証結果の一覧。 エタノールとウイルスの接触時間を10分に延ばしても、結果は変わらなかったという。 市販の洗剤やエタノールが、ウイルス対策として一定の効果があることは分かった。 それでは、実生活でどう使えばいいのだろうか。 そして、ウイルスの「不活化」とはどういうことなのか。 医療現場や研究所だけではなく、お店の商品棚からもエタノールを含む製品が姿を消しているので、身近で安定して入手できる製品がどこまで役立つのか、お知らせできればと考えました。 消毒や死滅といった言葉と、だいたい同じ意味に捉えてもらっても問題ありません。 手を洗うための製品は手洗いに、トイレ清掃用の製品はトイレに、洗濯用の洗剤は洗濯にということです。 必要以上に薄めたり、違った用途で使うことは避けたほうがよいでしょう。 さらに研究を進めています。 今回は一部の洗濯用洗剤で不活化効果が不十分という結果でしたが、そうした製品も不活化効果を持つワイドハイターを加えることで、不活化効果に期待ができるでしょう。 ではありません。 手指消毒をする場合はぬれた手が完全に乾くまで、手洗いの要領でもみ込んでください。 拭き取りに使用する際はゆっくり、しっかり拭き取ります。 エタノールでウイルスを不活化させるには、一定時間の接触が大切です。 瞬間的に不活化するわけではないので、注意してください。 使用方法の範囲内で正しく使えば、十分な効果があるので、皆さんの日常生活の中での感染予防に役立ててください。 今後も医療用消毒薬の検証や、製品に含まれている有効成分別のウイルス不活化効果を研究して、発表する予定です。 研究の進み方は、今まで過去に類を見ないほどの速い速度です。 救命に繋がる薬が見つかり始め、治療法も進歩しています。 ワクチンの研究も進んでいます。 しかし、私たちが今できるのは、自分が感染しないようにすること、感染してしまった場合、感染を広げないようにすることです。 皆さん一人一人のご協力が感染拡大を防ぐと思います。 北里研究所のウェブページより。 寄付でプロジェクトを支援することもできる 市販の洗剤やハンドソープなどでも、新型コロナウイルスを抑えられるのは心強いが、それは正しい使い方を守っていることが前提だ。 不用意な感染を招かないためにも、衛生用品は必要以上に薄めたりせず、既定の用途を守ることを心がけてほしい。 【11日追記】 日常生活での「エタノールの1分間接触」のやり方について、ユーザーの方からの質問もあり、改めて研究チームに詳しく聞きました。 エタノールは揮発性で乾きやすいのですが、丁寧にもみ込むと1分間は接触させることができます。 残量にもよりますが、病院などの入口に置かれているプッシュ型のエタノール容器ですと、ワンプッシュでも十分な量が出ます。 医療従事者が手指を洗ったり、消毒するときには、まずは手のひら、手の甲をもみ込み、次に手のひらに爪を立ててこすります。 右手の爪なら左手の手のひらに、左手の爪なら右手の手のひらといった具合です。 その後に手首、手指の間をもみ込みます。 このように消毒すると、1分間は接触できると思うので参考にしてください。 【関連記事】.

次の