ぺんぺん草の花が咲きましたよ。 ナズナ(ぺんぺん草)の花言葉とは?意味や由来、種類別、英語名の花言葉もご紹介!

ナズナ(ぺんぺん草)の花言葉とは?意味や由来、種類別、英語名の花言葉もご紹介!

ぺんぺん草の花が咲きましたよ

ナズナについて育て方や情報 ナズナは、別名、ぺんぺん草とも呼ばれ、昔から親しまれている越年草で、田畑や荒地、道端など至るところに生える強靭な生命力がありますが、本来、麦の栽培とともに日本に渡来した史前帰化植物とも考えられています。 そして、日本では、春の七草の一つとしても親しまれていて、正月明けには、セリ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロとともに七草粥の食材として登場するなど、どこでも見かけることができる身近な植物です。 また、古来より、厄災を払い、1年を健康に過ごす祈りが込められた植物でもあるので、年初には、七草粥を家族で戴き、良い年の始まりを願いたいものです。 原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介 アブラナ科ナズナ属は、原産国が東ヨーロッパ、西アジアですが、東ヨーロッパの植物では、同じアブラナ科であるアウリニア属の和名が岩ナズナと呼ぶアウリニア・サクサティリスがあり、こちらの植物は欧米では、一般的なロックガーデン植物で、春になるとこぼれんばかりに咲き、香りの良さと丈夫さがありますが、排水の良い環境を好みます。 また、ヨーロッパでも青汁に最適な野菜として注目されているケールには、多くの系統があり、葉の淵が縮れていたり、波打っていたり、草丈が数mにまでなるものなどがあり、日本には、江戸時代に伝わりましたが、食用として普及せず、改良されて葉牡丹となったという驚きの経緯があります。 同時期に開花する花の種類や特徴 ナズナは、冬から春にかけて咲きますが、同時期に開花する種類では、ナズナと同じ所によく咲いているのを見かけるオオイヌノフグリは、小さく可憐ですが、広範囲に群生する繁殖力の強さがあります。 また、山茶花とツバキから生まれた品種である寒つばきは、寒い時期に生け垣などに艶やかに開花しますが、こちらも頑強な性質を合わせもっていますさらに、高い香りと多様性があり、真っ直ぐに咲く特徴がある水仙は、スイセン属に含まれる植物の総称ですが、近年、さらなる多くの品種が生まれています。 なお、カタクリや、雪割草、ヒトリシズカ 、二輪草、ふきのとう、ハコベなどの冬を乗り越えた我慢強い植物も同時期に開花しています。 花・植物についてのコメント 通称、ぺんぺん草とも言われているナズナは、荒廃した土地でも生育する強靭さから、ぺんぺん草が生えるという表現や、ナズナでも育たない土地では、ぺんぺん草も生えないなどと揶揄されています。 しかしながら、そんなナズナは、実は薬用としても効能が高く、高血圧や動脈硬化の予防、利尿作用、便秘解消、胃潰瘍の予防などや止血作用などにも古来より重宝されてきました。 そして、民間薬では、ナズナを陰干しして、煎じたり煮詰めたり、黒焼きにして血圧効果作用のあるアセチルコリンや、血管の壁を強化するルチン、フラボノイを作り出すほか、フマル酸、バニリン酸、スウェルチシン等の豊富な栄養成分も含有するなど、強靭さのなかに有能さが輝る植物といえます。

次の

はがき絵日記 ナズナ(ぺんぺん草): 日々の語らい 喜び楽しみ感動

ぺんぺん草の花が咲きましたよ

最近、我が家の周りの原っぱや路肩では、小さな白い花が沢山咲いています。 子供の頃には、「ぺんぺん草」と言っていた草です。 風に揺れると、小さな音がすると言っていたような記憶があります。 ぺんぺん草が和名の名前では無いと思いネットで調べてみると、春の七草の一つであるナズナであることを知りました。 恥ずかしながら、ナズナはダイコン(大根)のことだばかり思っていたので意外でした。 春の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろとなっており、7番目のすずしろがダイコン(大根)のことでした。 因みに、すずなはカブのことです。 上述の1番目から5番目までは、まさに野草そのものですが、最近では、見かけることが少なくなりました。 148• 161• 193•

次の

さえ

ぺんぺん草の花が咲きましたよ

県道51号線「宮本」信号交差点に植えられたラベンダー(「宮本地区・農地・水・環境保全組合」が管理)が咲き始めています。 今日は、ラベンダー園の草刈りに参加しました。 雨の後は雑草が引き抜きやすく、それはそれは気持ち良いほど。 作業中もラベンダーの香りが漂い癒やし効果抜群でした。 皆様、車で通過する際には、窓を全開にして思いっきり香りを吸い込んでみてください。 残念ながら今年は訪れることはできません。 どうぞ来年をお楽しみに…。 庭に10数本ありました。 こちらは和室からも見えます。 今回の休業期間に、うっそうとしていた庭のやぶを切り開いて散歩道をつくりました。 絡まったツルを取り除き、可能な限り根っこを引っこ抜き、かなりの日数を費やして何とか散策して頂けるような道が出来上がりました。 シロウトなのでプロのようにはいきませんが、その辺は大目に見て頂くということで。 新しい発見がいっぱいで達成感がありました。 庭の樹木を改めて調べ、名札を付けました。 「コナラ」「クヌギ」「ケヤキ」「シナノガキ=マメガキ」「ヤマザクラ」「オオモミジ」「大峰高原七色大カエデ」「ミズキ」「ツガ」「ダンコウバイ」「ガマズミ」「ヤマグワ」「ハナイカダ」「ムラサキシキブ」「イボタノキ」「タラの木」「サンショウ」「ウコギ」などなど。 まだ調査中のものもあります。 庭の散策路、お時間があれば歩いてみてください。 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008. 2008.

次の