超 モンテディオ 山形。 モンテディオ山形 新着記事

【モンテ】新スタジアム構想に4市参加 山形、鶴岡、天童、村山が「探究会」に|山形新聞

超 モンテディオ 山形

こんにちは、のもへです。 先月末の26日に、モンテディオ山形の高橋節社長が株主総会において、高橋節社長が辞任勧告を受けて退任することとなった。 後任として、県職員OBの森谷俊雄氏が社長就任することとなったが、「また県職員の天下りか」「運営経験がなく、急にアイデアを出すのは難しいだろう」など不安の声が少なくない。 かつてのモンテディオ山形では、 海保宣生元理事長のように、お役所体質と言われていた県スポーツ振興21世紀協会の意識改革にリーダーシップを発揮していき、初のJ1昇格やファンサービス強化など大きな功績を残している。 2009年の順位予想では最下位となってJ2降格すると言われていたが、J1残留することができた事から海保元理事長の「ざまぁ見やがれってんだ!」という名言が残されています。 2010年3月末を持って、 海保宣生氏は理事長職を健康上の理由で辞任し、県職員OBの 川越進氏が理事長に就任したが、一部のサポーターからは「かつてのお役所体質に逆行するのでは」と心配な声も囁かれていた。 結果的には、2011年にJ1で最下位となりJ2降格となっただけでなく、赤字決算で 債務超過になっていた事や東日本大震災を理由に営業活動をしない宣言などがあった事から、不満が爆発し理事長辞任を求める運動に発展していった。 任期途中で川越進氏が退任し、高橋節氏が理事長代理を経て2012年4月1日付で正式に理事長と就任した。 そして、財政黒字化や株式会社化、本拠地周辺の指定管理者権取得などの功績も大きいと言える。 今回の辞任劇だが、山形市長選での立候補を断った事などから、 政治介入があったのではという疑念も抱いている。 モンテディオ山形の社長辞任劇から、サポーター離れや観客動員数減少などが心配されている。 山形県議会においても、さらなる説明を求める意見が出ている事から話が大きくなってきていると感じる。 山形県民の一人としても、より 詳細な説明を果たして欲しいと願っている。 yomiuri. kahoku. kahoku. php? php.

次の

モンテディオ山形の社長解任劇

超 モンテディオ 山形

1.はじめに どうも、僕です。 ご無沙汰しております。 シーズンオフに突入して以来ガッツリ投稿をサボっていたので、リハビリも兼ねて書いてみました。 ですが、大した内容じゃないですし、何よりディオマガや公式の記事の方が細かく分かりやすく書いてありますので、真面目に読む必要はありません。 ハッキリ言って時間の無駄です。 少し位なら無駄にしてやっても良いぜ!って奇特な方は宜しくお願いします。 2.2019シーズンをザックリ振り返る 2019シーズン、木山体制3年目の集大成と言える昨季の成績は、 J2 6位 勝ち点:70 20勝10分12敗 得点:59 失点:40 平均得点:1. 4 平均失点:0. 95 6位にてPO進出しましたが、PO決勝で徳島に敗れ、2019シーズンの幕を閉じました。 ごく稀に素晴らしいビルドアップからの得点も生まれましたが、残念ながら再現性高く実行することは叶いませんでした。 一定の成果を挙げ、6位躍進の礎となりました。 しかしながら、引かれた相手を崩せない、圧倒的な個と相対するとなす術なくやられる、用意していたプランが崩れると立て直しが困難であった等、チームとして最後まで改善出来なかった問題もあり、途上のままシーズンを終えてしまった悔しさが残ったのも事実です。 3.どうなる2020シーズン 今季は、木山監督に代わり石丸監督を、また新分析官として今﨑コーチを招聘。 高山強化部長は、木山体制下含め、これまで山形が築いて来た守備意識の高さをベースに、新たな要素として ・攻撃に注力したチーム戦術(組織で崩す、再現性のある攻撃) ・組織に個を上手くミックスし、ブラッシュアップ の上積みを期待して石丸監督を招聘したと語っており、 また石丸監督自身も、相手に合わせて臨機応変に対応出来、且つ自分達がボールを持って主導権を握るサッカー 『アグレッシブフットボール』を標榜すると語っています。 どうやらこの新システムで、新しいビルドアップの形、またこれまでと違う守備のやり方を模索しているらしいのですが、攻撃時・守備時にどんな振る舞い・やり方をするチームに仕上げてくるのか、非常に楽しみです。 ここからは余談です。 4.最後に こんな内容の薄い記事を、よくもまあここまで読んだものです。 感嘆します。 あなたの貴重な時間を無駄にしてくれてありがとう。 ペコリ。 さて、いよいよ今週末に2020 J2リーグが開幕しますね。 今季はどのチームもいい補強を敢行しており、毎年カオスカオス言われるJ2が、更にカオスになりそうです。 我がモンテディオ山形も、例年に無く各ポジションでバランスの良いスカッドを組む事が出来たと思いますし、メンツだけ見たら昨年より期待出来るんじゃないかと思える程です。 が!皆さん大型補強の目立つ磐田とか大宮とか福岡とか千葉とか京都とかに躍起になって、地味な我が軍には思いっきり油断してくれたらいいと思います。 では、今季も一喜一憂しながら長いリーグ戦を楽しんで行きましょう。

次の

さっかりん モンテディオ山形 最新情報

超 モンテディオ 山形

一方、4位のモンテディオ山形。 7月16日に阪野豊史が松本山雅FCに移籍したが、ガンバ大阪から髙木彰人を獲得。 この試合では、髙木も注目している選手の一人だった。 ではハイライトをどうぞ。 ジュニアからヴェルディ育ちの山本理仁は2001年12月12日生まれ、17歳の左利き。 今季飛び級でトップチームに昇格すると、この試合を含めて8試合に先発し、4試合で途中出場している。 山形戦では最初右サイドバック、途中から中盤の底に入ってプレーした。 本来は中盤の選手である。 もっともっとアグレッシブなプレーが見たい。 将来が楽しみな選手だ。 シュート数は、東京Vが 5、山形は12だった。 東京VのGK上福元直人のファインセーブがなければ、山形が2、3点取っていてもおかしくなかった展開。 ボールを保持しているのは東京V、決定機が多かったのは山形。 そういう試合だった。 東京Vは7月20日の第23節・愛媛FC戦(3〇2)から永井秀樹監督が指揮を執っている。 この山形戦でも監督の意図するサッカーは見えた。 しかし、ボールポゼッションからいかにシュートまで持っていけるかが課題だろう。 あれだけボール保持をしていても、シュートが5本ではもったいない。 半田陸は2002年1月1日生まれの17歳。 この試合では、2種登録で2試合目の先発となり、右ウイングバックで積極的にプレーした。 スピードとフィジカルの強さがある。 また山形はベテランも光っていた。 攻守に効いていたベテランの本田拓也。 現在34歳、安定感のあるプレーでチームをけん引していた。 そして、髙木彰人。 この日は、途中からの出場だったが、G大阪とはまた違ったサッカーの中で、攻守にたくましくなっている印象を受けた。 しかし、あの決定機は決めたかった。 本人も悔やんでいた。 山形での成長に期待したい。 J2は、残り14試合。 この日のような試合を勝ち切れるようになると、山形の粘り強さが生きてくる。 この日の味の素スタジアムの入場者数は、6,239人だった。 この数は、やはり寂しい…。

次の